2019年06月18日

「焼肉のファーストフード店」が登場/おひとり様焼肉

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


焼肉店へ行くのは「記念日」「お祝い」という食事の概念が大きく変化し、昼夜問わず定食屋感覚の焼肉店がブームです。
通称「おひとり様焼肉」と言われネットで大きな話題となっています。
焼肉店に一人で行くという発想がなかっただけに大きなインパクトがあり、かなりの繁盛店も出現しています。
焼肉にライスやスープ、キムチなどが付いたセットメニューが大人気で
「焼肉のファーストフード」と称して「牛タン&ハラミセット」の価格が1200円とリーズナブルな価格で焼肉が楽しめます。
「カルビセット」では598円とお手頃な価格で焼肉が食べれます。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「おひとり様焼肉」の先駆者は2018年8月東京新橋に1号店がオープンした「焼肉ライク」であり、すでに国内10店舗を展開しています。
今後5年間で300店舗体制にする計画と聞き、今後の大注目企業です。
営業戦略は、焼肉の高品質の維持とお手頃価格での提供が戦略の柱であり、それを支える仕組みは1日18開店する「高い回転率」。
一般的な焼肉店3~4回転なのですが、4~6倍の驚異の回転率をあげて客単価を抑えても利益の出る体質を構築しています。
肉は7種類に絞り、サイドメニューも最小限に抑えていることで従業員のオペレーションも効率化が進み、高回転の結果、肉を冷蔵で保存できる状態で提供したり、鮮度は高いが賞味期限が短い「生ダレ」を使用するなど高品質を維持できる仕組みができています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








また回転率を上げるため、あえてアルコール類の価格を居酒屋より高めに設定し、長居する客の「居酒屋遣い」を避ける工夫もしています。
店内では、向かいの客と目線が合わないように客席の仕切りを目線に合わせて設定し、注文はタッチパネル方式を使い、箸やおしぼりは机の引き出しに用意するなど、会計以外は店員を呼ぶ必要が無いように設計されています。 まさに「おひとり様焼肉」専用です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「おひとり様需要」は、ありとあらゆる業種・業態でに確実に増えており、焼肉業界でも例外ではなかったようです。
焼肉は確かに一人では行き難い雰囲気がありましたが、阻害要因を全て排除したのが「焼肉ライク」でした。

開店へのネックは各席に必ず1台のロースターが必要になり、その割高とも思える初期投資が最大の障害だったようです。
しかし、その初期投資も各業界のファーストフード店を分析すると客層の滞在時間が圧倒的に短いことが判ります。
従って「おひとり様焼肉」も高回転の業態を創り上げれば、投資の費用対効果として十分に採算が合うことが判りました。
確かに朝から夕方まで焼肉店はランチを行っている店舗以外は、全く稼動していません。駐車場も全く使われず非効率です。

新業態「焼肉のファストフード」がどこまで成長・発展するか大注目。

























無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年06月16日

令和も快進撃「スターバックス」の商品戦略

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


平成の超優良企業の代表格として挙げられるのが、私のブログでも度々登場させていただいた「スターバックス」ですよね。
今年6月には全国のスターバックスより、3つの発酵素材を使った新作「レモンヨーグルト発酵フラペチーノ」が発売されます。
今週木曜日、6月19日から期間限定発売で価格は630円です。
期間限定商品で6月19日から7月18日までの発売となっており、材料がなくなり次第、早期終了もあるとのことです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









「レモンヨーグルト発酵フラペチーノ」は和と洋の発酵素材をブレンド
し、組合せをした全く新しいタイプのドリンクというふれこみです。
使っている素材は、濃厚な味わいのヨーグルト・風味豊かなチーズ・隠し味に甘酒を使っているとのことです。
そして夏らしい爽やかな味わいにするために「レモンカードソース」を使用して、フレッシュな酸味を味に加えています。
「レモンカード」とは、レモンを使ったイギリス生まれのスプレッドのことであり、ジャムと同じような見た目ですがレモン果汁・果皮・卵黄
・砂糖を使い糖度が65%以下となっています。
糖度65%以上、フルーツを45%以上含むものをジャムとよび、65%以下のものをスプレッドと分類しています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








