2017年11月11日

箱根駅伝100回の記念大会から全国化を検討

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


関東学生陸上競技連盟が2024年の1月に第100回の記念大会を迎える
東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)を全国化を検討していること
がニュースとして流れてきました。
知らない方も居るとは思いますが、箱根駅伝は関東学生陸上競技連盟に
加盟している関東圏内の大学だけの大会であり、関東地区以外の大学は
参加の対象外となっています。
むしろ全国大会というより地区の大会が有名になっている大会です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








毎年秋に行われる箱根駅伝予選会に一定のタイム基準を満たせば、関東
地区以外の大学も予選会に出場できる案が出て、本選もオープン参加で
はなく、正式な記録として認めて100回の記念大会以降も、同様の形式
とする可能性が出てきています。
今後の議論次第ではありますが日本の正月の風物詩、箱根駅伝が全国の
大学に門戸が開かれることはカバらしいことです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







夏の高校野球甲子園大会と並び、学生スポーツ界で最大の注目と知名度
があり、テレビ視聴率も25%を超える国民的イベントの大会ですが<
実態は大学の関東大会であり、疑問視する声もありました。
節目となる大会で関東の大学だけに限定されていた枠組みを取り外し、
名実ともに日本一を賭けた大会にする狙いのようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







大変素晴らしいニュースであり、個人的には大賛成です。
毎年、私のブログでも「箱根駅伝」の感動場面を記事にしています。
是非とも全国に門戸を開いていただきたいと思います。

過去の箱根駅伝の記事

2017年10月18日の記事
◆箱根駅伝予選会の明暗◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e422748.html

2017年1月5日の記事
◆感動の「第93回 箱根駅伝」の復路◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e391897.html

2017年1月3日の記事
◆感動の「第93回 箱根駅伝」の往路◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e391896.html

2016年10月16日の記事
◆箱根駅伝予選会で92年の歴史が途絶える◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e379659.html

2015年1月13日の記事
◆今年も感動の第91回箱根駅伝/往路篇◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e299536.html

2014年1月5日の記事
◆今年も感動の連続、第90回箱根駅伝◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e252032.html

2013年1月6日の記事
◆今年も感動の連続「箱根駅伝」◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e216344.html

2012年1月4日の記事
◆2012年「箱根駅伝」奇跡の襷リレー◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e166616.html

2011年1月4日の記事
◆感動の「箱根駅伝」◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e117307.html











無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年11月05日

岐阜県瑞浪土岐倫理法人会/講演会

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


先般、9月20日に岐阜県土岐市倫理法人会に伺い、モーニングセミナー
の講師を務めてきました。 倫理法人会の講師は久し振りです。
通常は30名ほどの集客らしいのですが、当日は早朝から40名を超える
多くの皆さんが集まっていただき、とっても嬉しい思いでした。
最年少は5歳の男の子も参加していただき、早朝6時からの講演会でしたので近郊の女子高生も参加していただきました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







テーマは「倫理法人会は何を学ぶ会か?」です。 テキストの内容は
①自己紹介
②平成6年独立、その後の苦難
③自分自身の愚かさに気づく
④どん底状態から再起への決意
⑤自分磨き(純粋倫理実践)の覚悟
⑥そして衝撃の倫理指導を受ける
⑦純粋倫理の正しい学びとは

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







私自身が大きく変化するキッカケとなった感動の動画。
藤枝にあります居酒屋「岡むら浪漫」さんが製作したDVDを、許可を
いただいて放映しています。
13分のDVDですので是非ともご覧下さい。












無料経営相談 実施中!!






にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年11月03日

高校野球での感動の裏話/ボークを宣告した審判

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


ドラフト会議が終わり、今年も高校野球界のスター達が指名権を獲得し
たプロ野球球団と交渉して、羽ばたいて行くことでしょう。
青春の全てを甲子園出場に掛けた球児たちはプロへ行き職業として野球
を続ける一部の選手、高校で野球を終える者、大学・社外人で続ける者
、などなどの様々な進路があります。
青春の全てを打ち込んだ高校球児選手の胸の想いには、悔しさや思いや
感動の思い出が記憶として大きく残ると思います。

しかし勝負である以上、どんなプレーにも判定が伴い、甲子園の大舞台
でも甲子園に縁のない高校同士の練習試合にも、ジャッジがあってこそ
高校野球は成り立っています。
1998年夏の甲子園大会2回戦、豊田大谷高校と宇部商業の戦いは、
まさに判定によって甲子園が大きく揺れた試合でした。
延長15回、史上初のサヨナラボークで幕切れした印象的な試合です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







真夏の炎天下、第2試合で気温は38℃。直後の第3試合には春夏連覇
を目指す高校野球のスター、横浜高校の松坂大輔(現ソフトバンク)の
登場とあってスタンドは超満員、異様な熱気と雰囲気でした。
その試合で主審を務めた林清一さんは当時を振り返り「試合は延長に突入していましたが、水分の差し入れが無く、塁審たちもバテて、打球を負いきれなくなっていました。早く決着をつけたいと思ったらジャッジが雑になる。との思いがあり必死で判定していました。」

15回の裏、豊田大谷高校は無死満塁の絶好のサヨナラのチャンスを迎え
ており、宇部商業のエース藤田投手はこの究極の場面で、審判が想定に
なかった動きをしました。
林球審は「審判として一番いけないのはビックリすること。そうならないように、あらゆることを想定するのですが、あの場面ではボークだけは考えてもなかった。」と振り返りっています。
炎天下での延長戦、フラフラの状態であせもすごい勢いで流れている林主審の眼前で、プレート板に足を掛けてセットポジションに入ろうとした手を「ストンと落としました。」


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







林主審は迷わず「ボーク」を宣告、試合は豊田大谷高校のサヨナラ勝ち
となり、「5万人超のスタンド観客は、一瞬静まり返り、それからザワ
ザワする声に変わりました。」と当時を語っています。
もし藤田投手がプレートから足をはずしていればボークではなく誤審となる場面でのジャッジ、試合後に報道陣からは「何であんな場面でボークを取るんだ」「注意で終わらすことは考えなかったのか」などの非常な声も数多くあったようです。
この場を収めたのはベテラン審判員の「審判はルールの番人。以上!」
との一言だったと聞きます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







しかし、この試合の決着には感動の秘話がありました。
甲子園での試合の暗黙のルールとして、ウイニングボールは目立たない
ように、勝利校の主将にプレゼントされるのですが、ウイニングボール
は敗戦校の宇部商業の藤田投手のグローブにありました。
藤田投手がボールを林球審に返そうとしたとき「持っておきなさい。そして来年、また甲子園に来なさい。」と、当時2年生だった藤田投手にプレゼントしました。
勝った豊田大谷高校にはポケットに入っていたボールを手渡しました。

サヨナラボークををした投手にウイニングボールを手渡した林球審です
が、他にも隠れたやり取りがあったと聞きます。
終盤、つるべ打ちに遭った投手が何度も三塁、本塁のバックアップに走り肩で息をしている時、本塁付近で「頑張れ」と声を掛ける。
大敗の終盤、代打に背番号18の選手が出てくると明らかに足が震えている場面では、こっそり「深呼吸しなさい」と囁く。

「甲子園は誰にとっても一世一代の晴れ舞台。少しでもいいプレーをさせてやりたい。」と林さんは言います。
血の通ったルールの番人であればこそ、甲子園で球児は躍動する。その裏舞台を垣間見ました。
素晴らしい感動秘話をしりました。





サヨナラボークの動画












無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年10月18日

【箱根駅伝 予選会】の明暗

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


第94回箱根駅伝の本線出場を懸けた予選会が49校の参加で開催され
上位10校が出場権を獲得しました。
今年も劇的なドラマがあり、古豪・競合校の明暗が分かれました。

予選会レース序盤は予想通り、海外留学生達が飛び出して日本人選手を
置き去りにしてレースがスタートしました。
個人成績ランキングでは上位6今では全て海外留学生を独占し、トップ
通過の第1位は桜美林大学のレダマ・キサイサ選手、日本人のトップは
第7位で帝京大学の畔上選手でした。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







