2021年11月28日

「食べるラー油」2010年の大ブームのその後➡一発屋では無かった

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





毎年数多くのブームやヒット商品が生まれ消えていますが、それらのブームやヒット商品「その後」については意外と知られていません。
完全に消えたものもあれば、生活に定着していったものもあります。
中でも食品分野では、過去のブームが現在でも食の楽しみ方に影響を与えているものがたくさん存在します。そこで、食品分野で過去に大ブームとなったものに着目してみました。

まずは2008年から2010年にかけて起きた「食べるラー油」ブーム。
もともとラー油と言えばギョウザなどを食べるときにアクセントとして使う、しょうゆやタレに垂らして食べるのが定番の調味料でした。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







2009年に発売された食べるラー油に牽引され、ラー油の市場規模は前年比140%まで成長。さらに各社から相次いで食べるラー油が発売されブームの勢いは強まり、2010年には前年比685%まで伸長しました。
市場規模は、2008年の13億円から2010年の121億円へと10倍近くにまで拡大したのです。
2011年以降は、ブームの反動により市場規模が縮小する局面はあったものの、2020年もラー油の市場規模は41億円と、ブーム前の13億円の約3倍の規模を維持しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






2020年の調味料の市場規模は大きいものから、
ショウガ82億円、
ワサビ80億円、
ニンニク64億円、
となっておりラー油の市場規模も決して小さくはなく、代表的な調味料のうちの1つ成長しています。


























にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2021年11月25日

「究極」の焼きそばソースを販売、鳥居食品シリーズ第10弾/the Sauce 2021

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





鳥居食品(浜松市中区)は24日、素材と製法にこだわった究極の焼きそばソース「the Sauce 2021」を250本限定で発売する。
毎年数日で完売する究極ソースシリーズの第10弾。昨年に続いて焼きそばソースを開発しましたが、昨年は液体と粉末の2種類のソースで味付けでしたが使いやすいよう無添加の液体ソースに一本化しました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました






うまみ成分として地元産のカキやシイタケ、甘み成分として次郎柿を使用しており、香川県小豆島の再仕込みしょうゆなどを加え、木おけで約1カ月間熟成させて、より濃い味と色に仕上げました。
鳥居大資社長は「麺に負けない複雑なうまみが増した」と話しました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました






5食分の150ミリリットルで税込み価格が2800円です。
今回の商品開発を生かし、これまでは手掛けてこなかった家庭用の焼きそばソースを来春にも発売する予定のようです。
























にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2021年11月24日

熱湯30秒で作れるカツ丼。未来的すぎる「フリーズドライ」とは・・・

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





SNSで話題沸騰中、アマノフーズの「フリーズドライの匠」シリーズ。お湯をかけて30秒ほど待つだけで、できたてのチキンカツの玉子とじが味わえる、魔法のようなアイテムが誕生しました。
時代もついにここまできたか・・・ そう思わざるを得ません。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






技術の進歩は素晴らしいもので、今やみそ汁だけでなくありとあらゆるものがフリーズドライに加工されています。そんななか「フリーズドライの常識を超えた」と、SNSで話題沸騰中の “フリーズドライの匠” のシリーズです。
「チキンカツの玉子とじ」2食入/1,000円(税込)
販売しているのはフリーズドライアイテムを豊富に扱うアマノフーズ。前作のヒットを受けて10月25日(月)から、かつて発売され人気を誇った「チキンカツの玉子とじ」が再販されました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






原材料は、チキンカツ(鶏肉、パン粉、植物油脂、液全卵)など。ごく一般的なチキンカツ丼の材料がずらりと並びます。
ちなみに主役となる鶏肉は国産のものだけを使用。脂っこさがなく、弾力がありながらもやわらかい肉質に定評があるのだそうです。さらに、国産の玉ねぎや青ねぎを使用し、ふんわりたまごで包み込んだというこだわりっぷり。 袋から出してみると、スープやみそ汁のフリーズドライのような大きな塊が。外側からではお肉も見えませんが……。

話題のフリーズドライ「チキンカツの玉子とじ」は、アマノフーズの公式サイトで購入できます。限定12,000セット、なくなり次第終了してしまうので気になる人はお早めに。



















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2021年11月23日

横浜FC三浦知良選手が来期も現役続行。出場機会を求め地域リーグ移籍も視野

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





横浜FCのFW三浦知良選手(54)が来季も現役続行することが複数の関係者の話で判りました。来年2月に55歳を迎えるサッカー界のキング。
年齢を重ねてもサッカーを愛する情熱は増していますが、ただ今季のリーグ戦は1試合出場に留まり、出場時間わずか1分に終わりました。
出場機会に飢えており、クラブでのプレーを第一に移籍の可能性も視野に入れていることも判明しており、今後の動向が注目です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






