2018年06月17日

中身が見える缶詰が登場/国内初導入

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


本日は日曜日ですので「ユル記事」の投稿をさせていただきす。
皆さんは缶詰は好きですか・・・・・・
最近では「缶詰専門ショップ」や「缶詰バー」なども話題になっていま
すが、何と中身が見える缶詰が日本にお目見えしそうなのです。

三井食品が上蓋に透明プラスチックファイルを使ったラトビア産オイル
サーディン缶詰「やんのキッチン」を8月中旬から発売します。
粒揃いで固形量の多い中身の魅力を視覚的にアピールをして、消費者の
購買動機に繋げる狙いがあるようです。
北欧では同様の透明フィルム缶がすでに普及していますが、日本導入は
初であり展開アイテムは「スモーク」「ガーリック味」「バジル風味」
の3種類の輸予定。希望小売価格は450円前後の予定のようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました







三井食品は2012年から輸入食品の取り扱いを強化しており、当時発売したラトビア産オイルサーディン缶詰「ノルディック」は高級スーパーでは隠れたロングセラーとなっているようです。
6月20日からのパシフィコ横浜で行われる今年度の三井食品フードショー2018に全アイテムを正式に発表するようです。

缶詰市場は高級おつまみ缶詰ブームや災害備蓄食品として活性化しましたが、最近は落ち着いているようですので、今回の透明フィルム缶が新たな市場活性化に繋がるかメーカーなども注目しているようです。

















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年06月07日

新たなビジネスモデル「俺の生食パン」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


2011年に外食産業の従来の固定概念を一掃する大きな衝撃を与えて、
銀座にオープンした「俺のイタリアン」
その独特で斬新なビジネスモデルで注目を浴びた「俺の株式会社」
従来のビジネスモデルとの大きな違いは「顧客を1日3回転以上させることにより、繁盛店の利益構造を確保する」ことでした。
原価率が60%を超える料理を高級店より格段に安い料金で提供することで成長・発展を実現してきました。

そして新業態して「俺のフレンチ」「俺のスパニッシュ」「俺のやきとり」「俺の焼肉」「おでん 俺のだし」を次々と展開し、昨年から新業態「俺の生食パン」をスタートさせました。
そのセレクトショップが「俺のBakery&Café恵比寿」です。 


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







現在「俺のシリーズ」の店舗は35店舗、従業員約1000名の組織に
成長しており、店舗の8割は都内に、銀座に17店舗あります。
恵比寿に1号店をオープンした「俺のBakery&Café」を皮切りに銀座
と新宿に次々と出店し今年6月には京橋に4号店をオープンします。
さらに「今後も新規出店を進めていく予定であり、当社の他の業態より出店ペースは速い」と広報担当者は語っています。
「俺のBakery&Café」では1日2000本以上販売する「俺の生食パン」
を発表しました。 新ブランドは「銀座の食パン」


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







銀座の食パンシリーズには「銀座の食パン ~香~」(税込1000円)
「銀座の食パン ~夢~」(税込800円)があり、パンの開発に有名な
シェフを起用して、こだわりの国産小麦と牛乳を使用しており、同社は
「最高品質にこだわり抜いた究極の食パン」とアピールしています。

俺の株式会社の社長は「多くの飲食業が集客する方法ばかり考えて、商品力を向上させる取り組みを怠っているのではないか。本当に美味しいものには人を引き付ける力があり、どんなに遠いところからでもお客様は来てくける」
と語っています。

業績不振で悩んでいる外食産業が多い中、ヒントがありました。








無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年06月04日

コカコーラから透明炭酸飲料「コカコーラクリア」発売

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


先日コカ・コーラは6月11日に透明な炭酸飲料「コカ・コーラクリア」
を全国販売することを発表しました。
強い炭酸とレモン風味を、ゼロカロリーにて楽しめる飲料水です。
本来の「コカ・コーラ」はカラメルを使った独特の液色が特徴なのですが
「コカ・コーラクリア」は透明するためにカラメルは使用していません。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







