ブーログ › 経営コンサルタント 戸塚友康 の推進力ブログ! (株)ビジネス・サポートコーポレーション
2017年07月25日

今期現役引退のボルトがダイヤモンドリーグで優勝

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



陸上競技男子100㍍、200㍍の世界記録保持者であるジャマイカの英雄
ウサイン・ボルトが、ダイヤモンドリーグ2017第11戦のモナコ大会に
出場し、今期自己最速の9秒95で優勝したニュースが流れてきました。
今年の8月の世界陸上ロンドン大会で現役引退を表明しているボルトが
いよいよ有終の美を飾るためのパフォーマンスを開始しました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






ルイⅡ世スタジアムに訪れた観客1万7000人が総立ちとなり、大きな
声援の中で通算53回目の9秒台を記録しました。
今シーズンとしては初の9秒台のレースでした。
ホルト自身は「良かった。まだまだやるべきことはあるけれど、正しい
方向に進んでる。10秒切りはいつだって良いことだが、複雑な心境は
あるがキャリアには満足している。」と語っている。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






レース直後に男子3000㍍障害のレースが行われた為、ウイニングラン
ができなかったボルトでしたが、その後再びトラックに姿を見せると、
チアリーダー達とダンスを行い、勝利のポーズを披露しました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







これまでオリンピックで8個、世界陸上で11個の金メダルを獲得して
いるボルトですが、今年8月に行われる第16回世界陸上ロンドン大会
で、どのようなフィナーレを迎えるのか楽しみです。
今年の夏の最大の注目の世界陸上が間もなく始まります。
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年07月23日

ビールの販売不振からの脱却せする戦略は?

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



気象庁の梅雨明け宣言前から連日真夏語が続き、冷たい生ビールの画像
を見ますと、昼間でもついつい飲みたくなってしまいますね。
しかし今年もビール類の販売成績は、不振の一途を辿っています。
大手各社がまとめた1月~6月のでのビール類(ビール・発泡酒・第三
のビール)課税出荷量は前年同期比1.3%減の1億9025万3000ケース
と5年連続で最低記録を更新しています。
前年に大型新商品が発売された反動もあったのに加え、6月に安売規制
強化が政府から出され、店頭価格が上がったことも大きな要因
です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






ジャンル別では、
ビールが前年比1.4%減の9421万1000ケースで2年振りのマイナス
発泡酒は前年比2.4%減の2636万4000ケースで2年連続マイナス
第三ビールは前年比0.7%減の696万8000ケースで4年連続マイナス
いずれも大苦戦中です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ビール大手各社もビール類の販売不振から脱却するために、それぞれの
企業努力を懸命に行っています。

アサヒビールは小規模醸造のクラフトビール始業を拡大しています。
ビール主力工場の茨城工場内に、クラフトビール用の小規模醸造設備を
新たに導入して、商品開発も積極的に行い9月より居酒屋などの業務店
向けにクラフトビールの外販をスタートさせます。
設備投資は約10億円、年内に東京23区で100店舗の取り扱いを目標として取り組む予定のようです。

キリンンビールは会員制宅配ビール「キリン ホームタップ」の全国展開
をスタートさせ、専用のビールサーバーを無料で家庭に設置して、月額
2900円の基本料金プラス4000円で毎月2回、工場できたてプレミアム
生ビールを自宅に直送するシステムを確立しています。
専用サーバーとできたての味で、生ビールの新しい魅力を提案します。

サッポロビールはJR新宿駅に期間限定のビアガーデンをオープンさせ
て、黒ラベル専用のビアガーデンでPRする狙いです。
黒ラベルは2015年のリニューアル以降、好調な売上推移を示しており
、黒ラベルの美味しさで勝負に出ているようです。


言わずと知れた「企業は環境適応業」です。
ビール各社も単なる商品開発して新商品投入で消費を喚起するほど簡単
な時代ではないことは十分に判っています。
生活スタイルの変化に対応した企業に転換できる企業は何処か?
試される時代となっています。













無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年07月21日

筋書きのないドラマ【驚異の大逆転】/高校野球

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



今年も暑い夏がやってきました。
この時期になりますと本来の「ビジネス記事」の投稿から、高校野球の
感動ドラマの記事になりがちですが、どうぞお許しを・・・・

先日、第99回全国高校野球選手権静岡大会にて驚きのドラマが生まれて
大きな話題となっています
静岡県大会2回戦、シード校磐田東高校対静岡大成高校の試合でした。
3回の表を終わり、14対2と12点差で静岡大成高校がリードして、
このまま進むとコールドゲームの可能性もありました。
しかしここから岩田東高校が驚異の粘りを発揮してきました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






