2019年01月14日

自然の驚異/絶景の「三十槌の氷柱」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


本日は成人の日で祭日、従って私のビジネスブログも「ゆる記事」。

埼玉県秩父市の大滝地区にある荒川河川敷で冬期限定で絶景スポットが存在することをご存知でしたか。
その名は「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」といわれる石清水が凍って創り上げられる、まさに自然で巨大な氷の芸術です。
1月12日からライトアップが始まり、今が見頃の絶景スポットです。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






ライトアップされていない昼間の時間帯でも、圧倒される自然界の不思議な力を体験できますね。
このライトアップは今年は1月12日から2月11日まで続きます。
ライトアップの点灯時間は平日は午後5時から7時まで、土日祝祭日は午後5時から9時までが点灯時間です。
是非とも一度は行ってみたい絶景スポットですね。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







秩父観光協会大滝支部によりますと、天然エリアの氷柱群は、高さ10㍍、幅55㍍のサイズで国内では最大とされています。
来るまでのアクセスは道路が凍結している恐れがあるのでスタッドレスタイヤの装着がないと辿りつけない可能性があります。
行かれる場合は下調べをして行かれることをお勧めします。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年01月13日

今年も感動の第96回箱根駅伝/復路編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の記事にて「今年も感動の箱根駅伝/往路編」を投稿しましたので
本日は「復路編」を記事にして投稿します。
第95回箱根駅伝の往路優勝はご存知の通り、2年連続7度目になる東洋大学が制しました。
昨年と同じメンバーで5時間26分31秒の往路新記録を樹立し、2位の東洋大学に1分14秒差、5連場を目指していた6位の青山学院大学とは5分30秒差と大きなアドバンテージを得ています。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






復路スタート順は第1位東洋大学、第2位に東海大学、第3位に國學院大學、第4位に駒澤大学、第5位に法政大学、第6位に青山学院大学、の順位で総合優勝を目指して6区山下りが始まりました。
注目は5連覇を目指している青山学院が6区小野田選手、7区林選手と昨年の区間賞コンビが何処までタイムを縮めることができるか。追われる東洋大学、東海大学が何処まで差を維持できるかが焦点です。





*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






6区の山下りから7区への襷リレーの順位、トップは東洋大学、2位は区間で6秒差を詰めた1分8秒差で東海大学、青山学院大学は小野田選手の区間新記録を樹立した快走で15秒詰めて5分15秒差で5位で襷リレーを行いました。
青山学院大学の小野田選手は2年連続の区間賞を獲得して、さらに今年は区間新記録と大活躍でしたが、東洋大学の6区今西選手、東海大学の6区中島選手も区間賞に近いタイムで快走し、青山学院との差が大きくは縮まりませんでした。(東洋15秒、東海9秒が縮まりました)




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






7区は昨年の大会で区間新記録を樹立した青山学院大学の林選手がダントツの走りをして昨年の区間新記録には2秒及びませんでしたが、今年も区間賞を獲得。第1位東洋大学との差を3分48秒としました。
先行していた國學院大學と駒澤大学を抜いて第3位に浮上。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






7区から8区への襷リレーは第1位東洋大学、4秒差で第2位東海大学
、3分48秒差で第3位は青山学院大学が続きました。
東海大学の7区坂口選手がトップ東洋大学との差を1分4秒詰め寄り、4秒差としたことで優勝争いが俄然おもしろくなってきました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






8区は東海大学の鈴木選手と東洋大学の小松選手がトップを並走。
並走が続いたので運営管理車の東海大学の両角監督が「戦略が判ってしまうのでスパートの指示はできない。自分の勘で行け!」と選手に任せるほど信頼をしていました。
東海大学の小松選手は14.6㌔付近で仕掛けをして一気に突き放して、最古の区間記録1997年の古田選手(山梨学院大学)の記録を22年振りに塗り替える区間新記録でトップを奪取しました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






8区から9区への襷リレーの順位は、1位は逆転した東海大学、2位は51秒差で東洋大学、3位は4分29秒差で青山学院大学。
区間賞は新記録を樹立した東海大学小松選手、区間第2位は青山学院大学の飯田選手、区間第3位は東洋大学の鈴木選手と上位3校が区間でもトップ3を独占しました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第9区は復路の「花の2区」の裏返し区間、23.1㌔の長丁場です。
優勝争いは完全にトップ3に絞られましたが、9区で差が出ました。
第1位を走る東海大学は、湊谷選手が区間2位の記録でトップを維持する堅実な走りに対し、第2位の東洋大学の中村選手は区間19位と完全にブレーキとなり、第3位の青山学院との差を縮められました。
区間賞は青山学院大学の吉田選手が獲得しました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






