2018年11月03日

「かつや」のカツ丼が好調な戦略

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


とんかつ専門店「かつや」を運営するアークランドサービスが2007年
の上場以来、10期連続の増収増益と好調を維持しています。
2018年12月期も売上高300億円、営業利益42億円と、ともに過去最高
の数字を見込んでおり、売上高営業利益率は10%以上と業界でも屈指
の利益率を誇り、好調な推移を継続しています。
「かつや」が好調な要因である戦略を記事にして投稿します。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「かつや」のとんかつの特徴は、何といっても低価格にあります。
看板メニューの「カツ丼」は529円という安さを誇っています。
さらに会計時には、次回の来店に使える100円割引券を渡してリピートを狙う戦略が当たり「100円の割引券の使用率は5割超」と驚異の数字で固定客の獲得に大きく貢献しています。
「かつや」は何故、こんなに安くとんかつを提供できるのか。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








その秘密は特徴のオートフライヤーが大きな要因のようです。
衣をつけた豚肉をフライヤーに入れると、時間や温度等が自動的に管理
されてベルトコンベアーで出てくる仕組みになっています。
豚肉を揚げる時間も3分程度と短く、素早く提供できる強みと熟練された職人では無くても美味しい「カツ丼」を提供できます。
利益率の高さは人件費が抑えられる仕組みが大きな要因です。
また、ランチタイムでは500円、600円、650円の3種類の絞り込んだランチメニューを提供して、一人当たりの平均滞在時間を15分と驚異の回転率で収益をあげています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








既存店の中には売り上げが伸び悩みの店舗もあります。
そのような店舗ではテコ入れ策として「持ち帰り専用窓口」を設置したり、同社の第2の柱として新たな店舗も着々と育成しています。
新しい店舗は、唐揚げ店「からやま」です。
国内ではまだ43店舗ですが、今後は出店計画を加速させていく予定のようです。

今後の「かつや」を中心としたアークランドサービスに注目です。
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年11月01日

ネットで話題のローソン「悪魔のおにぎり」の実態

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


コンビニエンス大手のローソンが先月16日に発売しました「おにぎり」
がネット上で大きな話題となっているのをご存知でしたか。
ネーミングは「悪魔のおにぎり」と意味深な名前です。
白だしで炊き上げたご飯に「天かす」「青のり」「天つゆ」を混ぜ込ん
だシンプルな商品ですが、これが「美味し過ぎる」とネットで話題に。
私自身も実際に買って食べてみましたが確かに「美味しい」。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








久し振りにローソンに行きましたが「おにぎり」の品揃えが素晴らしく
、コンビニとは思えないクオリティが高さに驚きました。
コンビニで販売している定番のおにぎり以外の種類が豊富。
価格は少し高いですが、どれも食べてみたくなるような商品です。
おにぎりの豊富さではセブンイレブンを完全に超えています。









*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








話題の「悪魔のおにぎり」は、発売以来2週間で265万個を突破して
ローソン過去20年間で販売個数トップの「シーチキンマヨネーズ」を
抜く記録的な販売をしているようです。
ヒットの原因の一端はテレビでの商品紹介がキッカケでした。
実は「天かす」「天つゆ」を組み合わせた「おにぎり」は先駆者がいて
静岡県の有名なお弁当屋さんが、以前から「たぬきむすび」として販売
して人気商品になっています。

この「悪魔のおにぎり」が今後、定番としてお客様に定着するか。または一過性のブームで終わるか。興味津々です。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年10月30日

RIZAPが低糖質弁当「ザップデリ」の戦略

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


「結果にコミットする!」のキャッチフレーズでダイエット業界に革命
を起こし、一世を風靡したRIZAPグループの次なる事業展開は何と
法人向けの「低糖質弁当」の宅配事業に乗り出します。

最近は女優の佐藤仁美さんの激やせで話題にもなりましたが、これまで
の減量支援の実績をもとに開発しました低糖質弁当の「ザップデリ」
企業の昼食として宅配する事業のようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









