2020年10月27日

スナック市場のトップ企業、カルビーの商品開発・商品戦略

               にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



前回「スナック市場のトップ企業 湖池屋の商品開発・商品戦略」との
記事を投稿しましたが、本日はライバル企業のカルビーの登場です。
以前の記事で書きましたがカルビーと湖池屋でスナックメーカーとして60%と圧倒的なシェアを保有している2社の戦略は注目です。

ロングセラー商品を数多く抱えているカルビーは、驚くことに年間約100種類以上のポテトチップスを世の中に送り出しています。
スナック菓子市場では、消費者が常に新しい商品を発売することで購買意欲を喚起している反面、定番であるロングセラー商品の安定販売をも維持できているという、面白い現象が起こっています。
量販店ではPB商品が蔓延していますが、変わり種商品や味のバリエーションを増やすことでスナック売場の活性化をはかっています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








カルビーの商品戦略のこだわりは、食感。 自らを「食感カンパニー」と自負してポテトチップスだけでもバラエティに富んだ食感の商品をブランド化する一方、健康を意識したカラダ想いの商品開発・展開を推し進めています。
そら豆スナックの【miino】ブランドでは【miinoそら豆しお味】がロカボ商品として認定されたことを受け、9月上旬にロカボマークを入れたパッケージへとリニューアルした取り組みを行っています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









またカルビーの中期経営計画でも、2024年までにはタンパク質構成比13%以上の商品群を10%以上の売上構成比とするなど、製品食塩相当量(販売した全商品重量に占める販売した全商品の塩分含有量)を20%減を目標に掲げており、引き続き健康産業への取り組みを強化していく方針が明確に打ち出されています。

スナック菓子メーカーのカルビーと湖池屋の今後の商品開発・商品戦略に眼が離せなくなりました。新商品が楽しみです。(笑)
















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年10月24日

スナック市場のトップ企業、湖池屋の商品開発・商品戦略

               にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



スナック市場はここ数年、ジャンクフード離れや低価格化が進んで業界全体が低迷期として大苦戦を強いられていました。
市場の60%を占めるカルビーと湖池屋の2大スナックメーカーはそれぞれ独自の商戦戦略でスナック市場の活性化・生き残りを尽力。
今回は2大メーカーのひとつ「湖池屋」の商品戦略を検証します。

湖池屋は4年前にコーポレートブランドの統合を実施、【本格・健康・社会貢献】を軸として商品開発を進める新生湖池屋の誕生でした。
スナック市場にもプレミアムラインが必要だとして、元祖ポテトチップス量産メーカーのプライドをかけて「湖池屋が今作れる一番美味しいポテトチップスを作ろう」と高付加価値商品の強化に取り組みました。
完成したのが3種類の味を揃えた無添加の【湖池屋プライドポテト】。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








他にも「KOIKEYA STRONG」「じゃがいも心地」などのプレミアムの商品開発も行い、企業としての変革を狙っていました。
国産のじゃがいもや原料にこだわり、新しい消費者の取り込みを行い、プレミアム商品の社内シェアは50%を超えるまで成長しました。
また、新しいカテゴリーにも挑戦しており食塩不使用の「プライドポテト芋まるごと」や「ポテトの素顔」なども発売、新しい顧客を開拓中。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








社会貢献には「JAPANプライドポテト」を開発。
地域と取組み、地域の素材を使用して地域の課題をポテトチップスによって解決する地域ブランドを広める戦略で取り組んでいます。
今後とも湖池屋の商品開発・商品戦略に大注目です。

















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年10月22日

キャラメルコーン50周年、ログセラーの人気の秘密は・・・

               にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



スナック菓子メーカー東ハトのサクサク食感と独得の甘さがクセになる大ヒット商品「キャラメルコーン」。
1971年に発売されてから来年で50周年のロングセラーとなります。
時代や環境変化に合わせて味やパッケージなどを変化させるなど、様々な工夫を凝らし長い間ヒット商品としての地位を確立しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








開発段階で参考にしたのは映画館などでお馴染みのポップコーン。お菓子の形状は試行錯誤を繰り返し行った結果、口に入れた時にサクサク感と口溶けのよい食感が楽しめるよう「C」の形に落ち着いています。
8月下旬には発売50周年を前に、味に改良を加えてリニューアル。食べた時に甘さを最も感じられるようにキャラメルシロップを増量。
発売当初のレシピを守りつつ、塩気と香ばしさのバランスに気配りを。