9区から最終アンカー10区への襷リレーの順位は、
第1位は東海大学、3分35秒差で第2位は東洋大学、トップと刃3分43秒差、2位とは8秒差で第3位は青山学院大学でした。
今年も残念ながら10区繰上げスタートが4大学ありました。
母校の襷が途絶えたのは上武大学、城西大学、山梨学院大学、国士舘大学が繰上げスタートとなってしまいました。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







アンカー10区は2位東洋大学と3位の青山学院大学が逆転。
初優勝での総合優勝は東海大学。
第2位は復路優勝の青山学院大学。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。




第3位は東洋大学。

第4位は駒澤大学。

第5位は帝京大学。

第6位は法政大学。

第7位は國學院大學。

第8位は順天堂大学。

第9位は拓殖大学。

第10位は中央学院大学。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






来年の箱根駅伝のシート校は上位10校。
シード権落ちした名門の中央大学と早稲田大学がゴール前のデットヒートで先着を争いましたが、結果は11位に中央大学、秒差なしで12位が早稲田大学という着順になりました。
大学駅伝の名門校、中央大学・早稲田大学・日本大学・日本体育大学・大東文化大学が来年の箱根駅伝は予選会を突破しないと本選には出場できない厳しい現実となった大会でした。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






来年の第96回箱根駅伝は新元号となって最初の大会となります。
どんな大会になるのか今から楽しみです。
今年も選手の皆さん、関係者の皆さん、大会本部の皆さん、お疲れ様でした。 来年もよろしくお願いします。











過去の箱根駅伝の記事

2019年1月11日の記事
◆今年も感動の第95回箱根駅伝/往路編◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e462482.html

2018年12月29日の記事
◆第95回箱根駅伝の注目選手」/早稲田大学、中谷雄飛選手◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e462478.html

2018年1月7日の記事
◆今年も感動の「第94回箱根駅伝」/復路篇◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e429686.html

2018年1月5日の記事
◆今年も感動の「第94回箱根駅伝」/往路篇◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e429685.html

2017年11月11日の記事
◆箱根駅伝100回記念大会から全国化を検討◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e422762.html

2017年10月18日の記事
◆箱根駅伝予選会の明暗◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e422748.html

2017年1月5日の記事
◆感動の「第93回 箱根駅伝」の復路◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e391897.html

2017年1月3日の記事
◆感動の「第93回 箱根駅伝」の往路◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e391896.html

2016年10月16日の記事
◆箱根駅伝予選会で92年の歴史が途絶える◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e379659.html

2015年1月13日の記事
◆今年も感動の第91回箱根駅伝/往路篇◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e299536.html

2014年1月5日の記事
◆今年も感動の連続、第90回箱根駅伝◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e252032.html

2013年1月6日の記事
◆今年も感動の連続「箱根駅伝」◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e216344.html

2012年1月4日の記事
◆2012年「箱根駅伝」奇跡の襷リレー◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e166616.html

2011年1月4日の記事
◆感動の「箱根駅伝」◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e117307.html












無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年01月11日

今年も感動の第95回箱根駅伝/往路編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


新しい年が明けて今日で10日、正月気分も抜けて仕事にもエンジンが
掛かってきた今日この頃ですね。
今年も私自身の「感動」は、正月恒例の箱根駅でスタートでした。
本日は1月2日に行われました東京大手町をスタートし、箱根芦ノ湖をゴールとする「箱根駅伝往路編」をお届けします。
今年も東京大手町の讀賣新聞社前には、多くの箱根駅伝のファンが集まり人気の高さを物語っていますね。

そしてスタートして約30秒後、いきなりのアクシデントが発生。
大東文化大学1区の新井選手が転倒するという光景が放映されました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






危うく棄権の瀬戸際でしたが何とか母校の襷を2区のランナーに繋ぐ力走をしましたが、とても痛々しい姿でした。
トップとは8分40秒の差がついて、残念ながら3区の戸塚中継所では繰上げスタートなり、母校の襷が途切れてしまいました。
本来の力を出す前のアクシデント、ご本人は大変に残念でしょうがこれを糧に強い精神力を養ってほしいです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






