ブーログ › 経営コンサルタント 戸塚友康 の推進力ブログ! (株)ビジネス・サポートコーポレーション
2017年09月01日

伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/前編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



今年も夏が終わろうとしていますが、緑茶飲料業界は好調のようです。
その好調の要因は、夏前半の猛暑の影響があったのではなくて緑茶市場
が昨年の2016年あたりから勢いが出ているようです。
その代表格がサントリーの「伊右衛門」の攻勢が激しく、トップシェア
を保っていす伊藤園の「お~いお茶」に迫る勢いです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






サントリーは今年3月には緑茶「伊右衛門」をリニューアルし販売攻勢
を掛けてきています。
緑茶飲料の4プランドの今年3月から6月の500mlの平均価格は、日本
コカコーラの「綾鷹」が79.0円、伊藤園の「お~いお茶」が78.3円、
キリンビバレッジの「生茶」が77.0円、サントリーの「伊右衛門」が
74.0円と最も安い価格で流通していることが判りました。
サントリー側は「好調な商品に販促費は惜しまない」と言っています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






そして改めて緑茶飲料ブランドの販売数量シェアを見てみますと、上位
4ブランドのうち「お~いお茶」が約4割をの圧倒的なシェアを握って
おり、「伊右衛門」「綾鷹」が約24%のシェアで続いて、「生茶」は
約1割強のシェアをもっているのが現状です。
上位4ブランド以外は、緑茶飲料での合計をしても第4位の「生茶」に
及ばず、上位4社が圧倒的なシェアを獲得しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






圧倒的なシェアを持っている伊藤園の「お~いお茶」の牙城を切り崩す
ためにサントリー「伊右衛門」が、今年3月に行った大幅リニューアル
が話題となっています。
それは一言でいうと「味わいの進化」を見直しました。

今までは「伊右衛門」でけでなく、市場で売れている緑茶飲料は「急須
で淹れたような味わい」
の抹茶入りの煎茶が全てでした。
しかしサントリーが行ったアンケート結果で判ったのが、現在の消費者
が「美味しい」と感じるのは抹茶入りの煎茶ではなく、「深蒸し茶」
あることが判明しました。

こうしてサントリー「伊右衛門」のリニューアルが始まりました。
続きは次回の後編でお届けします。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年08月30日

「デカフェ」が急激にマーケット拡大

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



昨年7月のブログに「次なる珈琲ブームは“デカフェ”か?」との記事を
投稿したが、いよいよ本格的に「デカフェ」ブームがきたようです。
大手コンビニのローソンは今年5月よりレジ横のコーヒーでデカフェの
取り扱いをはじめ、当初の売上予測の1.5倍の売れ行きと大変に好調な
スタートのようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






キリンビバレッジは今月22日より、人気の「午後の紅茶」シリーズに
「ストレートティー デカフェ」を発売しました。
5月に投入したカフェインゼロ緑茶飲料「生茶デカフェ」に続く第2弾
のデカフェ商品であり、自信作のようです。
いずれも茶葉り抽出液に粘土鉱物を入れ、カフェインだけを付着させて
除去する独自製法による商品として自信を持っているようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






サントリー、アサヒ飲料、日本コカ・コーラなどの飲料メーカーでも、
「デカフェ」の商品開発、投入に注力していることもあり今後ますます
デカフェ市場が活性化・拡大することが予測されています。
全日本コーヒー協会によりますと、昨年のデカフェコーヒー豆の輸入量は2000年に比較すると約5倍に増えているというデータがあります。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






「デカフェ」を巡る今後の市場拡大に大きな注目が集まっています。
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年08月27日

労働市場の変化「全従業員の正社員化」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



大手クレジック会社のクレディセゾンは8月より、現在総合職や専門職
など分類されている社員区分を無くし、全従業員を正社員に一本化する
驚きの施策を発表しました。
制度の導入は9月16日からの施行となることも発表されました。
クレディセゾンの発表によると、現在は総合職社員(無期雇用で月給制
・賞与あり、確定拠出年金制度あり)、専門職社員(無期雇用で月給制
・賞与あり)、嘱託社員(有期雇用で月給制)、パート社員(有期雇用
・時給制)の4区分に分かれていた人事制度を、全社員を正社員として
賃金や処遇を統一する。という今までの常識を打ち破る仕組みです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