RIZAPグループは、企業にトレーナーを派遣し30~50人の従業員
に対して運動や食事管理のメゾットを伝授したり、実際にトレーニング
する「法人向けプログラム」を提供しています。
この取り組みの中で、企業側から従業員の食生活改善のニーズが出てき
たところから、低糖質弁当の企業への宅配を始めるようです。
「ザップデリ」は糖質量を大幅に抑えながらも美味しさと満足感を楽し
める工夫を施し、手間の掛かるカロリー計算なども不要で今年から個人
向けに宅配販売を事業化していました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









最近は従業員の健康を増進し、業務の生鮮性向上を進める「健康経営」
に取り組む企業が増えていますが、具体的な手法で悩むケースが多いと
いいます。
RIZAPグループの低糖質弁当、今後の展開が楽しみです。

























無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年10月24日

固形石鹸ブーム「牛乳石鹸」が急上昇

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


石鹸というと、ポンプ式の液体石鹸か泡石鹸を思い浮かべる方が多いと
は思いますが最近では「固形石鹸」の人気が復活しています。
中でも昔からある「牛乳石鹸」の売上が急増中であり、そのパッケージ
から『赤箱女子』と呼ばれるファンも登場しているようです。
では何故、時代は「固形石鹸」に傾いているのでしようか・・・・

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








固形石鹸が大量に品揃えしてあるのがロフト名古屋の生活雑貨売り場。
この店では固形石鹸だけで100種類以上の品揃えがあり、今では炭が入った真っ黒なな石鹸や「お尻専用石鹸」まで登場しています。
売場の担当者は「数年前から固形石鹸が一気に売れ始め、今では液体石鹸を大きく上回る人気があり、新商品も続々と登場して大人気です」
答えています。 予想外ですが密かに固形石鹸ブームが来ています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








前述の『赤箱女子』とは、赤い箱でお馴染みの「牛乳石鹸」を愛する
ファンを指し、ファンサイトも人気急上昇中なのです。
実は固形石鹸の中でも「牛乳石鹸」が人気ダントツのようです。
『赤箱女子』のサイトでは「しっかり洗えるんだけど“さっぱり”する。ベタベタしないけれど“しっかり落ちる感”があって大好きです」

ポイント1つ目は【洗い心地】が優れて、泡の粒が細かくクリーミーな
部分が高い評価を得ているようです。
そして2つ目のポイントが【お手頃価格】が評価されているようです。
牛乳石鹸は1個100円程度であり、液体石鹸では詰め替え用でも300円
程度が相場のようです。
牛乳石鹸は無くならない感覚があり、お得感があるようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「牛乳石鹸」をはじめとした固形石鹸ブームの背景は???
若い女性の間で安い金額でたくさん使える化粧品「プチプラコスメ」
ブームの影響が背景にあるようです。
若い世代を中心とした『赤箱女子』ブーム。
再び固形石鹸の時代が到来するのかも知れませんね。





















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年10月22日

超優良企業「丸亀製麺」の人事戦略/後編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の投稿で「超優良企業“丸亀製麺”の人事戦略/前編」を投稿させていただきましたが、本日は後編を記事にして投稿します。
最近、話題の丸亀製麺テレビCMに登場する女優さんご存知ですか。
6月から登場した爽やかな二代目女将は女優の松岡茉優さんです。
まだ知名度は高くないですが、笑顔が素敵な女優さんですね。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








前回の記事で投稿した通り、丸亀製麺では中高齢者のパートナーさん達
を中心に店を運営してる店舗が多く存在します。
その理由は「中高年の方達は仕事に誇りを持つ」傾向が強いのです。
中高年のパートナーさん達は、さまざまな人生経験をされ、苦難を乗り越えてきているので働くことに自ら「やりがい」も持つことを自覚する大きな強みが存在しています。 とても頼りになります。
そして自らの役割や責任を果たすことの重要性を判っています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。











