2014年09月05日

パナソニックの年功制度廃止の成果は?

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





パナソニックは平成27年4月から全社員を対象として、年齢に応じての
支給額が上昇する「年功要素」を給与体系から廃止する方針を決めて、
労働組合との協議に入ったようです。
部課長制度も一部復活させ、「責任と権限」を明確にすることも同時に
進行させて行くことが判りました。
社員のヤル気を引き出しつつ、人件費の抑制が狙いのようです。
パナソニックの年功制度廃止の成果は?
*関連写真をインターネットより抜粋させていただきました。




また10月から年俸制度を採用する管理職を対象にした、担当する役割の
大きさに応じて賃金を決める「役割等級制度」を導入します。
この制度も将来的には全社員に広げたい意向のようです。
現在は、管理職以外の社員の給与は一部「成果給」も取り入れています
が、大部分が年齢に応じて上昇する仕組みです。
「役割等級制度」を導入することで、社員の役割や責任に応じた公平な
給与体系に転換を目指していますが・・・・
パナソニックの年功制度廃止の成果は?
*関連写真をインターネットより抜粋させていただきました。




一方では、若手社員を責任のある役割に積極的に登用してヤル気を起こ
させる。新しい賃金制度を円滑に運用する。ことを目的として、一部の
部署の限定で「グループマネージャー」などの制度を廃止し、部長・課
長の呼称を13年ぶりに復活させるようです。


電機業界はここ数年、業績悪化に伴いリストラをはじめとして次から次
へと施策を実施していますが、あまり効果を発揮していないようです。
今回の「年功制度」の廃止は、時代背景を考慮すると悪い戦略だとは思
いませんが、大きな問題があります。
その問題とは、そもそも「人事制度」「賃金制度」などは、
☆目的(何のために)は?
☆誰のためにあるのか?
☆どんな成果を出したいのか?



などのコンセンサスが取れていない状況では、どんな制度へ転換しても
社員は不満を募らせる一方です。
不平・不満などはどの企業にもあるのですが、一方的な制度変更や社員
のコンセンサスが取れていない状況で導入してしまいますと、本来の目
的とは逆に「ヤル気」の減退に直結します。


パナソニックノ巻き返しが実施できるか興味を持って見守ります。









にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(能力賃金制度-事例)の記事画像
ガム業界大幅な衰退/環境変化 後編
業績向上企業の戦略/大正製薬の人事戦略
任天堂のV字回復にみる環境変化対応のビジネスモデルの構築
労働市場の変化「全従業員の正社員化」
ホンダが労働環境へ労働条件の見直し/後編
賃金制度改革に挑むトヨタ自動車
同じカテゴリー(能力賃金制度-事例)の記事
 ガム業界大幅な衰退/環境変化 後編 (2019-02-19 11:59)
 業績向上企業の戦略/大正製薬の人事戦略 (2018-09-13 10:28)
 任天堂のV字回復にみる環境変化対応のビジネスモデルの構築 (2018-04-27 09:59)
 労働市場の変化「全従業員の正社員化」 (2017-08-27 10:44)
 ホンダが労働環境へ労働条件の見直し/後編 (2015-12-09 10:55)
 賃金制度改革に挑むトヨタ自動車 (2015-09-17 12:41)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。