2014年07月20日

驚きの逆転現象/最低賃金が生活保護を下回る

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





先日、厚生労働省の調査にて驚きの事実が表面化しました。
最低賃金で働く人の手取り収入が生活保護受給額を下回る「逆転現象」
が起きているのが、北海道・東京・宮城・兵庫・広島の5都道府県だと
判明しました。
また、不正受給も数字には表れませんが対策が急がれています。
驚きの逆転現象/最低賃金が生活保護を下回る
*関連写真をインターネットより抜粋させていただきました。




今回の「逆転現象」は、2013年に最低賃金の引き上げで逆転現象が起
きていた11都道府県から北海道のみに減少したのですが、社会保険料
の負担増加などによる労働者の手取りがが減少したことが要因です。
最低賃金が生活保護の受給額より少なければ、働き手の勤労意欲は高ま
らない以前に働くことがバカらしく思う人も出てきます。
驚きの逆転現象/最低賃金が生活保護を下回る
*関連写真をインターネットより抜粋させていただきました。



最低賃金法では、最低賃金が生活保護を下回らないように配慮すること
を定めていますが現状では対策は不十分のようです。
2014年度の議論では全体の底上げとともに「逆転現象」の解消が焦点
となってくることでしよう。

個人的な見解ですが、最低賃金の底上げや生活保護水準の金額検討以前
「生活保護の支給要件」を厳しくしないと解消しないと思います。
もちろん事情により本当に働きたくても働けない。人がいることも事実
のようですので、慎重に議論してほしいですが・・・・

働く人より働かない人のほうが賃金が多い「逆転現象」だけは改善して
欲しいと実感します。










にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(新聞・ネットコラム)の記事画像
大阪王将の新しい取り組み/コロナ禍での販売戦略
スターバックスの店舗数で都道府県の戦闘力が判るって本当?
企業の休廃業・解散が5万件超の見通し、医療機関もコロナ倒産
高校生ドラフト候補 第10弾 県岐阜商業 佐々木泰選手/創価高校 森畑侑大投手
高校生ドラフト候補 第9弾 成田高校 古谷将也選手/仙台育英 入江大樹選手
高校生ドラフト候補 第8弾 木更津総合 篠木健太郎投手/遊学館 高田竜星投手
同じカテゴリー(新聞・ネットコラム)の記事
 大阪王将の新しい取り組み/コロナ禍での販売戦略 (2020-08-04 10:47)
 スターバックスの店舗数で都道府県の戦闘力が判るって本当? (2020-08-01 13:17)
 企業の休廃業・解散が5万件超の見通し、医療機関もコロナ倒産 (2020-07-30 11:54)
 高校生ドラフト候補 第10弾 県岐阜商業 佐々木泰選手/創価高校 森畑侑大投手 (2020-07-28 11:45)
 高校生ドラフト候補 第9弾 成田高校 古谷将也選手/仙台育英 入江大樹選手 (2020-07-26 09:05)
 高校生ドラフト候補 第8弾 木更津総合 篠木健太郎投手/遊学館 高田竜星投手 (2020-07-25 09:03)

この記事へのコメント
真面目に働くのが馬鹿らしいね。。。
馬鹿らしいけど ちゃんと自分の力で稼ぎたいよ。
┌(┌^o^)┐
Posted by 和 at 2014年07月22日 21:41
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。