効率化を考えるなら券売機で券を買うことがコスト的にも安いのですが
、丸亀製麺では自動化や省力化を目指すより、中高年のパートナーさん
達のコミュニケーション能力を重視する戦略を選んでいます。

私自身の経験でも「天ぷら」を取ろうとして並んでいると「この〇〇〇天ぷらが揚げたてだからホクホクで美味しいですよ」と気さくに声を掛けられ微笑ましく感じた経験がありました。
若い世代には無い「温かみのある気遣いの接客」を感じました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







多くの外食産業のチェーン店にはマニュアルが存在します。
丸亀製麺にもマニュアルは存在していますが、おそらく「この程度?」
と拍子抜けするほど基本的なマニュアルです。
作業は自動化しても接客やお客様と触れ合う部分は省力化やマニュアル化せずに、中高年のパートナーさん達の「温かみ」で心に響くことを大切にしている戦略を重視しています。

「人事戦略」の基本的な考え方で差をつける丸亀製麺に注目です。





















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年10月19日

超優良企業「丸亀製麺」の人事戦略/前編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


いまや年商900億円、国内外1000店舗を誇り、既存店売上は前年比
100%以上を40ヶ月以上継続している超優良企業「丸亀製麺」
日本を代表する外食産業となった同社のフランチャイズチェーン店としての成功するための「人事戦略」はどのようなものであったのか。
今までになかった大変に興味深い戦略を記事にさせていただきますね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「丸亀製麺」の店内に入った方は気づいていると思いますが、他の飲食店とは異なる独特の雰囲気があります。
オープンキッチンで働く人達は「おじさん」「おばさん」と思わず呼ん
でしまいたくなるような中高年のスタッフが圧倒的に多いのです。
他の外食産業の店舗では学生アルバイトや若いスタッフが数多く働いていますが「丸亀製麺」では40代以上の中高年の女性スタッフが圧倒的に多いのが特徴です。
狙いはアットホームな雰囲気づくりを意図して行っており、親しまれて
気軽にフラリと立ち寄れる製麺所の空気を作っているそうです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








特にうどんや天ぷらなどは料理経験が豊富な「おじさん」「おばさん」
が作った方が美味しそうに感じるのは私だけでしょうか。
目じりにシワがあり、白髪混じりの「おじさん」が、うどんを作っている姿は、それだけで食欲をそそります。個人的な主観かも(笑)
通常のフランチャイズチェーン店は社員が店長となり、現場スタッフに采配を振るうスタンスが一般的ですが「丸亀製麺」は少し違います。
社員が現場で経験を積んで店長を務めるケースもありますが、社員店長を置いていない店舗も多くあるようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








20代、30代のいつ移動するか判らない若手社員がお店を仕切るより、
その地域で生活している中高年のパートナーさん達に任せた方が愛着が
湧いてお客さんも安心して食事ができるだろうと考えています。
実際、社員店長がいなくても店はシッカリと機能して運営しています。
地域で生活する中高年のパートナーさん達は「来週は地元の小学校の運動会があるからお客さんが増える」とか、「今週はお祭りがあるから店は暇になる」などの地域情報を知っているので、それに合わせてシフトを組んだり働き方を変えることが可能です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「丸亀製麺」では開業から意識して中高年を採用・登用しています。
その真意は中高年のパートナーさん達がもっている
「安心感」「親しみやすさ」「豊富な料理経験」「地域情報を熟知」など、若い世代のアルバイトでは持っていない「中高年の魅力」を最大限に活用することを目的としていたようです。