来年2月26日に55歳。白髪は増えてシワも多くなり、一般企業では定年退職の時期も迫るところだが、カズに“一般”は通用しません。
複数の関係者によると現役に対して熱い気持ちは変わらず、2022年シーズンも選手で在り続けることを熱望。かねて「受け入れてくれるクラブがある限り、ピッチに立ち続けたい」と話しています。

夢は「ゴールを挙げてカズダンスを踊ること」と語っています。サッカーへの愛は変わらず、それどころか増え続けているようです。
今季は悔しいシーズンとなりました。リーグ戦は1試合の出場のみ。プレー時間はわずか1分。ベンチ外の悔しい日々は続いていました。
J2降格が決まったこの日もメンバーには入れませんでした。スタンドから唇をかみしめて試合を観戦するしかない状況でした。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






30代で加入した横浜FC。気づけば40代を通り越して50代半ばに突入。契約を続けてくれるクラブに感謝・恩義を忘れていません。
一方で、出場機会に飢えていることも事実です。夏には5戦連続ベンチ入りも、出番機会にも恵まれずベンチ待機の毎日でした。
「ピッチに立ちたいですよ」と漏らしたこともありました。サッカーが大好きだから横浜FCでのプレーを第一と考え可能性を広げています。
Jクラブに限らず、JFL、地域リーグなどの選択肢も入れていき、移籍の可能性も探っていくという。

今後のガス(三浦知良)選手の動向に注目が集まります。




















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2021年11月19日

ローソンでしか買えないこの冬限定のアイスがSNSで絶賛

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






今年の冬、大手コンビニのローソンから限定販売されているアイスクリームがSNSで大きな反響をよんでいます。
11月2日からローソンとナチュラルローソンで発売されましたシルクスイートを使ったアイスクリームがこちら。
マイスイート『蜜いものタルト』。贅沢なアイスです。
フタを開けるとアイス上部にはとろんとしたピューレが甘く、中身には香ばしいクッキーが入っています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





茨城県産の和栗を使ったアイス『ウチカフェ 茨城県産和栗』。
栗の自然の優しい甘味がほっこりする一品です。
さっぱりめなのでさらっと食べられ、カロリーも159kcalと低めです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





SNSでは大絶賛の声が多数あがっており、売り切れ店が続出しているようです。
お店で発見したら早めにお買い求め下さい。





















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2021年11月17日

プロ野球に最も多くの選手を送り込んだ高校ランキング2021年/第1位は?

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






10月11日、今年のプロ野球ドラフト会議が開催されました。 今年は甲子園大会も復活、大学野球も以前よりは試合数が少ないものの実施され、いつもの風景が徐々に戻りつつある。
今年ドラフト指名されたのは本指名77人、育成指名51人の合わせて128人で、昨年の123人を5人上回った使命となりました。
育成指名の51人は昨年を超えて史上最多であり、その出身校は多彩で横浜高や大阪桐蔭高のように誰でも知っている名門校から、穴水高(石川県)や高松南高(香川県)のようにプロ入りすれば開校以来初という無名校まで多様です。
ドラフト指名の枠を取り払い1936年のプロ野球リーグ戦誕生以来、最も多くの選手をプロ球界に送り込んだ学校のベスト5をご紹介。