1区の区間賞は東洋大学2年生の西山選手が獲得、7年振り2年連続の
区間賞という快挙を達成しました。
今期の駅伝シーズンは絶不調だった西山選手ですが、出雲駅伝2区6位
、全日本大学駅伝は2区14位と不本意な結果が続いていましたが箱根駅伝では名誉挽回のトップでの襷リレーを実現しました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







エース級のランナーが集まる「花の2区」、今年のレースでは外国人留学生による「ごぼう抜き」が際立っていました。
特に際立ったのは日本大学の留学生ワンブイ選手、17位でタスキを受け取つた後に13人抜きの4位まで順位を押し上げ、歴代2位の好記録で区間賞を獲得しました。 見事な快走でした。
拓殖大学のデレセ選手も6人抜きで12位から6位までアップ。
日本人ではオリンピックランナーの順天堂大学の塩尻選手が区間2位の好記録で19位から10人抜きの9位までジャンプアップさせました。


2区から3区へのタスキリレーは46年振りに国士舘大学がトップでのリレー、ケニアからの留学生のヴィンセント選手が22㌔付近で東洋大学を捉えて、9位からトップまで押し上げました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







3区は5連場を目指す青山学院大学のエースで主将の森田選手が快走、区間新記録を記録して8以からトップまで押し上げました。
前年10月に股関節を痛め12月の走り込みが不足しており、エース区間の2区を回避しての3区に回り、区間新記録の改装は見事です。
2位にはトップと8秒差で東洋大学が続き、3位に駒澤大学、4位には
東海大学が続き、國學院大學が5位でのタスキリレーとなりました。





*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






4区はスタート早々、東洋大学の相沢選手がトップを走る青山学院大学の岩見選手を捉えてトップを奪取。
相沢選手は1時間0分54秒と区間新記録を達成する快走。
4区は2005年にコース変更され、2017年には元のコースに変更された
ために2005年以降の記録は参考記録扱いですが、元マラソン日本記録
の保持者、藤田敦史氏が1999年に記録した不滅の1時間0分56秒の事実上の区間記録を更新する大記録を樹立しました。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







2位東海大学に2分48秒差、3位青山学院大学に3分30秒差の大差をつけて山登り5区の選手にタスキをつなぎました。
例年では、5区山登りで「感動ドラマ」や「大逆転」がありますので、
テレビに釘付けになる時間でした。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








5区山登りに入り、「ごぼう抜き」が始まったのが12位でタスキを受けた法政大学の青木選手でした。
スタートから順天堂大学、東京国際大学、拓殖大学、明治大学、中央大学、帝京大学、そして5連覇を目指す青山学院大学も含めて7人抜きの快走。チームを往路5位まで押し上げました。


その法政大学の青木選手を上回る快走をしたのは、國學院大學の浦野選手でした。1時間10分54秒の区間新記録をマークして、チームを3位に押し上げました。
6位でタスキを受けてから大学史上初の往路最高の3位と大躍進。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







第95回箱根駅伝の往路の優勝は2年連続7度目の東洋大学でした。
5区の山登り田中選手は区間9位で走り、2位の東海大学に1分14秒の差をつけて5時間26分31秒の往路新記録を樹立。
3位は國學院大學、5連覇を目指す青山学院大学はトップの東洋大学とは5分30秒差の6位と大差がつきました。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






過去の箱根駅伝の記事

2018年12月29日の記事
◆第95回箱根駅伝の注目選手」/早稲田大学、中谷雄飛選手◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e462478.html

2018年1月7日の記事
◆今年も感動の「第94回箱根駅伝」/復路篇◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e429686.html

2018年1月5日の記事
◆今年も感動の「第94回箱根駅伝」/往路篇◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e429685.html

2017年11月11日の記事
◆箱根駅伝100回記念大会から全国化を検討◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e422762.html

2017年10月18日の記事
◆箱根駅伝予選会の明暗◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e422748.html

2017年1月5日の記事
◆感動の「第93回 箱根駅伝」の復路◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e391897.html

2017年1月3日の記事
◆感動の「第93回 箱根駅伝」の往路◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e391896.html

2016年10月16日の記事
◆箱根駅伝予選会で92年の歴史が途絶える◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e379659.html

2015年1月13日の記事
◆今年も感動の第91回箱根駅伝/往路篇◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e299536.html

2014年1月5日の記事
◆今年も感動の連続、第90回箱根駅伝◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e252032.html

2013年1月6日の記事
◆今年も感動の連続「箱根駅伝」◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e216344.html

