2013年11月16日

一杯のコーヒーを巡る「カフェ戦争」/第三弾

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



先日より一杯のコーヒーを巡る「カフェ戦争」記事の第一弾第二弾
ブログに掲載してきましたが、本日は第三弾を記事にします。
今日の内容は、大手中心の「カフェ戦争」の被害を受け苦境に立たされ
ている個人経営を中心とした街の喫茶店を活性化させる形で新興勢力が
台頭してくる様相です
インスタントコーヒーの市場で約70%のシェアを持つコーヒーメーカー
「ネスレ日本」が注目を集めています。
一杯のコーヒーを巡る「カフェ戦争」/第三弾
*関連写真をインターネットより抜粋させていただきました。



ネスレ日本は今年の夏より「カフェ ネスカフェ」の看板を掲げる契約店
の募集を開始し、契約店は月額15,750円を支払うことにより、1台あた
り100万円程度する業務用マシンの「ネスカフェ ミラノ」を借りられる
仕組みとなっています。
ネスレにとっては業務用コーヒーの拡販につながり、すでに予約が殺到
しており、担当者は「3年間で全国1000店舗規模を目指せる勢い」
語っています。
一杯のコーヒーを巡る「カフェ戦争」/第三弾
*関連写真をインターネットより抜粋させていただきました。


また、ネスレ日本は街の喫茶店に加えて、地方のスーパーマーケットに
小型のカフェコーナーの設置を提案し、集客効果を増大させる戦略にも
打って出ています。
年内には500店舗以上に貸し出しを計画しているようです。


いまや日本人の日常生活の一部になりました「100円コーヒー」ですが
先陣をきったのが「日本マクドナルド」であり、コンビニ各社が追随し
、更には「コメダ珈琲店」を代表とする「フルサービス型」のコーヒー
店が勢力を拡大し、既存の「スターバックス」「ドトールコーヒー」
紳士用品の開発・サービスの向上をはかり対抗しています。

さて、今後の「カフェ戦争」がどのような新展開に変わって行くのか、
マーケティング戦略上、とても楽しみであります。






にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事画像
【バーガーキング】が若者の間で人気急上昇。その理由は?/後編
【バーガーキング】が若者の間で人気急上昇。その理由は?/前編
日本マクドナルドが期間限定でピカチューとコラボ商品。
ファミリーマートの人気商品「食べる牧場」シリーズの新商品が発売
森永製菓の人気チョコ「小枝」が50周年のSNSマーケティング
コメダ珈琲が新メニュー、商品戦略【季節のケーキ】を限定販売
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事
 【バーガーキング】が若者の間で人気急上昇。その理由は?/後編 (2021-06-21 08:45)
 【バーガーキング】が若者の間で人気急上昇。その理由は?/前編 (2021-06-19 13:27)
 日本マクドナルドが期間限定でピカチューとコラボ商品。 (2021-06-13 10:13)
 ファミリーマートの人気商品「食べる牧場」シリーズの新商品が発売 (2021-06-09 09:16)
 森永製菓の人気チョコ「小枝」が50周年のSNSマーケティング (2021-06-07 10:42)
 コメダ珈琲が新メニュー、商品戦略【季節のケーキ】を限定販売 (2021-06-05 09:03)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。