見た目も爽やかで、いかにも女性が好みそうな商品の出来栄えに仕上げており、またまた「インスタ映え」を意識しているようです。
「レモンヨーグルト発酵フラペチーノ」は、ホイップ・甘酒を使用したレモンカードソース、ヨーグルトベース、チーズサブレ、ナチュラルチーズ、などの素材で構成されています。
因みにホイップ、チョコレートソース、キャラメルソースは無料で増量可能な女性には嬉しいサービス特典も付いています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









スターバックスは既に「コーヒーショップ」や「カフェ」の分類から大きく舵を切り、時代の先端を行く「ドリンク提供業」として企業価値を高めています。
商品戦略・販売戦略・プロモーション戦略、とれを観ても一流です。
まさに時代の環境変化を見事に捉えています。
今後もスターバックスの戦略には大注目です。







【スターバックス】関連記事

2019年4月14日の記事 
◆「世界で一番美しいスタバ」がSNSで話題に◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e476150.html
2018年2月16日の記事 
◆スターバックスの戦略、新作「SAKURA」シリーズ◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e433548.html
2017年10月2日の記事 
◆スターバックスがポイント制度を導入する狙い/後編◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e418101.html
2017年9月29日の記事 
◆スターバックスがポイント制度を導入する狙い/前編◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e418096.html
2017年7月29日の記事 
◆スターバックスお茶専門店「ディバーナ」が米国全店で閉店◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e412436.html
2017年3月7日の記事 
◆スターバックス「ブラックエプロン」の上を行く「茶色エプロン」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e397161.html
2016年12月22日の記事 
◆スターバックス黒板の秘密「GAHAKU」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e389687.html
2016年10月10日の記事 
◆超優良企業スターバックスが「お茶」に本格参入◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e379653.html
2016年7月20日の記事 
◆スターバックスの新たな戦略/珈琲業界の戦い◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e368000.html
2016年5月19日の記事 
◆スタバの新商品の発売ラッシュが止まらない◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e361103.html
2016年2月1日の記事 
◆スターバックスの成長戦略「ブラックエプロン」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e348392.html
2016年1月30日の記事 
◆スターバックスの成長戦略「魔法のレシート」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e348391.html
2016年1月25日の記事 
◆スターバックスの成長戦略「小さなサプライズ」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e348390.html
2016年1月22日の記事 
◆スターバックスの成長戦略「笑顔のサービス」◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e348388.html
2015年5月26日の記事 
◆鳥取スタバ出店で「すなば珈琲」が大注目◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e317536.html
2015年5月23日の記事 
◆スターバックスの鳥取オープンに見る戦略◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e302489.html
2015年5月11日の記事 
◆鳥取県に「スターバックス」第1号店オープン◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e313503.html
2014年9月14日の記事 
◆スターバックスの快進撃/期間限定のフラペチーノ◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e284233.html
2014年3月3日の記事 
◆スターバックスの快進撃の戦略◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e261042.html

















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年06月14日

アイスクリーム業界の新販売戦略/ロッテ「爽」

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


これからの季節が稼ぎ時の「アイスクリーム」業界。
先日、ロッテ「爽」が販売戦略として都内で行われた新CM発表会にて女優の広瀬すずさんと女性3人組ロックバンド「SHISHAMO」と
全国から集まった約1000人のファンとの部活動を開催しました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








発表会では「SHISHAMO」が書き下ろしたCMソング『OH!』を生演奏とともに、サビに入ると広瀬すずさんがタンバリンを持って演奏に参加して、楽しそうにするパフォーマンスをしています。
撮影を終えると広瀬すずさんは「ずっと見ちゃいました。ここに一緒に立っているのが申し訳ない気持ちです」と語り、同じステージの舞台での演奏に感動した様子でした。
もちろん観客として参加した約1000人もノリノリだったようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ロッテ「爽」の新CMは12日から全国で放映されています。
私もプロモーションビデオを拝見しましたが、早速コンビニで「爽」を購入してしまいました。(笑)

新しい販促プロモーションの形だと実感しました。
若手人気女優と人気女性ロックバンドとエキストラとしての10代1000人が集結した「1日限りの部活動」と称しての販促プロモーションは、私にはとても新鮮でした。
新しい販売戦略の更なる進化が楽しみです。





