同時に香ばしさを強調した「アーモンドキャラメルコーン」と、大人っぽいほろ苦さが感じる「ビターキャラメルコーン」の2種類が新発売。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







キャラメルコーン、50周年ロングセラーの秘密は、
①個性光るフレーバーの多さ
 ・商品開発の数はなんと500種類以上、その代表例は2019年5月発売
  の「キャラメルコーンのピーナッツ」。脇役のローストピーナツが
  主役となった商品です。現在は販売終了。
②スイーツ味の再現
 ・キャラメルコーン昭和スイーツ フルーツパフェ味、キャラメルコー
  ン平成スイーツ ティラミス味の2書類が2019年2月販売。
③ハロウィーン対応商品
 ・かぼちゃペーストと卵と練乳を加えた密を掛け、濃厚にてまろやか
  な味わいに仕上げました。2020年8月販売。
④ギガキャラメルコーン
 ・「ギガント キャラメルコーン」が2020年10月に発売。 コーン
  スナックの大きさの5倍にした巨大キャラメルコーンが、見た目の
  インパクトが抜群で反響も大きい。
⑤表現豊かな商品
 ・黒ゴマや沖縄産黒糖を加えた密でコーティングして、かりんとう風
  に仕上げた「黒きゃりんとうキャラメルコーン・黒糖味」。同時に
  ミルク味の「白」も同時発売。


最近では、キャラメルコーンを持って写真を撮り、SNSにアップする中高生も多くいるようで「映える」商品として人気も高いようです。
どのような50周年になるのか、今年から来年が楽しみです。









にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年10月21日

日本初のハンバーガーチェーン店/ドムドムハンバーガー

               にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムバーガー」が誕生50周年を迎えて、日本上陸の1号店がマクドナルドより1年早い同店の独自路線やオリジナル商品に注目が集まっています。
ドムドムバーガーはダイエー創業者・中内功氏の思いで始まりました。ファーストフードの成長性に注目し、米国マクドナルドと交渉しましたが決裂したため、自社のハンバーガーチェーンとして1970年に東京都町田市に1号店が出店されました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








開業当初、まだハンバーガーが日本に定着しておらず「焼きそば」やスパゲティがが置かれている時期もあったようです。
子供達に人気のゾウの「どむぞうくん」をマスコットにして、手頃な価格や「お好み焼きバーガー」を始めとした独自のメニューが人気を集めて、ダイエーの新規出店にに合わせて店舗数は増加。
1990年代には全国で約400店舗となり、ダイエー本店がある神戸市には23店舗とダントツの店舗数を展開されていました。
その後、ダイエーの経営危機などで閉店が相次ぎ、2017年にホテルを経営する企業に事業を譲渡され、現在は全国27店舗を運営してます。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








近年は新商品を打ち出すたひにインターネットで話題になります。
昨年、東京の六本木のイベントにて殻ごと食べられるカニ1匹を挟んだ「丸ごと!カニバーガー」をPRしたところ「インスタ映えする」などSNSなどで大きな話題になりました。
今年9月から全店舗で販売(税込990円)され、売り切れ店が続出する大人気商品と話題沸騰しました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








店ごとにメニューは異なり「ギョーザ」や「イカげそ」「カマンベール」「厚焼きたまご」「鶏つくね」などの数多くの面白ろメニューが豊富に揃っているのが大きな魅力です。
ドムドムの精神は【挟めるものは何でも挟む】という至極シンプル。
ドムドムフードサービスの藤崎社長は「日本初のハンバーガーショップとしての誇りを持ち、肩にはまらないメニュー開発を進めて行きたい。」と語っています。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。



















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年10月11日

超優良企業スターバックスの秋の新作「オータムスイートポテト フラペチーノ」

               にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




今年のスターバックス、秋の大人気商品「大学芋フラペチーノ」が人気に火がつき一部の店舗では売切れが出ているとのことです。
明日10月14日には「オータムスイートポテトフラペチーノ」がパワーアップ版として発売されることが決まっています。
人気を博している「大学芋フラペチーノ」は、乱切りの大学芋をまるごと1個ブレンドしたフラペチーノであり、秋の味覚サツマイモの美味しさと素材感を感じさせてくれる商品に仕上がっています。

そして「もっと秋を楽しめるように」というコンセプトで開発されたのが「大学芋フラペチーノ」をベースに3種類のチップを合わせたのが、今回発売される「オータムスイートポテトフラペチーノ」です。
カリッとしたサツマイモ・クリ・カボチャのチップがふんだんにトッピングされており、食感を楽しめるのが最大のポイントのようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