2012年1月4日の記事
◆2012年「箱根駅伝」奇跡の襷リレー◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e166616.html

2011年1月4日の記事
◆感動の「箱根駅伝」◆
  ➡ http://tozuka.boo-log.com/e117307.html














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年01月05日

豊洲市場初競り、史上最高の落札/3億3360万円

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


築地から昨年10月に移転した豊洲市場で、初めてとなる新年度最初の
取引「初競り」が5日早朝に行われました。
今年も初競りの一番マグロは、すしチェーンの「すしざんまい」を運営
する喜代村の木村社長が競り落としました。
青森・大間産の278㎏の本マグロの競り落とし価格は、3億3360万円と
過去最高額での落札となりました。
これまでの最高額は2013年に同じく喜代村が落札した222㎏の大間産の本マグロ、落札価格は1億5540万円でした。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








小池百合子都知事も見守る中で競りが始まり、落札と同時に大きな歓声と、どよめきが起こりました。
落札した喜代村の木村社長は「え~? そんなに。 やっちゃいましたね。やり過ぎちゃった。5000~6000蔓延ぐらいかと尾根っていました。すぐに銀行へ行かないと。」と笑顔で語っていました。
ちょっぴり反省した様子でしたが「最高のマグロです。お客様に食べていただき、元気をつけていただきたい、全店舗で提供します」。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






過去の初競りの記事
2016年1月3日投稿記事
◆築地市場最後の初競り、マグロ最高値3645万円◆
   ➠ http://tozuka.boo-log.com/e429684.html
2016年1月8日投稿記事
◆築地市場のマグロ初競りに観る景気動向◆
   ➠ http://tozuka.boo-log.com/e345059.html
2016年1月5日投稿記事
◆正月恒例、築地市場最後の「初競り」◆
   ➠ http://tozuka.boo-log.com/e391898.html














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年12月21日

登美丘高校ダンス部が踊る「HOT LIMIT」が大ブレイク

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


昨年、荻野目洋子のバブルの大ヒットソング「ダンシングヒーロー」
平野ノラさんのネタをミックスさせた「バブリーダンス」
が大ブレイク
したのは記憶に新しいことだと思います。
ブレイクさせたのは大阪府立登美丘高校ダンス部でしたね。
Mステ、紅白歌合戦などに出演してMVの再生回数は7300万回を超える空前のリバイバル大ヒットとなりました。
その登美丘高校ダンス部が新作のMVを公開し話題となっています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








今回の新作はT.M.Revolutionの 【HOT LIMIT】がテーマのダンス。
今回もキレキレの踊りとチームの一糸乱れぬ動きや、空撮シーンを盛り込むなどして素晴らしい出来栄えとなっています。
ユニークな衣装とキレキレの動きは、とても高校生の部活動とは思えないクオリティーの高さだと絶賛されています。
そして大阪独特の笑いとウケ狙いの露出度の高い「HOT LIMITスーツ」
に加え、本人の髪型まで再現したカツラなど完成度が高いですね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








MVの再生回数も781万回(12月20日)と大ブレイク中です。
ネット上では動画を絶賛する声が多く、昨年の「ダンシングヒーロー」も凄かったですが今年の「HOT LIMIT」の見ごたえも素晴らしいです。
西川貴教さんとのコラボも実現する日が楽しみです。(笑)

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。




登美丘高校の動画はコチラ














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年08月23日

感動の第100回全国高校野球選手権大会/決勝戦

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


今年の全国高校野球選手権大会は、大阪桐蔭高校が史上初となる2度目
の春夏連覇を達成して幕を閉じました。
決勝戦は秋田県代表の県立金足農業高校との戦いでありましたが、思わぬ大差がつき13対2というスコアになりました。
今年は平成最後の大会でもあり、第100回の記念大会として開催され
、例年以上に盛り上がった大会だったのではないでしょうか。
選手の活躍により感動の連続であり、人々の心を揺さぶりました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







第100回の記念大会の主役は優勝した大阪桐蔭高校ですが注目度№1
だったのが、金足農業高校の吉田輝星投手ではないでしょうか。
決勝戦までの5試合すべてマウンドを守り続け、金足農業の躍進の原動力となったことは皆さんご存知の通りです。
後に審判から注意を受けるのですが「侍ボース」として、マウンドでの
自分自身への士気高揚にも注目が集まっていました。
プロも注目する高校球界№1の右腕であることなに間違いありません。
偶然にも私のブログでも地方大会の前での注目投手ということで、記事にして投稿していました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







