2010年06月18日

セブンイレブンの戦略/第三弾

先日、セブンイレブンの戦略をご紹介しましたが、まだまだ
『凄い』と思われる戦略が存在します。
前回の「おにぎり」に続き、第三弾をご紹介します。


暑くなってきましたが、この季節に必要不可欠なコンビニの
商品といえば『冷やし中華』ですね…
セブンイレブンの戦略/第三弾
セブンイレブンでは夏以外にも、その日の気温が急に上がると
店頭に『ひやし中華』を並べる準備をしているそうです。
ただし季節によって味を微妙に変えています。
知りませんでした… (驚)

まだ肌寒い春には「まろやかな味わいのスープ」が…
暑い夏には「酸味の効いたスープ」を…
涼しくなってくる秋には「やや甘みのあるスープ」を…
といった具合に気候・気温に応じて、お客様の皮膚感覚の違い
をベースに商品開発を行っています。
また、ざるそばの「つゆ」も同様だそうです。
スープの味が同じだと、夏と冬では食べた感じ方が微妙に違う
ことを、微妙に味を変えることでお客様の『美味しい』を見事
に掴まえています。


しかし、味を変える。ということはコストが高くなることです。
コストが高くなり価格に反映できないのは企業側の『損』
逆に年中、同じ価格で季節に応じた「美味しい」と感じるのは
お客様にとっては『得』

まさに企業側の『損』がお客様の『得』になる実例です。
現在の日本では企業側の『得』がお客様の『損』になる
ケースが圧倒的に多く、結果として
お客様からの評価が売上・利益。という厳しい
現実を突き付けられています。

季節変化・温度変化を考慮した商品開発は『顧客感動』
を追及している企業ならではの戦略ですね。




にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
ブログ村「コンサルタント」 ← ブログ村のコンサルタント部門の
                第1位を狙います。
                是非とも応援の『ひと押し』
               
                をお願いします。



無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事画像
企業の休廃業・解散が5万件超の見通し、医療機関もコロナ倒産
高校生ドラフト候補 第10弾 県岐阜商業 佐々木泰選手/創価高校 森畑侑大投手
高校生ドラフト候補 第9弾 成田高校 古谷将也選手/仙台育英 入江大樹選手
高校生ドラフト候補 第8弾 木更津総合 篠木健太郎投手/遊学館 高田竜星投手
高校生ドラフト候補 第7弾 近江高校 土田龍空選手/横浜高校 松本隆之介投手
高校生ドラフト候補 第6弾  埼玉栄 内田了介投手/静岡高校 相羽寛太選手
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事
 企業の休廃業・解散が5万件超の見通し、医療機関もコロナ倒産 (2020-07-30 11:54)
 高校生ドラフト候補 第10弾 県岐阜商業 佐々木泰選手/創価高校 森畑侑大投手 (2020-07-28 11:45)
 高校生ドラフト候補 第9弾 成田高校 古谷将也選手/仙台育英 入江大樹選手 (2020-07-26 09:05)
 高校生ドラフト候補 第8弾 木更津総合 篠木健太郎投手/遊学館 高田竜星投手 (2020-07-25 09:03)
 高校生ドラフト候補 第7弾 近江高校 土田龍空選手/横浜高校 松本隆之介投手 (2020-07-24 09:03)
 高校生ドラフト候補 第6弾 埼玉栄 内田了介投手/静岡高校 相羽寛太選手 (2020-07-23 09:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。