2017年03月07日

スタバックス「ブラックエプロン」の上を行く「茶色エプロン」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







21世紀の超優良企業として君臨するスターバックジャパン。
国内で働くパートナーは約3万2千人、そのうち「ブラックエプロン」
を持っている人は2782人と1割以下のです。
広報部によりますと「ブラックエプロンはコーヒーに対する深い知識を
蓄えたパートナーのみに与えられます。」
と語っています。
ほとんどのパートナーが身につけている、スターバックスのイメージ
カラーである「グリーンエプロン」です。
「ブラックエプロン」は年1回開催される、コーヒーの知識を問う筆記
試験に合格した人だけに与えられるものであり、合格率は4~12%という超難関の試験です。
スタバックス「ブラックエプロン」の上を行く「茶色エプロン」
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






「ブラックエプロン」への試験は社員・アルバイトといった雇用形態を
問わず、誰でも挑戦・受験ができます。
合格し「ブラックエプロン」を手にしたパートナーは、胸に名前が刺繍
されたエプロンを着用し、接客やコーヒーセミナー講師を務めます。
雇用形態を問わない形式が、いかにもスターバックスらしい実力主義の社風であり、パートナー達のモチベーションアップの仕組みを創り上げていることは素晴らしい戦略です。
スタバックス「ブラックエプロン」の上を行く「茶色エプロン」
スタバックス「ブラックエプロン」の上を行く「茶色エプロン」
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






そのスターバックスの選ばれた精鋭「ブラックエプロン」の中で、更に選りすぐり16名が集まって「アンバサダーカップ」が先日、開催されましたことがネットで話題となっています。
選ばれたパートナーは全国16地区で開催されたエリアカップを勝ち抜いた「ブラックエプロン」16人です。
コーヒーの香りで銘柄を当てたり、コーヒー豆について制限時間内で説明したり、客に扮したパートナーのアドリブに対応する姿勢を競う大会であり、コーヒーの知識だけでなく接客スキルも審査対象でした。
スタバックス「ブラックエプロン」の上を行く「茶色エプロン」
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







審査の結果、都内の店舗で働く21歳の学生アルバイトがアンバサダー
として選ばれました。(下記の写真は別人物です)
そして「アンバサダーエプロン」として渡されたのが、緑でも黒でもない腰から胸にかけて刺繍のある「茶色のエプロン」でした。
旨の刺繍は歴代アンバサダーの名前が刻まれています。
優勝者は約1年間、社内外のコーヒー啓発活動や広報活動を担い、日本代表としてアジア数カ国のチャンピオンが集うバリスタチャンピオン大会にも出場するそうです。
スタバックス「ブラックエプロン」の上を行く「茶色エプロン」
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






スターバックスの快進撃ょ支える「人材育成」の一端を見ました。
まだまだ成長は止まらないことが予感できました。













にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
丸亀製麺「うどん総選挙」の投票結果、12万票超えの第1位は?
大阪王将の新しい取り組み/コロナ禍での販売戦略
スターバックスの店舗数で都道府県の戦闘力が判るって本当?
コロナ禍でも急成長「ねこねこ食パン」の秘密/後編
コロナ禍でも急成長「ねこねこ食パン」の秘密/前編
日本マクドナルドから世界のビーフバーガーが集結
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 丸亀製麺「うどん総選挙」の投票結果、12万票超えの第1位は? (2020-08-11 11:14)
 大阪王将の新しい取り組み/コロナ禍での販売戦略 (2020-08-04 10:47)
 スターバックスの店舗数で都道府県の戦闘力が判るって本当? (2020-08-01 13:17)
 コロナ禍でも急成長「ねこねこ食パン」の秘密/後編 (2020-06-30 11:05)
 コロナ禍でも急成長「ねこねこ食パン」の秘密/前編 (2020-06-28 12:55)
 日本マクドナルドから世界のビーフバーガーが集結 (2020-06-25 12:02)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。