2018年12月11日

コンビニ業界のおにぎりの歴史を変えた「悪魔のおにぎり」/後編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の記事に「コンビニ業界のおにぎりの歴史を変えた“悪魔のおにぎり”/前編」を投稿させていただき、大好評でした。
本日は後編を記事にして投稿させていただきます。
前回の投稿でも書きましたが注目されたのが、コンビニおにぎりの大定番である「ツナマヨ」の販売個数を超えたことです。
コンビニのメインの顧客である20~40代の男性には圧倒的に支持されている「絶対王者」を販売個数が上回ったことは史上最大の快挙といっても過言ではありません。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








しかし65万個を突破した11月に売れすぎによる原材料不足に直面。
特に青のりと天かすの不足が著しく、調達部門だけではなく加工食品部門のスタッフも加わり、会社を挙げてあらゆる取引先に頭を下げて原材料調達に奔走した時期もあったと聞きます。
11月上旬は店舗への納品は発売当初の3分の1まで制限、売れ行きが急降下。 しかし中旬以降は徐々に納品が回復、11月20日以降は常に絶対王者「ツナマヨ」を上回る販売実績を残しています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ローソンの担当者は「ずっとこのブームが続くとは思いません。ある程度は定番に近い売れ方をしてくれると思いますが、コンビニの成長と共に成長してきた商品が“おにぎり”です。アンケートでも顧客がコンビニのおにぎりに期待しているのが伝わってきます。既に次の新商品の開発に着手しています。」と語っています。
歴史を変えた「おにぎり」の登場に満足することなく、次の商品開発という姿勢が企業の成長・発展の根源だと実感しました。






















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年12月09日

コンビニ業界のおにぎりの歴史を変えた「悪魔のおにぎり」/前編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


先月の上旬にコンビニ大手のローソンの「悪魔のおにぎり」についての
記事を投稿し、大きな反響がありました。
発売は10月でしたが12月はじめに販売個数1000万個を突破しました。
通常の新商品でしたら1年ほど掛かる販売個数をわずか1ヶ月半で到達
し、絶対王者といわれる「手巻きおにぎり シーチキンマヨネヘズ」の
牙城を崩し、トップに立っています。
業界では「コンビニのおにぎりの歴史を変えた」と言われています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「悪魔のおにぎり」は白だしで炊いたコメに、天かす、天つゆを混ぜた
おにぎり、ネーミングの由来は日本人の味覚にあった和風の味付けであり「美味し過ぎてつい食べ過ぎてしまう」ことから名付けられたということです。 ネーミングは重要ですね。
開発のキッカケは南極基地で料理人が作る「悪魔のおにぎり」が紹介された6月のテレビ番組。南極では残飯が出ないように残った材料を別の料理に活用することが日常当たり前のことです。
紹介されたおにぎりも残飯がでないように活用された料理のひとつであり、基地では夜食として大人気だったようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








10月16日に発売されますと約20年にわたってトップを走る「ツナマヨ」の売上個数に初日から迫る勢いでした。
一風変わったネーミングと判りやすい味、SNSでの拡散、10月28日
には短日ベースで「ツナマヨ」越えを果たしことがネットで大きく取り
上げられ、ネットやテレビで切れ目なく伝えられてきました。
11月3日には1日65万個を販売してローソン史上、新記録を樹立。

そして12月4日には累計販売個数が早くも1000万個を突破しました。
通常の新商品のおにぎりの売上個数は月間100万個なので、1ヶ月半で
1000万個という売れ行きは突出していることが判ります。

後編では新記録樹立の裏話をご紹介させていただきます。



















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年12月02日

湖池屋が「ポテトの素顔」が発売

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


ポテトチップス業界の大手、湖池屋は先月11月27日に植物油で揚げた
国産ジャガイモを敢えて味付けをせずに商品化した「ポテトの素顔」
全国のローソンで発売をスタートさせました。 早速購入しました。
70㌘入りで価格は税込み165円、数量限定の商品です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









「自分好みの塩加減にしたい」「自分で味をアレンジしてみたい」等の消費者の声が多くなり、ニーズの多様化に応えた使用品です。
原材料は植物油とジャガイモのみであり、敢えて味付けしないジャガイモだけでポテトチップスの商品化に成功しました。 
同社の広報担当者は「好きな味でポテトチップスを楽しんでほしい。という思いと包み隠さず“すっぴん”のポテトチップスの味ても勝負ができるということを証明したかったとの思いで商品化しました。」

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年11月19日

外食産業の新たな出店戦略「ゴーゴーカレー」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


日本の国民食の代表といえば私自身は「カレー」が思い浮かびます。
外食産業界では「カレーハウスCoCo壱番屋」が国内外で1400店舗を
展開して、カレーチェーン店としては圧倒的なシェアを誇っています。
そのような環境の中、外食産業では異色な出店戦略を持って存在感を出
しているのが首都圏と北陸を中心とした「ゴーゴーカレー」です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