第1位 PL学園高(大阪府) 82人
第1位は1980年代から90年代にかけて黄金時代を築いたPL学園高。PL学園高の創立は1955年で創部はその翌年。最後の年である2016年までの61年間に82人という人数は、1つの代から平均1.3人がプロ入りしているという極めて高い率です。実際、1980年代頃には1つの学年から数人がプロ入りするのも珍しくありませんでした。
しかし、そのPL学園高も2013年秋に専任監督が不在となり、2016年夏の府大会出場を最後に休部しています。一昨年のドラフトで東洋大の中川圭太選手がオリックスに指名されたのが最後で、来年はついに中京大中京高にトップを譲り渡す見込みです。来年以降のドラフト候補に同校のOBは見当たらず、挽回は難しい状況です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第2位 中京大中京(愛知県)79人+今年4人指名
第2位は中京大中京高。戦前から戦後にかけては中京商、昭和後半には中京高、平成以降は中京大中京高と校名は変化しつつも常に高校球界のトップの位置に存在し続けている名門校です。
甲子園での春夏合わせた優勝11回や通算136勝などは断トツの1位ですが、プロ選手の数は現在は第2位。実はプロ入り人数でもしばらくトップを走っていましたが、平成以降のプロ入りはあまり多くなく、トップの座を譲り渡してしまっていました。
しかし、昨年2人指名されたのに続いて、今年は鵜飼航丞(駒沢大、中日2巡目)、中村健人(トヨタ自動車、広島3巡目)、畔柳亨丞(日本ハム5巡目)、伊藤稜(中京大、阪神育成1巡目)と一挙に4人指名されました。これで全員が入団すればトップに返り咲くことになります。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第3位 横浜高(神奈川県) 73人+今年1人指名
今回、紹介の高校が戦前からプロに人材を送り込んでいるのに対して、横浜高は戦後に創部した学校で当然プロ入りしたのもすべて戦後。
しかも73人のほとんどは渡辺元智元監督が育てた選手で、渡辺元監督はおそらく日本で最も多くのプロ野球選手を育てた監督でしょう。
愛甲猛(ロッテ)、松坂大輔(西武)など、高校野球史に名を残す選手も多く、渡辺監督辞任後、監督や部長の交代が続きましたが、一昨年2人、昨年4人に続いて、今年も福永奨(国学院大、オリックス3巡目)が指名されました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第4位 広陵高(広陵県) 66人+今年1人指名
第4位は広島県の広陵高校。同校もやはり戦前からの超名門校ですが、プロ入りに関しては平成以降の方が圧倒的に多いようです。
中村奨成(広島)はじめ、21世紀以降だけで7人がドラフト1巡目で指名されるなど、中井哲之監督の育成力には定評があります。
ОBには広島が多く、現役では野村祐輔(広島)、有原航平(米レンジャース傘下)など。2年連続しての指名で今年は吉川雄大(JFE西日本、楽天7巡目)を指名しました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第5位 龍谷大平安(京都府)61人+今年1人指名
龍谷大平安高も、年配の方には「平安高」という名称の方が馴染みがあると思います。龍谷大平安高と改称してからも2014年選抜で優勝するなど、戦前の平安中の時代から現在まで一定の人数をプロに輩出し続けている関西の名門校です。
古くは衣笠祥雄(広島)、現役では炭谷銀仁朗や酒居知史(ともに楽天)がОB。今年は岡田悠希(法政大巨人5巡目)指名さけました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





第6位 熊本工(熊本県)58人

第7位 大体大浪商(大阪府)56人

第7位 享栄高(愛知県)56人+今年1人指名

第9位 松山商(愛媛県)49人

第10位 早実(東京都)43人















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2021年11月15日

Facebookが新社名「Meta」を発表/マーク・ザッカーバーグCEOの戦略は?

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






Facebookは10月28日(現地時間)に社名を「Meta(メタ)」に変更すると発表しました。
これは同日開催したイベント「Facebook Connect」で明らかになり、12月1日からはティッカーシンボル(いわゆる銘柄コード)も、FBからMVRSに変更となる見込みです。

Metaはその名の通り「Metaverse(メタバース)が由来。
Metaverseにはさまざまな解釈や意味があるが、概ね“現実と仮想が交わるソーシャル空間”のようなイメージで、Facebook(Meta)が28日に発表したプレスリリースでは、
「現在のさまざまなオンライン上でのソーシャル体験を掛け合わせたようなものになります。時には3次元に拡張され、時には現実世界に投影される、それがメタバースです」



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





Metaは、メタバース確立のために今後もVR(仮想現実)やAR(拡張現実)のテクノロジーやハードウェア、通信技術などの開発を進めると同時に、今後は約1億5000万ドル(日本円で約170億3600万円)の投資を次世代クリエイターの育成するための没入型学習に実施する戦略を打ち出しています。
マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)CEOは、同日に公開した「創業者からの手紙 2021」の中で「今後10年以内に、メタバースを10億人にリーチさせ、数千億ドル規模の電子取引を提供し、数百万人規模のクリエイターや開発者の雇用を支える」ことを明言しています。

今回の発表はあくまでも会社名がMetaに変わるだけで、SNSとしての「Facebook」「Instagram」、メッセージングなどの「Messenger」「WhatsApp」、ビジネスSNSの「Workplace」などのサービス名称は残ります。


















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2021年11月14日

2021年、本当に旨い首都圏のラーメンのベスト3が決定/TRYラーメン大賞編集部

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





「東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー」として「東京で一番ウマいラーメンを決めようじゃないか」を合言葉に、20年以上発行し続ける歴史を誇り、ラーメン業界の最高権威と呼ばれるムック本「TRYラーメン大賞」が、今スグ食べたい中毒性バツグンの一杯を紹介しています。
2021年秋に発売されたTRYラーメン大賞より抜粋しました大賞受賞店1位から3位に選ばれたお店をご紹介します。

