2020年07月13日

河井克行前法務大臣起訴にみるトップの説明責任のあり方

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


昨年夏の参議院選挙で河井克行被告(前法務大臣)と妻の案里被告は大規模買収事件として公職選挙法違反罪で起訴されました。
このことは既にマスコミ関係を通して広く知れ渡っていますが、この段階になっても安倍晋三首相と自民党は党本部から河井夫妻側へ提供した1億5千万円についての説明に後ろ向きであり、党内からも不満の声が上がっています。
連立を組む公明党からは河井夫婦の議員辞職を迫ると見られ、野党は首相と自民党の責任を追及する姿勢のようです。
安倍首相は起訴が確定した同日のインタビューに「誠に遺憾だ。かつて法務大臣に任命した者として責任を痛感する。国民にお詫びを申し上げる。国民の厳しい目が注がれていることを意識し、より緊張感を持って政権運営にあたる。」と述べていました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









1億5千万円の使途については関係書類が検察当局に押収され、党本部が確認できないことが新聞社の取材で明らかになっているにも関わらず、安倍首相は「自民党の政治資金は厳格なルールで運用されている。襟を正し、国民に党として説明責任を果たさなければならない。」と従来と同じ文言を繰り返すだけ。 説明責任は全く果たさずの状態。
案里被告を自派閥に迎えていた二階俊博幹事長に至っては、マスコミや報道陣の取材要請を受け付けなかった事実があります。
トップやリーダーがこのような逃げ腰では国民は到底納得しません。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








さすがに自民党内でも良識者の方々は、
「破格の資金提供が背景にあったからこそ事件は起きた」
「1億5千万円を誰が、どういう責任で決めたか明らかにして欲しい」
など自民党執行部への説明責任不足を追求する声が挙がっています。

森友・加計問題に端を発して、桜を見る会問題も何もなも説明責任が果たされず、今回の「河井夫妻買収事件」も全く説明責任を果たさず、時間の経過を待つだけなのでしょうか・・・
国民のストレスは最高潮に達していると思います。

企業活動も政治活動もトップの姿勢次第でどうにでも転びます。
トップが潔さがない組織は不満のたまり場となり、いずれ崩壊します。
政治のトップとして、国民が理解・納得する説明責任を果たし潔い決断を切を望みます。















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年07月11日

上半期ブレイク芸人、コロナ禍が影響しトップ10に異変/後編

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。

前回の記事にて「上半期ブレイク芸人、第1位は「ぺこば」 コロナ禍がトップ10に異変/前編」を記事にしてお届けした。
第1位から第5位までを紹介しましたが本日は6位以降をご紹介。


第6位は 「霜降り明星」
第7世代での代表格的な知名度の高いコンビであり、世代の中では一番面白い。とのSNSでも高評価を得ています。
2018年のM-1グランプリの優勝者であり、平成生まれの初の優勝者として大きな話題を振りまきました。
舞台を所狭しと走り回りアクティブに動きをするボケ担当の近畿大学出身の「せいや」と、スプーンに映った小栗旬というネタを使うツッコミ担当の同社大学出身の「粗品」の息がピッタリのコンビです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第7位 「四千頭身」
ワタナベコメディスクール22期生として出会った左から都築拓紀、後藤拓実(中央)、石橋遼大(右端)の漫才トリオで2016年にデビュー。
ネタ作りは後藤が行い、都築と石橋の天真爛漫なボケに後藤がツッコミを入れてグタグタした会話を回して行く、いわゆる「脱力系漫才」と言われており、お笑い第7世代の特徴でもあるYouTubeチャンネルも開設しており、約60万人の登録者がいるようです。
ネタも面白いと評判ですのでこれから賞レースも絡んでくるでしょう。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







第8位 「宮下草薙」
太田プロダクション芸人コースの5期生同士、お互いに最初の相手への印象は草薙航基の宮下の印象は「作家さんのダメ出しに食ってかかることがあるとがった奴。」逆に宮下兼史鷹の草薙の印象は「初めて大勢の皆さんの前で挨拶する前に緊張をほぐすために酒を飲んできたが、途中で気分が悪くなって退席した」と、共に「ヤバイ奴」という印象だったようです。しかし宮下は既に草薙のブレイクを予感していました。
2018年の元旦の「ぐるナイ おもしろ荘」で3位に入賞し、草薙のネガティブ思考キャラを前面に押し出し、一気に大ブレイクしています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