エントリ-は49大学、総勢580名を超える選手がレースに参加。
昨年92年振りに本線「東京箱根駅伝」の出場権を逃がした名門の中央
大学の1年生キャプテン(昨年)だった舟津選手も総合順位で第14位
と大健闘して2年振り91回目の箱根駅伝出場を勝ち取りました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






20キロレースの予選会は各チーム12名までが走ることができ、上位
10人のタイムを合計して争われるチーム戦です。
今年の予選会トップは帝京大学でした。以下、大東文化大学、中央大学
、山梨学院大学、拓殖大学、國學院大學、国士舘大学、城西大学、上武
大学、東京国際大学が上位10校に入り、来年のお正月に開催されます
「第94回箱根駅伝」の本線に出場できる権利を得ています。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






昨年の予選会で第11位となり92年振りの「箱根駅伝」本線出場が、
途切れた中央大学
もキャプテン船津選手の活躍もあり、予選会第3位で通過し、本選出場を掴み取りました。
本線出場ギリギリの第10位には、東京国際大学が2年振り22回目の
出場を決め、選手たちは大喜びでした。
東京国際大学には30歳のオールドルーキー渡辺選手が在籍して大活躍
の上、2年振りでの嬉しい本線出場となりました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







一方では名門の明治大学は13位と惨敗し、本選出場を逃しました。
今期のエース坂口先週が体調不良でレースに欠場、予選会にエントリー
した14選手の中で4番目のタイムをだった三輪選手は、給水ポイント
で倒れた他大学の選手を避けようとして転倒。
左腰を強打して危険となり、レース後に左足を引きづりながらチームに
合流し、本選出場を逃した事実を知り言葉を失っていました。
キャプテンの末次選手は「何より、4年生が予選会のスタートラインに
立っていないのが最大の敗因です。慢心があり、このような結果になっ
てしまい申し訳ありません。」
と応援に駆け付けた関係者に涙ながらに
、うなだれながら挨拶しました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






また箱根駅伝優勝12回を誇り、5年連続87回出場していた日本大学
も第11位となり、本選への出場を逃しました。
第10位の東京国際大学との差は1分31秒、一人当たりに換算します
と9秒差で予選敗退と大変に悔しい結果でした。
海外留学生のワンブィ選手は「一週間前から腰が痛く、レース中は腹痛
を起こし、目標だった57分台には及ばす1分以上遅かったのが残念。
来年また頑張りたい。」
と語っていました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







今年も新興大学、古豪大学、名門大学が入り乱れて「箱根駅伝予選会」
が開催されましたか、今年はテレビ中継があり、視聴率10%を超える
関心の高さを示しています。
来年1月2日、3日が楽しみですね。












無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年10月09日

東京大学、89年振りの2連勝での勝ち点【東京六大学野球】

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


本日は体育の日であり、三連休の最終日ですが如何お過ごしですか。

昨日、東京六大学野球秋季リーグ戦で神宮球場で89年振りの出来事が
起こったことを記事にします。
東京大学が法政大学を8対7で破って連勝し、2002年秋の立教大学戦
以来15年振りに「勝ち点」を挙げました。
法政大学からの勝ち点は24年振り、連勝での勝ち点は1928年以来、
なんと89年振りとなる歴史的な瞬間が訪れました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






一昨日の1回戦に完投勝利をを収めたドラフト候補性、宮台康平投手
6回から連騰し、9回には1点差まで詰め寄られましたが、最後の打者
を打ち取りチームメイトと抱き合い喜びを爆発させました。
宮台投手は「100%の状態ではありませんでしたが、気持ちで投げまし
た。変化球を拾われると走者が帰る可能性があるので、真っすぐで詰ま
らせる方が確立が高いと思い、真っすぐを投げました。」
と冷静に分析
しました。  さすが東大生ですね。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







選手以上に歓喜の喜びが上がったのが東京大学の応援スタンドでした。
東京大学OBや野球部OB、その他の東大応援団が「バンザイ!」での
大合唱で、選手の活躍を心より讃えていました。
学生スポーツならではの一場面であり、見ている人達ーに感動を与える
素晴らしい選手たちの活躍でした。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