最近、流行りの「フレーバー」仕様にしての製品化のようです。
さまざまな原材料や、フレーバーを吟味して試飲・調整を積み重ねて、
50種類以上のサンプルを作って最終的にレモン果汁を加えて商品開発
を行い、発売に至りました。  発売が待ち遠しいですね。
ボトルパッケージも赤を基調として透明素材を採用し、液色から全体が無色透明の商品となっています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「コカ・コーラ」ブランド製品は通常は全て米国本社で製品開発をされますが、今回の商品「コカ・コーラプラス」や「コカ・コーラフローズンレモン」と同様、日本向けで国内で企画し、米国本社で開発されました。
メーカー希望小売価格は500mlサイズで140円となっています。

「コカ・コーラ」の従来ある概念を打ち壊したフレイバータイプの商品が
どのような売れ方をするか興味津々で見守ります。
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年06月02日

ツナ缶を逆転、サバ缶が首位に

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


現在、スーパーマーケットなどの缶詰コーナーの店頭に並ぶ「サバ缶」が
品薄状態であり、欠品も続いている状態です。
実はあまり知られていませんが、昨年度の「サバ缶」の生産量は業界で
断トツの第一位であった「ツナ缶」を逆転しています。
サバの水揚量が安定しており値上がりがなく、骨や皮まで使うため栄養価が高いことが人気の秘密のようです。
種類も豊富になり、人気が高まるのも判る気がします。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







一方で、これまで人気を誇っていた「ツナ缶」は、原料となるマグロや
カツオの不漁により原価が高騰で値上げが行われました。
青森のサバ缶工場の関係者は「サバ缶は昨年まで1日11万個生産してい
たのですが、最近は注文が増加し、生産が追い付かず1日13万個増産し
ている状態です」と語っています。
各工場ではフル稼働して「サバ缶」を生産しているようですが、それでも追い付かない状態が続いているようです。 

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「サバ缶」は過去にないぐらいの売れ行きで、この半年間では前年に比べて約1.5倍増の売上で推移しており、いっぱいいっぱいの状態。
味のバリエーションも増えて、選ぶ楽しみも加わり、当面は「サバ缶」人気は衰えないと思われます。













無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年05月26日

「551蓬莱」が成長を続ける要因/前編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


大阪みやげで名高いのが「551蓬莱」の「豚まん」ですが、新幹線に乗り込む前に買い求めるお客が途切れず、成長し続けています。
香ばしい食感が何ともいえず、1日に販売する「豚まん」の数は聞いてビックリ平均17万個に上がっており、2017年度には1日平均15万個と公式発表していましたので昨年・今年と売れ行きがアップしていることになります。 恐るべし「551蓬莱」の「豚まん」です。
人気が継続し客足が途絶えない秘密は何故なのか要因を探ってみます。


*インターネットで関連写真を抜粋させていただきました。







「551蓬莱」を運営する蓬莱本社は大阪ミナミの戎橋筋にあり、店舗
数は近畿2府、4県に58店舗、百貨店・ターミナル駅・空港に集中的
に展開しています。  それ以外の地域には展開していません。
関西以外に店舗がないにも拘わらず、知名度は全国レベルです。

「551蓬莱」は終戦直後の1945年10月創業、現在の本店がある
場所でカレーライスをメインにした定食屋を営業しました。
オープン当時は周囲に店舗が少なかったので大繁盛したようです。
しかし、周囲に店ができ始めると頭打ちになったようです。


*インターネットで関連写真を抜粋させていただきました。






そこで創業者は故郷の台湾で食べていたマントウ(饅頭)を、大阪の人
の口に合うように改良して販売をスタートしました。
それが大ヒット商品の「豚まん」であり、現在も皮や具の量も当時から
ほとんど変わっていないとのことです。
もともとレストランが中心だったのが、どんどんテークアウトにシフト
して行き、1970年頃には現在の実演販売の形が完成して行きました。