第9位 「かまいたち」
二人とも大阪NSC26期生で2004年にコンビ結成し、芸歴も長く中堅コンビとして実力がありながら、なかなか大ブレイクに至らなかった。
ブレイクのキッカケは2016年コングオブコントで決勝に進出、第3位に入賞して翌年2017年は優勝。ブレイクまで時間が掛かった苦労人。
左側が山内健司、ボケ担当だがコントではツッコミを担当することもある。右側が濱家隆一はツッコミ担当(コントではボケの回る)こともあり、二人ともボケもツッコミもできる実力を兼ね備えています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







第10位 「ティモンディ」
高校野球の名門、愛媛県の済美高校野球部出身の同級生の結成5年目コンビのティモンディがベスト10入りを果たしました。
長身の高岸宏行は甲子園の出場経験こそありませんが、高校時代は投手として最速147㌔を記録し、プロからのスカウト調査も入りプロ志望の打診も受けたほど逸材でした。東洋大学3年生時に故障してプロ野球を断念し2015年にコンビを結成しました。
左側の前田裕太も済美高校野球部出身のお笑い第7世代です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







今年の2020年上半期ブレイク芸人の特徴は何と言っても「第7世代」の活躍が顕著なランキングとなっています。
以前からお笑い芸人といえば「ひな壇芸人」が活躍のメインでありましたが、コロナ禍という新しい環境変化の中、ブレイクで顕著な変化が起きていたのは「有吉の壁」のような芸人ありき番組がゴールデンタイムに放映され、純度100%のお笑い番組が復活しています。
つまりお笑いのネタの面白さや実力が顕著に画面を通して伝わります。

また第7世代のメンバーはYouTubeというSNSを活動拠点として登録者を増やし、ファンを獲得し人気を高めている傾向も顕著です。
今後、ますます実力のある若手芸人が突如として現れる可能性を残した今回のブレイク芸人ランキングでした。




















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年07月09日

上半期ブレイク芸人、第1位は「ぺこぱ」 コロナ禍がトップ10に影響/前編

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


新型コロナウイルスの影響でバラエティ番組の収録もままならず、ひな壇芸人が縮小傾向にあるようです。
そんな中で恒例の「2020年上半期ブレイクレ芸人ランキング」がオリコンニュースから発表されました。毎年、リアルな発表です。(笑)


お笑い第7世代が注目の中、今年の上半期最もブレイクした芸人
第1位は 「ぺこぱ」
昨年末の『M-1グランプリ』では決勝戦で第3位なり、一躍ブレイクした「ぺこぱ」ですが2019年1月1日放送の「ぐるナイ・おもしろ荘」で堂々と優勝してから頭角を現していました。
ボケ担当のシュウペイのギャグ「シュウペイポーズ」は複数の芸能人がパクっており、大ブームの兆しがあります。 そして相方のビジュアル系メイクの松陰寺が行う「ノリツッコまないボケ」と新しい漫才スタイルを確立して高い評価を受けています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






ブレイク芸人第2位は 「EXIT」
10代からの支持は1位と圧倒的に若者に支持されています。ランキングに登場しているメンバーのように、お笑い賞レースでの優勝は無いもののファッションや音楽部門にも進出しており、大きなブームとなっています。 彼らの特徴は「チャラ漫才」。
ピンク髪の兼近は「よしもと男前ランキング」では第1位に輝き、相方のりんたろーは同ブサイクランキング第2位、同男前ランキング第5位とキャラクター性も満点の個性はコンビです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






ブレイク芸人
第3位は「ミルクボーイ」
苦節12年を経てM-1グランプリ優勝を勝ち取った「ミルクボーイ」がブレイク芸人の第3位にランクインしました。
M-1決勝で披露した「こーフレーク」ネタが大ブレイクして「ケロッグ」の公式応援サポーターに就任するなど、同ネタをキーワードを変えて真似する芸人も現れるほど大きなインパクトを残しています。
芸歴も長いのでネタの質は高く、面白いとSNSでも大評判です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