スターバックスコーヒーの広報担当者に聞きますと「チョコレートチップとチョコレートソースをトッピングすれば、よりデザート感が高まること間違いなし。楽しみも倍増します」とのコメントでした。
チップを噛むたびにナチュラルな素材の味わいが感じられ、またまたスターバックスの季節限定商品のファンになることが予測されます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








深まる秋の中、癒しを感じるスターバックスコーヒーの新作「オータムスイートポテトフラペチーノ」の1杯が季節を堪能させてくれるはず。
楽しみな明日の販売ですね。













【スターバックス】関連記事

2020年8月1日の記事 
◆スターバックスの店舗数で都道府県の戦闘力が判るって本当?◆
    ➠ https://tozuka.boo-log.com/e524603.html
2020年6月9日の記事 
◆スターバックス毎年恒例のいちごを使用した「フラペチーノ」登場◆
    ➠ https://tozuka.boo-log.com/e520938.html
2019年12月25日の記事
◆スターバックス初の「わらびもとフラペ」を限定発売をリリース◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e505160.html
2019年10月14日の記事 
◆スターバックス今年のハロウィン戦略/マスカレード“仮面舞踏会”◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e498756.html
http://tozuka.boo-log.com/e486420.html
2019年4月14日の記事 
◆「世界で一番美しいスタバ」がSNSで話題に◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e476150.html
2018年2月16日の記事 
◆スターバックスの戦略、新作「SAKURA」シリーズ◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e433548.html
2017年10月2日の記事 
◆スターバックスがポイント制度を導入する狙い/後編◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e418101.html
2017年9月29日の記事 
◆スターバックスがポイント制度を導入する狙い/前編◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e418096.html
2017年7月29日の記事 
◆スターバックスお茶専門店「ディバーナ」が米国全店で閉店◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e412436.html
2017年3月7日の記事 
◆スターバックス「ブラックエプロン」の上を行く「茶色エプロン」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e397161.html
2016年12月22日の記事 
◆スターバックス黒板の秘密「GAHAKU」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e389687.html
2016年10月10日の記事 
◆超優良企業スターバックスが「お茶」に本格参入◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e379653.html
2016年7月20日の記事 
◆スターバックスの新たな戦略/珈琲業界の戦い◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e368000.html
2016年5月19日の記事 
◆スタバの新商品の発売ラッシュが止まらない◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e361103.html
2016年2月1日の記事 
◆スターバックスの成長戦略「ブラックエプロン」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e348392.html
2016年1月30日の記事 
◆スターバックスの成長戦略「魔法のレシート」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e348391.html
2016年1月25日の記事 
◆スターバックスの成長戦略「小さなサプライズ」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e348390.html
2016年1月22日の記事 
◆スターバックスの成長戦略「笑顔のサービス」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e348388.html
2015年5月26日の記事 
◆鳥取スタバ出店で「すなば珈琲」が大注目◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e317536.html
2015年5月23日の記事 
◆スターバックスの鳥取オープンに見る戦略◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e302489.html
2015年5月11日の記事 
◆鳥取県に「スターバックス」第1号店オープン◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e313503.html
2014年9月14日の記事 
◆スターバックスの快進撃/期間限定のフラペチーノ◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e284233.html
2014年3月3日の記事 
◆スターバックスの快進撃の戦略◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e261042.html












にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年10月09日

崎陽軒のシウマイ弁当、日本一の秘密/後編

               にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


前回の投稿で「崎陽軒のシウマイ弁当、日本一の秘密/前編」を投稿させていただきましたが、本日は後編をお届けします。

人気の秘密の1~3をお届けしたので今回は、
人気の秘密4
シウマイ弁当にシウマイが5個入っておりその他、鶏のから揚げ、鮪の照り焼き、筍煮、玉子焼き、切り昆布、千切り生姜、あんず、のおかずが詰められています。 最も人気なのはシウマイは当然です。
おかずが豊富なのきもちろんですが、第2位の人気のおかずは意外と知られていません。シウマイの次は筍煮が人気です。
昨年に人気の筍煮を通常の4倍詰めた「ドリーミング筍シウマイ弁当」が期間限定で販売され、筍煮ファンを喜ばせました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








人気の秘密5
崎陽軒のシウマイ弁当には、ひょうたん型の磁器製醤油入れが入っています。 その名は「ひょうちゃん」。1955年(昭和30年)に漫画家の横山隆一さんが現在の陶器型の醤油入れに変わりました。
「ひょうちゃん」をコレクションしている人も多く存在しており、ネットでも普通にプレミアムが付いた価格で売買されています。
現在は3代目の「ひょううちゃん」になっており、特製シウマイと昔ながらのシウマイに入っています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