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年06月12日

スシローが手掛ける居酒屋「鮨・酒・肴 杉玉」の戦略

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


回転寿司業界でひとり勝ち独走状態の「スシロー」が、新しいビジネスモデルの大衆寿司居酒屋「鮨・酒・肴 杉玉」を運営していることは、世間では認知されていません。
まだ全国で7店舗であり、目立つ存在ではありませんが本業の回転寿司が好調な状況にもかかわらず、新しいビジネスモデルへのチャレンジには、どのような戦略が隠されているのでしょうか。
1店舗目は2017年8月に兵庫県西宮市に、2店舗目は2018年1月に東京神保町に、その後2018年3月東京神楽坂に3店舗目をオープンして時にマスコミに披露しました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








1号店がオープンしてから約半年間は、あえてスシローの運営を公表せず「最初から大々的に発表してしまうと、純粋な店の評価が判らない。まずは自力でやってからチェーン展開としての土台を作ることが重要だと考えた。」と社長が語っています。
メニューは、寿司を中心とした海鮮系が中心で背反の商品が299円という設定。寿司を中心に品揃えをしている点は共通してますが、商品そのものは回転寿司で提供されているものとは異なっています。
ネタは厚切りにしておりボリューム感を出しており、杉玉のシャリについては黒酢やバルサミコ酢を加えるなどして工夫をしています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








他のメニューにも「飲めるサーモン」「キャビア寿司」「おでんの大根なのに天麩羅」というユニークなメニューが数多く目立ちます。
社長は「あえて不思議な名称にすることで、お客様と従業員とのコミュニケーションが生まれるキッカケになって欲しい。」と語ります。
また店舗ごとに、その地域の地酒を提供して細かい部分での独自色を差別化として提供しています。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








スシローが公表した中期経営計画の中で「鮨・酒・肴 杉玉」の存在は
、2019年9月期~2021年9月期までの3ヵ年で直営・FC合わせて50店舗ほどの出店を目指しているようです。
現在の7店舗は全て直営ですが、2020年9月期からはFCでの展開も本格的に視野に入れています。

言わずと知れた「企業は環境適応業」であります。
当然、現状の回転寿司の業態そのものが未来永劫に成長発展する保証はどこにもありません。
現在の本業に余裕があるうちに、企業としての「第2の柱」を構築することは、当然の戦略であります。
スシローの手掛ける「鮨・酒・肴 杉玉」は戦略的な事業体として成長発展するか大変に興味深くなってきました。
























無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年06月09日

仮想通貨取引、100億円申告漏れを指摘

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


仮想通貨の取引にからみ、今年の3月までの数年間に全国で少なくとも個人で50人、法人で30社が総額約100億円の申告漏れを国税局から指摘されていることが判りました。
2017年の年末から2018年の年初において主要通貨「ビットコイン」の相場が約20倍に高騰し、この時期に多額の売却益を得たのを税務申告しなかったり、実際よりも少なく申告したケースがあったようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








東京国税局の電子商取引を担当する調査部門が昨年、都内の複数の仮想通貨交換業者(取引所)から顧客取引データの任意提出を受けました。
同データを分析、多額の売却益を上げたと見込まれる個人や法人リストして札幌から熊本まで全11税務局と沖縄国税事務所が、取引データや独自に集めた情報に基づき税務調査し、個人・法人を負わせて80件、総額約100億円の申告漏れを指摘したようです。
このうち70億円以上は親戚や知人名義のの口座で取引したり、故意に売却益を少なく見せかけたりして、重加算税対象の「所得隠し」と判断された。 高額・悪質なものは脱税容疑で告発することも検討中。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









一般社団法人「日本仮想通貨交換業協会」によりますと、主要5通貨が
売買された総額は2017年度は69兆1465億円となり、2016年度の20倍
、2015年度の788倍と急増していました。
取引の実態が見えにくいこともあり、税務申告をしないケースも多数あと見られており、今後の税務局は取り締まりを強化していくようです。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年06月08日

速報! サニブラウン選手が日本新記録 9秒97を記録

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


陸上の全米大学選手権は、米国テキサス州オースティンで行われ、男子100㍍決勝にて「サニブラウン・ハキーム」選手が9秒97の日本新記録を樹立して3位に入賞しました。
従来の日本記録は2017年9月に桐生祥秀選手がマークした9秒98。
サニブラウンは今年5月に9秒99を記録して、日本人2人目の9秒台を突入を果たしていました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








