ブーログ › 経営コンサルタント 戸塚友康 の推進力ブログ! (株)ビジネス・サポートコーポレーション
2017年03月24日

政府方針の「働き方改革」に対しての疑問

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







安倍晋三首相は「働き方改革」として政府が目指す時間外労働(残業)
規制の上限について、現行法で規制の例外となっている建設業や運送業
や勤務医師などについて、法律施行してから5年間の猶予を設けた上で
規制の適用対象とする方針を定めたようです。
研究開発は、従業員の健康配慮の措置を講ずることを条件として、引き
続き適用対象外とする方針です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






政府は、残業時間の上限を「年間720時間」とし、忙しい月は「100時間未満」とすることを盛り込んだ法案を提出する意向です。
建設業や運送業は5年後の見直しに際し、規制の対象とすることに問題
少ないのですが、医師の場合はなかなか難しい問題が残ります。
医師の場合、緊急の手術・オペが人の生命に関わることが多く、診察や
治療にしても患者が求めけば治療行為を実施する義務があります。
医師不足が慢性化してい中で、大学医学部の定員を増員するなどの対策
を行っているのですが、本当の意味での「働き方改革」ではなく、労働
時間や残業時間の規制に終始している気がします。
これでは現在問題となっている医師不足の解決は遠のくばかりです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





本当の意味で生産性が上がる「働き方」への取り組みの議論がされず、労働時間の規制に問題がすり替わっている気がしているのは私だけでしようか・・・・・

もちろん、大手広告代理店で女性スタッフが自殺まで至る「労働環境」
を整備することは重要だと思いますが、それと労働時間や残業時間に対
して規制を掛けることは別問題だと思います。

私自身は、日本人が持っている「働くことは美徳」という精神が損なわれないことを祈るだけです。












にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年03月21日

売れる芸人と売れない芸人との違い

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






面白い記事をインターネットで見つけたので投稿します。
タイトルは「売れる芸人と売れない芸人との違い」という、大変に興味
深いタイトルと同時に内容もビジネス社会でも通じる内容でした。
毎年、ブレイクする芸人が登場しますがレギュラー番組を持ったりして
人気者になる芸人もいますが、一発屋として徐々に見る機会が減少して
行く芸人も多く、浮き沈みの激しい競争世界です。
現在、大ブレイクしているのは" target="_blank">「ブルゾンちえみwith b」ですね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






記事によると売れる芸人の特製の第一は「面白い」ことだといいます。
芸人だから当たり前のことのように思われますが、意外と芸人仲間から
の評価が消費者の評価に直結するようです。
芸人仲間からの「面白い」と言われる芸人が売れる。判りやすいです。

次には売れている芸人は「裏方の方を大切にする」ことらしいです。
自分自身がいろいろな番組に出られているのは、番組に関わってくれて
いるスタッフのお陰が大きい。と常に考えて食事会を開いたり、飲み会
を開いたり等をして、感謝の気持ちを伝えることができる芸人が継続的
に売れている芸人だと言われます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第三番目が「自分が、自分が」という個人主義の芸人は長続きしない。
と業界では言われているようです。
一見、芸人は個人競技のように見えますが実際は団体競技。
スベった芸人がいると周囲の芸人達は必死に助けに行く光景を見ます。
「ツッコミ」を入れたり「イジる」ことを見ていると陥れているように
見えますが、盛り上げることを最優先している言動なのです。
現に売れている芸人の特徴は「周りを美味しくする」ことを常に考えて
「ツッコミ」「ボケ」「イジリ」「ギャグ」等を駆使すると聞きます。

最後に「お金に汚い芸人」は続かないと言われています。
売れている芸人は派手に使っているイメージがありますが、売れている
芸人ほど「お金を綺麗に使う」ことを心掛けているそうです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






なるほど。と思うことが多いですが、実はビジネス社会も同様です。
第一に仕事をする上での「スキル」は絶対要件です。
それが無ければビジネスのスタートラインに立てません。

第二に「感謝の気持ち」を持っていることも絶対要件です。
お客様はもちろん、スタッフ・取引先・仕入先・関連業者などを大切に
している方は成功しています。

第三の「俺が。俺が。」の個人主義の人は人望がありません。
首位の人達から信頼され人望のある方は「お陰。お陰。」で周囲の人達のお陰で自分自身がビジネスを行えている。という謙虚な姿勢がある方は成功しています。