濃密出汁が決め手「新次元のつけ麺」
らぁ麺 飯田商店 神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14
神奈川・湯河原にありながら、味に対するストイックなこだわりで多くのファンを魅了。2017年に初めてTRY大賞1位に輝き、2019年の全面リニューアルを経て、なおも王座に君臨しています。満場一致で4連覇を達成して殿堂入りとなりました。
たゆまぬ味への向上努力、フードコートへの出店、「食肉製品製造業」の営業許可取得、焼豚入りラーメンの通販開始、姉妹店のリニューアルオープンなど、常に挑戦の手を緩めない店主の姿は称賛に値します。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






地鶏に鴨、黒豚、昆布…旨みが凝縮した一杯
饗 くろ㐂 千代田区神田和泉町2-15 四連ビル3号館1F
料亭やイタリアンレストランで研鑽を積んできた店主が、最も大切にしているのは「日本の四季」。限定麺ではその時季ならではの食材を使用し、一杯の器に前菜からメインまでのスケール感を表現しています。
秋葉原に行列を作り続けて9年。さまざまな醤油の香りと味わいが楽しめるしょう油、奥深い旨みが特徴のしお、ローストトマトの旨みが効いた地鶏あぶらそばなど、独自の世界を展開しています。食材を活かした調理法は他店の追随を許さないのが強みです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






ブランド地鶏と水だけで作る絶品スープ
ラーメン屋 トイ・ボックス 新荒川区東日暮里1-1-3
しょう油、しお、みその各部門の常連店が、大賞初登場にして3位にランクイン。鶏と水のスープを追求し続ける姿勢と、年々確実に美味しくなっていくラーメンの数々が高く評価されています。製麺所に理想の麺を作ってもらうことで、オーナー自身はスープや具づくりに専念しています。高級路線を目指す店が目立つ中、庶民的な雰囲気でシンプルに味で勝負する店主の気概が高く評価されています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






どの商品も食べたくなる一品であり、今日のランチはラーメンですね。(笑)




















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2021年11月13日

2022年はノンアルコール飲料がトレンドに。健康重視の消費者がリードする「ノンアル志向」

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





ある調査期間のデータでは、アメリカではノンアルコール飲料の売上がコロナ禍の1年で33%増え、3億3100万ドル(約378億円)に達したことを報じています。
「アルコール抜きの生活への関心」がある若者や酒は飲むが健康を重視する人達が、こうした"ノンアルコール志向"に貢献しています。

世界のビーガン(完全菜食主義)人気は、肉を食べる人でも美味しく食べられる代替肉を提供する企業の成長を助けています。
そしてアルコールとの関係を見直す若者が増える中、このトレンドをノンアルコール飲料で再現したいと願っているのが飲料業界です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






リチュアル・ゼロ・プルーフ(Ritual Zero Proof)のCEОは2年前、ノンアルコールのウィスキーとジンを開発しました。
同社の狙いはアルコールに反対したり禁酒を広めることではなく「消費者に選択肢を与えることだ。」とCEОは語っています。
コーヒーに入れる「ミルク」を様々な選択肢の中から選べるように、アルコールを飲む人も二日酔いやカロリーを避けたい時はノンアルコールのカクテルを選ぶことができる選択肢に入れることが目的のようです。

データによると、前述の通りアメリカではノンアルコール飲料の売り上げが過去52週間で33%増えて、3億3100万ドルを記録。
特にeコマースが好調で、ノンアルコール飲料および低アルコール飲料のオンラインでの売り上げは315%と驚異の伸び見せています。
このデータはノンアルコール飲料の消費者の大半が完全に"アルコール抜きの生活"を送っているわけではなく、より健康的な生活を送りたいと考えているようで、アルコールへの関心を失いつつあることを示している。と語っています。

「飲料分野ではここ数年、一般的に低糖質、低炭水化物、低カロリーを求める、ものすごく大きなトレンドがあります」と時代の環境変化が大きく変わろうとする時期が訪れているようです。














にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2021年11月07日

スターバックスの新スイーツがSNSで大人気/ピスタチオクリームケーキ

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





スターバックスコーヒー各店では2021年11月1日から、季節のおすすめとして「ピスタチオクリームケーキ」が販売されています。
「ピスタチオクリームケーキ」は、ふわふわのスポンジ生地の上にピスタチオペーストなどで和えたザクザク食感の薄焼き生地をのせ、ホイップクリームとピスタチオペーストを混ぜたクリームをドーム状に盛り付けた見た目も可愛らしいスイーツとなっています。
さらに、マスカルポーネやホイップクリームと合わせたカスタードクリームをらせん状に絞り、ピスタチオを贅沢にトッピングしています。
クリスマスツリーを思わせる見た目もオシャレですね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