今回の制度導入により、賃金水準や昇進・昇格・福利厚生などの差が無
くなり、従業員側にとってはメリットが大きいことは理解できますが、
企業側にとってのメリットはどこにあるのでしょうか。

全従業員の正社員化としつつ、短時間勤務制度やフレックスタイム制度
、在宅勤務制度などを活用することで、フルタイムで働くことのできな
い人も従来同様の働き方は維持できます。
また、従業員の雇止めをする場合でも現行の労働基準法では、解雇する
場合と同様に合理的な理由が必要となり、企業側が自由に雇止めを実行
することはできまん。
従って「有期労働契約」は極めて形骸化していると言わざる得ません。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







まして契約期間が5年を超えると無期転換申込権が発生し、企業側には
無期契約を拒否することはできないのが現行法です。
それならば全従業員の無期限労働契約にすれば、ある意味では『潔さ』
を感じるのは誰しも同じではないでしょうか。
日本の労働環境には「正社員」というブランドイメージが残っており、
今まで「正社員」になれなかった人達にとってはモチベーションアップ
は図れることは間違いのない施策です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







しかし、逆にこれまで「正社員」として頑張ってきた人たちから「何の
努力もしないで正社員になれるのか?」といった反発も予測されます。
全従業員の正社員化は新しい雇用形態として注目は集めるとは思います
が、正社員の中でも職務内容、職責の期待レベル、それらに準じた公平
で公正な賃金体系や格差が無いと役割機能を果たせなくなることは容易に予測できます。

今後のクレディセゾンの動向にめが離せません。












無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年08月25日

天理高校の「仁王立ち応援団長」の涙

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



第99回の全国高校野球選手権大会も記録と記憶に残る大会となり、埼玉
代表の花咲徳栄高校の優勝で閉会しました。
劇的な試合が多く、素晴らしい大会で感動の場面が数多くありました。
そんな中で、私が注目したのは天理高校の応援団長でした。

暑い太陽の下でスクールカラーの紫の袴姿で微動だにせず、厳しい表情
で腕組みをして仁王立ち姿を崩さない姿はテレビにも放映されました。
実はこの応援団長は3年生の野球部員でした。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







選手としてケガで苦しみ続け、1年生の時にはティー打撃の時に打球が
当たり、唇の裏を7針縫う大けがをして前歯の神経が無くなりました。
その後も両足太ももも肉離れ、腰椎分離症、復帰した2年生の秋には、
チャンスをもらったのですが試合中に左足太ももの肉離れ、そして最後
の夏の大会前に猛練習、バットの振り過ぎで右手首軟骨を痛めました。

夏の大会に間に合わない事実に呆然としていた時期、励ましてくれたの
が天理中学時代からの野球部の仲間4人でした。
その中で唯一ベンチ入りした橋本選手が準決勝の広陵高校戦で、6点を
追う9回の先頭打者で内野安打を打った時は、今までの険しい表情から
一転、堪えきれずに涙がこぼれました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






天理高校の応援団のしきたり、「試合中は一切の言葉を発さず、動きも
しない。腕組みをして仁王立ちでグランドを見守る」
これが天理高校の
応援団長のスタイルです。
この姿がNHKをはじめとしてテレビ放映され、注目されました。

スポーツでの感動、素晴らしいですね。
今年も多くの感動の場面をいただき、ありがとうございました。
来年は100回の記念大会ですので、ますます盛り上がることでしょう。

全国の高校球児の皆さん、
      頑張って下さい。













無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年08月23日

テレビ東京「池の水ぜんぶ抜く」にて歴史的発見

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



テレビ東京の人気企画番組「池の水ぜんぶ抜く」の第4弾が9月3日に
放映されることが決まっていますが、ロケ現場の様子がニュースとして
伝わり“歴史的なお宝”と“超巨大生物”が発見されました。
東京・日比谷公園の雲形池での撮影で、MCがロンドンブーツ1号2号
の田村淳さんとココリコの田中直樹さんの番組です。
日比谷公園の雲形池の水を抜くのは114年ぶりになるそうです。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






