2020年07月01日

気になる記事タイトルを発見「ご飯のおとも」人気ランキング

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



本日は、先日何気にネットを見ていましたら気になる記事のタイトルを発見しました。 タイトルは「ご飯のおとも」人気ランキング。

日本に生まれた以上、忘れてはいけない料理の基本中の基本は「ご飯」ですよね。毎日の食卓に欠かすことができない主食です。
何をおかずに食べるか考えるだけでワクワクで楽しくなります。(笑)
今回は女性雑誌の企画であり、女性限定でのランキングです。


第5位 焼き海苔・肉
おにぎりにも欠かせない「海苔」と、おかずの代表格である「肉」が同時にランクイン。 どちらも言うまでもなく「ごはん」との相性は抜群であり、食が進む原動力になります。おともという点でピッタリです。
気になる記事タイトルを発見「ご飯のおとも」人気ランキング
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第4位 キムチ
定番のおかずが並ぶ中で意外だったのが「キムチ」です。 ご飯のおともといわれると多少の疑問もありますが、あの辛さは食が進みます。
美容や健康に良い発酵食品として、女性の食卓には欠かせない健康食品としての「ご飯のおとも」なのかも知れません。
気になる記事タイトルを発見「ご飯のおとも」人気ランキング
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第3位 生卵・海苔の佃煮
定番中の定番、「TKG」としても有名なたまごかけご飯。今ではTKG専用の醤油があるほど生活に密着している「ご飯のおとも」です。
もう少し上位かも思いましたが意外に第3位でした。
逆に予想していなかった「海苔の佃煮」が同票で3位でしたが、よくよく考えれば「ご飯のおとも」に相応しておかずですね。
気になる記事タイトルを発見「ご飯のおとも」人気ランキング
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第2位 納豆
日本の食卓に欠かせない「ご飯のおとも」と言ったら納豆です。さまざまな調味料ををプラスしたり、ねぎや卵を入れたり、飽きない食べ方を工夫できるのも大きなポイントだと思われます。
こちらも美容健康に良い発酵食品として男女問わず大人気です。
気になる記事タイトルを発見「ご飯のおとも」人気ランキング
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第1位 明太子
でしょうね。(笑) 納得の堂々の第1位でした。
明太子さえあればご飯を何杯でも食べられる。という方も多いのではないでしょうか・・・・  私もその一人です。
味も若干違い、自分の好きな明太子がある方も多いと思います。
気になる記事タイトルを発見「ご飯のおとも」人気ランキング
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







以下のアンケート結果は、

同票6位
イカの塩辛 から揚げ ふりかけ

同票7位
梅干し 卵焼き なめたけ みそ汁


ほぼ予想通りの結果だとは思います。
想像するだけで楽しくなる「ご飯のおとも」、皆さんの好みは?












にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村









無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(感動体験)の記事画像
ビットコインがついに400万円突破。暗号資産が急高騰
今年も感動の第97回箱根駅伝・復路編/駒澤大学が最終10区で大逆転 総合優勝
今年も感動の第97回箱根駅伝・往路編/4回目出場の創価大学初優勝
2021年箱根駅伝に「スーパールーキー」達が登場。史上最強ルーキーは?
50歳を超えていると知って驚く男性有名人のランキング
浜松大平台高校が考案した2種類の「かりんとう」が販売
同じカテゴリー(感動体験)の記事
 ビットコインがついに400万円突破。暗号資産が急高騰 (2021-01-18 09:03)
 今年も感動の第97回箱根駅伝・復路編/駒澤大学が最終10区で大逆転 総合優勝 (2021-01-12 09:03)
 今年も感動の第97回箱根駅伝・往路編/4回目出場の創価大学初優勝 (2021-01-09 09:03)
 2021年箱根駅伝に「スーパールーキー」達が登場。史上最強ルーキーは? (2021-01-01 09:03)
 50歳を超えていると知って驚く男性有名人のランキング (2020-12-25 09:05)
 浜松大平台高校が考案した2種類の「かりんとう」が販売 (2020-12-11 11:12)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。