人気の秘密6
シウマイ弁当には横浜の街並みを描いた掛け紙が掛けられていますが、この神とヒモが掛けられているのは横浜駅東口の本社工場と横浜工場で製造されたもののなです。 知らない方が大勢いると思われます。
東京の工場で製造されたものには、掛け紙と同じ模様がプリントされたかぶせ蓋が使用されている気遣いも嬉しいですね。
人の手でひとつひとつ丁寧に掛けらりれており、食べる人に対して想いを伝える製造側の暖かい気持ちが伝わってきます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








人気の秘密7
おかずが豊富であり「何から食べる」を楽しみにしている消費者も多く、シウマイ弁当の食べる順番が議論を呼んでいます。
「ごはんを最初に食べる」「最初は筍煮が一番」「あんずは最後に食べる」「いやいや、最後は小梅でしょ」「シウマイは最初と最後」などの様々な意見が出ており、これだけ話題になる弁当はないでしょ。
日本一売れている「シウマイ弁当」の楽しみ方は様々です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。


















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年10月07日

崎陽軒のシウマイ弁当、日本一の秘密/前編

               にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



読者の皆さんは【あなたの好きな駅弁は?】と聞かれたら、どの弁当をお好みだと答えられますか・・・
それぞれお好みがあるとは思いますが、販売個数で断トツ日本一の駅弁は崎陽軒の「シウマイ弁当」が№1を誇っています。
その販売個数は一日平均約2万3000個というからアッと驚きです。
改めて崎陽軒の「シウマイ弁当」の人気の秘密を記事にします。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








人気の秘密1
主役のシウマイは1928年(昭和3年)に崎陽軒の初代社長の野茂茂吉氏が「横浜に何か名物を昨りたい」との思いから、中華街の料理人たちの知恵を借りて、生み出した料理だという説だと聞きます。
当時、小田原には「かまぼこ」、鎌倉には「ハム」とそれぞれ地域の名物がありましたが、横浜にはそれらしき名物がありませんでした。
化学調味料などは一切使用せず、冷めても美味しいようにホタテの貝柱を配合するなど基本的なレシピは90年間変わっていません。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





人気の秘密2
横浜に名物を。の発想で生まれたシウマイ弁当の宣伝に大きく寄与したのが1950年(昭和25年)に登場したシウマイ娘の登場でした。
可愛らしい制服に身を包んだ女性達が明るい笑顔を振りまきながら販売するシウマイ弁当は当時では斬新な宣伝広告だったようです。
1952年(昭和27年)にはシウマイ娘が小説に登場し、翌年には映画化されて全国区でのアイドル的人気が高まったようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





人気の秘密3
私も同じ思いですが、崎陽軒のシウマイ弁当ファンが異口同音に褒めるのが「ごはんが冷めていても美味しい」ことです。
ベチャと柔らか過ぎず、ほどよい硬さのごはんは、蒸気で炊き上げるのが美味しさのヒミツだと聞きましたが、それ以上は企業秘密。
俵型に抜かれて黒ゴマをパラりと散らし、中心に小梅を置いたら出来上がり極めてシンプルなモチモチ食感が美味しいごはんです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









日本一の販売個数を誇る崎陽軒の「シウマイ弁当」の人気の秘密を前編として記事にし投稿しまたが、如何でしたでしょうか・・・・
既に食べたくなった方も多いのではないでしょうか。(笑)
次回は人気の秘密の後編をお届けします。お楽しみに。

















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年10月03日

ガリガリ君に沖縄の味が新登場/塩ちんすこう

               にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



赤城乳業の人気商品「ガリガリ君」から新商品がを発売されました。
9月29日に「ガリガリ君リッチ 塩ちんすこう」味が発売され、ネットでも大きな話題となっています。
新型コロナウイルス感染拡大による自粛ムードが続く中、人気の旅行先である沖縄の定番お土産菓子をテーマにして開発した商品です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









塩ちんすこう風味のクッキーをかき氷に混ぜたラクトアイス、赤城乳業さんでは沖縄にちなんだ商品は初の販売となっています。
クッキーは県外で製造しているようですが、沖縄県産の塩を使うなど素材にこだわって開発した商品。パッケージも海と砂浜の色を再現したマリンブルーを使用し、シーサーに扮したガリガリ君やハイビスカスを描いて、沖縄らしさを最大限に表現したデザインとなっています。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