次回の投稿では更に深堀して平成の超優良企業の「人事戦略」を記事にしますので、お楽しみに・・・・・




















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年10月01日

三菱東京UFJが発行する仮想通貨「MUFGコイン」の展望

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


最近、何かと話題の多い「仮想通貨」ですが三菱UFJフィナンシャル
・グループ(MUFG)の仮想通貨発行はビックニュースでした。
ブロックチェーン技術を活用して、今後発行を計画してるようですが、
大手メガバンクであるMUFGは世界規模の金融グループであり、仮想
通貨の発行においても世界規模の影響力が考えられています。
ユーザーは十数万人以上となる見通しも発表されています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








MUFGコインは独自のブロックチェーン技術を米国企業と共同で開発
され、保有されている処理能力は1秒間に100万件以上のデータ処理
を可能とする能力を保有しています。
世界規模のクレジットカードVISAカードでさえ1秒間に1万件に届か
ない処理能力であることを考慮すると、桁違いの処理能力です。
MUFGコインが目指すところは現在、仮想通貨の断トツに信頼されている「ビットコイン」以上に信頼されることを目指し、コンビニやあらゆる新技術に柔軟に対応する姿勢を示しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








仮想通貨市場において、日本のユーザー数は世界トップクラスであり、
投機目的・使用目的を問わず注目度は大変に高くなっています。
MUFGコインの使用用途はビットコイン以上と想定され、データ処理速度・価値などでも安定性のある仮想通貨となる可能性があります。
今後、日本ではMUFGだけでなく、みずほ銀行・ゆうちょ銀行・地銀の連合による仮想通貨の発行も予定されています。
激しいシェア争いが繰り広げられる可能性が大きいですね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ビットコインの歴史は2008年、なぞの人物「サトシ・ナカモト」氏の論文がインターネットで発表されたことがスタートです。
そして2009年に運営が開始されたのですが、国家や中央集権に管理されない「国民のお金」という目的を持っています。
少なからず、その趣旨に賛同するユーザーも存在します。

大手メガバンクの利権が絡んだ「仮想通貨」が今後、どのように展開するのか、大変に興味深く動向を見守ります。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年09月29日

ローソンのスイーツが大注目/後編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の投稿で「ローソンのスイーツが大注目/前編」を記事にして投稿しましたが、本日は後編をお届けします。
コンビニ業界でのシェア争いの中、ローソンが「コンビニチョコレート戦争」の切り札として商品開発したのが、ダーク・ミルク・ホワイトの
3種類以外で約80年振りに発見された『ルビーチョコレート』
「ルビーチョコレート」とは美しいルビー色で濃厚なフルーティーさと
フレッシュで酸味を感じる香りで、着色料もフルーツフレーバーも一切使用していない第4のチョコレートとして注目を浴びでいます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








9月25日に第1弾として発売したのがローソンのデザート「プレミアム ルビーチョコレートのロールケーキ」(税込350円)です。
原料はブラジル、エクアドル、コートジボワールなどのカカオ産出国で育ったカカオ豆。スイスが本社の世界有数のチョコレート会社が長年の研究の結果、ルビーカカオ豆を特定のチョコレート製造過程における最適な加工方法で見出した製品です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








1月にはネスレ日本が「キットカット」ブランドで「サブリムルビー」としてルビーチョコレートを世界で初めて販売し、この秋からローソンで限定先行販売を実施します。
ローソンでは限定先行販売を積極的に行い、11月にはショートケーキを発売、12月にはルビーチョコレートのショコラケーキを発売する予定。
そしてスイーツ業界最大のクリスマス、バレンタイン商戦に突入して本格的な戦いがスタートします。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








この秋にスタートした「コンビニチョコレート戦争」は、クリスマスやチョコレート決戦の年間最大ピークがスタート、各社は未発表のスイーツやチョコレートもあり、今後の展開から目が離せません。






















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年09月26日

ローソンのスイーツが大注目/前編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


秋が深まりつつある今日この頃ですが、ここ数年風物詩として目立つの
がコンビニエンスストアの新作チョコレートの競い合いです。(笑)
今年は少し様相が変わり、チョコレート商戦が「スイーツ商戦」に大き
く、さま変わりしていることに気づいていましたか。