第四の「お金に汚い」のはビジネス界でも最悪です。
金銭は最も敏感な生き物といわれるほどですので、無駄に使わずに出す時は思い切って気持ちよく出す。これがお金の使い方です。

どの業界でも成功する人、失敗する人。
売れる芸人、売れない芸人。
原理原則は一緒であることを再認識しました。









にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


Posted by 戸塚友康 at 10:49

▶コメントをする・見る(0)

2017年03月18日

食べるマスクが大ヒット/森永乳業の「シールド乳酸菌」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







ドラッグストアに行ってビックリ! 商品名が「食べるマスク」!
赤いパッケージで目立つ、森永製菓の「シールド乳酸菌タブレット」が
正式名称ですがひと際、目に入ってきます。
2016年の9月に発売以来、1ヵ月で半年分の売上目標を達成してしまう
ほと、全国のドラックストアやスーパーで爆発的に売れています。
「食べるマスク」!と言ってもマスクを食べるわけではありません。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






明治乳業の大ヒット商品の「R-1」をはじめとする機能性ヨーグルト
市場拡大に合わせた、乳酸菌応用商品の市場規模は2015年に6000億円
を突破したと言われています。
森永製菓はヨーグルトが日持ちせず、持ち運びが不便あることに着目し
て、ヨーグルト味のタブレットに乳酸菌を加えて手軽さと健康イメージ
の両面を訴求する商品開発を行ってきました。
「シールド乳酸菌」とは、森永製菓と経営統合が囁かれています兄弟企業の森永乳業が発見した独自の素材であり、腸の免疫細胞に働きをかけて免疫力を高める効果があると報告されています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






インフルエンザの感染予防にも効果があるとの発表もあり、今年になってから売れ行きに拍車がかかったようです。
生菌と呼ばれる生きた乳酸菌は熱や水分に弱いのですが、シールド乳酸
菌は死菌であり、サラダやとん汁などの加工食品に応用しやすい特徴があります。
そして最大の特徴は、少ない量でも効果が出せることです。
専門家は「従来は何千億個、何兆億個などの数の競争になっていましたが乳酸菌は数が多すぎると、すっぱくなる特徴があります。シールド乳酸菌は約100億個で効果を発揮することができるため、味への影響は最小限に抑えられます。」と語っています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「シールド乳酸菌」という新たな差別化商品を持った森永乳業。
すでに森永乳業の「シールド乳酸菌」を導入した企業は100社を超える勢いで増加しています。
森永乳業が時代の新たなマーケット(市場)を拡大するか否かは「シールド乳酸菌」の販路拡大・商品戦略に掛かっています。


















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年03月16日

今年の春闘のメインテーマ「働き方改革」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





毎年、この時期になると話題になるのが春闘ですね。
今年で4年目になった「官製春闘」ですが、失速が鮮明になりました。
安倍政権の要請を推進力とした賃上げに策は息切れ感が漂い「賃上げを
実施して消費を刺激し、経済の好循環」
のシナリオが崩れています。
今春闘のメインテーマは「賃上げ」ではなく「働き方改革」です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







安倍晋三首相を議長とする「働き方改革実現会議」が昨年9月に発足。
大手広告企業の過労死事件を受けて、長時間労働の是正に対する社会的
な関心も高まり、今年の春闘でもメインテーマが「働き方改革」へ労使
双方が協議する状況となっています。
就業から始業に一定の休息時間を確保する「勤務間インターバル規制」
を導入する企業も多くなっています。
NECは今春闘で休息時間を10時間から11時間に延ばすことを決め、
終電近くまで働く社員の健康第一の取り組みを実現しました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






また、正社員と非正社員との待遇格差を是正する「同一労働同一賃金」
の実現に向けて、政府主導で年末までには指針となるガイドライン案を
作成する動きも出ています。

政府に背中を押された形でスタートした「働き方改革」を労使が主体的
に取り組む民間主導に流れが傾きつつあります。
大企業の話しではなく、「長時間労働」が慢性的に起こっている中小企業にも切実な問題として問題となってきます。



