もともと石川県の旅行会社で添乗員をしていた宮森宏和氏が2004年に脱サラして創業したのがスタートです。
通称「金沢カレー」と呼ばれる濃厚でドロッとしたカレールーの上にソースがかかったカツが載せられ、付け合わせの千切りキャベツとともにフォークで食べるのが一般的な食べ方です。
店名の「ゴーゴーカレー」は当時、石川県出身のプロ野球選手の松井秀喜さんがニューヨークヤンキースの本拠地でデビュー戦で満塁本塁打を打ったのを刺激に、「自分も飲食の世界でメジャーを目指したい」との思いで、松井元選手の背番号「55」のこだわりで名づけたようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「ゴーゴーカレー」の出店戦略は一風変わっており、地盤とする北陸と首都圏に集中して出店しており、アメリカに7店舗、ブラジルに1店舗の展開をしているのですが、国内に目を向けてみますと大阪や名古屋といった大都市圏には出店していないのがとても気になります。
さらに驚くのは鹿児島県や奄美大島といった地方都市に出店しているのが非常に注目されています。
従来の外食産業とは完全に異質な出店戦略のヒミツは・・・・


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








実は奄美大島は「地方創生枠」という形で、ロイヤリティなしのフランチャイズで運営されているそうです。
チェーン展開する飲食業界では通常、コメや食材が全て本部から卸される仕組みが多く、その利益で本部は大きな利潤を得ています。
その部分を「ゴーゴーカレー」では地方創生枠の店舗に本部が卸すのは「カレールー」のみとし、地方都市の活性化に一役買っています。

奄美大島店ではコメも肉もキャベツも地元のモノを使うことを許可しており、カレーの味と看板やノウハウだけを提供しています。
地方都市には10代20代の若者達が集う店がないのが現実、せいぜいコンビニがある程度で定食屋かうどん屋がある程度。
若者達が集まる外食産業は採算重視で出店がない中、敢えて「ゴーゴーカレー」は出店してファンを作っていく戦略をとっています。

創業者は「奄美大島や石川県輪島、鹿児島に出店することは経済性でみたら合理的ではない。しかし、今出店しないと10年後はもっと大変になる。地方を殺してはダメです。地方にあるいいところを残す手伝いをカレーを通して行いたい。」と語っています。

政治家の皆さんに聞かせたいような素晴らしい出店戦略ですね。
私は「ゴーゴーカレー」を応援して行きます。(笑)













無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年11月14日

世界中でビットコインATMが4000台が設置。

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


ビットコインを持ってる方なら誰しも、普段の買い物や支払いをする時
「持っているビットコインを現金にして使えたら便利なのに・・・」
と思ったことが一度はあるのではないでしょうか。
いまや空前の暗号通貨(仮想通貨)ブーム、いや金融革命が起きているはという感覚に陥るほど一般的になり、暗号通貨を保有している日本人も増えたことは周知の事実です。
私自身の周りにもビットコインを保有している方が大勢います。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








実は日本にもビットコインのATMがあるのをご存知でしたか。
私も知らなかったのですが日本国内に設置してある「ビットコイン」
ATMでビットコインを現金に換えたり、現金でビットコインを買うことがATMで出来るのです。

通常、ビットコインを購入するには仮想通貨取引所に登録して、取引口座を開設する必要があるのは一般的な必要要件です。
本人確認で免許などを提出も義務づけられており、取引所の口座開設までに約1週間ほど掛かります。
また取引所では銀行口座やクレジットカードから現金を振り込まなければならないので振込手数料が掛かり、入金確認に時間が掛かります。
しかし、ATMを使えばその場でビットコインを受け取れます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








2018年10月末日で「ビットコインATM」は世界に3992台設置されており、日本でも10台が設置されているようです。
世界中で1日あたりの平均6.4台のペースで設置が進んでおり今週にも4000台に達する勢いです。国内を見てみますと東京に6台、茨城県に1台、広島県に1台、福岡県に2台設置されています。
予想通り米国が最大の暗号通貨大国だけあって約6割の2371台を保有しており、他国を比べるとダントツの多さです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








暗号通貨(仮想通貨)元年といわれる2018年を後から見ると、暗号通貨の歴史と経緯がこの目で確認でき見れますね。
今後、どのような「金融革命」が起きるのか楽しみです。




















