2018年11月14日

世界中でビットコインATMが4000台が設置。

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


ビットコインを持ってる方なら誰しも、普段の買い物や支払いをする時
「持っているビットコインを現金にして使えたら便利なのに・・・」
と思ったことが一度はあるのではないでしょうか。
いまや空前の暗号通貨(仮想通貨)ブーム、いや金融革命が起きているはという感覚に陥るほど一般的になり、暗号通貨を保有している日本人も増えたことは周知の事実です。
私自身の周りにもビットコインを保有している方が大勢います。
世界中でビットコインATMが4000台が設置。
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








実は日本にもビットコインのATMがあるのをご存知でしたか。
私も知らなかったのですが日本国内に設置してある「ビットコイン」
ATMでビットコインを現金に換えたり、現金でビットコインを買うことがATMで出来るのです。

通常、ビットコインを購入するには仮想通貨取引所に登録して、取引口座を開設する必要があるのは一般的な必要要件です。
本人確認で免許などを提出も義務づけられており、取引所の口座開設までに約1週間ほど掛かります。
また取引所では銀行口座やクレジットカードから現金を振り込まなければならないので振込手数料が掛かり、入金確認に時間が掛かります。
しかし、ATMを使えばその場でビットコインを受け取れます。
世界中でビットコインATMが4000台が設置。
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








2018年10月末日で「ビットコインATM」は世界に3992台設置されており、日本でも10台が設置されているようです。
世界中で1日あたりの平均6.4台のペースで設置が進んでおり今週にも4000台に達する勢いです。国内を見てみますと東京に6台、茨城県に1台、広島県に1台、福岡県に2台設置されています。
予想通り米国が最大の暗号通貨大国だけあって約6割の2371台を保有しており、他国を比べるとダントツの多さです。
世界中でビットコインATMが4000台が設置。
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








暗号通貨(仮想通貨)元年といわれる2018年を後から見ると、暗号通貨の歴史と経緯がこの目で確認でき見れますね。
今後、どのような「金融革命」が起きるのか楽しみです。




















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(注目企業紹介)の記事画像
注目の「ふるさと納税返礼品」の還元率ランキング
ビットコインがついに400万円突破。暗号資産が急高騰
冬季限定メロディーキッスから限定商品「とろけるモンブラン」が発売
2021年初競りは「自粛」。ケンカしない幕開け
広島県のラーメン店「我馬」監修の濃厚豚骨赤うまラーメンが発売
コンビニ業界の次なる戦略/ローソン「食品全品売り切り」
同じカテゴリー(注目企業紹介)の記事
 注目の「ふるさと納税返礼品」の還元率ランキング (2021-01-20 09:03)
 ビットコインがついに400万円突破。暗号資産が急高騰 (2021-01-18 09:03)
 冬季限定メロディーキッスから限定商品「とろけるモンブラン」が発売 (2021-01-17 12:35)
 2021年初競りは「自粛」。ケンカしない幕開け (2021-01-07 11:28)
 広島県のラーメン店「我馬」監修の濃厚豚骨赤うまラーメンが発売 (2021-01-05 10:30)
 コンビニ業界の次なる戦略/ローソン「食品全品売り切り」 (2020-12-29 16:07)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。