2020年10月19日

第97回東京箱根間往復大学駅伝 2021年予選会結果/第1位は順天堂大学

               にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会が昨日17日に冷たい雨の中、東京立川市陸上自衛隊立川駐屯地で行われました。
出場46校が上位10人のハーフマラソンの合計タイムで競い、上位10チームが箱根駅伝本選の出場権を獲得する予選会。
今年の予選会は新型コロナウイルス感染防止対策として、無観客で陸上自衛隊立川駐屯地内の1周約2.6㌔の滑走路を周回するコースに変更して開催。各校12人以内が出走して本選出場獲得を目指しました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







全体のトップは拓殖大学のレメディキ選手が1時間0分13秒。
第2位は国士舘大学ヴィンセント選手、第3位は日本薬科大学のキプモリ選手、第4位は駿河台大学のブヌカ選手と留学生が独占しました。
日本人トップは順天堂大学の1年生ルーキー、三浦龍司選手。 タイムは1時間1分41秒で、マラソンの日本記録を持っている大迫傑選手が早稲田大学1年時に出したU20日本記録をを上回る好記録でした。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








そして注目の予選順位は
第1位 順天堂大学 10年連続62回目

第2位 中央大学 4年連続94回目

第3位 城西大学 2年ぶり16回目

第4位 神奈川大学 11年連続52回目

第5位 国士舘大学 5年連続48回目

第6位 日本体育大学 73年連続73回目

第7位 山梨学院大学 2年ぶり34回目

第8位 法政大学 6年連続81回目

第9位 拓殖大学 8年連続42回目

第10位 専修大学 7年ぶり69回目

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







上位10校は来年1月2日、3日に行われる箱根駅伝の本線に出場権を獲得。残念ながら出場権を逃がした大学は、
第11位 筑波大学
10位の専修大学とは僅か18秒差、一人当たり2秒縮めていたら立場が逆転していた僅差で箱根駅伝の出場を逃しました。

第12位中央学院大学
初出場から18年連続で本選(箱根駅伝)に出場していた中央学院大学は連続出場がストップ。無念の予選落ちとなってしまいました。

第13位 麗澤大学
2年連続で次点と悔しい思いをしてきた麗澤大学は今年も予選突破と刃ならず、初出場は来年以降に持ち越しとなってしまいました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









過去の箱根駅伝の関連記事

2020年10月16日の記事
◆第97回東京箱根間往復大学駅伝の予選会◆
  ➡ https://tozuka.boo-log.com/e532116.html

2020年1月7日の記事
◆第96回箱根駅伝・復路編
         /青山学院が王座奪還◆

  ➡ https://tozuka.boo-log.com/e505168.html

2020年1月5日の記事
◆第96回箱根駅伝・往路編
         /区間新記録続出◆

  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e505167.html

2019年12月29日の記事
◆第96回箱根駅伝、注目のスーパー1年生
         /駒澤大学 田沢簾選手◆

  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e505162.html

2019年12月13日の記事
◆令和最初の箱根駅伝は5区山登りが大注目◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e505154.html

2019年10月28日の記事
◆第96回箱根駅伝予選会/
        戦国時代駅伝を象徴◆

  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e498763.html

2019年10月20日の記事
◆令和の大学駅伝は戦国時代/
        國學院大學が初優勝◆

  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e498759.html

2019年10月5日の記事
◆今年の「箱根駅伝予選会」は歴史的大混戦◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e494530.html

2019年1月13日の記事
◆今年も感動の第95回箱根駅伝/復路編◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e462483.html

2019年1月11日の記事
◆今年も感動の第95回箱根駅伝/往路編◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e462482.html

2018年12月29日の記事
◆第95回箱根駅伝の注目選手」/
      早稲田大学、 中谷雄飛選手◆

  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e462478.html

2018年1月7日の記事
◆今年も感動の「第94回箱根駅伝」/復路篇◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e429686.html

2018年1月5日の記事
◆今年も感動の「第94回箱根駅伝」/往路篇◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e429685.html

2017年11月11日の記事
◆箱根駅伝100回記念大会から全国化を検討◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e422762.html

2017年10月18日の記事
◆箱根駅伝予選会の明暗◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e422748.html

2017年1月5日の記事
◆感動の「第93回 箱根駅伝」の復路◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e391897.html

2017年1月3日の記事
◆感動の「第93回 箱根駅伝」の往路◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e391896.html

2016年10月16日の記事
◆箱根駅伝予選会で92年の歴史が途絶える◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e379659.html

