2018年08月16日

感動の第100回全国高校野球大会/逆転サヨナラ満塁ホームラン

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


連日、夏の甲子園大会では熱戦が続いています。
第100回の記念大会に相応しい感動の好試合が続出していますが、ここまでで最高の感動試合は何といっても星稜高校対済美高校の延長タイブレイクではないでしうか。
観ている者を感動させる高校野球の素晴らしい試合でした。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







試合は初回に星稜高校が5点の大量得点を奪い、3回の表を終わり6対0と一方的に試合となり8会の表を終わり7対1。
済美高校の攻撃は8、9回となり6点差は難しいと思われました。
星稜高校は予定通り3人の投手のリレーで8会まで1失点、8回の裏から4番手の竹谷投手がリリーフとなりました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ここから沈黙していた済美高校の打線の猛攻撃が始まりました。
先頭バッターが死球、二番目のバッターが内野安打と続き、タイムリー
ヒットが出て7対2と反撃がスタート。
続くバッターもタイムリーで7対3、ヒットが続き満塁で死球の押し出しで7対4、満塁からタイムリーが出て7対6と1点差に迫りました。





*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







1点差となって登場したのが9番バッターの政吉選手、1ボール後の2球目を強振し、レストスタンドへの3ランホームラン。
8回の裏は何と8点、奇跡の大逆転劇となりました。
そして9回の表の星稜高校をゼロに抑えれば試合終了ですが・・・





*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ところが甲子園の勝利の神様は「気まぐれ」です。
8回の裏に大逆転され万事休すと思われた星稜高校が粘り、9回の表に2点を取って同点となり延長戦に持ち込む驚異の粘りをみせました。
さぁ、ここから先が予想できない感動のドラマに突入です。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ついに9対9で延長戦に突入。
延長10回、11回と点数が入らずに延長12回裏の済美高校の攻撃は
一死満塁、カウントはスリーボールワンストライク。
ボールを投げればサヨナラで試合が終了する済美高校には大チャンス、
星稜高校にすれば究極のピンチとなりました。
ここで星稜高校2年生の寺沢投手が奇跡の投球を見せました。
ヒットはもちろん四死球やエラーや暴投、パスボールすら全てが許されない絶体絶命の大ピンチにも拘わらず、二者連続で見逃しの三振に仕留めて延長タイブレークに持ち込みました。
ベンチに帰ってきた寺沢投手を監督が抱きしめる場面が印象的でした。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






そして大会規定による今大会2回目のタイブレークに突入しました。
選考の星稜高校は無死一塁二塁のチャンスを活かし、13回の表は2点を取り済美高校にプレッシャーを与えました。
この時点で勝負があったかと思われましたが、済美高校の粘りはここから始まり感動ドラマへと続きました。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







2点を追う済美高校は13回の裏、同じ条件無死一塁二塁からセーフティバントが成功して無死満塁とチャンスが拡大。
ここで登場したのが済美高校の一番バッターの矢野選手でした。
カウント2ボール1ストライクから112㌔のスライダーを強振、打球は高く舞い上がりライトポールを直撃、大会史上初めての逆転サヨナラ
満塁ホームランと感動の幕切れとなりました。
私も偶然、テレビ観戦して観ていましたが感動で震えました。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







選手の健康管理を理由に今大会から適用となりました「タイブレーク」制度が生んだ感動のフィナーレでした。
タイブレークには賛否両論があり、反対意見も多いのですが事前に決まっているルールです。

済美高校の皆さん、感動をありがとうございます。
星稜高校の皆さんは悔しいでしょうが、3年生の生徒さん達はこの悔しさをこれからの人生に活かして下さいね。
2年生の生徒さん達は、この悔しさをバネに来年の甲子園で悔しさを晴らして下さいね。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






ダイジェスト動画















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年05月23日

日大アメフト部選手の真実を語る記者会見

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


5月6日にアメリカンフットボール日本大学VS関学大の定期戦で悪質な
反則を起こした日本大学の選手が記者会見を行いました。
日本中が注目した記者会見、皆さんもご覧になったと思います。
民放はもちろん、NHKまで生中継をするほど異例の事態だった今回の
問題ですが、皆さんはどのように感じられたでしょうか。
大袈裟ではなく、日本中に波紋を投げかけた記者会見だったと私自身は
大きな衝撃と記者会見で顔を公開して謝罪した選手の真摯な姿勢と責任
転嫁しない政治菜言葉に大きな感動を感じました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。 