東京大学の歴史的な連勝の動画です。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年09月22日

東京大学・宮台投手が慶應戦で勝利

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


来月に開催されるプロ野球ドラフト会議では、早稲田実業の清宮選手の
動向が大注目されていますが、学業で日本最高峰といわれてる東京大学
にドラフト候補性がいるのをご損時ですか。
東京大学の宮台康平投手(4年)がドラフト候補性です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






先日の秋のリーグ戦、慶應大学戦では158球の熱投で2008年秋以来
の9年振りに東京大学に勝利をもたらしました。
宮台投手はピンチを切り抜けるたびにグラブを叩き、感情をあらわらし
て「勝利」に飢えていました。「自分の勝ちより、チームが勝ったほう
が嬉しい。毎回のようにランナーを背負って苦しかったけれど、粘り強
く投げられた。」と語り、昨秋以来のリーグ戦5勝目を挙げ、チームの
連敗も16で止めました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






プロのスカウト評価も高く、左腕ということもあり久し振りに東京大学
からドラフト指名選手が現れることが予測されます。
ことしのドラフト会議、いろんな意味で楽しみとなりました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年09月19日

「本能寺の変」直後の明智光秀の直筆手紙

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


歴史上、戦国時代での最大の謀反といわれている「本能寺の変」
織田信長の重臣であった明智光秀の謀反最大目的が、織田信長より京の
都を追放された第十五代将軍、足利義昭と室町幕府の再興であったこと
が示された手紙の原本が見つかったことが、三重大学の藤田教授が発表
され、インターネットでは大きな話題となっています。
戦国時代の歴史ファンにはたまらないワクワクなニュースです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






藤田教授によりますと本能寺の変、直後に現在の和歌山市を拠点とする
紀伊雑賀衆で反信長派のリーダー格、土橋重治(つちはし・しげはる)
氏に宛てた書状の原本のようです。
原本は現在、岐阜県美濃加茂市民ミュージアムが所蔵しており、形状や
紙質さらに筆致や署名、花押から明智光秀の自筆の可能性が高いと結論
づけ、本能寺の変に関する光秀自筆の書状は極めて珍しいものです。
書状は天正10年(1582年)6月2日の本能寺の変から10日後の12日付
けでのものであることも判明しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






織田信長から京を追放された足利義昭は当時、中国地方を支配していた
毛利輝元の勢力下にある現在の広島県福山市に居を構え、京に戻るとき
には土橋重治が協力することが示され、光秀自身も協力を約束する書状
内容であることも判明しています。
書状には、畳んで書状を入れる包み紙も一緒にあったことから、使者が
極秘に運んだ密書であることが推測されています。
光秀は書状の日付の翌日、備中高松城から引き返した羽柴(豊臣)秀吉
に山崎の戦いで敗れて、逃げる途中で討たれています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「本能寺の変」の動機には、明智光秀と懇意であり織田信長と敵対関係
にあった四国の大名、長宗我部元親(ちょうそかべ・もとちか)の窮地
を救うために行ったといわれる『四国説』や、信長の隙を狙っての自身
の天下盗りを狙った『単独謀反説』、さらには幼少期からの恨みを晴ら
『怨恨説』などの諸説があり、歴史家の間でも謎の部分が多いとされ
てきました。

藤田教授は「足利義昭との関係を復活させた明智光秀が、まず織田信長を倒して長宗我部や毛利らの反信長勢力を奉じられた足利義昭の帰洛を待って室町幕府を再興させる政権構想をもっていたのではないか」と話しています。

謎に包まれていた「本能寺の変」がいよいよ解明されるのか?


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年09月11日

日本人初の100㍍9秒台/桐生祥秀選手

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



一昨日9月9日、日本学生対校選手権男子100㍍決勝にて念願の日本人
初の9秒台の日本記録、9秒98が達成されました。
東洋大学の桐生祥秀選手が日本人初の快挙を達成しました。
記録に影響する風速は記録が公認されるギリギリの追い風1.8㍍。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






桐生選手は決勝では中盤からスピードに乗り、先行していた今夏の世界
選手権ロンドン大会代表の関西学院大学の多田修平選手を抜き去って、
見事にトップでゴールテープを切りました。 大会3連覇でした。
ゴール直後の速報タイムでも、9秒99が電子掲示板に示されており、
桐生選手も大きな手応えを感じていたようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