過去のロケでは謎の巨大生物が次々に発見され、話題となっています。
それこそ謎の生物や、巨大噛みつきカメ、巨大スッポン、特定外来種の
巨大ソウギョ、巨大アリゲーターなど多種多様に発見されています。
番組とは無関係ですが、3年前に吉祥寺の井の頭公園の池の水を抜いた
ら巨大鯉が発見されたことも記録として残っています。





*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






また歴史的なお宝として家紋が描かれた瓦が発見されました。
調査の結果は、江戸時代にこの付近に屋敷を構えていた佐賀藩鍋島家の
家紋と判明して鍋島家の屋敷に使用されていた軒丸瓦であることが明ら
かになりました。  歴史的にみても貴重な発見のようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






当初、この企画は上層部からは不評な企画であり「やめろ」の声が大勢
の意見として挙がっていたようです。
現プロデューサーが粘り強く交渉し、今年の1月15日に第1弾として
日曜ビックバラエティ「緊急SOS! 外来種から日本を守れ“池の水
ぜんぶ抜く”」でスタートしてました。
番組平均視聴率は8.3%、前4週の平均視聴率は5.6%でしたので高視聴率を初回から獲得していました。

そして今回が4回目の放映。
何が当たるのか、判りにくい時代ですが今後も大注目の番組です。



















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年08月21日

「コンビニおでん」の夏商戦

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



8月のお盆が終わると大手コンビニ各社が、今シーズンの「おでん」の
本格的展開をスタートさせます。
ローソンが8月8日に販売開始したのを皮切りに、セブンイレブンは8月
15日、ファミリーマートも8月22日に販売をスタートさせています。
一部の店舗での販売ですので全店統一販売ではありませんが・・・
まだまだ暑さが残る8月に「おでん」を売り出すのでしょうか。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






コンビニのおでんが一番売れる最盛期はいつか?
実は「冬の定番」のおでんは最も寒くなる年末年始から2月に掛けての
時期が最も売れると思われがちですが、意外にも実際には9月~11月が
「コンビニおでん」は最盛期を迎えるのです。
この9月~11月の時期こそ「少し肌寒くなってきた」と体感温度の変化
を感じる時期であり、消費者がおでんに気が向く時期なのです。
こうした消費者の動向を反映する形で、大手コンビニ各社は毎年8月に
「おでん」を投入するようになっているのです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






しかし、近年は「コンビニおでん」の市場は伸び悩んでおり、2016年
度の「コンビニおでん」の市場は413億円と前年を66億円も減少して
おり、大変な危機感を持っています。
要因としては「おでん」ではなく「キムチ鍋」や「豆乳鍋」などの鍋物
自体にヒット商品が生まれ、野菜をたくさん食べたい。というニーズの
高まりが「コンビニおでん」の売上を直撃しているようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ファミリーマートでは今年から「おでん」の売上挽回のため通常100円
の「おでん」を「70円セール」での販売促進を狙っています。
毎年「70円セール」は実施しているのですが、セール時期は売れ行き
の悪くなる時期に集中させ、販売時期を通して売上の平準化を狙って
きたのですが、今年からは最盛期にセールを開催するようです。

消費者が「コンビニおでん」を食べたくなる9月~11月に集中しセール
を開催して、販売の最盛期に需要を喚起していく方針です。
一方で売上が落ち込む年明けの真冬には、積極的な新商品の投入による
売上減少に歯止めを掛ける戦略のようです。

経営統合したサークルKサンクスの人気商品であった「こんにゃく」や
「焼きちくわ」などを串刺しにした「屋台風おでん」で勝負して行き、
セールに頼らないおでん戦略を推進していくようです。

これからが本格的な「コンビニおでん」の戦いのスタートです。
コンビニ各社の店頭が楽しみになってきました。












無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年08月06日

年商1億円農家の収穫直前メロン6600個が被害

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



驚きのニュースが飛び込んできました。
年商1億円以上のメロン農家として知名度の高い、北海道中富良野町の
「寺坂農園」にて、7月に収穫直前のメロン6600個が枯れてしまい
収穫不可能な被害を受けたことが判明しました。
土壌からは除草剤の成分が検出され、農園に何者かが侵入して除草剤を
散布した疑いがあるとして、威力業務妨害罪として富良野署に被害届が
提出されました。
寺坂農園さんのブログで一部始終が公開されています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