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年11月13日

成長産業の製薬業界での環境変化

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


日本経済の数少ない成長産業として見られていました「製薬品業界」で
大きな異変が起きています。
従業員削減や再配置の実行・検討が活発に行われています。
薬価の引き下げや後発医療品の普及、営業関連の規制強化といった環境
変化が背景にあり、整地用が期待できる事業領域をどのように伸ばすか
が問われる「生き残り戦略」試されている時期です。

製薬業界大手の大正製薬は今年7月に創業以来初の「早期退職制度」を
募集して、グループ全体の約15%にあたる948人が応募しました。
短期的に人員の配置には悩む場面が多くなり、中長期的に成長に必要な人材の確保・育成も大きな課題となってきます。
同社は一般用医薬品などを扱うセルフメディケーション事業の主力商品であるドリンク剤「リポビタン」シリーズが収益低下で苦戦中です。
打開策は海外向けの一般薬事業の伸びしろに活路を見つけています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








業績が比較的好調な塩野義製薬にも人員構成見直しの動きがあります。
社長は「現時点では早期退職の必要性は考えていない。しかし、医療情報担当者(MR)に人数については、現在の1000名プラスαは多いと思う。数年をかけて社内での再配置を行う」と語っています。
MR認定センターによりますと、医療機関の97.2%が、医療情報担当者(MR)の訪問を規制する枠組みが存在することが報告されています。
医師や薬剤師が多忙とい側面と、製薬会社との癒着防止が理由です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








また製薬業界では「アステラス製薬」「エーザイ」も人員削減の方針を打ち出し、早期退職の募集をスタートさせています。
製薬業界の医療情報担当者(MR)の人数が減り、役割が変化すれば代わりのビジネスが伸びる可能性も秘めています。
既に医薬品卸売企業では、営業部隊にMR資格の取得を推奨し、医療用医薬品の製造販売後調査(PMS)を受託する事業に取り組んでいる企業も現れています。

医薬品業界を取り巻く環境変化は急速に変わっており、今後も法規制を含め劇的に変化することが予測されます。
私たちの生命を守る業界でもあり、注意深く見守っていきます。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年11月10日

2019年にデジタルマネーでの給与支払いが始まる

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


先日、経済新聞に驚きの記事が掲載されていました。
タイトルは「2019年にもデジタルマネーでの給与支払いが始まる」と
いう記事は厚生労働省の方針という内容だったので驚きました。
銀行口座を通さずにカードやスマホの資金決済アプリなどに送金できるようにする。 従業員が現金として引き出すことができ、資金を手厚く保全することなどを条件としています。
日本のキャッシュレス化を後押しするのが狙いで、給与の「脱・現金」
にようやく第一歩を踏み出し、遅れているキャッシュレス化を推進。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








1947年制定の労働基準法は労働者への給与の支払いを「通貨で直接、
労働者に全額を支払うこと」と規定しています。
その後、例外として銀行振込を認めましたが現金を原則として給与支払
いとする骨格は変わっていません。厚生労働省はこの例外規定に対してデジタルマネーを加える方向で金融庁や関連業界と調整に入りました。
2019年に労働政策審議会(厚労相の詰問期間)で議論に着手、同年中にも労働基準法の省令を改正する予定です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








給与支払いの受け皿となるカードは「ペイロールカード」と呼ばれて、
米国では移民や低所得者を中心に利用が増えており、このカードで給与
を受け取る人は2019年には1200萬人に達すると見込んでいます。
日本のキャッシュレス決済の比率は2割程度に留まり、米欧の4~5割と比べ先進国としてはかなりの遅れているデータがあります。
政府は2025年までに4割まで引き上げることを目標としており、給与のデジタルマネー支払いは、そのための政策の一環です。
給与のデジタル化はフィンテックを活用した新しいサービスの可能性があります。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








消費増税に伴うキャッシュレス決済に対するポイント還元策の導入に続き、デジタルマネーの給与支払いを解禁する方針が発表されました。
遅れている日本の「キャッシュレス決済」が一気に進む可能性が高まり、システム開発企業、サービス提供企業などの恩恵が期待される環境へ変化してくることが予測されます。
日本のキャッシュレスがを進める施策、とても楽しみです。





















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年11月06日

平成の大ヒット商品「プリクラ」が激減の危機

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



平成の大ヒット商品「プリントシール機」、通称“プリクラ”と呼ばれて
一世風靡した業界がピンチに陥っていることをご存知でしたか。
コンピューターソフト開発のアトラス社が「プリント倶楽部」を誕生させたのが1995年、平成7年でした。
ブームに火をつけたのは当時人気絶頂だったSMAP。
1996年にテレビ番組でプリクラを視聴者プレゼントにしたことで知名度が大幅アップし、全国に広がるキッカケとなったと言われています。
当時は知人や友人とプリクラの数を争い「プリクラ帳」という新しいアイテムが第良好していましたね。(笑)