日本大学アメリカンフットボール部の監督・コーチからの指示を受けて
、思い悩んだ末に指示を拒否できない状況まで追い込まれての反則行為
だった。との経緯を正直な自分の言葉で語っていたように感じました。
日本大学側の不誠実対応に比べて、20歳の大学生が選択した勇気ある
告発・記者会見は自責の念と葛藤の中で「真実を話さないといけない。
それが謝罪の第一歩。」
と語った姿に感動すら覚えました。
しかし加害者としての責任は免れようがなく、社会的な制裁は当然受け
ることは承知の上で勇気ある決断をしたようです。。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。 







日本大学側が関学大への回答に「監督の指導と選手の受け取り方に乖離
が起きたため」
など意味不明な回答を行ったり、前監督が核心について
はぐらかし続ける記者会見を行ったり、昨日に記者会見を行った選手の
父親が「監督・コーチの指示」の公表を求めた際にも大学側に拒絶されたことも全て白日の下にさらされました。 
選手一人を守れないアメリカンフットボール部、保身のみを考えた発言
と以外考えられない「認識の乖離」と生徒である加害者に責任を押しつ
けようとしている日本大学。  私は情けない思いです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。 







国民が嫌気をさしている政治家の「隠蔽」「改ざん」「忖度」、官僚や
議員の「セクハラ」「パワハラ」などの釈明会見や弁明を聞いていますと「真実を語っていない」「自分自身の保身のための発言」だと日本の全国民は見抜いています。

20歳の学生の勇気ある行動が分岐点であることを切に願います。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年05月20日

感動のテレビCM/東京ガス

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


偶然、facebookでのお友達ページを観ていましたら感動の動画を発見してしまいました。 ヤバイ動画です。 (^_^;)
日常生活での感動場面ばかりで涙腺が完全崩壊しています。
最初の30秒ほどは副業の動画です。 是非ともご覧になって下さい。

*インターネットより動画を抜粋させていただきました。









無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年03月11日

東日本大震災から7年が経過/閲覧注意

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


未曾有の大災害となった7年前の3月11日。
2万2千人以上が犠牲となった東日本大震災の当日を迎えました。
復興庁の発表では被災者のための宅地造成「高台移転」は約90%、災害
公営住宅は93%が完成し、国道や鉄道は100%近くが復旧、再開。
防潮堤は計画の92%で着工し、半分近くが完成しています。
しかし、今でも避難生活を送っている方々は7万3千人もいます。

大震災から7年が経過し、インフラを中心とした街の再興が進む一方、
人口の流出に歯止めが掛からない現実もあります。
岩手・宮城・福島の3県は震災前に比べて約25万人が人口減少。
今の私達に何ができるのか真剣に考える時期にきています。
私自身は、忘れかけてきている東日本大震災の事実を、ブログを通して
多くの人達の記憶に残ることを行いことを決めています。














*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






関連動画です。閲覧に注してご覧ください。









東日本大震災の関連記事

2017年3月11日投稿
 東日本大震災から6年が経過
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e397164.html
2016年4月22日投稿
 日本の誇り「自衛隊」の献身的な活動
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e357862.html
2016年3月11日投稿
 東日本大震災から丸五年が経過/奇跡の出会い
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e355652.html
2015年3月11日投稿
 【東日本大震災から丸四年】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e302495.html
2014年3月11日投稿
 【東日本大震災から丸三年】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e261046.html
2014年3月9日投稿
 【記憶に留めよう!【3.11】】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e261045.html
2013年3月11日投稿
 【東日本大震災から丸二年が経過】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e221281.html
2013年2月10日投稿
 【東日本大震災の行方不明者の捜索】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e219108.html
2012年2月16日投稿
 【世界報道写真コンテストの感動の一枚】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e172744.html
2011年12月26日投稿
 【天使の声/地域の人達の救出を優先】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e166612.html
2011年9月30日投稿
 【氷室京介さんが6億7千万円を被災地に寄付】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e156822.html
2011年7月29日投稿
 【東日本大震災より140日、廊下での終業式】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e149820.html
2011年7月10日投稿
 【球児の夏、被災地で感動の開会式】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e147329.html
2011年6月21日投稿
 【全国の山田さん、岩手県山田町を救いませんか?】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e143775.html
2011年4月22日投稿
 【気仙沼市のコンビニが奮闘中】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e133333.html
2011年4月10日投稿
 【東日本大震災の爪あと】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e131413.html
2011年3月30日投稿
 【黙して語らず「最後の砦」/自衛隊の姿】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e130210.html
2011年3月26日投稿
 【形見の指輪をつけての修了式/東日本大震災】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e129033.html
2011年3月23日投稿
 【見えない「敵」との戦い/東京消防庁】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e129030.html
2011年3月19日投稿
 【被災地での感動の卒業式】
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e127783.html














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年03月10日

今日の気づき【打つ手は無限】

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!