しかし、その鉄腕ぶりを発揮した吉田投手ですが決勝戦では既に限界に達しており、初回から失点重ねてしまいました。
そして4回あたりから下半身、特におしり周辺が動かなくなりマウンド上でも見せたことのない膝に手をつくポーズをするなど、既に体力の限界を超えていたようです。
そして5回の大阪桐蔭の猛攻を受けていた時に激励の声を掛けにきた
二塁手の菅原選手に独り言のように呟いたそうです。
「オレ、もう投げられない」
この回が終わり佐々木主将と共に監督に投手交代を進言しました。
5回を投げ12失点、この試合132球を投げてこの夏初めて金足農業高校のマウンドを降板しました。










試合後は涙が止まらなかったようです。
吉田投手の防止には「マウンドは俺の縄張り 死ぬ気の全力投球」と書き込まれているようです。
最後に残っている力の限り投げたのですが全く通用しませんでした。
潔く完敗を認めて「力を出し切ったけど、歯が立たなかった。しかし、このまま悔しいままでは終われない。これからの野球人生で取り戻したい。」と涙ながらに語ってくれています。
本人は「応援してくれた人たちに優勝を届けられずに残念です。」と、周囲の人達に気遣いをするコメントを残しています。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









選手の皆さん、大変にお疲れさまでした。
一度ゆっくりと休養して英気を養って下さいね。
そし応援団の皆さん、関係者の皆さん、大会関係者の皆さん、猛暑の中をご苦労様でした。
お陰様で私達、見ている側が大きな感動と勇気をいただけくことができました。
今後益々、高校野球が発展しますことを祈念しています。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年08月16日

感動の第100回全国高校野球大会/逆転サヨナラ満塁ホームラン

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


連日、夏の甲子園大会では熱戦が続いています。
第100回の記念大会に相応しい感動の好試合が続出していますが、ここまでで最高の感動試合は何といっても星稜高校対済美高校の延長タイブレイクではないでしうか。
観ている者を感動させる高校野球の素晴らしい試合でした。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







試合は初回に星稜高校が5点の大量得点を奪い、3回の表を終わり6対0と一方的に試合となり8会の表を終わり7対1。
済美高校の攻撃は8、9回となり6点差は難しいと思われました。
星稜高校は予定通り3人の投手のリレーで8会まで1失点、8回の裏から4番手の竹谷投手がリリーフとなりました。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ここから沈黙していた済美高校の打線の猛攻撃が始まりました。
先頭バッターが死球、二番目のバッターが内野安打と続き、タイムリー
ヒットが出て7対2と反撃がスタート。
続くバッターもタイムリーで7対3、ヒットが続き満塁で死球の押し出しで7対4、満塁からタイムリーが出て7対6と1点差に迫りました。





*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







1点差となって登場したのが9番バッターの政吉選手、1ボール後の2球目を強振し、レストスタンドへの3ランホームラン。
8回の裏は何と8点、奇跡の大逆転劇となりました。
そして9回の表の星稜高校をゼロに抑えれば試合終了ですが・・・





*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ところが甲子園の勝利の神様は「気まぐれ」です。
8回の裏に大逆転され万事休すと思われた星稜高校が粘り、9回の表に2点を取って同点となり延長戦に持ち込む驚異の粘りをみせました。
さぁ、ここから先が予想できない感動のドラマに突入です。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ついに9対9で延長戦に突入。
延長10回、11回と点数が入らずに延長12回裏の済美高校の攻撃は
一死満塁、カウントはスリーボールワンストライク。
ボールを投げればサヨナラで試合が終了する済美高校には大チャンス、
星稜高校にすれば究極のピンチとなりました。
ここで星稜高校2年生の寺沢投手が奇跡の投球を見せました。
ヒットはもちろん四死球やエラーや暴投、パスボールすら全てが許されない絶体絶命の大ピンチにも拘わらず、二者連続で見逃しの三振に仕留めて延長タイブレークに持ち込みました。
ベンチに帰ってきた寺沢投手を監督が抱きしめる場面が印象的でした。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






そして大会規定による今大会2回目のタイブレークに突入しました。
選考の星稜高校は無死一塁二塁のチャンスを活かし、13回の表は2点を取り済美高校にプレッシャーを与えました。
この時点で勝負があったかと思われましたが、済美高校の粘りはここから始まり感動ドラマへと続きました。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