今月末には「ドーハ世界陸上」の代表選考会を兼ねた陸上日本選手権が開催され、10秒0台を連発する好調な桐生祥秀選手、自己最高記録が10秒00の記録を持つ山県亮太選手、5月に10秒04を出した小池祐貴選手らが揃って出場して、史上初の9秒台の決着があるかも。
いよいよ世界に通用する選手同士の戦いとなります。

ドーハ世界選手権の内定は、参加標準記録(10秒10)を突破した優勝者のみが手に入れられます。
さて誰が勝つのでしょうか???
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年06月05日

作業服販売店「ワークマン」躍進の戦略/後編

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前々回の投稿記事にて「作業服販売店“ワークマン”躍進の戦略/前編」
前回の投稿記事にて「作業服販売店“ワークマン”躍進の戦略/中編」を投稿させていただきましたが、今回は後編を投稿させていただきます。
国内店舗数で「ワークマン」がユニクロを超えたことはお伝えしましたが、どのような戦略によって日本一まで駆け上がったのか・・・・
モノが売れな時代と言われ久しいですが「ワークマン」の成発展の戦略をご紹介したいと思います。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「ワークマン」躍進の要因を店舗の9割を占める魅力的なFC契約にあることは前回にお伝えしましたが、「Aタイプ」の契約時には必要資金として加盟金、開店手数料、研修費、保証金、開店時出資金を合わせて350万円の資金が必要となります。
「Bタイプ」は開店手数料、研修費、保証金のみが必要で150万円。
契約期間は6年間で、オーナーの年齢が65歳になるまで行進ができ、再加盟料は200万円掛かりますが「1回目の更新は、 オーナーが病気になったケースを除けばほぼ100%が更新。オーナーの平均加盟期間は10年ですが、20~30年契約更新をしているオーナーも大勢いる。」と本部では自信を覗かせています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








また「ワークマン」の店舗には商圏内で顧客を奪い合うような立地にしておらず、近隣オーナーとの関係も良好になっています。
本部から派遣されるSV(スーパーバイザー)の存在もFC本部の指導役が一般的ですが、ワークマンのSVは「商品を売り切る」ための部隊であり、オーナーからの信頼も厚いようです。
エリア内の店舗でダブついている商品があれば売れる店舗への商品移動も速やかに実施されているようです。

新業態の「ワークマンプラス」が出来てからは【ワークマン女子】なる言葉も生まれ、建設関係従事者の専門店から一般女性カジュアルウエアを販売する受け皿にもなっています。
【ワークマン女子】達のインスタをはじめとしたSNS投稿も大きく影響していることも成長・発展の要因です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ワークマンの成長・発展には、どうやら本部とオーナーとの強い信頼関係が大きく影響しているようです。
オーナーの期待にこたえ続けることが今後の鍵となることでしよう。






















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年06月03日

作業服販売店「ワークマン」躍進の戦略/中編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の記事にて「作業服販売店“ワークマン”躍進の戦略/前編」を投稿しましたが、本日は後編を記事にして投稿させていただきます。
少し前にテレビ番組に取り上げられたように国内店舗数839店舗。
ユニクロを超えて2025年には1000店舗の目標を掲げての、出店数
全体の9割を超えるフランチャイズ(FC)契約店に支えられています。
FC契約の初回継続率はほぼ100%。売上の1割がオーナーの収入になるというFC契約が人気を呼んで、FCオーナーの希望者が殺到している状況だと評判です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








フランチャイズ(FC)契約をめぐっては24時間営業のコンビニ加盟店オーナーと違い、営業時間が短く、そして休日があることがオーナーの希望者が殺到する大きな要因のようです。
職人向けの商品が多いので、ワークマンの回転は7時と比較的早いですが夜は20時には閉店となっています。
レジ締め作業も閉店後に実施することがなく、昼間に行うことが慣例となっています。これはワークマンの本社が群馬にあり、周囲に夜間金庫が無かったことが名残であると言われています。
お陰で店長をはじめ働くスタッフは残業とは無縁であり、その働きやすさから店長の4分の1が女性です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ワークマンの躍進はFC制度の仕組みに大きな特徴があります。

まずは、新規店舗は店舗用地取得からオープンまで本部が行います。
開店してからオーナーが決まるまでき本部が営業、テリトリー権(FC本部が加盟店に対して、営業地域を特定する権利)は無いものの「人口10万人に1店舗と決めています」加盟店推進部は語っています。

