2010年07月10日

セブンイレブンの戦略/第四弾

セブンイレブンの戦略を学んでいますと興味深いことが多く
マーケティングとしては大変に参考になります。
本日のテーマは『顧客ニーズの掘り起こし』

セブンイレブンの戦略/第四弾

不況下で消費者の節約志向が高まる中でも低価格・高品質の
PB(プライベートブランド)は好調に推移しています。
通常PBでは表示されないメーカー名を表記して、安全性へ
の積極的な取り組み
をしています。
2008年には『日経優秀製品・サービス賞』の中で最優秀賞を
獲得するまでに至っています。


なかでも新たな顧客ニーズを掘り起こした
『100円冷凍食品』が大ヒットしています。
人気の秘密のひとつは“食べきりサイズ”があります。
冷凍食品は従来、量の多さが「お買い得」という
固定概念があったようです。
本当に量が多くて安いのが買い手の『得』でしょうか…?

セブンイレブンへの『お客様の期待』とは異なっていました。
それは売り手の都合であって買い手の都合ではないことが
ハッキリしました。
大家族以外では冷凍食品を使い、余った場合は必ず封をして
再度、冷凍庫へ…
また最初解凍する時は「今日、食べる分は…?」などの手間
が掛かっていました。
手間を省いたのが『食べきり100円冷凍食品』
の誕生につながりました。


「世界的不況」「消費の飽和状態」と環境は悪いのですが、
まだまだ未発掘の顧客ニーズはありますね…









にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ 是非とも応援の『ひと押し』をお願いします



無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事画像
新型コロナウイルス関連の経営破綻が400件を超える。
衝撃のニュース「コロナ対応の病院の8割が赤字経営」
コンビニ3社のレジ袋、辞退率が3割から7割超に跳ね上がる
企業の休廃業・解散が5万件超の見通し、医療機関もコロナ倒産
高校生ドラフト候補 第10弾 県岐阜商業 佐々木泰選手/創価高校 森畑侑大投手
高校生ドラフト候補 第9弾 成田高校 古谷将也選手/仙台育英 入江大樹選手
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事
 新型コロナウイルス関連の経営破綻が400件を超える。 (2020-08-10 12:34)
 衝撃のニュース「コロナ対応の病院の8割が赤字経営」 (2020-08-07 12:06)
 コンビニ3社のレジ袋、辞退率が3割から7割超に跳ね上がる (2020-08-06 09:52)
 企業の休廃業・解散が5万件超の見通し、医療機関もコロナ倒産 (2020-07-31 11:54)
 高校生ドラフト候補 第10弾 県岐阜商業 佐々木泰選手/創価高校 森畑侑大投手 (2020-07-29 11:45)
 高校生ドラフト候補 第9弾 成田高校 古谷将也選手/仙台育英 入江大樹選手 (2020-07-27 09:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。