2015年1月13日の記事
◆今年も感動の第91回箱根駅伝/往路篇◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e299536.html

2014年1月5日の記事
◆今年も感動の連続、第90回箱根駅伝◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e252032.html

2013年1月6日の記事
◆今年も感動の連続「箱根駅伝」◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e216344.html

2012年1月4日の記事
◆2012年「箱根駅伝」奇跡の襷リレー◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e166616.html

2011年1月4日の記事
◆感動の「箱根駅伝」◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e117307.html























にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年10月15日

第97回東京箱根間往復大学駅伝の予選会

               にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の予選会が17日に東京都立川市の陸上自衛隊 立川駐屯地を周回するハーフマラソンのースで開催されます。 いよいよこの季節ですね。
上位10校が得られる本大会への出場権をかけ、46校が午前9時35分にスタートする今大会は、総合力が高い中央学院大学や中央大学、順天堂大学などが本大会へ出場する上位突破を狙っています。
73回連続出場がかかる日本体育大学、2年連続次点で落選している麗沢大学などの走りも大注目となっています。

従来の予選糧のコースは陸上自衛隊立川駐屯地をスタートして市街地を巡るコースでしたが、新型コロナウイルス感染防止策として、駐屯地内のコースに限定。1周約2.6㌔コースを8周するハーフマラソンコースで行われます。記録は公認となります。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







個人の第1位争いは、前回2位のビンセント(国士舘大学)、同4位のドゥング(日本大学)、9月の日本学生対校選手権1万㍍覇者のブヌカ(駿河台大学)、1月の箱根駅伝2区2位のラジニ(拓殖大学)たちの1万㍍27分台の記録を持つ留学生が軸となります。


日本勢では池田選手(日本体育大学)、丸亀国際ハーフで快走した岩崎選手(上武大学)、森山選手(山梨学院大学)、高橋選手(中央学院大学)達が上位を狙う勢いです。


今季のルーキーたちの活躍も楽しみです。
5000㍍でU20(20歳未満)の日本記録を樹立した古居選手(中央大学)、3000㍍障害で日本歴代2位を記録した三浦選手(順天堂大学)が日本人トップを狙い激走が見られるものと思います。

明日の予選会、とっても楽しみですね。





過去の箱根駅伝の関連記事

2020年1月7日の記事
◆第96回箱根駅伝・復路編
         /青山学院が王座奪還◆

  ➡ https://tozuka.boo-log.com/e505168.html

2020年1月5日の記事
◆第96回箱根駅伝・往路編
         /区間新記録続出◆

  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e505167.html

2019年12月29日の記事
◆第96回箱根駅伝、注目のスーパー1年生
         /駒澤大学 田沢簾選手◆

  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e505162.html

2019年12月13日の記事
◆令和最初の箱根駅伝は5区山登りが大注目◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e505154.html

2019年10月28日の記事
◆第96回箱根駅伝予選会/
        戦国時代駅伝を象徴◆

  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e498763.html

2019年10月20日の記事
◆令和の大学駅伝は戦国時代/
        國學院大學が初優勝◆

  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e498759.html

2019年10月5日の記事
◆今年の「箱根駅伝予選会」は歴史的大混戦◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e494530.html

2019年1月13日の記事
◆今年も感動の第95回箱根駅伝/復路編◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e462483.html

2019年1月11日の記事
◆今年も感動の第95回箱根駅伝/往路編◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e462482.html

2018年12月29日の記事
◆第95回箱根駅伝の注目選手」/
      早稲田大学、 中谷雄飛選手◆

  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e462478.html

2018年1月7日の記事
◆今年も感動の「第94回箱根駅伝」/復路篇◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e429686.html

2018年1月5日の記事
◆今年も感動の「第94回箱根駅伝」/往路篇◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e429685.html

2017年11月11日の記事
◆箱根駅伝100回記念大会から全国化を検討◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e422762.html

2017年10月18日の記事
◆箱根駅伝予選会の明暗◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e422748.html

2017年1月5日の記事
◆感動の「第93回 箱根駅伝」の復路◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e391897.html

2017年1月3日の記事
◆感動の「第93回 箱根駅伝」の往路◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e391896.html

2016年10月16日の記事
◆箱根駅伝予選会で92年の歴史が途絶える◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e379659.html

2015年1月13日の記事
◆今年も感動の第91回箱根駅伝/往路篇◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e299536.html

2014年1月5日の記事
◆今年も感動の連続、第90回箱根駅伝◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e252032.html

2013年1月6日の記事
◆今年も感動の連続「箱根駅伝」◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e216344.html