特にチョコレートスイーツの人気を牽引しているのが、2017年6月より
スタートしましたローソンの「GODIVA」シリーズです。
高価格帯の商品にもかかわらず、限定商品であるという希少性が販売に拍車を掛けて好調な売れ行きをしているとのことです。
9月4日に発売された秋の味覚である栗を使用した「GODIVAショコラモンブラン」(税込480円)と「GODIVAショコラケーキ」(税込350円)が満を持して発売されました。
それぞれ130万個と120万個の限定商品となっており、数は多いのですが全国のローソンで販売ですので早めに買うことをお勧めします。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









ローソンのGODIVAスイーツにはロイヤルユーザーが多く、女性客
の獲得に成功している結果となっています。
GODIVAの監修とローソンの商品開発は相乗効果を生んで、全国の
店舗での展開を視野に大量生産を背景として良質な原材料の使用を可能
として、通常のGODIVAより買いやすい価格で提供しています。
ローソンにとって通常スイーツより高単価で、売上と利益に貢献。
GODIVAにとっても国内の客層の拡大とロイヤリティ収入のアップによる利益確保が実現でき「Win-Win」の関係が成立しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ローソンが秋のスイーツ企画第2弾として発売したのが、日本の季節感
のある慣習「十五夜」向けの商品を発売しました。
「GODIVAお月見ショコラ大福」(税込900円)が、今年のお月見9月24日に合わせて、9月21日~23日の3日間限定で発売されました。
まだ販売結果は発表されていませんが、新しいスイーツとしてお客様に支持されるか、結果が大変に注目されています。
過去に例のないスイーツで900円という単価にもコンビニで通用するのか、こちらも結果が待ち遠しいですね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ローソンのスイーツが他のコンビニを一歩リードした形ですが、チョコレート戦争も激しい戦いが繰り広げられています。
次回はスイーツ戦争と同様の「チョコレート戦争」をお届けします。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年09月23日

ビジネスモデルの変革/レナウン新サービス「着ルダケ」後編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の投稿で「ビジネスモデルの変革/レナウン新サービス“着ルダケ”前編」を記事にしましたが、本日は後編をお届けします。
アパレルメーカーであるレナウンが、なぜ本人専用のスーツレンタルサービス事業に乗り出したのでしょうか。
同社はこれまで、百貨店などの販路を中心にスーツの販売をしてきましたが、百貨店業界全体の売上高は長期的に低迷傾向。
そこで販売の新しいビジネスモデル構築が必要に迫られました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







そこで新しい販路として着目したのが「販売ではないビジネスモデル」
という、今までの同社の常識を根底から変える発想でした。
その中で出てきた答えが、様々な業界で広がりを見せている利用期間に
応じて料金を支払う「サブスクリプション」ビジネスでした。
市場調査から衣料品をシェアすることに抵抗感がある人が相当数いることが判ったため、敢えてお客様専用のスーツにこだわりました。
ファッションにあまり関心のない人たちに向けたサービスという位置づけで、今までターゲットにしていない客層へのアプローチです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








この企画がスタートしたのが2017年初頭。
しかし同社には「サブスクリプション」ビジネスの経験者がおらず、プランや価格の設定か最大の課題でした。
担当者は「選択肢をどこまで多くすればいいのか、多すぎても選びきれない。などの課題が次から次ぎえ出てきて最終的には商品構成と価格のバランスに絞って検討して行きました。」と苦労したようです。

モニター利用の段階では現在の高価格プラン月額12,000円に価格を設定し、これに対してのお客様の反応は「月額10,000円を超えるなら、いらない」が多く、価格の設定が最難関でした。
そして最終的に採算ギリギリの価格5,000円を切る4,800円という価格設定がスタートすることができました。

レナウンでは5年以内に利用者を1萬人まで増やしたい意向です。
同社の紳士服業界の新しいビジネスモデルがどのように成長するか興味深く見守っていきたいと思います。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。