高級感のある「ガリガリ君リッチ」シリーズでの販売となり、全国のスーパーやコンビニなどで販売しています。
価格は税抜140円と大変にお手頃価格となっています。
ガリガリ君の商品戦略は以前より大きな話題性があり、大変に注目していますが「塩ちんすこう味」とは意外でした。










過去のガリガリ君の関連記事
2020年2月11日記事
 ◆ガリガリ君の新商品「ピスタチオ味」が本日発売
     ⇒ https://tozuka.boo-log.com/e511250.html
2019年12月17日記事
 ◆ガリガリ君を国民的人気商品にした戦略/後編
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e505157.html
2019年12月15日記事
 ◆ガリガリ君を国民的人気商品にした戦略/前編
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e505155.html
2019年9月28日記事
 ◆ガリガリ君から「リッチたまご焼き」が発売。攻めますね
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e494527.html
2018年5月12日記事
 ◆ガリガリ君が話題の新製品の「チョコミント」を発売
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e442975.html
2017年11月1日記事
 ◆ガリガリ君のリッチ/温泉まんじゅう味の戦略
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e422758.html
2016年11月3日記事
 ◆ガリガリ君の商品開発戦略「メロンパン味」
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e382869.html
2016年4月4日記事
 ◆ガリガリ君の値上げCMに賞賛の声
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e357854.html
2016年2月19日記事
 ◆ガリガリ君『ナポリタン味』で3億円の赤字
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e353644.html
2013年10月19日記事
 ◆ガリガリ君『シチュー味』発売の戦略
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e244392.html
2013年8月8日記事
 ◆ガリガリ君リッチ大ヒットの商品戦略/第二弾◆
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e236879.html
2013年8月6日記事
 ◆ガリガリ君の大ヒットの商品戦略/第一弾◆
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e236877.html
2013年3月24日記事
 ◆ガリガリ君の商品開発はどこまで続く◆
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e223407.html
2013年3月16日記事
 ◆ガリガリ君『コンポタ味』は今月26日より販売開始◆
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e223404.html
2012年11月4日記事
 ◆ガリガリ君『コンポタ味』来春に発売再開◆
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e209348.html












にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年09月30日

和菓子の老舗「両口屋是清」の新ブランドが名古屋上陸

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




名古屋で創業380年余りの歴史を誇る老舗和菓子屋「両口屋是清」が新ブランドをプロデュース。老舗ブランドの伝統は守りつつも、新しい素材や発想を取り入れた新しいスタイルの和菓子が揃っています。
JR名古屋タカシマヤに新店舗のモデルショップが展開されています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








新ブランドのコンセプトは【手のひらサイズの日本の美】。
日本の四季折々の美しさを表現した芸術的な和菓子は伝統を守りつつ、現代の素材や発送を取り入れた新商品が陳列しています。
日本の象徴でもある富士山を何層もの洋館で四季のの彩りをを表現した職人技が冴える商品が揃っています。
従来の和菓子のイメージを変えた、こしあんが入った焼き菓子をチョコレートでコーティングした「ふゆうじょん」は新食感です。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








380年余の老舗和菓子屋さんでも新しい商品開発に尽力する姿勢は「継続発展」する大きな要因となっていることでしょう。


















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年09月29日

「クラフトボス」紅茶シリーズが10月に刷新/サントリー食品のリニューアル戦略

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



サントリー食品のヒット商品「クラフトポス」シリーズが9月から刷新されていますが、10月13日より紅茶シリーズがブラッシュアップ。
刷新されるアイテムは「無糖紅茶」「ミルクティー」「レモンティー」の3種類が新しく登場します。
すっきりとした味わいとスタイリッシュなボトルデザインが特長です。
発売から4年目を迎える「クラフトボス」シリーズは、男性だけに留まらず若い女性からも支持されて世間に認知されてきました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








今回のシリーズ刷新は9月15日に「コーヒーシリーズ」の刷新に続き、10月13日より「紅茶シリーズ」がリニューアルされます。
「クラフトトボス」のコンセプトは、働く人達を快適にする相棒。
担当者は「今まで以上にいつでも、どこでも、クラフトボスを飲んで気持ちを軽くして欲しい」と思いを語っています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








サントリー食品のヒット商品「クラフトボス」のリニューアル戦略は全種類に及ぶ大きな投資となっています。
このリニューアルが戦略での新商品の売行きアップに繋がるのか。大変に興味深く見守っていきたいと思います。


























にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村