SNSでは食べた人たちから賞賛のコメントが多数寄せられています。
「見た目とは裏腹に甘さ控えめ」
「クリームくどくないから朝からでもいける」
「リピート間違いなしですが入手困難になりそうな予感〜」
「ちゃんとピスタチオの味がして、とっても美味しかった」

といった賞賛のコメントが上がっており、ピスタチオ好きなら是非とも食べておきたい一品ですね。






【スターバックス】関連記事

2021年9月29日の記事 
◆超優良企業スターバックスの次なる商品戦略は「アールグレイ」◆
    ➠ https://tozuka.boo-log.com/e555236.html
2021年8月22日の記事 
◆スターバックスが閉店前に食べ物割引/売れ残り廃棄削減◆
    ➠ https://tozuka.boo-log.com/e552362.html
2021年7月29日の記事 
◆スターバックスが全国47都道府県の
             「47JIMOTOフラペチーノ」を発売◆

    ➠ https://tozuka.boo-log.com/e552343.html 
2020年11月1日の記事 
◆スターバックスの商品開発/超人気商品・焼き栗モンブラン◆
    ➠ https://tozuka.boo-log.com/e532123.html
2020年10月11日の記事 
◆超優良企業スターバックスの秋の新作
         「オータムスイートポテトフラペチーノ」◆

    ➠ https://tozuka.boo-log.com/e532113.html
2020年8月1日の記事 
◆スターバックスの店舗数で都道府県の戦闘力が判るって本当?◆
    ➠ https://tozuka.boo-log.com/e524603.html
2020年6月9日の記事 
◆スターバックス毎年恒例のいちごを使用した「フラペチーノ」登場◆
    ➠ https://tozuka.boo-log.com/e520938.html
2019年12月25日の記事
◆スターバックス初の「わらびもとフラペ」を限定発売をリリース◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e505160.html
2019年10月14日の記事 
◆スターバックス今年のハロウィン戦略/マスカレード“仮面舞踏会”◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e498756.html
2019年6月16日の記事 
◆令和も快進撃“スターバックス”の商品戦略”◆
    ➠http://tozuka.boo-log.com/e486420.html
2019年4月14日の記事 
◆「世界で一番美しいスタバ」がSNSで話題に◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e476150.html
2018年2月16日の記事 
◆スターバックスの戦略、新作「SAKURA」シリーズ◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e433548.html
2017年10月2日の記事 
◆スターバックスがポイント制度を導入する狙い/後編◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e418101.html
2017年9月29日の記事 
◆スターバックスがポイント制度を導入する狙い/前編◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e418096.html
2017年7月29日の記事 
◆スターバックスお茶専門店「ディバーナ」が米国全店で閉店◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e412436.html
2017年3月7日の記事 
◆スターバックス「ブラックエプロン」の上を行く「茶色エプロン」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e397161.html
2016年12月22日の記事 
◆スターバックス黒板の秘密「GAHAKU」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e389687.html
2016年10月10日の記事 
◆超優良企業スターバックスが「お茶」に本格参入◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e379653.html
2016年7月20日の記事 
◆スターバックスの新たな戦略/珈琲業界の戦い◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e368000.html
2016年5月19日の記事 
◆スタバの新商品の発売ラッシュが止まらない◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e361103.html
2016年2月1日の記事 
◆スターバックスの成長戦略「ブラックエプロン」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e348392.html
2016年1月30日の記事 
◆スターバックスの成長戦略「魔法のレシート」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e348391.html
2016年1月25日の記事 
◆スターバックスの成長戦略「小さなサプライズ」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e348390.html
2016年1月22日の記事 
◆スターバックスの成長戦略「笑顔のサービス」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e348388.html
2015年5月26日の記事 
◆鳥取スタバ出店で「すなば珈琲」が大注目◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e317536.html
2015年5月23日の記事 
◆スターバックスの鳥取オープンに見る戦略◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e302489.html
2015年5月11日の記事 
◆鳥取県に「スターバックス」第1号店オープン◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e313503.html
2014年9月14日の記事 
◆スターバックスの快進撃/期間限定のフラペチーノ◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e284233.html
2014年3月3日の記事 
◆スターバックスの快進撃の戦略◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e261042.html

















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村