2018年08月23日

感動の第100回全国高校野球選手権大会/決勝戦

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


今年の全国高校野球選手権大会は、大阪桐蔭高校が史上初となる2度目
の春夏連覇を達成して幕を閉じました。
決勝戦は秋田県代表の県立金足農業高校との戦いでありましたが、思わぬ大差がつき13対2というスコアになりました。
今年は平成最後の大会でもあり、第100回の記念大会として開催され
、例年以上に盛り上がった大会だったのではないでしょうか。
選手の活躍により感動の連続であり、人々の心を揺さぶりました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







第100回の記念大会の主役は優勝した大阪桐蔭高校ですが注目度№1
だったのが、金足農業高校の吉田輝星投手ではないでしょうか。
決勝戦までの5試合すべてマウンドを守り続け、金足農業の躍進の原動力となったことは皆さんご存知の通りです。
後に審判から注意を受けるのですが「侍ボース」として、マウンドでの
自分自身への士気高揚にも注目が集まっていました。
プロも注目する高校球界№1の右腕であることなに間違いありません。
偶然にも私のブログでも地方大会の前での注目投手ということで、記事にして投稿していました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







しかし、その鉄腕ぶりを発揮した吉田投手ですが決勝戦では既に限界に達しており、初回から失点重ねてしまいました。
そして4回あたりから下半身、特におしり周辺が動かなくなりマウンド上でも見せたことのない膝に手をつくポーズをするなど、既に体力の限界を超えていたようです。
そして5回の大阪桐蔭の猛攻を受けていた時に激励の声を掛けにきた
二塁手の菅原選手に独り言のように呟いたそうです。
「オレ、もう投げられない」
この回が終わり佐々木主将と共に監督に投手交代を進言しました。
5回を投げ12失点、この試合132球を投げてこの夏初めて金足農業高校のマウンドを降板しました。










試合後は涙が止まらなかったようです。
吉田投手の防止には「マウンドは俺の縄張り 死ぬ気の全力投球」と書き込まれているようです。
最後に残っている力の限り投げたのですが全く通用しませんでした。
潔く完敗を認めて「力を出し切ったけど、歯が立たなかった。しかし、このまま悔しいままでは終われない。これからの野球人生で取り戻したい。」と涙ながらに語ってくれています。
本人は「応援してくれた人たちに優勝を届けられずに残念です。」と、周囲の人達に気遣いをするコメントを残しています。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









選手の皆さん、大変にお疲れさまでした。
一度ゆっくりと休養して英気を養って下さいね。
そし応援団の皆さん、関係者の皆さん、大会関係者の皆さん、猛暑の中をご苦労様でした。
お陰様で私達、見ている側が大きな感動と勇気をいただけくことができました。
今後益々、高校野球が発展しますことを祈念しています。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年08月16日

感動の第100回全国高校野球大会/逆転サヨナラ満塁ホームラン

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


連日、夏の甲子園大会では熱戦が続いています。
第100回の記念大会に相応しい感動の好試合が続出していますが、ここまでで最高の感動試合は何といっても星稜高校対済美高校の延長タイブレイクではないでしうか。
観ている者を感動させる高校野球の素晴らしい試合でした。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







試合は初回に星稜高校が5点の大量得点を奪い、3回の表を終わり6対0と一方的に試合となり8会の表を終わり7対1。
済美高校の攻撃は8、9回となり6点差は難しいと思われました。
星稜高校は予定通り3人の投手のリレーで8会まで1失点、8回の裏から4番手の竹谷投手がリリーフとなりました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ここから沈黙していた済美高校の打線の猛攻撃が始まりました。
先頭バッターが死球、二番目のバッターが内野安打と続き、タイムリー
ヒットが出て7対2と反撃がスタート。
続くバッターもタイムリーで7対3、ヒットが続き満塁で死球の押し出しで7対4、満塁からタイムリーが出て7対6と1点差に迫りました。





*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







1点差となって登場したのが9番バッターの政吉選手、1ボール後の2球目を強振し、レストスタンドへの3ランホームラン。
8回の裏は何と8点、奇跡の大逆転劇となりました。
そして9回の表の星稜高校をゼロに抑えれば試合終了ですが・・・