もうひとつの特徴が、契約後1年は店舗の年間売上高が6300万円に達するまで売上高にかかわらず「固定給」がオーナーに支払われます「Bタイプ」という契約形態があります。
通常の「Aタイプ」の契約は、粗利益の60%を本部に上納します。
「Bタイプ」の場合、粗利益の金額にかかわらず月50万円と歩合分が本部からオーナーに支払われます。小売業の経験がなくてもワークマンの運営・推進ができるのは、この仕組みのお陰です。

次回、更なるワークマンの戦略をご紹介します。
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年06月01日

作業服販売店「ワークマン」躍進の戦略/前編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


作業服販売店の最大手である「ワークマン」が大変革しています。
昨年9月から従来の作業服売場にプラスしてアウトドアウエアを融合させた路面店を増やし、一般消費者取り込む戦略を急いでいます。
少子高齢化による大工や職人の減少傾向による成長戦略として、作業服で培ったノウハウ・技術を開拓余地があるアウトドア市場に狙いをつけて、戦略の転換をはかっています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








新しい店舗では売場フロアの半分がプロ向けの作業服、残り半分に一般消費者向けのアウトドアウエアやレインスーツを展開しています。
既存店は早朝と仕事終わりに立ち寄る人が多く、昼間には客足がほとんど無かったのですが一般消費者の来店に期待しての戦略変更。
店内はさながらユニクロと間違うかと思うほどのデザイン・色使いの商品が、ところ狭しとして陳列しています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








国土交通省によりますと、いわゆる職人と呼ばれる建設関係の労働者は2016年末時点で326万人となっており、建設業のピークだった1997年から3割減となっており、今後も減少が予測されます。
ワークマンは2018年3月期の全体売上が前年比7%増の797億円。
作業服の国内市場が1,000億円程度と予測される中、企業としての成長
発展を目指しての新しい事業を模索していました。

今年、国内店舗数がユニクロを超えたワークマンの飛躍の大きな要因は次回に記事にします。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年05月29日

ビットコイン急上昇による仮想通貨の行方

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


昨年一年間にて仮想通貨市場の下落が続いていましたが新元号、令和に入ってから仮想通貨の代表格「ビットコイン」が急上昇しています。
専門家の間では2019年のビットコインの価格は5000ドル~8000ドル(約40万円~63万円)の間で推移と予測されましたが、直近一ヶ月で3800ドルから10000ドルを突破して急速に上昇しています。
本日5月29日現在、日本円価格で96万円前後で取引が行われておりいよいよ100万円に復帰する勢いです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。










そのような推移の中、豪州でビットコインATMを運営・展開している「Auscoin」は、仮想通貨の下落が続いていた昨年においてもATMでの売上高が毎週50万豪ドル(約3920万円)を記録していたことを報告しました。  これは今日行きな数字です。
同社のCEOはこの結果について「多くの人達がビットコインを未来のお金として認識していることを表している」と語りました。
「Auscoin」はオーストラリアを拠点にビットコインATMを展開している企業であり、同社がオーストラリア国内にて設置しているATMは2019年1月時点で31台でした。
今後はオーストラリア国内で1200台までビットコインATMを展開する予定だと語っていますが実現が具体的に見えてきたようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








同社のCEOによりますと「多くの人達が仮想通貨を未来のお金だと認識くしていることは我社の業績を見れば一目瞭然。昨年来のビットコインの市場が下落続きにもかかわらず、ATMでの売上が異常な売上を記していることが根拠である。また、仮想通貨市場に多くの人達が参入するのに障壁となっているのは“仮想通貨を実際に購入するためのアクセスの難しさ”が大きく影響している」と語っています。
現在ではビットコインを入手するにはビットコインのマイニングを行うか、仮想通貨取引所に登録して本人確認などの手続きを済ませた後に円を入金してビットコインを購入する仕組みとなっています。
「Auscoin」では提供している「ピッコインATM」にて、多くの人達が簡単にビットコインを購入できるインフラ整備に注力しています。

またオーストラリアでは、昨年3月より国内の新聞販売店1200ヶ所以上で「ビットコイン販売」がスタートしている事実もあります。
フランスではタバコ販売店3000店舗でビットコインの販売が行われており、米国でも設置されている無人販売機「キオスク」でもビットコインの販売をスタートしてことが報告されています。

これからの仮想通貨の爆発的に伸びに期待したいです。



















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。