甲子園出場経験もある山内監督は「覚悟を決める!」と選手たちを鼓舞
して、コールド負けをしないように点数を取る作戦に出ました。
3回裏に2点、4回裏に1点、5回裏に1点、6回裏に4点、7回裏に
2点と徐々に点数を重ねて、7回を終わり14対12と2点差まで差を
縮めて終盤戦に期待がもてる展開まで挽回していました。
そして8回の攻撃で3点を取り、14対15とついに逆転に成功、9回
に静岡大成高校に点数を取られ延長戦にもつれ込みました。
そして延長11回にサヨナラ安打が出て逆転勝利を収めました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






敗れた静岡大成高校は悔しい試合だったと思います。
絶対的に有利な状況からの逆転負けは、心に焼き付くことでしょう。
しかし、帆船から学ぶことが多いのが高校野球です。
静岡大成高校の皆さん、胸を張って今後の人生の糧にして下さい。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






磐田東高校はベンチ入りの選手20名のうち19名が出場。
3時間41分に及ぶ総力戦を大逆転勝利で制しました。

またまだ地方予選も中盤で、これからも甲子園を賭けた暑い戦いが連日
のように繰り広げられます。
今年は、どんな感動のドラマが生まれるのか楽しみです。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年07月18日

甲子園一番乗りは沖縄県興南高校

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



連日、真夏日が続いていますが体調を崩していませんか・・・・・
7月も中旬を過ぎて全国各地で高校野球の地区大会が盛り上がっており
今年も全国のトップをきって沖縄県が甲子園に全国一番乗りです。
沖縄県は興南高校が2年振り11回目の甲子園出場です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






2010年には甲子園で春夏連覇を達成した興南高校ですが、昨年は沖縄
県大会の3回戦で敗退し、今年に賭けていたようです。
決勝戦では何と1年生の左腕宮城投手が先発し、堂々の完投勝利。
1年生らしからぬ強心臓でメンタル面での強さを発揮していました。

打線も「今年の興南高校は打力が弱い」という声が囁かれて、監督の耳
にも入っていたようですが、決勝戦では打線が大活躍して15対1と、
大差での圧勝となりました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






これから全国より続々と甲子園代表校が決定します。
今年も甲子園での感動のドラマを楽しみにしたいと思います。

頑張れ!
高校野球健児!
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年07月16日

夜は「ナイトプール」にインスタ女子が殺到

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



梅雨明けしたような暑い日が続いていますが、夏の風物詩「プール」に
異変が起こっているのをご存知ですか。
夏の太陽の下で「プール」で遊ぶ。この常識が、日が暮れてから営業を
する「ナイトプール」が急増している驚きの事実。
リゾート感のある写真を撮って、インターネットに投稿することを目的
とした若い女性の間で人気に火がついているようです。
客層を広げた高級ホテルや遊園地が続々とオープンしています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






東京プリンスホテルの「ナイトプール」は7月8日にオープンし、若い
女性達が水面に浮かんだフラミンゴや貝などの遊具に座って東京タワー
をバックに写真を撮っていました。 誰も泳いでいないようです。
ホテル側も投稿する写真映えを意識して、女性好みのライトアップ全て
を専門家に依頼して演出をしているようです。
入場料は男性6,000円、女性4,200円と少し高めです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ホテルニューオータニの大阪でも7月15日、東京は21日、幕張では
26日に、それぞれ「ナイトプール」を永木陽を開始する予定です。
ニューオータニ東京では、ヤシの木に囲まれたプールサイドでカクテル
を提供するサービスやDJを起用してのダンスミュージックを流す等の
イベントも計画しているようです。
日焼けもせず、リゾート感のある写真が撮れる。など現代の若い女性の
ニーズにピッタリの「ナイトプール」が大流行です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「ナイトプール」が広まったキッカケは、実は2011年の東日本大震災
の後に節電対策でサマータイムでした。
帰宅時間が早まるサラリーマンやOL達を狙って、東京のホテルが夜の
プールをPRしたところ、日焼けを気にせず水着で涼しめてエアコンも
使わない節電効果があると話題となったのが始まりでした。

最近では政府が唱える「働き方改革」や「残業削減」や、各地の海岸で
の飲酒やアルコール販売の禁止、機器を使っての音楽再生の禁止など、
若い世代の人達への規制が強化されたことが「ナイトプール」の追い風
になっているようですね。

SNSを通じた若い世代の発信力はビックリするぐらい活性化しており
企業側も無視できない状況になっているようです。
現在では夏の限定の「ナイトプール」ですが、今までに無かった大きなマーケット(市場)に広がる可能性を秘めています。
今後の動向に注目です。










無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年07月14日

サントリー「ほろよい」の新しいマーケティング戦略

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!