ブレイク芸人第4位 は「フワちゃん」
もともと女芸人だったのですが、売れるキッカケになればとの思いで始めたYouTubeが大ブレイクして、今ではトップYouTuberとして大活躍しています。体を張った動画が大人気の秘密です。
言動が自由過ぎるが何か憎めない。先輩や年上の人にもタメ口ですが、語学も堪能なのはギャップとして評価されています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






ブレイク芸人
第5位は 「3時のヒロイン」
TV出演本数が昨年の11本から146本と飛躍的な増加となり、女芸人ではダントツのブレイク芸人として選ばれています。
真ん中の福田麻貴は若い男性が大好きなリーダー、左側の個性的な顔立ちの「ゆめっち」は恋愛経験が豊富と自負しています。右側のポッチャリの「かなで」は恋愛には一途なタイプだとトークでも語っています。
3人の独特の個性が前面に出ており、評価もうなが登りです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





今回は2020年上半期ブレイク芸人ランキングの上位5位までを紹介しましたが、次回は5位以降の紹介とコロナ禍による影響の記事を投稿させていただきます。 お楽しみに・・・・





ブレイク芸人の記事
◆2019年8月18日の投稿記事◆
 令和元年のブレイク芸人は「りんごちゃん」
   ➠ https://tozuka.boo-log.com/e490036.html
◆2017年5月20日の投稿記事◆
 今年のブレイク芸人「ブルゾンちえみ」のマーケティング
   ➠ http://tozuka.boo-log.com/e404732.html
◆2016年7月23日の投稿記事◆
 恒例の上半期ブレイク芸人の顔触れ2016年
   ➠ http://tozuka.boo-log.com/e371458.html
◆2015年9月23日の投稿記事◆
 「とにかく明るい安村」に学ぶ販売戦略
   ➠ http://tozuka.boo-log.com/e331832.html
◆2014年7月26日の投稿記事◆
 上半期ブレイク芸人/「どぶろっく」が首位
   ➠ http://tozuka.boo-log.com/e275647.html
◆2014年7月31日の投稿記事◆
 上半期ブレイク芸人/「ウーマンラッシュアワー」第2位
   ➠ http://tozuka.boo-log.com/e278873.html

















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年07月07日

新型コロナウイルス関連倒産が313件、6月が110件と最多件数

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


先月「コロナウイルス関連倒産250件越え、6月は急増」の記事を投稿させていただきました。 6月は予想通り100件を超えました。
7月6日現在、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産(法的整理または業務停止、負債1000萬円未満・個人事業者含む)は、313件が帝国データバンク調べで確認されています。
月別で観てみますと、
2月1件、3月20件、4月94件、5月87件、6月110件と6月が最多となっていますが、今後は倒産件数は増加すると見られます。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








都道府県別では東京都が最多の72件、大阪府31件、北海道22件、静岡県19件、兵庫県17件、神奈川県11件と続いています。
業種別ではレストラン・伊早坂や・喫茶店などの「飲食業」が49件で最多、ホテル・旅館業が49件、小売業が21件と続いています。

環境が激変している中で、中小企業が生き残る道はただひとつ。
【環境に適合する】以外に生き残る道はありません。
コロナウイルスという今までに無かった未知の経済環境になった時に、環境に合わせることができる新たな「ビジネスモデル」に切り替えることができた企業のみが生き残る。間違いありません。













にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年07月03日

ペッパーランチ社、全株式売却にみる企業経営の原理原則の重要性

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。

外食産業大手のペッパーフードサービスが昨日3日、ステーキチェーン「ペッパーランチ」を運営する子会社が保有している全株式を投資ファンドであるJーSTARに売却することを発表しました。
売却総額は85億円と発表されました。 驚きの発表でした。

ペッパーフードサービスは5月末の時点で「ペッパーランチ」約190店舗、「いきなりステーキ」約410店舗を運営していましたが、採算の悪い店舗を中心に合計114店舗の閉店を行うことも発表し、店舗閉鎖に伴い約200人の希望退職者を募集も開始しています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