「551蓬莱」の「豚まん」は工場で具と皮を別々につくり、冷蔵庫で
店に配送して、店員の手によって皮に具を包あんしています。
つまり、半製品で店に送って店で完成させる方式です。
「餃子の王将」の餃子、「鳥貴族」の焼鳥、と同様に店で実際に提供する直前に製品化して、最も美味しい状態をつくりだしています。

豚まんの具は豚肉と玉ねぎだけで、後は調味料を加えただけのシンプル
なものであり、豚肉と玉ねぎの分量は半々であり、ニンニクは使用して
いません。
調味料もしょうゆ、塩、胡椒、うま味調味料と家庭にあるものばかりであり、つなぎはデンプンが使われています。


後編については成長の要因を探ります。






無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年05月23日

日大アメフト部選手の真実を語る記者会見

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


5月6日にアメリカンフットボール日本大学VS関学大の定期戦で悪質な
反則を起こした日本大学の選手が記者会見を行いました。
日本中が注目した記者会見、皆さんもご覧になったと思います。
民放はもちろん、NHKまで生中継をするほど異例の事態だった今回の
問題ですが、皆さんはどのように感じられたでしょうか。
大袈裟ではなく、日本中に波紋を投げかけた記者会見だったと私自身は
大きな衝撃と記者会見で顔を公開して謝罪した選手の真摯な姿勢と責任
転嫁しない政治菜言葉に大きな感動を感じました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。 







日本大学アメリカンフットボール部の監督・コーチからの指示を受けて
、思い悩んだ末に指示を拒否できない状況まで追い込まれての反則行為
だった。との経緯を正直な自分の言葉で語っていたように感じました。
日本大学側の不誠実対応に比べて、20歳の大学生が選択した勇気ある
告発・記者会見は自責の念と葛藤の中で「真実を話さないといけない。
それが謝罪の第一歩。」
と語った姿に感動すら覚えました。
しかし加害者としての責任は免れようがなく、社会的な制裁は当然受け
ることは承知の上で勇気ある決断をしたようです。。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。 







日本大学側が関学大への回答に「監督の指導と選手の受け取り方に乖離
が起きたため」
など意味不明な回答を行ったり、前監督が核心について
はぐらかし続ける記者会見を行ったり、昨日に記者会見を行った選手の
父親が「監督・コーチの指示」の公表を求めた際にも大学側に拒絶されたことも全て白日の下にさらされました。 
選手一人を守れないアメリカンフットボール部、保身のみを考えた発言
と以外考えられない「認識の乖離」と生徒である加害者に責任を押しつ
けようとしている日本大学。  私は情けない思いです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。 







国民が嫌気をさしている政治家の「隠蔽」「改ざん」「忖度」、官僚や
議員の「セクハラ」「パワハラ」などの釈明会見や弁明を聞いていますと「真実を語っていない」「自分自身の保身のための発言」だと日本の全国民は見抜いています。

20歳の学生の勇気ある行動が分岐点であることを切に願います。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年05月19日

最近の超ヒット商品、ローソンの「アップルパイ」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


本日、5月19日土曜日ですが、久し振りに「ユル記事」を投稿します。

本格的にブログをスタートして10年、いろんな形でのSNSでの発信・
受信を行い、少しは世間の情報にも通じてきたように思います。
現在のネット上の人気商品、話題となっている商品、時事ネタ、隠れた
超繁盛店の情報など様々な情報が飛び込んできます。
そして私仁の中で、この1~2週間で最も旬な情報はこれです。
ローソンのレジ横の『アップルパイ』です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