⬛本日の気づき⬛


  【滝口長太郎氏】の言葉より

  素晴らしい絵画よりも、
  とても素敵な宝石よりも
  もっともっと大切なものを私は持っている。
  どんな時でも、どんな苦しい場合でも
  愚痴を言わない。
  参ったと泣き言を言わない。

  何か方法はないだろうか。 
  何か方法はあるはずだ。
  周囲を見回してみよう。 
  いろんな角度から眺めてみよう。
  人の知恵も借りてみよう。
  必ず何とかなるものである。
  
  なぜなら打つ手は常に無限であるからだ。


 【打つ手は無限】





*豊田成果塾での講話での写真を抜粋させていただきました。











無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年03月08日

3月8日は国際女性デー「ミモザの日」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


3月8日は国連が決めた「国際女性デー」、ご存知でしたか・・・
1904年3月8日にアメリカでの女性労働者が夫人参政権を求めてデモを
起こしたことがキッカケとなり、1910年にコペンハーゲンで行われた
国際社会主義会議で「女性の政治的自由と平等のために戦う」日と提唱
したことから、同年「国際女性デー」と制定されました。
イタリアではこの日を「女性の日」とされ、男性が日頃の感謝を込めて
母親や奥さん、恋人・会社の同僚などにミモザを贈ります。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






愛と幸福を呼ぶと言われている「ミモザ」を贈られた女性たちは、その
ミモザを誇らしげに胸や紙に飾り付けます。
また、家事や育児から解放され、女性同士で外食したり、おしゃべりに
興じたりして束の間の自由を楽しみことが慣例のようです。
日本ではまだまだ普及していないですが・・・・

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年02月25日

女子マススタート、銀メダル獲得でも笑顔なし

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


感動の連続である平昌オリンピック、昨日に行われたスピードスケート
女子・マススタート決勝は日本の高木菜那選手が優勝、金メダルを獲得
して団体追い抜き(パシュート)に続いての快挙でした。

そのマススタートで銀メダルを獲得した韓国のキム・ボルム選手に笑顔
はなく、下を向いて涙する場面もありました。
キム選手は19日に行われたスピードスケート女子団体追い抜きのレース
後のコメントを巡り、韓国国内で大バッシングを受けていた選手です。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







表彰式の前のマススタートレース後は韓国国旗を握り、ウイニングラン
の途中にアイスリンクに土下座をした姿が強烈に印象に残りました。
韓国にも土下座で謝る文化があるのでしょうか。
調べてみると韓国人の土下座は日本人が持っている「謝罪」の意味では
なくて「チョル」という「相手に敬意を表わす時にする礼(お辞儀)の
意味」だと判りました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







団体相抜き(パシュート)後のインタビューやレース後の無視する姿は
「いじめ」とも受け取られて韓国国民は大バッシング。
五輪選手資格剥奪申請の署名が何と数十万件集まり、韓国国内を騒然とさせ依然として収まる気配がありません。
韓国という国はSNSを中心としたバッシングが非常に厳しい国であり
徹底的に当事者を追い込むことが度々なせれています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







騒動が起きた翌日20日に、謝罪の記者会見を行いましたが「私の発言で
多くの人が傷ついたと思う」
と涙ながらにお詫びをしましたが、ネット
ユーザーの反応は、
「記者会見というより国民大詐欺劇だ」
「世界中に恥を晒しただけでなく、記者会見で国民の怒りをかった」
「傲慢極まりないインタビューだった」

と更なるバッシングを浴びた経緯がありした。

多くの感動をいただいた大会ですので、早く解決して欲しいですね。





















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年02月23日

女子パシュート、金メダルの隠れた努力

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


21日水曜日に平昌オリンピック、スピードスケート女子団体追い抜き
(パシュート)で日本が優勝、金メダルを獲得したことは連日ニュース
で日本中に大きな感動をもたらしましたね。
決勝戦に出場した日本の3選手は見事な走りで完勝でした。
日の丸を持ってのウイニングランでは涙が溢れるほどの感動でした。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ルールはご存知の通り3人が1チームとして滑走し、途中で順番を交代
しながら、最後の一人がゴールした時点が記録となるスポーツ。
女子は400㍍のリンクを6周(2400㍍)にてタイムを争います。
あまり知られていないルールですが「最低でもチーム全員が1周は先頭
を走行しなくてはならない」
とあり、先頭交代1回について約0.2秒の
タイムロスが発生するといわれています。
できるだけ交代頻度を減らすことも勝利の条件になっています。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