2012年1月4日の記事
◆2012年「箱根駅伝」奇跡の襷リレー◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e166616.html

2011年1月4日の記事
◆感動の「箱根駅伝」◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e117307.html





















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年09月25日

広島県福山市の100年以上の大衆食堂「稲田屋」が閉店

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




大正時代から広島県福山市の人達に親しまれた大衆食堂が9月23日に、多くの地元の人達に親しまれながら閉店を迎えました。
1919年創業で福山市中心部にある老舗の大衆食堂。 稲田正憲さんが
5代目の社長として店を切り盛りしていました。
しかし、店主の体力の問題や新型コロナウイルスの影響から閉店を決
めて23日が最後の営業日となり、開店の午前11時には店の前には100名以上の長い行列ができて人気が垣間見えました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








人気メニューのホルモンを砂糖と醤油秘伝のタレ甘く似た煮た関東煮や肉丼は福山市のソールフードとして長年、親しまれてきました。
お客様は「やっぱりこれよね。よそとは違う」「両親との思いでもあります。自分だけと言うよりも」「中学生ぐらいの時は友達と来たことが思い出として残っています」「まだ食べたい気持ちがあるので、続けて行ってくれる人が見つかって欲しいと思っています」と惜しむ声が数多くあがっていました。 まさに地元の名店ですね。
23日は普段の倍の関東煮を仕込んでいたようですが、わずか2時間ほどで完売してしまったようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






店主の稲田正憲さんは「本日をもって閉店します。ありがとうございました。他に言葉が思い浮かばないので、これで閉店のご挨拶とさせていただきます。」と最後のコメントを伝えていました。
大正時代から令和まで世代を超えて地域に愛された名店が惜しまれながら暖簾を卸すことになり、寂しい限りですね。(涙)














にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年09月13日

2020年ドラフトの目玉、高橋宏斗(中京大中京)を上回る逸材/畔柳亨丞投手

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



新型コロナウイルスの影響で,春夏の甲子園大会が中止となった2020年の高校生ドラフト目玉選手は、何といっても中京大中京の高橋宏斗投手であることはプロ野球のスカウト間では周知の事実です。
プロ志望届を提出するのか、大学進学か、たいへん注目されています。

その1年後輩の同校で来秋のドラフト候補が畔柳亨丞投手(2年)。
秋季愛知県大会1回戦に先発し、6回を3安打1失点、毎回の12三振を奪い、最速も146㌔を記録して大器の片りんを見せつけました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








今夏まで絶対的なエースだった1学年先輩の高橋宏斗投手から多大な影響を受け「練習でも人一倍、考えてやろう」との助言を胸に、今大会の地区予選では自己最速の150㌔を記録するまで成長しました。
畔柳投手は「すごい先輩。高橋さんが世代№1を目指していたので、自分も目指したい。」と力強く、語っています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








同校の高橋源一郎監督は「秋のこの段階では髙橋より球速が速い。」と畔柳投手の能力の高さを認め、同時に「速く強い直球が一番の持ち味だが、それ一辺倒では対応される。変化球の精度も大事。」と今後の課題も挙げています。

高校生はひと冬を超えると周囲も想像できないほど進化・成長することもありますので、来シーズンが楽しみですね。















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年09月05日

2020年上半期、ギョーザ日本一は宮崎市、浜松市は4位に陥落

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


先月、総務省が発表しました2020年上半期(1~6月)の家計調査では浜松市の1世帯当たりのギョーザ購入額は全国第4位に陥落。
2016年と2018年に全国第1位を獲得した「ギョーザの街 浜松」に何が起こっているのでしょうか・・・・
さらに2017年と2019年に全国第1位を獲得した宇都宮市も第2位に陥落しており、コロナ禍の2020年は大きな変化が起きています。

今年の上半期は、浜松市と宇都宮市が2強としてギョーザ日本一を争っていた中でトップを獲ったのは宮崎市でした。順位は以下の通り。
第1位 宮崎市   平均購入金額 1,917円
第2位 宇都宮市  平均購入金額 1,886円
第3位 京都市   平均購入金額 1,635円
第4位 浜松市   平均購入金額 1,522円

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。




浜松市内のギョーザの名店とよばれる店舗では、様々な反応があり上半期の第4位から下半期への巻き返しを狙っています。
浜松市のマスコットキャラクター、出世大名家康くんはコメントを発表「昨年は全国第2位だったので今年は第1位を奪取を目指して官民一体となってプロモーションを行い、下半期の巻き返しに期待して欲しい。」と力強く語っていました。