日本人で初の100㍍9秒台。
これでようやく世界と戦えるスタートラインに立てました。
今後の桐生選手をばしめ、日本選手の活躍が楽しみになりました。
日本人初の9秒台の動画です。












無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年08月25日

天理高校の「仁王立ち応援団長」の涙

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



第99回の全国高校野球選手権大会も記録と記憶に残る大会となり、埼玉
代表の花咲徳栄高校の優勝で閉会しました。
劇的な試合が多く、素晴らしい大会で感動の場面が数多くありました。
そんな中で、私が注目したのは天理高校の応援団長でした。

暑い太陽の下でスクールカラーの紫の袴姿で微動だにせず、厳しい表情
で腕組みをして仁王立ち姿を崩さない姿はテレビにも放映されました。
実はこの応援団長は3年生の野球部員でした。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







選手としてケガで苦しみ続け、1年生の時にはティー打撃の時に打球が
当たり、唇の裏を7針縫う大けがをして前歯の神経が無くなりました。
その後も両足太ももも肉離れ、腰椎分離症、復帰した2年生の秋には、
チャンスをもらったのですが試合中に左足太ももの肉離れ、そして最後
の夏の大会前に猛練習、バットの振り過ぎで右手首軟骨を痛めました。

夏の大会に間に合わない事実に呆然としていた時期、励ましてくれたの
が天理中学時代からの野球部の仲間4人でした。
その中で唯一ベンチ入りした橋本選手が準決勝の広陵高校戦で、6点を
追う9回の先頭打者で内野安打を打った時は、今までの険しい表情から
一転、堪えきれずに涙がこぼれました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






天理高校の応援団のしきたり、「試合中は一切の言葉を発さず、動きも
しない。腕組みをして仁王立ちでグランドを見守る」
これが天理高校の
応援団長のスタイルです。
この姿がNHKをはじめとしてテレビ放映され、注目されました。

スポーツでの感動、素晴らしいですね。
今年も多くの感動の場面をいただき、ありがとうございました。
来年は100回の記念大会ですので、ますます盛り上がることでしょう。

全国の高校球児の皆さん、
      頑張って下さい。













無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年07月21日

筋書きのないドラマ【驚異の大逆転】/高校野球

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



今年も暑い夏がやってきました。
この時期になりますと本来の「ビジネス記事」の投稿から、高校野球の
感動ドラマの記事になりがちですが、どうぞお許しを・・・・

先日、第99回全国高校野球選手権静岡大会にて驚きのドラマが生まれて
大きな話題となっています
静岡県大会2回戦、シード校磐田東高校対静岡大成高校の試合でした。
3回の表を終わり、14対2と12点差で静岡大成高校がリードして、
このまま進むとコールドゲームの可能性もありました。
しかしここから岩田東高校が驚異の粘りを発揮してきました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






甲子園出場経験もある山内監督は「覚悟を決める!」と選手たちを鼓舞
して、コールド負けをしないように点数を取る作戦に出ました。
3回裏に2点、4回裏に1点、5回裏に1点、6回裏に4点、7回裏に
2点と徐々に点数を重ねて、7回を終わり14対12と2点差まで差を
縮めて終盤戦に期待がもてる展開まで挽回していました。
そして8回の攻撃で3点を取り、14対15とついに逆転に成功、9回
に静岡大成高校に点数を取られ延長戦にもつれ込みました。
そして延長11回にサヨナラ安打が出て逆転勝利を収めました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






敗れた静岡大成高校は悔しい試合だったと思います。
絶対的に有利な状況からの逆転負けは、心に焼き付くことでしょう。
しかし、帆船から学ぶことが多いのが高校野球です。
静岡大成高校の皆さん、胸を張って今後の人生の糧にして下さい。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






磐田東高校はベンチ入りの選手20名のうち19名が出場。
3時間41分に及ぶ総力戦を大逆転勝利で制しました。

またまだ地方予選も中盤で、これからも甲子園を賭けた暑い戦いが連日
のように繰り広げられます。
今年は、どんな感動のドラマが生まれるのか楽しみです。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。