2012年06月13日

日本の超優良企業の衰退/任天堂

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



先日、日本の超優良企業であったソニーの衰退の現状を記事にしました
が、ソニーに続き超優良企業であった任天堂が連結決算開始後に初めて
の営業赤字に転落したことが判りました。
売上高は36.2%減の6476億円最終損益も前年の776億円の黒字から
一気に432億円の赤字
へと1年で1208億円の減少幅となりました。

日本の超優良企業の衰退/任天堂
*写真はインターネットより抜粋しました。


今期の売上減少要因は、主力の携帯型ケーム機「ニンテンドー3DS」
を中心に、欧米景気の失速で販売台数が大きく落ち込み、なおかつ円高
による海外収益の悪化と分析しています。
そして、ゲーム機の販売に付随するソフトの販売も当初の予定を大きく
下回ったことも業績悪化の原因と見ています。

今期の業績予測は、「Wii」の後継機である「Wii U」を年末に
日本と欧米にて同時発売し、巻き返しの起爆剤としているようです。
ただし、上期は営業赤字を見込んでおり、業績回復は下期からと厳しい
予測を立てています。


任天堂は上場企業としては珍しく労働組合がなく、会社が賃金・昇給・
賞与等を決めているという特徴があり、上期の業績が回復しないことを
受け、正社員に支給する今夏の賞与を平均20%削減することで対応する
ことを決めたそうです。

かっての日本を牽引してきた超優良企業の業績悪化・衰退が続いており
、いよいよ時代の大きな転換期が間近に迫ってきました。
過去の成功体験に拘らず、企業としてのイノベーション(革新・改革)
を実行する時期が来ました。

企業経営に携わっている経営者の皆さん、革新・改革等に乗り遅れない
ようにイノベーションを断行して下さいね。







にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(新聞・ネットコラム)の記事画像
今年も感動の第98回箱根駅伝・往路編/青山学院が2年ぶりの往路優勝
マクドナルドから「サムライマック」に期間限定の新メニュー2種類販売
箱根駅伝が人生を変えた/駿河台大学、徳本一善監督の「花の2区」途中棄権から20年
店舗の多い企業ランキング第1位はファミリーマート、第2位はセブンイレブン
ローソンストア100「100円おせち」40種類はサイトでは毎年即日完売
立憲民主党・日本維新の会への世論の声/毎日新聞世論調査
同じカテゴリー(新聞・ネットコラム)の記事
 今年も感動の第98回箱根駅伝・往路編/青山学院が2年ぶりの往路優勝 (2022-01-04 14:25)
 マクドナルドから「サムライマック」に期間限定の新メニュー2種類販売 (2021-12-29 08:45)
 箱根駅伝が人生を変えた/駿河台大学、徳本一善監督の「花の2区」途中棄権から20年 (2021-12-27 08:45)
 店舗の多い企業ランキング第1位はファミリーマート、第2位はセブンイレブン (2021-12-26 08:45)
 ローソンストア100「100円おせち」40種類はサイトでは毎年即日完売 (2021-12-23 08:45)
 立憲民主党・日本維新の会への世論の声/毎日新聞世論調査 (2021-12-21 08:45)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
日本の超優良企業の衰退/任天堂
    コメント(0)