*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ところが甲子園の勝利の神様は「気まぐれ」です。
8回の裏に大逆転され万事休すと思われた星稜高校が粘り、9回の表に2点を取って同点となり延長戦に持ち込む驚異の粘りをみせました。
さぁ、ここから先が予想できない感動のドラマに突入です。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ついに9対9で延長戦に突入。
延長10回、11回と点数が入らずに延長12回裏の済美高校の攻撃は
一死満塁、カウントはスリーボールワンストライク。
ボールを投げればサヨナラで試合が終了する済美高校には大チャンス、
星稜高校にすれば究極のピンチとなりました。
ここで星稜高校2年生の寺沢投手が奇跡の投球を見せました。
ヒットはもちろん四死球やエラーや暴投、パスボールすら全てが許されない絶体絶命の大ピンチにも拘わらず、二者連続で見逃しの三振に仕留めて延長タイブレークに持ち込みました。
ベンチに帰ってきた寺沢投手を監督が抱きしめる場面が印象的でした。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






そして大会規定による今大会2回目のタイブレークに突入しました。
選考の星稜高校は無死一塁二塁のチャンスを活かし、13回の表は2点を取り済美高校にプレッシャーを与えました。
この時点で勝負があったかと思われましたが、済美高校の粘りはここから始まり感動ドラマへと続きました。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







2点を追う済美高校は13回の裏、同じ条件無死一塁二塁からセーフティバントが成功して無死満塁とチャンスが拡大。
ここで登場したのが済美高校の一番バッターの矢野選手でした。
カウント2ボール1ストライクから112㌔のスライダーを強振、打球は高く舞い上がりライトポールを直撃、大会史上初めての逆転サヨナラ
満塁ホームランと感動の幕切れとなりました。
私も偶然、テレビ観戦して観ていましたが感動で震えました。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







選手の健康管理を理由に今大会から適用となりました「タイブレーク」制度が生んだ感動のフィナーレでした。
タイブレークには賛否両論があり、反対意見も多いのですが事前に決まっているルールです。

済美高校の皆さん、感動をありがとうございます。
星稜高校の皆さんは悔しいでしょうが、3年生の生徒さん達はこの悔しさをこれからの人生に活かして下さいね。
2年生の生徒さん達は、この悔しさをバネに来年の甲子園で悔しさを晴らして下さいね。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






ダイジェスト動画















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年08月04日

甲子園大会地区予選での感動サヨナラ弾

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


いよいよ明日から、第100回全国高校野球選手権大会が開幕します。
抽選会も終わり対戦相手も決まっていますので、相手校の対策や研究に余念のない高校もあることでしはょうね。
今年はどんな感動ドラマが生まれるか楽しみでワクワクします。(笑)

そのような高校球児の聖地、甲子園出場を掛けての地区大会の決勝戦で
ドラマチックな劇的瞬間がありました。
西東京大会の決勝戦、日大三高と日大鶴ケ丘高校との決勝戦でした。
8回が終わって3対3の同点、9回の表の日大鶴ケ丘高校は0点、9回
裏の日大三高が0点ならば延長戦に突入する緊縛した試合です。
日大鶴ケ丘高校には、私のブログでご紹介したプロ注目の勝又温史投手がエースとして決勝戦までコマを進めてきました。
そして運命の9回の裏、日大三高の攻撃は一死一塁でバッターは強打の
日大三高の四番、大塚選手でした。
日大鶴ケ丘高校の勝又投手の投げた154球目の変化球を強振。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








大塚選手の打球はレフトスタンドに入る劇的なサヨナラ2ホームラン。
ダイヤモンドを回る大塚選手は大喜び、チームメイト達もホームベース
付近に集まり歓喜の甲子園出場が決定しました。
打った大塚選手は「後ろにつなぐ意識」でってと言っていましたが、予測していた直球ではなく変化球に体がうまく反応して打てたようです。

最速150㌔を超える日大鶴ケ丘の勝又投手は思わずマウンドで座り込
んでしまい打球の方向、レフトスタンドを見つめていました。
この試合で154球を投げた勝又温史投手は閉会式後、熱中所の症状を訴えて救急車で病院へ搬送されました。。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








決勝戦で破れた日大鶴ケ丘高校のナインは号泣する選手が続出。
いかに劇的でドラマチックな試合だったかを物語る感動シーンでした。
近くに見えていた憧れの甲子園出場が、一瞬で消え去ってしまった日大鶴ケ丘高校の選手の皆さん、堂々と胸を張って下さい。
見るものすべてに感動を与える素晴らしい試合でした。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