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








1995年の発売以来、2年後の1997年にはブームの最盛期を迎え、全国各地でプリクラの設置台数は5万台を超えて売上高も1000億円に達して、全国各地で「プリクラ」ブームとなっていました。
ブームは長続きせず、翌年からブームは徐々に下火になってきましたが2000年代に入り「写真の綺麗さ」により再び活気を取り戻しました。
日立ソフトウエアエンジニアリング開発の「美写シリーズ」、ナムコの「花鳥風月」がプリクラ業界を活性化させていました。

またゲームセンターがコスプレ用の衣装を貸し出し、プリクラを活用した「コスプリ」なども現れて2002年ごろには市場規模は600億円を超えるまで回復していました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








またこの時期から「美しく撮る」ことが主流となり、プリクラで撮った写真に加工を加える「デカ目」なるものが大流行しました。
そして2007年に「iPhone」が登場し、スマホ時代の到来によりプリクラ市場は大きく縮小して行きました。
今ではスマホのアプリでプリクラを上回る写真加工が簡単にでき、美肌や透明感を出す工夫もされています。
プリクラの大ヒットの要因が全てスマホにとって代わりました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








プリクラ業界大手のメイクソフトウエアが倒産してプリクラ機メーカーは事実上、1社を残すのみとなっています。
市場規模も最盛期1000億円の業界が220億円まで減少し、消え行く業界なのでしようか・・・・
事業は「環境適応業」であることを改めて認識しています。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年11月03日

「かつや」のカツ丼が好調な戦略

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


とんかつ専門店「かつや」を運営するアークランドサービスが2007年
の上場以来、10期連続の増収増益と好調を維持しています。
2018年12月期も売上高300億円、営業利益42億円と、ともに過去最高
の数字を見込んでおり、売上高営業利益率は10%以上と業界でも屈指
の利益率を誇り、好調な推移を継続しています。
「かつや」が好調な要因である戦略を記事にして投稿します。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「かつや」のとんかつの特徴は、何といっても低価格にあります。
看板メニューの「カツ丼」は529円という安さを誇っています。
さらに会計時には、次回の来店に使える100円割引券を渡してリピートを狙う戦略が当たり「100円の割引券の使用率は5割超」と驚異の数字で固定客の獲得に大きく貢献しています。
「かつや」は何故、こんなに安くとんかつを提供できるのか。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








その秘密は特徴のオートフライヤーが大きな要因のようです。
衣をつけた豚肉をフライヤーに入れると、時間や温度等が自動的に管理
されてベルトコンベアーで出てくる仕組みになっています。
豚肉を揚げる時間も3分程度と短く、素早く提供できる強みと熟練された職人では無くても美味しい「カツ丼」を提供できます。
利益率の高さは人件費が抑えられる仕組みが大きな要因です。
また、ランチタイムでは500円、600円、650円の3種類の絞り込んだランチメニューを提供して、一人当たりの平均滞在時間を15分と驚異の回転率で収益をあげています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








既存店の中には売り上げが伸び悩みの店舗もあります。
そのような店舗ではテコ入れ策として「持ち帰り専用窓口」を設置したり、同社の第2の柱として新たな店舗も着々と育成しています。
新しい店舗は、唐揚げ店「からやま」です。
国内ではまだ43店舗ですが、今後は出店計画を加速させていく予定のようです。

今後の「かつや」を中心としたアークランドサービスに注目です。
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年10月30日

RIZAPが低糖質弁当「ザップデリ」の戦略

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


「結果にコミットする!」のキャッチフレーズでダイエット業界に革命
を起こし、一世を風靡したRIZAPグループの次なる事業展開は何と
法人向けの「低糖質弁当」の宅配事業に乗り出します。

最近は女優の佐藤仁美さんの激やせで話題にもなりましたが、これまで
の減量支援の実績をもとに開発しました低糖質弁当の「ザップデリ」
企業の昼食として宅配する事業のようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









RIZAPグループは、企業にトレーナーを派遣し30~50人の従業員
に対して運動や食事管理のメゾットを伝授したり、実際にトレーニング
する「法人向けプログラム」を提供しています。
この取り組みの中で、企業側から従業員の食生活改善のニーズが出てき
たところから、低糖質弁当の企業への宅配を始めるようです。
「ザップデリ」は糖質量を大幅に抑えながらも美味しさと満足感を楽し
める工夫を施し、手間の掛かるカロリー計算なども不要で今年から個人
向けに宅配販売を事業化していました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









最近は従業員の健康を増進し、業務の生鮮性向上を進める「健康経営」
に取り組む企業が増えていますが、具体的な手法で悩むケースが多いと
いいます。
RIZAPグループの低糖質弁当、今後の展開が楽しみです。

























無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。