4月から発売されているようですが、SNS上で話題となり始めたのが
ゴールデンウイーク前くらいだったと記憶しています。
SNSで食べた人達が、「や・・・やばい・・・」「マジ旨い」「神がかり的」などの投稿が多くなり、早速ローソンに駆け込んでみました。
1件目販売中止中、2件目売切れ、3件目売切れ、ようやく4件目にて
念願の「アップルパイ」を購入することができました。
既に手に入れるのに苦労していますので、食べる前から潜在的な脳が働き「苦労して手に入れたのだから、他より当然美味しいはず」という精神構造が出来上がっていました。(笑)

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ローソンの現役店員も「ローソンの“ゴロゴロりんごのアップルパイ”はクオリティが高くて美味しいので1度は食べてみて欲しい。サクサクのパイ生地と甘酸っぱいりんごで口の中が幸せイッパイになります。」と投稿しています。

売り切り続出のようで、なかなか入手が困難なようですが、是非とも一度は食べてみて下さいね。












無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年05月12日

ガリガリ君が話題の新製品「チョコミント」を発売

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!




この時期になると必ず話題になる赤城乳業さんの「ガリガリ君」ですが
夏に向けて新商品が発売されることが発表されました。
5月15日全国一斉発売される「ガリガリ君リッチチョコミント」。
同商品の発売に伴い、テレビCMも全国でオンエアされる予定です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ミント味のアイスキャンディーの中には、チョコチップ入りのミントかき氷が入っており、赤城乳業では「ペパーミントエキスを使用したミントの清涼感と、かき氷の中に混合されたチョコチップとの風味・食感の組合せが楽しめるガリガリ君です」と語り、自信をのぞかせています。

過去には「コーンポタージュ味」「シチュー味」「ナポリタン味」「メロンパン味」「温泉まんじゅう味」などの斬新なフレーバーを
展開してきましたが、今回はアイスの中で王道の「チョコミント味」と
いう商品内容を聞き、安心感があります。
少しワクワク感が無く残念に気分もありますが・・・・(笑)

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







赤城乳業さんの「ガリガリ君」は全国ブランドとして有名ですが、その
商品戦略販売戦略プロモーション戦略は見事の一言です。
目線が限りなく消費者に近く興味をそそる「ワクワク感」の演出が非常
に巧みであり、私自身も見習う点が多い企業さんです。

今回の商品「ガリガリ君 リッチチョコミント味」というシンプルな商品を葉か倍する時は、必ず際立つプロモーションを打って来ると思われますので、5月15日からのオンエアのテレビCMがとっても楽しみです。
皆さんも是非とも「優良企業」の戦略を学んでみて下さい。










過去のガリガリ君の関連記事
2017年11月1日記事
 ◆ガリガリ君のリッチ/温泉まんじゅう味の戦略
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e422758.html
2016年11月3日記事
 ◆ガリガリ君の商品開発戦略「メロンパン味」
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e382869.html
2016年4月4日記事
 ◆ガリガリ君の値上げCMに賞賛の声
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e357854.html
2016年2月19日記事
 ◆ガリガリ君『ナポリタン味』で3億円の赤字
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e353644.html
2013年10月19日記事
 ◆ガリガリ君『シチュー味』発売の戦略
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e244392.html
2013年8月8日記事
 ◆ガリガリ君リッチ大ヒットの商品戦略/第二弾◆
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e236879.html
2013年8月6日記事
 ◆ガリガリ君の大ヒットの商品戦略/第一弾◆
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e236877.html
2013年3月24日記事
 ◆ガリガリ君の商品開発はどこまで続く◆
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e223407.html
2013年3月16日記事
 ◆ガリガリ君『コンポタ味』は今月26日より販売開始◆
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e223404.html
2012年11月4日記事
 ◆ガリガリ君『コンポタ味』来春に発売再開◆
     ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e209348.html