ギョーザ日本一関連記事

2019年2月13日「ギョーザ購入額、2018年は浜松市がトップ奪還」
 ➡ http://tozuka.boo-log.com/e472623.html 

2018年2月9日「ギョーザ購入額で宇都宮市が日本一奪還」
 ➡ http://tozuka.boo-log.com/e433543.html

2015年2月1日「浜松市が餃子日本一を奪還」
 ➡ http://tozuka.boo-log.com/e302480.html

2014年2月14日「地域経済の活性化/餃子購入トップ争い」
 ➡ http://tozuka.boo-log.com/e257010.html









にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年08月23日

一番美味いと思うインスタント袋ラーメンの人気ランキング

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


日曜日、恒例の「ユル記事」を本日もお届けします。
面白いタイトルの記事を見つけましたので記事にしてお届けします。 タイトルは【一番美味いと思うインスタント袋麺】ランキング。


第3位 チキンラーメン
世界初のインスタントラーメンとして知られる「チキンラーメン」は1958年に発売を開始して以来、その変わらぬ美味しさで世界中で親しまれている商品です。2018年にはNHKのドラマとして日清食品の創業者夫婦がモデルのドラマが放映されています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







第2位 うまかっちゃん
九州のとんこつ味にこだわった商品「うまかっちゃん」がランクイン。博多弁でとても美味しいを意味する「うまか」に由来する九州ご当地ラーメンとして1679年に発売を開始しました。
ハウス食品の福岡工場で、とんこつ味を好む社員が自社製のしょうゆラーメンを食べなかったことが開発のキッカケだと聞いて驚きました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








第1位 サッポロ一番
テレビCMでも「♬サッポロいっちばん♬」というメロディでお馴染みの「サッポロ一番」が第1位の人気でした。
1966年に「しょうゆ味」が発売されて以来、幅広い年齢層に愛されており、その後「みそラーメン」「塩ラーメン」「豚骨」が定番として定着するなど、現在全商品で7種類のラインナップは業界一を誇ります。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







インスタント袋麺は様々なアレンジが行うことができ、レシピも豊富に公開されています。 自分でアレンジするのも楽しみですね。
個人的には「うまかっちゃん」が大好きです。(笑)



















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年08月21日

高校球児の「白スパイク」が解禁。その効果は?

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


高校球児のスパイクといえば黒一色が当たり前でしたが、今夏の甲子園交流試合では智辯学園(奈良)、平田(島根)、明徳義塾(高知)、明豊(大分)、創成館(長崎)、鹿児島醸成(鹿児島)の各高校が白いスパイクで聖地の土を踏みました。

日本高野連が熱中症対策として、黒よりも温度が上がりにくいされている白を解禁し、今夏の大会より採用されました。
選手には好評のようで「熱を感じない。履きやすい」などの意見が多くメーカーは今後も研究を重ねて更なる進化を追求して行くようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







今までプロ野球チームでの白スパイクは1チームもありません。
白スパイクが敬遠されている理由としては、選手達は「汚れが目立つ。磨くのが面倒くさい」等の理由もありますが「白は弱そうに見える」という意見もあり、プロ野球では浸透することはありませんでした。
高校球児の今後は白スパイクは何処まで浸透するのか。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








今夏も全国各地で酷暑が続き、関東甲信越で試行されている熱中症警戒アラートは連日のように発令されています。
少しでも球児の体への負担を軽減するために効果がハッキリと判れば白スパイクをはじめ、ヘルメット、アンダーシャツを白にする取り組みは是非とも推進して欲しいものです。

既に来年の選抜大会(開催されることを信じて)に向けて、2年生を中心とした新チームで秋の地区大会がスタートしています。
今年は甲子園大会がありませんでしたが、
頑張れ高校球児!















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年08月05日

コンビニ3社のレジ袋、辞退率が3割から7割超に跳ね上がる

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


7月1日よりプラスチック製のレジ袋が全ての小売業で有料化が義務づけられ、1ヶ月が経過しました。果たしてどの程度減っているのか。
セブンイレブンなどコンビニ大手3社では、客がレジ袋を辞退する割合が、有料化前の3割から7割に跳ね上がったようです。
業界が掲げた2030年までに6割という目標値を早くも大幅に上回り
、マイバックの浸透の高まりが急上昇しているようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






容器包装リサイクル法の省令改正に伴う有料化の義務づけはプラスチックごみの削減を目指し、今年7月1日からスタート。
これまでの無料の袋をコンビニ大手3社は、セブンイレブンは1枚3円~5円、ファミリーマートとローソンは3円で有料化しています。

その結果、各社ともレジ袋の辞退率が3割程度とみられていましたが、セブンイレブンは75%、ファミリーマートとローソンでは76%。
義務化に先立って有料化を実施したミニストップでもレジ袋の辞退率は76%を超えていており、大きな成果として言っていいのでは。























にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年08月01日

スターバックスの店舗数で都道府県の戦闘力が判るって本当?