ダイジェストの試合動画を掲載させていただきます。
約47秒の動画です。
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL7Z3JT5L7ZUTQP00H.html











無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年05月20日

感動のテレビCM/東京ガス

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


偶然、facebookでのお友達ページを観ていましたら感動の動画を発見してしまいました。 ヤバイ動画です。 (^_^;)
日常生活での感動場面ばかりで涙腺が完全崩壊しています。
最初の30秒ほどは副業の動画です。 是非ともご覧になって下さい。

*インターネットより動画を抜粋させていただきました。









無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年03月10日

今日の気づき【打つ手は無限】

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!




⬛本日の気づき⬛


  【滝口長太郎氏】の言葉より

  素晴らしい絵画よりも、
  とても素敵な宝石よりも
  もっともっと大切なものを私は持っている。
  どんな時でも、どんな苦しい場合でも
  愚痴を言わない。
  参ったと泣き言を言わない。

  何か方法はないだろうか。 
  何か方法はあるはずだ。
  周囲を見回してみよう。 
  いろんな角度から眺めてみよう。
  人の知恵も借りてみよう。
  必ず何とかなるものである。
  
  なぜなら打つ手は常に無限であるからだ。


 【打つ手は無限】





*豊田成果塾での講話での写真を抜粋させていただきました。











無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年03月08日

3月8日は国際女性デー「ミモザの日」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


3月8日は国連が決めた「国際女性デー」、ご存知でしたか・・・
1904年3月8日にアメリカでの女性労働者が夫人参政権を求めてデモを
起こしたことがキッカケとなり、1910年にコペンハーゲンで行われた
国際社会主義会議で「女性の政治的自由と平等のために戦う」日と提唱
したことから、同年「国際女性デー」と制定されました。
イタリアではこの日を「女性の日」とされ、男性が日頃の感謝を込めて
母親や奥さん、恋人・会社の同僚などにミモザを贈ります。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






愛と幸福を呼ぶと言われている「ミモザ」を贈られた女性たちは、その
ミモザを誇らしげに胸や紙に飾り付けます。
また、家事や育児から解放され、女性同士で外食したり、おしゃべりに
興じたりして束の間の自由を楽しみことが慣例のようです。
日本ではまだまだ普及していないですが・・・・

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年03月01日

女子団体追い抜き(パシュート)5人目の選手

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



平昌オリンピックの感動もひと段落してきましたね。
4年に一度の冬のスポーツの祭典は、多くのドラマと感動を私達に与え
てくれ勇気と希望で溢れ、素晴らしいオリンピックでした。
その中で、私自身が最も印象に残ったのが「女子スピードスケート」の
団体追い抜き(パシュート)での5人目の選手の話しです。

女子5000㍍に出場した押切美沙紀選手が5人目の選手でした。
押切選手は幼いころからの高木姉妹と一緒に練習してきた仲間であり、
ソチ五輪では高木菜那選手とパシュートに出場しましたが、3位決定戦
でロシアに敗れてメダルに届かず、悔しい思いをしていました。
その悔しさをバネに高木姉妹達と過酷なトレーニングを重ねました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






過酷なトレーニングの成果は2016年の世界選手権で、高木姉妹と共に
戦った大会で銀メダルを獲得して現れました。
その年の後半に押切選手は練習中に転倒して、左股関節を負傷して全治
1か月の重傷を負い戦線離脱を余儀なくされました。
しかし、パシュートの練習に「5人目の選手」としていつも参加して、
カギとなる隊列練習をリードし「パシュートメンバーがより金メダルに
近づけるように、チームの一員としてサポートしたい」
と献身的に過酷な練習を共に乗り越えてきました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







金メダル取った後の記者会見でも、高木菜那選手は「押切選手」の名前
を出して「今ここにいないのがチュット悲しいけれど、このメンバーに
プラス押切がいたから金メダルが獲得できました」
と語っていました。
高木美帆選手も「押切さんの笑顔と元気に、たくさん助けられました。
押切さん、大好きです」
と涙ながらに語りました。
思わず、私自身も「もらい泣き」してしまいました。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






今回、メダルは取れませんでしたが「押切美沙紀」選手に最高の拍手を
送りたいと思います。
押切美沙紀選手、
感動をありがとうございます。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


Posted by 戸塚友康 at 10:25 │感動体験

▶コメントをする・見る(0)

2018年02月28日

本日の気づき【本を忘れず、末を乱さず】

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!