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年03月13日

レジェンド三浦知良選手、50歳でのゴール

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






Jリーグ最年長の現役選手、J2横浜FCの三浦知良選手が3月12日の
「ザスパクサツ群馬」戦に先発出場し、0対0で迎えた前半40分に左足
を振り抜いて、決勝点となる今季初ゴールを決めました。
三浦選手のの得点は昨年8月7日の「セレッソ大阪」戦以来となります
が、自身が持っているJリーグでの最年長ゴール記録を伸ばしました。
50歳と14日という、過去に前例のない大記録です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






そして久し振りの「カズダンス」も披露して観客を沸かせました。
本人は「最近、カズダンスを踊った時の勝率が悪くて、踊るのを迷った
けど皆さん(報道陣)が書きやすいようにね。」
とプロのサッカー選手
としてのパフォーマンスもしっかりサービスしていました。

6年前の東日本大震災での慈善試合でも三浦知良選手はゴールを決めて
「カズダンス」を披露してのですが、震災直後に岩手・釜石・大槌町を
訪問して瓦礫の山を見て言葉を失い誓ったそうです。
「被災地が元気になるコールを決め、いいニュースを届けたい。それが
自分の心の中にあった」。  
3月12日にゴールを届けました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






三浦知良選手がレジェンドとして、皆さんから愛されていることが判る
エピソードでした。
世界では58歳でゴールを決めた。という記録もあるそうです。
今後も三浦知良選手の活躍を楽しみにしたいと思います。



三浦知良選手のゴール動画










にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年03月11日

東日本大震災から6年が経過

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






未曾有の東日本大震災が起きて今日で丸六年。
復興が進んでいるニュースは時々、流れてきますが福島の原発の問題は
未だに解決の道筋が見えてきません。
原発が原因での集団移転に関わる「福島の子供へのイジメ」の実態が、
ようやく最近になってクローズアップされてきました。

何か「やるさない」複雑な思いが込み上げてくる3月11日です。
この大きな災害を風化させないためにも毎年、ブログを掲載します。

数日前にネットで見つけたショックな記事でした。
「津波で亡くなった母の遺体は、別人のものだった」 


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170309-00051100-gendaibiz-bus_all

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。










東日本大震災の関連記事

2016年4月22日投稿
 日本の誇り「自衛隊」の献身的な活動
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e357862.html

2016年3月11日投稿
 東日本大震災から丸五年が経過/奇跡の出会い
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e355652.html

2015年3月11日投稿
 【東日本大震災から丸四年】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e302495.html

2014年3月11日投稿
 【東日本大震災から丸三年】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e261046.html

2014年3月9日投稿
 【記憶に留めよう!【3.11】】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e261045.html

2013年3月11日投稿
 【東日本大震災から丸二年が経過】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e221281.html

2013年2月10日投稿
 【東日本大震災の行方不明者の捜索】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e219108.html

2012年2月16日投稿
 【世界報道写真コンテストの感動の一枚】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e172744.html

2011年12月26日投稿
 【天使の声/地域の人達の救出を優先】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e166612.html

2011年9月30日投稿
 【氷室京介さんが6億7千万円を被災地に寄付】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e156822.html

2011年7月29日投稿
 【東日本大震災より140日、廊下での終業式】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e149820.html

2011年7月10日投稿
 【球児の夏、被災地で感動の開会式】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e147329.html

2011年6月21日投稿
 【全国の山田さん、岩手県山田町を救いませんか?】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e143775.html

2011年4月22日投稿
 【気仙沼市のコンビニが奮闘中】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e133333.html

2011年4月10日投稿
 【東日本大震災の爪あと】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e131413.html

2011年3月30日投稿
 【黙して語らず「最後の砦」/自衛隊の姿】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e130210.html

2011年3月26日投稿
 【形見の指輪をつけての修了式/東日本大震災】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e129033.html

2011年3月23日投稿
 【見えない「敵」との戦い/東京消防庁】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e129030.html

2011年3月19日投稿
 【被災地での感動の卒業式】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e127783.html












にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年03月09日

横浜崎陽軒の経営戦略/「シウマイBAR」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







昨年11月にシウマイで有名な横浜「崎陽軒」が東京駅に直結する東京
一番街に、ちょい飲みできる店「シウマイBAR(バル)」をオープン
させたことを記事として投稿
させていただきました。
マスコミやSNSでの投稿により、お店が話題となっているようです。
JR東海から一番街への出店の依頼を受け、当初は今までの業態である
“物販”での出店を計画していましたが、テナント場所の間口が広いので
JR東海側から飲食店を兼ね備えた店舗を出店することを勧められて、
社内で検討した結果、売店併設の飲食店になったようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







関東圏の人達にはお馴染みの「崎陽軒」ですが、それ以外の地域の人達
にはあまり知られていない。のが実情のようです。
1908年に創業の崎陽軒は、神奈川県を中心に、シウマイや弁当販売と
レストランを展開しており取扱店舗は約300店舗あります。
2016年2月期の売上高は220億円、前年比4%成長しています。
名物の「シウマイ弁当」の販売数は1日21000食と、その出荷数は年々増加している単体の弁当としていは「日本一」ではないでしょうか。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






その「シウマイBAR(バル)」では常時、「昔ながらのシウマイ」や
「えびシウマイ」など5種類のシウマイを提供しているようてす。
全ての商品がアツアツの状態で食べれるのが最大の特徴であり、元来は
「崎陽軒」のシウマイは「冷めても美味しい」を売りにしてきましたの
で、アツアツの状態ならば当然「美味しい」と、商品には絶対の自信があったようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






現在、来店客は1日平均約200人ほどであり、「崎陽軒」いわく「当初、予定していたより多くの人に来店していただいたいます」と語って
おり、順調なスタートのようです。
滞在時間は約30分程度、アルコールなどを含めて一人当たりの客単価は1000~1200円程度、物販と飲食の割合は5対5となっていると語っています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






今回の「崎陽軒」さんの出店の位置づけは、どうやら時代環境の変化の情報収集が目的と思われます。
「ちょい飲み」「おひとりさま」などの要望が時代の流れであることが
強く感じる昨今、環境変化を素早く察知するアンテナショップとしての位置づけのようです。
100年企業としての、「崎陽軒」さんの動向に注目が集まります。











にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年03月07日

スタバックス「ブラックエプロン」の上を行く「茶色エプロン」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







21世紀の超優良企業として君臨するスターバックジャパン。
国内で働くパートナーは約3万2千人、そのうち「ブラックエプロン」
を持っている人は2782人と1割以下のです。
広報部によりますと「ブラックエプロンはコーヒーに対する深い知識を
蓄えたパートナーのみに与えられます。」
と語っています。
ほとんどのパートナーが身につけている、スターバックスのイメージ
カラーである「グリーンエプロン」です。
「ブラックエプロン」は年1回開催される、コーヒーの知識を問う筆記
試験に合格した人だけに与えられるものであり、合格率は4~12%という超難関の試験です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






「ブラックエプロン」への試験は社員・アルバイトといった雇用形態を
問わず、誰でも挑戦・受験ができます。
合格し「ブラックエプロン」を手にしたパートナーは、胸に名前が刺繍
されたエプロンを着用し、接客やコーヒーセミナー講師を務めます。
雇用形態を問わない形式が、いかにもスターバックスらしい実力主義の社風であり、パートナー達のモチベーションアップの仕組みを創り上げていることは素晴らしい戦略です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






そのスターバックスの選ばれた精鋭「ブラックエプロン」の中で、更に選りすぐり16名が集まって「アンバサダーカップ」が先日、開催されましたことがネットで話題となっています。
選ばれたパートナーは全国16地区で開催されたエリアカップを勝ち抜いた「ブラックエプロン」16人です。
コーヒーの香りで銘柄を当てたり、コーヒー豆について制限時間内で説明したり、客に扮したパートナーのアドリブに対応する姿勢を競う大会であり、コーヒーの知識だけでなく接客スキルも審査対象でした。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







審査の結果、都内の店舗で働く21歳の学生アルバイトがアンバサダー
として選ばれました。(下記の写真は別人物です)
そして「アンバサダーエプロン」として渡されたのが、緑でも黒でもない腰から胸にかけて刺繍のある「茶色のエプロン」でした。
旨の刺繍は歴代アンバサダーの名前が刻まれています。
優勝者は約1年間、社内外のコーヒー啓発活動や広報活動を担い、日本代表としてアジア数カ国のチャンピオンが集うバリスタチャンピオン大会にも出場するそうです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