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


少し前にSNSを観ていましたら面白いタイトルの記事を見つけましたので、本日は「ユル記事」として投稿させていただきます。
タイトルは【スタバの数で都道府県の戦闘力化判るって本当? ➠ 検証してみたららマジだった】という興味津々のタイトルでした。
果たして本当に、店舗数で都道府県の戦闘力は判るのでしょうか?


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








スターバックスコーヒージャパンの公式サイトによれば、日本国内のスタバの店舗数は1574店舗(2020年7月16日現在)です。
そのテンポ分布に基づき、47都道府県を塗り分けたの下記の図表であり、上位5地域の店舗数も紹介しています。
当然ですが店舗数が最も多いのは東京で366店舗、2位とはトリプルスコアの差を広げて圧倒。東京都内でーだけで国内全体の約4分の1を占めているほか、人口当たりの店舗数でも断トツのトップでした。
以下、2位大阪120店舗、3位神奈川119店舗、4位愛知115店舗、と続き店舗数がそのまま「戦闘力」に直結している結果です。
店舗数が3桁だったのは4地域のみ、50店舗以上あったのは千葉76店舗、埼玉71店舗、福岡62店舗、兵庫57店舗と続いています。
トップ10を観ても各地方の代表するような地域が入っています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






逆に店舗数が少ないのはとしっとり・島根・徳島の3地域、いずれも4店舗となっていました。
スタバの出店が最も遅かったのは鳥取ですが、人口あたりの店舗数では今回のランキングでは最下位を免れました。
「スタバの数=戦闘力」は定義が曖昧でハッキリとは判りませんが、都市の実態に沿っている気がしたのは私だけでしょうか。



























にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年07月01日

気になる記事タイトルを発見「ご飯のおとも」人気ランキング

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



本日は、先日何気にネットを見ていましたら気になる記事のタイトルを発見しました。 タイトルは「ご飯のおとも」人気ランキング。

日本に生まれた以上、忘れてはいけない料理の基本中の基本は「ご飯」ですよね。毎日の食卓に欠かすことができない主食です。
何をおかずに食べるか考えるだけでワクワクで楽しくなります。(笑)
今回は女性雑誌の企画であり、女性限定でのランキングです。


第5位 焼き海苔・肉
おにぎりにも欠かせない「海苔」と、おかずの代表格である「肉」が同時にランクイン。 どちらも言うまでもなく「ごはん」との相性は抜群であり、食が進む原動力になります。おともという点でピッタリです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第4位 キムチ
定番のおかずが並ぶ中で意外だったのが「キムチ」です。 ご飯のおともといわれると多少の疑問もありますが、あの辛さは食が進みます。
美容や健康に良い発酵食品として、女性の食卓には欠かせない健康食品としての「ご飯のおとも」なのかも知れません。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第3位 生卵・海苔の佃煮
定番中の定番、「TKG」としても有名なたまごかけご飯。今ではTKG専用の醤油があるほど生活に密着している「ご飯のおとも」です。
もう少し上位かも思いましたが意外に第3位でした。
逆に予想していなかった「海苔の佃煮」が同票で3位でしたが、よくよく考えれば「ご飯のおとも」に相応しておかずですね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第2位 納豆
日本の食卓に欠かせない「ご飯のおとも」と言ったら納豆です。さまざまな調味料ををプラスしたり、ねぎや卵を入れたり、飽きない食べ方を工夫できるのも大きなポイントだと思われます。
こちらも美容健康に良い発酵食品として男女問わず大人気です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第1位 明太子
でしょうね。(笑) 納得の堂々の第1位でした。
明太子さえあればご飯を何杯でも食べられる。という方も多いのではないでしょうか・・・・  私もその一人です。
味も若干違い、自分の好きな明太子がある方も多いと思います。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







以下のアンケート結果は、

同票6位
イカの塩辛 から揚げ ふりかけ

同票7位
梅干し 卵焼き なめたけ みそ汁


ほぼ予想通りの結果だとは思います。
想像するだけで楽しくなる「ご飯のおとも」、皆さんの好みは?












にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村