⬛本日の気づき⬛

*もう25年以上学んでいる「純粋倫理」ですが、改めて自分自身の至ら
 なさを今日の朝に気づかされました。
 「純粋倫理」とは、丸山敏雄先生が発見された大自然の法則であり、
 この法則は、何時、何処で、誰が行っても、常に正しい、皆が幸福に
 なれる「万人幸福の道」を日常生活に落とし込んだ学びです。

 【万人幸福の栞】より抜粋
 その中でも「本を忘れず、末を乱さず」とは、最も大切な本はわが命
 の根源(もと)である両親である。
 ほんとうに父を敬し、母を愛する純情に子でなければ世に残る大業を
 成し遂げることはできない。いや世の常のことでも、親を大切にせぬ
 ような子は、何ひとつ満足にはできない。

 親を尊敬し、大切にし、日夜孝養を尽くすことができておらず私自身
 の命の本である両親を大切にすることが怠っていました。
 大変に大きな気づきを得たことに感謝申し上げます。

 【本を忘れず、末を乱さず】













無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年02月23日

女子パシュート、金メダルの隠れた努力

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


21日水曜日に平昌オリンピック、スピードスケート女子団体追い抜き
(パシュート)で日本が優勝、金メダルを獲得したことは連日ニュース
で日本中に大きな感動をもたらしましたね。
決勝戦に出場した日本の3選手は見事な走りで完勝でした。
日の丸を持ってのウイニングランでは涙が溢れるほどの感動でした。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ルールはご存知の通り3人が1チームとして滑走し、途中で順番を交代
しながら、最後の一人がゴールした時点が記録となるスポーツ。
女子は400㍍のリンクを6周(2400㍍)にてタイムを争います。
あまり知られていないルールですが「最低でもチーム全員が1周は先頭
を走行しなくてはならない」
とあり、先頭交代1回について約0.2秒の
タイムロスが発生するといわれています。
できるだけ交代頻度を減らすことも勝利の条件になっています。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






日本女子チームは2010年バンクーバー五輪で銀メダルを獲得していますが、ここ2大会はメダルを逃がしていました。
そこで日本スケート連盟は2014年にナショナルチームを発足させて、
年間300日に及ぶ合宿を実施してきました。

昨年からは、長野市のエムウェーブの天井にリンク全体をとらえられる
カメラ28台を設置して、日本スケート連盟化学班たちが、その映像を
解析・分析することで、カーブの膨らむタイミングまで緻密に計算して
科学的に世界の頂点を目指していました。

世界の頂点を掴むための裏での努力、頭がさがります。
また本番で見事に滑走した選手たちに大きな拍手を送ります。

感動をありがとうございます。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年02月20日

小平奈緒選手と李相花選手の感動秘話

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


平昌オリンピック、スピードスケート女子500㍍は、小平奈緒選手が
優勝して金メダルを獲り、日本中を感動に進みました。
同種目で国内外24連勝中の小平選手が五輪新記録をマークし、順当な
結果に見えますが、ライバルであり地元韓国の李相花(イ・サンファ)
選手という大親友の存在なくして金メダルはなかったようです。

レース後、五輪3連覇を逃がした李選手は涙が溢れていました。
小平選手は李選手のもとに向かい、抱きしめて言葉を賭けたようです。
「地元韓国での五輪、相花(サンファ)の受ける重圧は相当なものだったと思う。“すごくたくさんの重圧の中でよくやったね。私はまだ相花のことをリスペクトしているよ”と伝えました。」
レースも素晴らしかったですが、とても美しい光景で感動しました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





その後は二人の顔に笑顔が戻り、ウイニングランを行っていました。
世界の舞台で長い間、戦ってきた二人のアスリートが国境を越えてお互
いを讃える姿に多くの人々が感動を得たようです。
今までマスコミも語ることがなかったのですが、同世代で世界のトップ
を争ってきた二人は日韓の互いの自宅に招待する大親友でした。
二人が笑顔でウイニングランする姿に感動が再びきています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。




















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。