同社は1994年にペッパーランチ1号店をオープンさせ、新しいビジネスモデルとして注目。急速に店舗出店を押し進めて大躍進を続けてきましたが、出店ペースが速すぎたことが大きな要因と観られています。

近郊店舗での顧客の奪い合いも起こっており、今回の新型コロナウイルスの影響もあり、ついに経営続行を断念したようです。
外食産業の環境は今までのビジネスモデルでは限界が来ており、無理な出店は危険信号だと誰もが認める環境にもかかわらず「自分たちのビジネスは別である」という驕りが今回の悲劇を起した要因ではないでしょうか・・・・

企業経営の原理原則である「環境適応業」としての戦略が間違っていたり、偏ったりすると健全経営ができなくなることが実証されました。



















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年06月19日

コロナウイルス関連倒産が250件超え、6月は急増

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


先日、「コロナウイルス関連倒産が200件越え、帝国データバンク」を記事にして投稿させていただきましたが、本日は続報です。
6月16日17時現在ですが、新型コロナウイルス関連の経営破綻は全国で250件(倒産176件、弁護士一任・準備中74件)を突破していた事実が帝国データバンクの調査で判明しました。
2月2件、3月23件、4月84件に急増、5月83件と同水準で発生しており6月は16日に5件の経営破綻が判明して現在58件。
4月、5月を上回る月間100件を超えるペースで推移しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








都道府県別では、福井・和歌山・鳥取・高知の4県を除く43都道府県で「新型コロナウイルス」関連の経営破綻が発生しています。
東京都が55件で全国最多、以下は大阪府が22件、北海道17件、静岡県と兵庫県が13件の順で続いています。

業種別では緊急事態宣言の発令で来店客が減少、休業要請などの影響で飲食業が37件と最多であり、インバウンド需要消失や旅行や出張の自粛が影響した宿泊業が35件と完全に「コロナ倒産」となっています。
この他では百貨店や小売業の休業が影響したアバレル関連(製造・販売)が31件と個人消費関連の落ち込んだ業界が続いています。

今のままでは持ち応えられない企業が続出するのは確実。
政府はどのような緊急経済対策を打ち出し、日本の中小企業の大ピンチを救うのか。大変に注目が集まる時期です。




















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年06月15日

ローソン「からあげクン」宇宙食に認定。コンビニで初認証

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



コンビニ大手、ローソンは人気商品「からあげクン」をフリーズドライした【スペースからあげクン】が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)
から「宇宙日本食」として認定を受けたことを発表しました。
コンビニのオリジナル商品としては初めて認定され、日本人宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに滞在する際に提供される予定です。

食べる際に粉末などが飛び散って機器が故障するのを防ぐため、通常の半分の一口サイズに工夫してあるようです。
味はレギュラー味で、開封するとそのまま食べられます。 残念ながら店頭での販売予定は無いとのことでした。(涙)


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








宇宙飛行士からの声「宇宙でもお肉を食べたい」との声を受け、ローソンでは3年ほど前から商品開発を試みていました。
宇宙ステーションでの長期滞在中に日本食の味を楽しんでもらえるよう、1年半保存できるなどの試験をクリアしての認定となりました。
一度は是非とも食べてみたいですね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。


















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年06月05日

新型コロナウイルス解雇は2万人超、リーマンショックをうわまわる可能性も

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


厚生労働省が昨日、新型コロナウイルス感染拡大に関連した解雇や雇い止めが、見込みを含めて6月4日時点で2万540人と2万人を突破したことが明らかになりました。
先月21日に1万人を突破してから2週間で倍増という急速に拡大。
緊急事態宣言が発動されて以降、雇用情勢が急速に悪化している実態が明らかになりました。安倍内閣は雇用維持策を相次いで打ち出しているが、歯止めが全く掛かっていないようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








厚生労働書は、各地の労働局やハローワークに相談した事業所から集計した業種別や都道府県別、非正規労働者の人数を明らかにしていない。 しかし四半期契約の派遣社員は6月末で契約更新のタイミングを迎える人が多く、1ヶ月前の5月末に雇い止めの通告を受けるケースが多く、解雇人数が急激に増加する可能性が大きいと言われています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