寺坂農園によりますと、7月に入ってからビニールハウスの全自動換気
装置の設定が狂うことが、たびたび起こり従業員のミスだと思っていた
ようですが、7月10日の朝に電源ブレーカーが落とされ、給水栓が半開
きになっている状況で外部の仕業だと気づいたようです。

その後、応急処置の効果もなく大量のメロンが枯れ始め、31棟ある
ビニールハウスのうち6頭のメロンが全滅してしまいました。
専門機関に調査を依頼して除草剤が散布されたことが判りました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






非常に悪質な手口であり、出荷を予定していました3万1000個のうちの
6600個が出荷できなくなり被害総額は約1500万円と甚大になっており
、事後対応に掛かった費用を含めると被害額は拡大するようです。

寺坂農園さんは現社長が平成3年に農業を継いだ当初は1400万円ほど
の借金がありましたが、インターネット通販や直売所の販売など急成長
して、平成24年には年商が1億円を突破して全国の農業関係者から注目
をされていました。
著書として『直販・通信で稼ぐ! 年商1億円農家!』もあります。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







農業業界の新たなビジネスモデルを切り開いてきた「寺坂農園」ですが
、同業者か農業関係者の嫌がらせなのか、まだ事件は解明されていませ
んが、大切に育ててきた果物に除草剤を散布するというヒドイ仕打ちは
どんな事情があっても決して許されない犯罪です。

一刻も早い犯人の逮捕と、寺坂農園さんの社長を始めとしたスタッフの
心情を思うと悔しいやら、悲しいやらで複雑な心境です。
できることは応援する気持ちで声援を送りたいと思います。

頑張れ! 寺坂農園!














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年08月04日

ライザップが狙う次なるビジネスモデル

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!




肉体改造した体験者を登場させ、鮮烈なテレビCMで大きな話題を提供
したRIZAP(ライザップ)は、パーソナルトレーニングジムという
新しい市場を創り出し、現在も売上・利益とも好調な勢いです。
そのライザップが次に狙うビジネスはSPA(製造小売業)事業です。
端的にいいますとSPAの大手、ユニクロをターゲットとしてます。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






今年5月に株式市場で「ライザップ景気」が起こったようです。
和装品知(有)伸の繊維商社を子会社化するとの発表か発端でしたが、
衣料品通販の「夢展望」、補正下着の「マルコ」、カジュアル衣料品の
「ジーンズメイト」、そして上記「堀田丸正」を次々と買収。
ほとんど業績不振の企業ばかりを何故、買収してきたのか狙いは?


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







しかし、ジーンズメイトは今年2月にライザップ傘下に入った以降は、
素材の見直しやオリジナル商品の再開発を進めて、連続赤字だった営業
利益が2018年2月期には黒字を見込めるまで回復しています。

同じく東証マザーズに上場していた夢展望は、2017年3月に債務超過に
陥り、ライザップ傘下で進めてきた改革が軌道に乗り2018年3月期には
債務超過を解消できるまで改革は進んでいます。

このライザップのビジネスモデルは不振企業を安く買って、再生することで価値を高めて行く、オーソドックスなM&A再生ビジネスなのですが、実は再生して終わりではないようです。
実はユニクロを運営するファーストリテイリングよりSPA(製造小売業)を主導したメンバーを迎え入れています。

ライザップはSPAについて詳細な構想を発表していませんが、周囲の状況から見て明らかに次のビジネスモデルはSPAを狙っています。
数年後にユニクロやしまむらを追随する存在になるのか楽しみです。
もしかしたら「肉体改造」のあとは「衣料業界改造」かも・・・・・













無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年08月02日

暑い7月の「涼しさ」を提供するヒット商品

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!