2点を追う済美高校は13回の裏、同じ条件無死一塁二塁からセーフティバントが成功して無死満塁とチャンスが拡大。
ここで登場したのが済美高校の一番バッターの矢野選手でした。
カウント2ボール1ストライクから112㌔のスライダーを強振、打球は高く舞い上がりライトポールを直撃、大会史上初めての逆転サヨナラ
満塁ホームランと感動の幕切れとなりました。
私も偶然、テレビ観戦して観ていましたが感動で震えました。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







選手の健康管理を理由に今大会から適用となりました「タイブレーク」制度が生んだ感動のフィナーレでした。
タイブレークには賛否両論があり、反対意見も多いのですが事前に決まっているルールです。

済美高校の皆さん、感動をありがとうございます。
星稜高校の皆さんは悔しいでしょうが、3年生の生徒さん達はこの悔しさをこれからの人生に活かして下さいね。
2年生の生徒さん達は、この悔しさをバネに来年の甲子園で悔しさを晴らして下さいね。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






ダイジェスト動画















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年08月04日

甲子園大会地区予選での感動サヨナラ弾

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


いよいよ明日から、第100回全国高校野球選手権大会が開幕します。
抽選会も終わり対戦相手も決まっていますので、相手校の対策や研究に余念のない高校もあることでしはょうね。
今年はどんな感動ドラマが生まれるか楽しみでワクワクします。(笑)

そのような高校球児の聖地、甲子園出場を掛けての地区大会の決勝戦で
ドラマチックな劇的瞬間がありました。
西東京大会の決勝戦、日大三高と日大鶴ケ丘高校との決勝戦でした。
8回が終わって3対3の同点、9回の表の日大鶴ケ丘高校は0点、9回
裏の日大三高が0点ならば延長戦に突入する緊縛した試合です。
日大鶴ケ丘高校には、私のブログでご紹介したプロ注目の勝又温史投手がエースとして決勝戦までコマを進めてきました。
そして運命の9回の裏、日大三高の攻撃は一死一塁でバッターは強打の
日大三高の四番、大塚選手でした。
日大鶴ケ丘高校の勝又投手の投げた154球目の変化球を強振。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








大塚選手の打球はレフトスタンドに入る劇的なサヨナラ2ホームラン。
ダイヤモンドを回る大塚選手は大喜び、チームメイト達もホームベース
付近に集まり歓喜の甲子園出場が決定しました。
打った大塚選手は「後ろにつなぐ意識」でってと言っていましたが、予測していた直球ではなく変化球に体がうまく反応して打てたようです。

最速150㌔を超える日大鶴ケ丘の勝又投手は思わずマウンドで座り込
んでしまい打球の方向、レフトスタンドを見つめていました。
この試合で154球を投げた勝又温史投手は閉会式後、熱中所の症状を訴えて救急車で病院へ搬送されました。。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








決勝戦で破れた日大鶴ケ丘高校のナインは号泣する選手が続出。
いかに劇的でドラマチックな試合だったかを物語る感動シーンでした。
近くに見えていた憧れの甲子園出場が、一瞬で消え去ってしまった日大鶴ケ丘高校の選手の皆さん、堂々と胸を張って下さい。
見るものすべてに感動を与える素晴らしい試合でした。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





ダイジェストの試合動画を掲載させていただきます。
約47秒の動画です。
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL7Z3JT5L7ZUTQP00H.html











無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年05月20日

感動のテレビCM/東京ガス

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


偶然、facebookでのお友達ページを観ていましたら感動の動画を発見してしまいました。 ヤバイ動画です。 (^_^;)
日常生活での感動場面ばかりで涙腺が完全崩壊しています。
最初の30秒ほどは副業の動画です。 是非ともご覧になって下さい。

*インターネットより動画を抜粋させていただきました。









無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年03月10日

今日の気づき【打つ手は無限】

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!




⬛本日の気づき⬛


  【滝口長太郎氏】の言葉より

  素晴らしい絵画よりも、
  とても素敵な宝石よりも
  もっともっと大切なものを私は持っている。
  どんな時でも、どんな苦しい場合でも
  愚痴を言わない。
  参ったと泣き言を言わない。

  何か方法はないだろうか。 
  何か方法はあるはずだ。
  周囲を見回してみよう。 
  いろんな角度から眺めてみよう。
  人の知恵も借りてみよう。
  必ず何とかなるものである。
  
  なぜなら打つ手は常に無限であるからだ。


 【打つ手は無限】





*豊田成果塾での講話での写真を抜粋させていただきました。











無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。