経済分析に強いシンクタンクでは、新型コロナウイルスの大流行が雇用に与える影響を、世界的な収束が今年末にずれ込む最悪のケースを想定すると、全国で最大301万人が失業する恐れがあると指摘。
リーマンショック後の完全失業者を大きく上回る可能性まで示唆しており、今後のコロナウイルスの収束と経済活動の再編成が大きな課題となってくることは間違いありません。



















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年05月26日

内閣支持率27%に急落。黒川氏「懲戒免職にすべき」52%

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


毎日新聞と社会調査研究センターが23日、全国世論調査を実施した結果を発表。当然といえば当然の結果が公開されました。
安部内閣の支持率は27%と今月6日に実施した前回調査の40%から急落の結果となり、不支持率は64%(前回45%)となりました。
4月8日に実施した調査では44%あった支持率が、一ケ月半で17%も落ち込む、末期的な調査結果が出ています。
また、東京高検り黒川検事長の賭けマージャンをしていた問題で辞職したことについては「懲戒免職にすべき」が52%と過半数超え。
この国民からの声をどのような受け止めるのか。口では「真摯に受けとめる」と発言していますが、身内に甘く国民の想いが理解できない安倍首相がいう真摯とはどんなカタチになるのか。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








黒川氏の定年を今年2月から延長していた安倍内閣の責任については「安倍晋三首相と森雅子法相の双方に責任がある」が74%
「首相に責任がある」が28%、合わせて7割以上の国民が首相の責任を重く見ている現実にどのように向き合うのか興味深いです。
自民党のベテラン議員からは支持率が30%を切ったことで「危険水域に入った」という厳しい見方も囁かれているようです。
個人的な見解ですが「責任は感じています」「真摯に受け止めます」などの反省の弁は聞かれますが、罰則や処罰などの責任の取り方が甘いというよりも、誰も責任を取っていない現実をどのように考えているのか判りません。 政治家の進退は潔く退いてほしいのも本音です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








自民党政党支持率は25%(前回30%、前々回34%)大幅ダウン。
内閣支持率の下落が自民党支持層も揺さぶっている事態を収めるには、国民の声を真摯に反映すべきではないでしょうか。
ある政治評論家は「今回の黒川問題は事件です。内閣総辞職をするぐらいの大事件です」と発言している方もいるぐらいの事件です。

また誰も責任を取らず時が過ぎるのを待つ政策なのでしょうか・・・ 
日本のトップリーダーらしい潔い姿を見せて欲しいものです。




















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年05月24日

第102回全国高校野球選手権甲子園大会中止の代替案の行方

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


先日、第102回全国高校野球選手権大会の開催中止が決まり、全国の高校球児は大きな落胆の日々を過ごしていることだと推測します。
春のセンバツ大会が中止になった時は「夏の甲子園を目指す」新しい目標でモチベーション維持を継続しましたが、夏の大会までもが中止になると高校3年生の球児たちは、完全に目標を失ったことでしょう。
しかし、全国各地の高野連などは甲子園大会の中止を想定して代替大会の検討を始めており、その概要が明らかになってきました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








全国最多の272校の加盟校を誇る東京都高野連は、既に発表していた暫定日程の7月11日開幕、8月2日決勝戦を神宮球場で開催すね方針を発表しました。素早い方針発表が素晴らしいですね。
東京都高野連では3年生部員のためにも夏の甲子園大会の開催の是非に捉われず、無観客・万全なコロナ対策を前提に東西東京大会を行う方針で準備を進めてきたと聞きました。
大会で使用するマスク・消毒液なども発注済みで、開催を予定している都内12球場も予定通りの使用可否確認をしているようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








しかし、東京都は緊急事態宣言が解除されておらず、都立を含むほとんどの学校で休校が続いており、練習不足が懸念されています。
都高野連の専務理事は開催の条件として「開幕の3週間前には練習を開始しないと難しい」と語っており、6月20日前後までの部活動再開をリミットとして設定しているようです。
しかし、教育委員会や各校の学校長理解や協力が必要であり、まだまだ前途多難な道筋でありそうです。

高校球児に少しの光が見えてきましたので、是非とも諦めずに仲間との絆を閉ざすことなく前を向いて欲しいものです。
頑張れ、高校球児!














にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村