日本女子チームは2010年バンクーバー五輪で銀メダルを獲得していますが、ここ2大会はメダルを逃がしていました。
そこで日本スケート連盟は2014年にナショナルチームを発足させて、
年間300日に及ぶ合宿を実施してきました。

昨年からは、長野市のエムウェーブの天井にリンク全体をとらえられる
カメラ28台を設置して、日本スケート連盟化学班たちが、その映像を
解析・分析することで、カーブの膨らむタイミングまで緻密に計算して
科学的に世界の頂点を目指していました。

世界の頂点を掴むための裏での努力、頭がさがります。
また本番で見事に滑走した選手たちに大きな拍手を送ります。

感動をありがとうございます。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年02月20日

小平奈緒選手と李相花選手の感動秘話

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


平昌オリンピック、スピードスケート女子500㍍は、小平奈緒選手が
優勝して金メダルを獲り、日本中を感動に進みました。
同種目で国内外24連勝中の小平選手が五輪新記録をマークし、順当な
結果に見えますが、ライバルであり地元韓国の李相花(イ・サンファ)
選手という大親友の存在なくして金メダルはなかったようです。

レース後、五輪3連覇を逃がした李選手は涙が溢れていました。
小平選手は李選手のもとに向かい、抱きしめて言葉を賭けたようです。
「地元韓国での五輪、相花(サンファ)の受ける重圧は相当なものだったと思う。“すごくたくさんの重圧の中でよくやったね。私はまだ相花のことをリスペクトしているよ”と伝えました。」
レースも素晴らしかったですが、とても美しい光景で感動しました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





その後は二人の顔に笑顔が戻り、ウイニングランを行っていました。
世界の舞台で長い間、戦ってきた二人のアスリートが国境を越えてお互
いを讃える姿に多くの人々が感動を得たようです。
今までマスコミも語ることがなかったのですが、同世代で世界のトップ
を争ってきた二人は日韓の互いの自宅に招待する大親友でした。
二人が笑顔でウイニングランする姿に感動が再びきています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。




















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年02月06日

恵方巻きの大量廃棄問題に一石

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


節分・立春が過ぎましたが日本列島は極寒の毎日ですね。
インフルエンザも大流行していますので気をつけてお過ごし下さい。

さて、この時期に大変に胸を痛めるのが「恵方巻きの大量廃棄」の問題
ですが昨年は私自身もブログにて問題提起をさせていただきました。
今年、兵庫県のスーパーが「もうやめにしよう」とチラシ広告で大々的
に大量廃棄の問題にメスを入れて反響を呼んでいます。
前年の売上個数よりも多くの数を用意するのが当たり前のスーパー業界
では非常に稀で、異例の余剰分を作らない方針を選んだようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







兵庫県に8店舗を経営するヤマダストアーさんが実施した施策であり、
以前から問題視されていた「恵方巻きの大量廃棄」を、問題視していた
ようで、問題に終止符を打つために消費者に呼びかけたようです。
ヤマダストアー担当者は「昨年、いろんな場所で恵方巻きの大量廃棄が
話題となっていました。伸ばせ、伸ばせ。増やせ、増やせ。と方針が出
たら大量生産で数は膨れ上がります。」
と苦しい内情があるようです。
「今年は全店、昨年の販売実績で作ります!」と宣言、見事に完売する
店が多くなり廃棄ロスも格段に減少したようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






ヤマダストアーさんの考え方は「海産物の資源は確実に減少している。
だから大切にしたいんです」
という見解を明かしています。
ひとりひとりの消費者に大切に販売して行き、売れ行きに応じて数を増やすことはしない。という方針に徹底したようです。
売上至上主義が横行しているスーパー業界でありながら、今回の施策は大変に勇気ある行動だと思います。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






実際にSNSで賞賛の声が多く、いろいろな声が挙がっています。
「こんな取り組みをするスーパーがあると感心した」
「こんなスーパー、カッコイイ」
「こんな店が当たり前になって欲しい」
「素晴らしい。業界に問題提起をして嬉しい」
などの声が多いようです。

綺麗ごとだけでなく、海産物などの資源を大切に扱うことも重要です。
素晴らしいニュースを聞いて安心しますね。










無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。