2020年08月13日

外食チェーン店のコロナ禍での勝ち負けに明暗

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


新型コロナウイルス感染の影響が外食産業へ大きな影響を与え、業績格差が生まれて勝ち組み・負け組の構図がハッキリしてきました。
先月には焼肉「牛角」を展開する外食大手コロワイドが定食チェーンの「大江戸」の子会社に向けてTOBを始めると発表しました。
大江戸は5月の売上が前年比56.6%減と大苦戦している中でのTOBが始まり、再編成になる様相です。大きな環境変化が到来です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ファーストフードの業界では「マクドナルド」が客数が2割減ながら、業績を順調に伸ばしていますが業界の先行きには不安もあります。
マクドナルドのフランチャイズ店は地方の企業が多いのに対して、モスバーガーは個人オーナーが多い傾向があり、コロナウイルス第2波では個人オーナーが持ち応えられず離脱するケースが想定できます。
ファーストフード業界もコロナウイルスによる明暗が分かれそうです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ファミリーレストラン業界では「デニーズ」が一人勝ちの状況。キッチンだけを備えた宅配専用の「ゴーストレストラン」を展開し、これまで多くても6000万円ほどだった宅配の月間売上が1億円を超えるなど好調な推移を継続しています。
業界第3位の「ジョイフル」は200店を閉鎖するという状況。
「すかいらーく」も2600店舗で深夜営業を廃止して人件費を抑制。
「ロイヤルホスト」も来年度中に70店舗を閉鎖する予定。
ファミリーレストラン業界は大変に厳しい状況が続きそうです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








新型コロナウイルスという過去に例のない「劇的な環境変化」に外食チェーン店は、どのように変化・対応して行くのか・・・・
いつの時代でも企業は「環境適応業」ですので、時代に適合する変化ができない企業は間違いなく淘汰されることでしょう。
これからの「勝ち組み」「負け組み」の明暗が分かれると思います。



















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年08月11日

丸亀製麺「うどん総選挙」の投票結果、12万票超えの第1位は?

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



讃岐うどん専門店の「丸亀製麺」が創業20周年企画で実施しました【あなたが選ぶ!うどん総選挙】の結果が発表されました。
栄えある第1位は「タル鶏天ぶっかけうどん」。今秋に復活します。
7月に一ヵ月間開催された人気投票は、総数で55万票を超える大きな反響があり、14品の季節限定うどんの中で12万票以上を獲得したのが同メニューの「タル鶏天ぶっかけうどん」でした。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








甘辛タレのジューシーな鶏天に濃厚なタルタルソースを絡めて味わえる上、柚子皮がアクセントとなっている季節限定の人気商品です。
過去には3回販売され、2年振りの復活となります。
発表結果に対してSNSでは「やったぁ!思いが届きました」「大好きな推しうどんが1位になった」「このタルタルが美味しいんです」などの喜びの声が多数、寄せられているようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







2位の「鴨ねぎうどん」、3位の「明太クリーム釜玉うどん」は、どちらも7万票越えで復活販売されないことへ残念な声も多いようです。
現在「タル鶏天ぶっかけうどん」は秋冬販売に向けて、さらに美味しくなるように準備中とのことで発売が楽しみですね。(笑)

最近の販売促進トレンドで販売戦略の中心は「消費者の人気投票マーケティング」が主流となっています。
丸亀製麺の今後の販売促進への戦略が楽しみです。
















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年08月10日

新型コロナウイルス関連の経営破綻が400件を超える。

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。

東京商工リサーチは8月6日に発表した、新型コロナウイルス関連の経営破綻(負債1000万円以上)が全国で400件に達したことを発表。
2月25日にコロナ関連の経営破綻第1号が発生。4月27日に累計100件、6月3日に200件、7月1日に300件が発生していました。
月別では3月が22件、4・5月にそれぞれ80件台に増加し、6月には最多の103件、7月は80件と減少傾向にありました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