7月から浴衣姿の女優、沢尻エリカさんを起用し流れているテレビCM
サントリー「ほろよい」が新たな企画として話題となっています。
浴衣姿が何とも妖艶であり、目を奪われた男性も多いとは思いますが、
新しいマーケティングとして大注目の部分が仕掛けてありました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







その仕掛けとは、テーマ曲である「カントリーロード」を歌うCMなの
ですが、最後に一瞬だけ沢尻エリカさんの住所が書かれているハガキが
写っています。  もちろん架空の住所ですが・・・・
通常ではCMに使用される住所や電話番号は架空ののモノなのですが、
放送中のサントリー「ほろよい」の新CMの住所に暑中見舞いを出すと
沢尻エリカさんから暑中見舞いが届くという仕掛けになっています。
サントリーも中々、手の込んだ仕掛けをして消費者を楽しませる戦略を
考えてきたものです。 ネットではかなり話題となっています。
話題と言うマーケティング戦略では大成功ですね。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






今回の新マーケティング手法で新たな仕掛けは、まだありました。
ハガキが届きますと裏面には「ほろめ~る」とQRコードがあり、実際
QRコードを読み込んでフォームから申し込みますと抽選で1,000人に
「ほろよいギフトセット」が当たるプレゼント付きです。
新しいマーケティング手法で、消費者の購買心理を掴んでいます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








前作のCMでは画面に映し出された沢尻エリカさんの携帯電話の番号に
電話を掛けると、沢尻さんの声が対応して留守番電話にメッセージが残
せる企画を実施していました。
第二弾が「暑中見舞い」であり、今回も注目を集めそうです。


沢尻エリカさんのCM動画









無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年07月12日

酒類の公正な取引基準、スタートから1ヶ月

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



6月からスタートしました「酒類の公正な取引に関する基準」の見直し
ですが、簡単にいいますと、街の小さな酒屋を守ることが目的のビール
や発泡酒のディスカウントの規制法律です。
私のブログでも記事として投稿しましたが、スタートして一ヶ月が経過
して、町の小さな酒屋さんへの効果はあったのでしょうか。
多くの問題や矛盾を抱えて、ある種強硬的なスタートでしたが・・・

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







スーパー関係者に聞きますと350ml入り6缶の価格は、平均します
と約90円ほど値上がりしているようです。
競合店との価格帯を比較しながら、手探りの状況のようですがスーパー
では平均1割程度の値上げが実施されているようです。
消費者も気づいていない方が多くいて、まだまだ浸透していません。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







国の政策そのものが意味が判りませんが、街の酒屋さんを守ろうとして
の「酒税法」を改正・実施して、先月6月1日よりお酒の過度な安売り
を規制しているのですが疑問だらけです。
いくらが過度の安売なのか? 罰則基準が曖昧では?
原材料の規制が外れたのは、今後の商品開発にとって消費者は楽しみが
増え、大歓迎なのですが安売に大幅な規制が掛けられて、しかも基準が
曖昧なので他社の価格と照らし合わせるて値上げする。といった雰囲気
が出始めています。


ある民間機関の調査では、関西のスーパーでは一日あたりのビール及び
発泡酒の6缶パックが16~29%、減少しているようです。
その一方で、国が守ろうとしている個人経営の御酒屋さんは、売上げ増
なったかと言われると、ほとんどの変化なしの状況のようです。

小売店最大手のイオングループの担当者は、「弊社はビールの売上は、
日本一です。大量に調達するため、さまざまなコストを抑えているので
、今回の規制が始まっても価格を見直す必要はありませんでした。」

語りコストを下げる「企業努力」を強調して「過度な安売り」ではない
との見解を語っています。


酒税法に違反した場合の罰則規定が曖昧なので、規制が形骸化しカタチ
だけになっていることが浮き彫りになっています。
今回の酒税法の改正には大きな疑問と矛盾が残っています。










無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年07月10日

第70回「広告電通賞」は大塚製薬が受賞

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!