無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年05月08日

キリンビールの「独り負け」から脱却した要因

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


ゴールデンウィークも終わり、これから梅雨から初夏に移る時期になり
キンキンに冷えたビールが美味しい季節になってきました。
そのビール業界に異変が起こり、業界の大手の中で「独り負け」状態で
あったキリンビールが2018年に入り、絶好調のようです。
昨年度は大手4社の中で唯一ビール類のシェアを落としましたが、今年
に入って1月~3月のビールの販売数量は市場平均約1%減の中、キリン
ビールは前年同期比5%増と好調な推移しています。

キリンビールに何が起こったか。それは長らく課題であった新ジャンル
の商品開発が消費者の心を掴んだようです。
1月に人気の高アルコールカテゴリー向けに「のどごしストロング」
発売、3月にはビール味わい志向の「本麒麟」を発売。
本流のビールでも主力ブランド「一番搾り」が、昨夏のリニューアルか
らの拡販が進み、8ヵ月連続で前年比増の好調に推移しています。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







キリンビールが「独り負け」を脱却した要因は何だったのでしょうか。
前述の通り、新製品がヒットしていることが大きな要因であることには
間違いないのですが、具体的な戦略はどのように行われたのか。
◆改革プロジェクトによる「絞りと集中」
ここ数年低迷が続いた新ジャンル開発には、テコ入れを図ることを目的
として合計12種類の麦系商品を投入しましたが、いずれも伸び悩んで
いる状態が続いていました。
予算の都合もあり、テレビCMや広告への投資を継続的にできなかった
こともあり、消費者へのアピールが不足していたようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







そこで販促費を主力商品を絞り込んでの集中投資に切替えました。
これは見事に当たりました。 消費者は多くの商品を飲みたいと望んでいるわけではなく、自分好みの「のどごし」を求めていたようです。

また消費者とのコミュニケーションのズレもあったようです。
「40代の働くお父さんをイメージしたCMを打ったが、購買層には50~60代や女性も多く、飲用体験には繋がらなかった」という反省点も生まれています。
のどごし系の特徴である「爽快さ」が売りの使用品だったが、その特徴が消費者に伝わらずに多くの消費者のニーズに埋没するパターンになってしまったと反省点が出てきています。

肝心なことは、「どんなに素晴らしい商品、特徴がある商品、画期的なサービスであっても消費者に伝わる」ことが出来なければ、全く意味がないモノになってしまいます。
プロモーションの重要性を感じる「独り負け」からの脱却事例でした。










無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年05月02日

世界80種類のビールが楽しめる日本最大のイベント「ヒビヤガーデン」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


青空の下で美味しいビールが飲みたい。
GWの真っ最中、そんな思いをしているビール好きも多いと思います。
今年も世界のビールとお酒が青空の下で楽しめる日本最大のイベントで
ある「ヒビヤガーデン2018」が開催されます。
期間は5月18日~5月27日の10日間、会場は日比谷公園噴水前。
昨年度は約10万人が来場して大盛況のイベントとなっていました。
今年も世界12ヶ国の約80種類以上のビールが飲めるイベントです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







今年も屋外約2000席以上の席を用意する規模で、ここまでボーダレス
に世界中のビールを楽しめるイベントは他に類をみません。
“すべてはビールとお酒を美味しく飲んでもらうために”をコンセプトに
日比谷公園のロケーションをはじめ、フード・空間・パフォーマンスは
、屋外ということを忘れさせる上質なクオリティを目指しています。
またビール以外のドリンクも楽しみたいという方達のために、会場内の
芝生エリアには昨年大好評だった完全予約制のプレミアム野外ラウンジ
「マルティーにガーデンラウンジ」が登場します。
都会の真ん中の緑に囲まれたスタイリッシュな空間で、お友達やご家族とパーティー気分で楽しめる心地よく風邪を感じるソファ席です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







平日は16時オープン、休日は昼11時オープンとなっており夏の気配
を感じる日差しを浴びながら、美味しいビールと食事、洗練された空間
、心地よいパフォーマンスを楽しめる至極のイベントです。
私も今年も是非とも参加したいと思います。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。