コロナ関連倒産の最多は東京都で103件、次いで大阪府が38件、北海道が22件、愛知県の20件と続いており、企業数が多い大都市が倒産件数も多くなっています。
和歌山県と高知県以外の45都道府県が倒産発生しています。

業種別では来客数が激減した飲食業が60件で最多の倒産件数。百貨店・小売店の休業が影響したアバレル関連が49件と続いています。
インバウンド需要消失や旅行や出張などの自粛が影響した宿泊業が40件
。とこの3業種が突出している結果となっています。








コロナ倒産関連記事

2020年7月30日投稿
【企業の休廃業・解散が5万件超の見通し、
           医療機関もコロナ倒産】

  ➠ https://tozuka.boo-log.com/e524610.html

2020年7月7日投稿
【新型コロナウイルス関連倒産が313件、
         6月が110件と最多件数】

  ➠ https://tozuka.boo-log.com/e524597.html

2020年6月5日投稿
【新型コロナウイルス解雇は2万人超、
     リーマンショツクを上回る可能性も】

  ➠ https://tozuka.boo-log.com/e520936.html

2020年6月3日投稿
【コロナウイルス関連倒産が200件超え、
            帝国データバンク】

  ➠ https://tozka.boo-log.com/e520934.html









にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年08月07日

衝撃のニュース「コロナ対応の病院の8割が赤字経営」

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


驚きのニュースがネットで流れたので記事にします。
そのショッキングな記事のタイトルが『コロナ対応病院の8割が赤字』という大きな衝撃を受けるタイトルでした。

記事によりますと、日本病院会・全日本病院協会・日本医療法人協会が
、新型コロナウイルス患者を受け入れた全国500弱の病院に対して調査をした結果4月~6月までの期間で約8割の病院が赤字に陥っていることが調査結果で判明したようです。
医療現場は大混雑をしているようですが何が起きているのでしょうか。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








赤字に陥っている大きな要因はコロナ患者への対応で病床数を削減し、他の新規患者の受け入が減ったことで、病院経営の悪化が深刻な事態になっていることが要因のようです。
また医師達の不眠不休の労働や、コロナウイルスに感染するリスクに対する精神的ストレスや疲弊感もかなり進んでいるようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








そもそもコロナ患者を受け入れている病院は「善意の気持ち」で、感染リスクが高いのを承知の上で受入れているはずです。
そんな状況では、逆に医療現場が倒産・廃業のリスクが高まって非常に危険な状況です。病院が機能しなくなったら国が崩壊します。
国として最優先で医療現場に補助金を回すべきではないでしょうか。
驚きと衝撃のニュースでした。



















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年08月06日

コンビニ3社のレジ袋、辞退率が3割から7割超に跳ね上がる

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


7月1日よりプラスチック製のレジ袋が全ての小売業で有料化が義務づけられ、1ヶ月が経過しました。果たしてどの程度減っているのか。
セブンイレブンなどコンビニ大手3社では、客がレジ袋を辞退する割合が、有料化前の3割から7割に跳ね上がったようです。
業界が掲げた2030年までに6割という目標値を早くも大幅に上回り
、マイバックの浸透の高まりが急上昇しているようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






容器包装リサイクル法の省令改正に伴う有料化の義務づけはプラスチックごみの削減を目指し、今年7月1日からスタート。
これまでの無料の袋をコンビニ大手3社は、セブンイレブンは1枚3円~5円、ファミリーマートとローソンは3円で有料化しています。

その結果、各社ともレジ袋の辞退率が3割程度とみられていましたが、セブンイレブンは75%、ファミリーマートとローソンでは76%。
義務化に先立って有料化を実施したミニストップでもレジ袋の辞退率は76%を超えていており、大きな成果として言っていいのでは。























にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年08月04日

大阪王将の新しい取り組み/コロナ禍での販売戦略

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


関西では知らない人が居ないほど有名な餃子専門店「大阪王将」が1人前の餃子チケットが2枚ついた「ゴチ餃子」券の販売をスタート。
誰もが誰かに餃子をご馳走できる。という新しい取り組みを7月28日から販売を開始。好調な出足のようです。
同チケットは「コロナ禍で苦しい状況が続いている中、大阪王将から変えていけたらと考えた企画」と運営会社では語っています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







購入したチケットのうち1枚を友人や知人にプレゼントしたり、店舗内に設置されたメッセージボードに張り出すことで、誰かに餃子を誤差そうすることができる仕組みをとなっています。
国内の全店舗(テイクアウト専門店は除く)で実施され、販売枚数は10万枚(配布20万枚)としており、チケット価格は東日本265円、西日本245円で販売されています。

「人に奢るためのチケット」という、今まで無かった戦略を前面に押し出した大阪王将の今後の動向が注目されますね。











にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年08月01日

スターバックスの店舗数で都道府県の戦闘力が判るって本当?

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


少し前にSNSを観ていましたら面白いタイトルの記事を見つけましたので、本日は「ユル記事」として投稿させていただきます。
タイトルは【スタバの数で都道府県の戦闘力化判るって本当? ➠ 検証してみたららマジだった】という興味津々のタイトルでした。
果たして本当に、店舗数で都道府県の戦闘力は判るのでしょうか?


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








スターバックスコーヒージャパンの公式サイトによれば、日本国内のスタバの店舗数は1574店舗(2020年7月16日現在)です。
そのテンポ分布に基づき、47都道府県を塗り分けたの下記の図表であり、上位5地域の店舗数も紹介しています。
当然ですが店舗数が最も多いのは東京で366店舗、2位とはトリプルスコアの差を広げて圧倒。東京都内でーだけで国内全体の約4分の1を占めているほか、人口当たりの店舗数でも断トツのトップでした。
以下、2位大阪120店舗、3位神奈川119店舗、4位愛知115店舗、と続き店舗数がそのまま「戦闘力」に直結している結果です。
店舗数が3桁だったのは4地域のみ、50店舗以上あったのは千葉76店舗、埼玉71店舗、福岡62店舗、兵庫57店舗と続いています。
トップ10を観ても各地方の代表するような地域が入っています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






逆に店舗数が少ないのはとしっとり・島根・徳島の3地域、いずれも4店舗となっていました。
スタバの出店が最も遅かったのは鳥取ですが、人口あたりの店舗数では今回のランキングでは最下位を免れました。
「スタバの数=戦闘力」は定義が曖昧でハッキリとは判りませんが、都市の実態に沿っている気がしたのは私だけでしょうか。



























にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年07月31日

企業の休廃業・解散が5万件超の見通し、医療機関もコロナ倒産

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


コロナウイルスで大変な年になった2020年ですが、今年休廃棄や解散に追い込まれる企業は全国で5万件をこえる可能性が出てきました。
経営者の高齢化、後継者不足の課題に加えて新型コロナウイルスの影響による業績悪化が追い打ちとなっているようです。
十数万人の雇用が失われる恐れがあり、日本全体を含め地域経済への打撃は甚大なものとなり、対策が急務となっています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







2019年の休廃業・開催は4万3348件であり、今年は大幅に増えることが予測され集計を始めて以来、最大の件数が予測されています。
休廃業・解散とは別に企業倒産も1こ万件を超える可能性があり、日本経済はズタズタになる可能性があります。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








それらを象徴するような医療機関として全国初のコロナ関連倒産が岡山県で発生しました。 岸本整形外科が自己破産しました。
2014年には年収入高1億8000万円を計上しましたが、看護師不足を解消できずに近年は外来患者に対する診療のみに切替えていました。
負債額は約3憶3000万円となっていました。

現在、新型コロナウイルスの第二波に襲われているのですが今後の経済活動に大変に恐怖を感じるデータです。
政府としてのコロナウイルス感染対策と緊急経済対策を早急に実施されていることを切に願います。








