2010年06月13日

セブンイレブンの戦略/第二弾

先日、コンビニのおにぎりを食べていた時に気になったことが
ありました。
それは「コンビニのおにぎり」の歴史…?
コンビニがスタートした頃は無かった記憶があります。

おにぎりを最初に開発、商品化したのは『セブンイレブン』
最初だという話しです…
セブンイレブンの戦略/第二弾
セブンイレブンでは、1976年におにぎりの開発がスタートした
記録があるそうです。
当初の大ヒット商品ではなかったそうですが、開発から2年後
の1978年に海苔をファイルに挟む現在のカタチの原型ができ
上がりました。
その後改良を重ねて現在の「パリッコファイル」になり、業界
初の手巻きタイプのおにぎりが発売され、大ブレイクしたそう
です。
セブンイレブンの戦略/第二弾
以来研究を重ねて、ご飯の美味しさを保ち、商品の劣化を
最小限に抑えることのできる温度は、お寿司屋さんのシャリ
と同じ20℃と解明されたそうです。
炊きたてのご飯を20℃まで冷まし、±2℃の範囲で店頭の
陳列棚まで一定の温度で保つ方法を開発しました。
味と品質や新製品の追求は、今現在でも続いています。

これが、コンビニの大ヒット商品につながる原動力だと実感
しました。
セブンイレブンのおにぎりは、年間12億5000万個の販売
実績があり、国民一人当たりの計算では年間9.8個を買っ
ている計算になります。

恐るべしコンビニの大ヒット商品・・・






にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
ブログ村「コンサルタント」 ← ブログ村のコンサルタント部門の
                第1位を狙います。
                是非とも応援の『ひと押し』
               
                をお願いします。



無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事画像
新型コロナウイルス関連の経営破綻が400件を超える。
衝撃のニュース「コロナ対応の病院の8割が赤字経営」
コンビニ3社のレジ袋、辞退率が3割から7割超に跳ね上がる
企業の休廃業・解散が5万件超の見通し、医療機関もコロナ倒産
高校生ドラフト候補 第10弾 県岐阜商業 佐々木泰選手/創価高校 森畑侑大投手
高校生ドラフト候補 第9弾 成田高校 古谷将也選手/仙台育英 入江大樹選手
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事
 新型コロナウイルス関連の経営破綻が400件を超える。 (2020-08-10 12:34)
 衝撃のニュース「コロナ対応の病院の8割が赤字経営」 (2020-08-07 12:06)
 コンビニ3社のレジ袋、辞退率が3割から7割超に跳ね上がる (2020-08-06 09:52)
 企業の休廃業・解散が5万件超の見通し、医療機関もコロナ倒産 (2020-07-31 11:54)
 高校生ドラフト候補 第10弾 県岐阜商業 佐々木泰選手/創価高校 森畑侑大投手 (2020-07-29 11:45)
 高校生ドラフト候補 第9弾 成田高校 古谷将也選手/仙台育英 入江大樹選手 (2020-07-27 09:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。