2013年11月23日

牛丼戦争、いよいよ最終局面/第二弾

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




前回、『牛丼戦争、ついに最終局面/第一弾』を記事にさせていただき
ました。  結構、好評のようでした。(笑)
「安さ」ばかりを追求してきた大手牛丼チェーン店の、行き詰まり状況
と私見ではありますが戦略ミスを掲載しました。
業界のトップ2である「すき家」「吉野家」の今後の展開或いは戦略
はどのように再構築していくのでしょうか・・・・

まずは「吉野家」の戦略は・・・・
2013年の3月~8月においては、うどんの利益が牛丼を初めて上回ると
いう状況が発生しました。
客足が好調なうどん店「はなまる」の利益は前期比で約2倍の6億円を
稼ぐことができ、関係者を驚かせました。
女性客を増やすことで比較的、単価の高い「サラダうどん」などの女性
向きの商品が売上・利益に貢献したようです。
牛丼戦争、いよいよ最終局面/第二弾
牛丼戦争、いよいよ最終局面/第二弾
*関連写真をインターネットより抜粋させていただきました。



一方「すき家」ではスーパーの買収を積極的に行い、北海道の直営農場
で牛の飼育や農産物の栽培に力を入れ、原材料からの調達・製造。物流
・小売りまでの総合フード業への脱皮を目指しているようです。
スーパーも牛丼店も消費者との接点の原点と位置づけています。
牛丼戦争、いよいよ最終局面/第二弾
牛丼戦争、いよいよ最終局面/第二弾
*関連写真をインターネットより抜粋させていただきました。



以前から取り上げてきた『牛丼戦争』も本当の意味で最終局面です。
過去に例のない激しい価格競争の末、ビジネス上で大変に有効な戦略と
なり得るのは、どの企業の戦略でしょうか・・・・・
大いに注目が集まる時期となりました。







にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(注目企業紹介)の記事画像
大阪王将の新しい取り組み/コロナ禍での販売戦略
スターバックスの店舗数で都道府県の戦闘力が判るって本当?
ペッパーランチ社、全株式売却にみる企業経営の原理原則の重要性
コロナ禍でも急成長「ねこねこ食パン」の秘密/後編
コロナ禍でも急成長「ねこねこ食パン」の秘密/前編
日本マクドナルドから世界のビーフバーガーが集結
同じカテゴリー(注目企業紹介)の記事
 大阪王将の新しい取り組み/コロナ禍での販売戦略 (2020-08-04 10:47)
 スターバックスの店舗数で都道府県の戦闘力が判るって本当? (2020-08-01 13:17)
 ペッパーランチ社、全株式売却にみる企業経営の原理原則の重要性 (2020-07-03 12:05)
 コロナ禍でも急成長「ねこねこ食パン」の秘密/後編 (2020-06-30 11:05)
 コロナ禍でも急成長「ねこねこ食パン」の秘密/前編 (2020-06-28 12:55)
 日本マクドナルドから世界のビーフバーガーが集結 (2020-06-25 12:02)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。