コロナ倒産関連記事

2020年7月7日投稿
【新型コロナウイルス関連倒産が313件、
         6月が110件と最多件数】

  ➠ https://tozuka.boo-log.com/e524597.html

2020年6月5日投稿
【新型コロナウイルス解雇は2万人超、
     リーマンショツクを上回る可能性も】

  ➠ https://tozuka.boo-log.com/e520936.html

2020年6月3日投稿
【コロナウイルス関連倒産が200件超え、
            帝国データバンク】

  ➠ https://tozka.boo-log.com/e520934.html










にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年07月29日

高校生ドラフト候補 第10弾 県岐阜商業 佐々木泰選手/創価高校 森畑侑大投手

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



県岐阜商業 佐々木泰選手
東海地区を代表する強打の三塁手。左足を高く上げる一本足打法にて、
強靭なリストを生かしたフルスイングで強烈に引っ張るバッティングは、見ていてワクワクする魅力ある強打者です。
下級生の頃から不動の中軸で昨年夏の岐阜大会でも6割近い打率を残し
て投手としても140キロ以上のスピードを記録する強肩も魅力。
サードからスローイングも超高校級だとスカウトからもも高評価です。
残念ながら夏の代替大会はコロナウイルスの影響で出場辞退となり、その勇姿は見られませんが強打の三塁手として注目されています。

*「timely web様」の記事より写真を抜粋させていただきました。










創価高校 森畑侑大投手
東京都では将来性がある高評価の大型右腕。まだまだ細身で体が出来上がっていない印象を受けるが、長いリーチを真上から振り下ろすことができ、ボールの角度は一級品とプロのスカウトも興味津々です。
体が左右に広がることなく直線的にステップできるのも素晴らしい投球ホームなのだが、変化球で腕の振りが緩んで決め球となるボールがないのが大きな課題となっています。
大型投手の割にまとまりもあり、コントロールも悪くないようです。
昨秋の都大会では3回戦、準々決勝、準決勝と一人で投げ抜きスタミナもあることが証明されています。まだまだ凄みは感じられないものの、高い潜在能力があることは間違いないとプロのスカウトも高評価です。

*「timely web様」の記事より写真を抜粋させていただきました。
















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年07月27日

高校生ドラフト候補 第9弾 成田高校 古谷将也選手/仙台育英 入江大樹選手

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




成田高校 古谷将也選手
関東では指折りの強肩強打の捕手。ボールの持ち替えの速さには改善の余地があるものの、体の近くでコンパクトに腕が振れ、低くて伸びる送球は高校生ではトップクラスとスカウト間でも高評価です。
プレー中によく声が出て捕手としての視野の広さもあり、バッティングも少し反動をつける動きが大きいが、鋭い振り出しでリストの強さが目立って守備、打撃両面で高いレベルにあります。
2年秋の時点では先輩の田宮裕涼(日本ハム)と比べても遜色ないと評価され、高校からのドラフト指名も十分に可能性があります。

*「timely web様」の記事より写真を抜粋させていただきました。









仙台育英 入江大樹選手
甲子園でもお馴染みの長打力と守備力を兼ね備えた大型ショート。
体格の割にフットワークに軽さがあり、重心が上下動せずにスムーズに動けるのが持ち味です。ボールの送球は少し不安定なところもありますが地肩の強さは申し分なくカバーしています。
バッティングは体格を生かして遠くへ飛ばせるのが最大の魅力。少し右手が強いスイングで引っ掛けることが多いのは課題だが、芯でとらえた時の打球は間違いなく超高校級と高い評価を得ています。
旧チームから中軸を任せられており、昨年夏の宮城大会では5割を超える打率をマーク。甲子園では不発だったものの秋の明治神宮大会では特大の一発をスタンドに放り込み、プロのスカウトを唸らせました。
打撃力に優れて動ける大型内野手としてプロからの注目度も高く、ドラフト上位指名が期待される選手であることは間違いありません。

*「timely web様」の記事より写真を抜粋させていただきました。
















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村