スターバックスの快進撃ょ支える「人材育成」の一端を見ました。
まだまだ成長は止まらないことが予感できました。













にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年03月05日

チョコボールが50年間売れ続けている要因/後編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






前回の投稿で「チョコボールが50年間売れ続けている要因/前編」
記事にしましたが、本日は後編を投稿させていただきます。
売れ続けている要因として森永のマーケティング担当者も第一の要因は
「おもちゃのカンヅメ」とハッキリ語っています。
この第一の要因については誰も異論がない部分だと思います。(笑)




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






「おもちゃのカンヅメ」の応募がどのくらいあるのか・・・・・・
私自身は1~2回当選した記憶がありますが、金のエンゼルは出た記憶
がありませんし、銀のエンゼルを集めたのだと思います。
ちなみに、どのくらいの応募があるかといえば毎月1万人近くの応募が
あり、年間10万人を超える応募があるようです。
金や銀のエンゼルが当たるコツがある。という噂を聞いたことがありま
すが、森永の担当者に聞きますと「都市伝説」と完全否定しています。
ネットには当たるクセや特徴の記事が溢れていますが・・・・・


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





50年間売れ続けている要因の2番目は「味を年1回ぐらいのペースで
ブラッシュアップしていることが大きい要因ではないでしょうか。」

担当者は語っています。
ピーナッツ味はチョコレートをかけているだけでなく、実は3層構造に
なっていることは、あまり知られていません。
チョコレートをかける前に、ピーナッツを糖蜜と小麦粉でくるんでいる工程があり、これによって独特のサクサク感が生まれています。
商品の品質にももシッカリとした“こだわり”があることも大切ですね。

そして3つ目の要因はキャラクターの「キョロちゃん」の存在。
発売当時はキョロちゃんを見て「可愛い」と言う人は皆無であり「目つ
きが悪い」や「ヘンな鳥」といった声が多かったと聞きます。
せめて名前だけでも可愛くと「キョロちゃん」と名付けたそうです。
そしてこのキャラクター「キョロちゃん」も発売当時から徐々に変化している聞き、全く気付いていませんでした。
発売当時は、クチバシも胴体もシャープでしたが、今年50歳なので少し丸みを帯びたスタイルに変わっています。


今年50年を迎えた「チョコボール」
今後、どのようなマーケティングで市場に残っていくのか、或いは淘汰されていくのか。注目が集まります。










にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年03月03日

チョコボールが50年間売れ続けている要因/前編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







子供のころに「おもちゃのカンヅメ」を見て“欲しい”と思った人は多い
はずの森永のチョコボールは今年で発売から50年。
1967年に誕生した森永製菓の「チョコボール」が現在も第一線で売れ
続けているのは何故でしょうか。 ヒット商品には理由があります。
単体のお菓子で50年継続してヒットしている秘密を探ります。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






半世紀にわたって売れ続けている「チョコボール」大ヒットのトップの
要因は予想通り「おもちゃのカンヅメ」の存在です。
子供のころ私自身も欲しくて欲しくて、何度も何度も「チョコボール」
にお小遣いをつぎ込んだことを覚えています。(笑)
1967年の発売当時はキーホルダーやミニそろばん等の小さなオモチャ
が詰まっていましたが、キャラクターのキョロちゃんを変えることはせず、年に1~2回のペースでオモチャの中身、箱の用途、デザインなど
時代を反映した内容に変えています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






最近の特徴として「モノ消費」ではなく「コト消費」の時代と言われており、オモチャが溢れている時代に子供が興味を持ってもらうカンヅメは何かを真剣に考え【開かずのカンヅメ】を開発しています。
もうひとつは【ダマされちゃうカンヅメ】の開発であり、3つの鍵と5つの鍵穴がついていて、二タをあけると中にもうひとつダマされてしまう仕掛けを施しています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







カンヅメに大きなこだわりをもっているのが50年間、ヒット商品として続いている大きな要因のひとつのようです。
後編では異なった要因を探ります。
前編最後に【ダマされちゃうカンヅメ】の笑えるCMをどうぞ・・・・














にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。