今年の7月は、ほとんどがカラ梅雨で過ぎてしまい連日の真夏日。
暑かった記憶しか残っていませんね。
そくな中、全国的に売れている商品が「涼しさ」を感じる商品です。
扇風機やエアコンは勿論のことですが、寝具などの「涼感グッズ」との
新しい市場と商品が好調な売れ行きを示しているようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







総合スーパーのイオンでは扇風機の売上が7月1日~20日の期間で前年
同時期より6割伸びたという大ヒットとなっているようです。
今まで2階の生活雑貨フロアに商品陳列・販売を実施していましたが、
今年から1階の食料品フロアの近くにコーナー移し、販売拡大が見事に
当たったようです。  6割増は凄い成長です。
家電量販店ビックカメラでも、扇風機やエアコンの販売が昨年の2割増
となっており、かき氷器やアイスクリームメーカーなども好調な販売。
暑い夏、様様の状況です。

また「涼感グッズ」の中でも布団の上に敷くと冷たい肌触りが気持ちが
いいと「アイスコール敷きパッド」の売れ行きが絶好調のようです。
前年の2.4倍と驚異の売れ方を示しています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








また暑い夏の効用で、意外な商品も売れていると聞きます。

三陽商会では、汗をかいても洗えるジャケットが売れています。
更に意外な商品として「水分を摂りすぎたり、クーラーをつけたまま寝
たりすることにより、胃腸に負担が掛かり過ぎているのでは。」
と分析
している商品「正露丸」が売れているようです。

これからが暑さの本番、熱中症に気をつけてお過ごし下さいね。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年07月31日

業績向上企業「業務スーパー」のビジネスモデル

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



ここ数年、競争が激しい食料品業界で飛躍的に店舗数を伸ばして成長・
発展を続けている企業が存在しているのをご存知ですか。
皆さんの地元にもある緑の看板でお馴染みの「業務スーパー」です。
業務スーパーとありますが、どなたでもお買い物ができます食品加工を
中心としたスーパーマーケットであり、2017年5月現在全国に765箇所
の店舗を構えており、いろんな場所で見かけるようになりました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






業務スーパーを運営するのは兵庫県に本社を構える神戸物産です。
同社は1985年設立、業務スーパー等の小売店やビュッフェレストラン
や総菜の直営店の運営、およびフランチャイズ事業を行っています。
また、海外での商品開発と仕入れ、国内での自社工場における商品開発
を行い、加盟店などに商品を供給しています。
同社の2017年度の第2四半期(11月~4月)の売上は1243億円、営業
利益は72億円と好調な推移を示しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







業務スーパーが好調な要因である現在のビジネスモデルを検証します。

第1の特徴は加盟店では生鮮食品を扱わないことがあります。
少子高齢化が進み、共稼ぎ世帯が広がっている現在の家計においては、
女性が家事に十分な時間を割けないことは数字からもハッキリしており
生鮮食品へのニーズより加工食品へのニーズの高まりが増加。
生鮮食品に対するニーズは完全に頭打ち、いわゆる「中食」へのニーズ
が圧倒的に多くなっています。

通常のスーパーでは生鮮食品を差別化として扱っていますが、同社では
生鮮食品はメインでは扱わず、加工食品に特化しています。
小売店側でも設備負担は軽くなり、オペレーション作業も省力化されて
廃棄ロスも激減した結果、低価格販売でも利益が出る仕組みです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第2の特徴として規模を追求するモデルが特徴として挙げられます。
通常の食品スーパーは直営店での運営が一般店ですが、業務スーパーは
業界では珍しいFC方式を採用しています。
自社の資金に制約されることがなく、成長の可能性が可能です。
今までの業界常識を打ち破った新しいビジネスモデルのスタイルです。

第3の特徴として商品調達システムのネットワーク化が進んでいます。
同社の国内食品加工は、現在21工場と国内有数の規模を誇り、自社で
企画した商品を含めて内外のネットワークを駆使して最適な調達が可能
なシステムを構築、調達コストの低減に直結しています。

ナショナルブランドを安く売る食品スーパーやドラッグストアが多い中
、同社は自社企画の商品で美味しさと安さを同時に実現することを目指
しています。
食品業界のひとつの指標として「PB比率」があります。
このプライベートブランド比率が業務スーパーでは30%を超えている
驚異の数字があります。 前期比4%アップです。

今後の目標を2020年に850店舗、その先に1000店舗があるようですが
今後の成長スピードに注目です。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。