少し前に、第70回「広告電通賞」の結果が発表されました。
2016年度の総合広告電通賞は2年連続で大塚製薬が受賞しました。
ポカリスエット、カロリーメイト、オロナミンCなどの幅広い広告活動
全般が評価されての大賞の受賞でした。
特にポカリスエットの「エール/サンクス/ありがとう」などのテレビ
CMが高い評価を得ていました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






また、特別賞として主力商品の「ガリガリ君」を10円値上げした際、
赤城乳業の社長や社員が出演して、謝罪したテレビCMが話題となった
「値上げ」が受賞しました。
このテレビCMはネットで随分大きな話題として取り上げられ、私自身
のブログでも記事として投稿
しました。  覚えてますか。(笑)



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







この「広告電通賞」は、対象が2016年4月1日~2017年3月31日までに
実施された広告作品であり、電通以外の広告代理店が手掛けた作品も含
まれている業界では名誉ある表彰のようです。
1422店から全64店が選考対象となっていたようです。

例年はもう少し大きな話題となるようですが、電通さんが「過労死」という大きな社会問題を抱えていますので、今年度は地味な発表となったようです。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年07月08日

ハイボールブームで「山崎」が入手困難に。

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



今、居酒屋やBARなどの店に「山崎」が品切れ状態になっています。

日本のウイスキーの代表作の「山崎」が現在なぜ、品薄状態なのか。
銀座周辺の高級クラブでも入手が困難な状況であり、酒屋に「山崎」が
入荷すると黒服の方が、年代物を含めて全て買い占めて行くことが頻繁
に起こっている。と言うからビックリです。
そもそも「山崎」が品薄になっている状況は、2008年ごろから人気と
なった「ハイボール」需要が飛躍的に伸びたのが要因のようです。
「ハイボール」の人気と言えはこの二人のCMの影響が大きいのでは。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「山崎」製造元、サントリーの担当者は「井川遥さんと吉高由里子さん
のテレビCMが「ハイボール」人気に大きく影響してることもある」と
語っています。
国際的な賞も受賞して海外からの買い付けも増加してあり、拍車を掛け
たのが2015年朝ドラ『マッサン』がブームに火をつけたようです。
ウイスキーの生産には樽で最低で3年ほど熟成させる必要があり、時間
が掛かるのですがサントリーは2014年頃から「山崎」「白州」「響」
などを例年の20%増の生産計画で対応しているようですが、それ以上
の需要が大きくなっているのが現状の品薄状態になっているようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







糖分の間は続きそうな「山崎」狂想曲。
庶民の見方であるウイスキーの日本の代表銘柄だけに少しでも早く安心
して何処でも飲める状態になることを祈るだけです。(笑)













無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年07月06日

スポーツ用品業界の大変革・後編/侍ジャパン公式ユニフォームが変わる日

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!





前回の投稿でスポーツ用品業界でアシックスがミズノの牙城を崩して、
「侍ジャパン」公式ユニフォームの提供を記事にしました。
大袈裟にいいますとミズノというスポーツ用品業界のトップブランドが
陥落した驚くべきニュースです。
売上高ではすでに倍以上の差がついていますが、日本で最も人気の高い
スポーツ、野球での日本代表公式ユニフォームという象徴の場を譲って
しまった要因をビジネス的に分析して内容を記事します。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






前回の記事に書きましたが、アシックスは販路の中心を海外に向けて、
不採算部門を早々に撤退、来るべき高齢社会に適合した「健康快適」
スポーツ産業にシフトしたことが成長につながりました。

一方、ミズノにとっては競技用品や学校販売は同社の看板として長い間
親しまれた「スポーツの裾野を支える」という社会貢献型のビジネスを
重要視した戦略をとっていました。
この戦略が良かった、悪かったではなく、消費者の意識の中に「名門」
という高い評価が、不採算部門でも撤退できない事情でした。
それに加えて、ここ数年はゴルフ事業が大普請に落ち込み2017年3月期
には営業利益が前期比51.4%減と厳しい業績になりました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






2017年3月期の決算結果を受けミズノは「連結事業の立て直し」に本腰
を入れるようになり、侍ジャハンのプロジェクトの契約から撤退を余儀
なくされたことが最大の要因です。

しかし、スポーツ用品全般ではアシックスにトップの座を譲っています
が野球に関してはミズノの専売特許であり、現在でもアシックスの4倍
以上の野球のシェアを持っています。
それだけに東京オリンピックを前に、侍ジャパンの公式ユニフォームの
契約を手放すのは断腸の思いだったことが判ります。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








現在、サッカーやバスケットボール、ラグビーなどが活性化されている
とはいえ国内スポーツは野球が一強時代です。
ある業界関係者は「侍ジャパンは、野球=アシックスを印象付ける格好
の材料であり、日本の野球界の覇権を握る絶好のチャンスである。」

語っており、近い将来には「野球=ミズノ」のイメージ、シェアが崩壊
する可能性も含んでいます。

私のように小さいころから野球少年だった世代にはミズノは憧れの存在
であり、「野球=ミズノ」が常識でした。
かつての輝きを取り戻すことができるか正念場が訪れています。






















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


Posted by 戸塚友康 at 11:33

▶コメントをする・見る(0)