2018年10月01日

三菱東京UFJが発行する仮想通貨「MUFGコイン」の展望

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


最近、何かと話題の多い「仮想通貨」ですが三菱UFJフィナンシャル
・グループ(MUFG)の仮想通貨発行はビックニュースでした。
ブロックチェーン技術を活用して、今後発行を計画してるようですが、
大手メガバンクであるMUFGは世界規模の金融グループであり、仮想
通貨の発行においても世界規模の影響力が考えられています。
ユーザーは十数万人以上となる見通しも発表されています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








MUFGコインは独自のブロックチェーン技術を米国企業と共同で開発
され、保有されている処理能力は1秒間に100万件以上のデータ処理
を可能とする能力を保有しています。
世界規模のクレジットカードVISAカードでさえ1秒間に1万件に届か
ない処理能力であることを考慮すると、桁違いの処理能力です。
MUFGコインが目指すところは現在、仮想通貨の断トツに信頼されている「ビットコイン」以上に信頼されることを目指し、コンビニやあらゆる新技術に柔軟に対応する姿勢を示しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








仮想通貨市場において、日本のユーザー数は世界トップクラスであり、
投機目的・使用目的を問わず注目度は大変に高くなっています。
MUFGコインの使用用途はビットコイン以上と想定され、データ処理速度・価値などでも安定性のある仮想通貨となる可能性があります。
今後、日本ではMUFGだけでなく、みずほ銀行・ゆうちょ銀行・地銀の連合による仮想通貨の発行も予定されています。
激しいシェア争いが繰り広げられる可能性が大きいですね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ビットコインの歴史は2008年、なぞの人物「サトシ・ナカモト」氏の論文がインターネットで発表されたことがスタートです。
そして2009年に運営が開始されたのですが、国家や中央集権に管理されない「国民のお金」という目的を持っています。
少なからず、その趣旨に賛同するユーザーも存在します。

大手メガバンクの利権が絡んだ「仮想通貨」が今後、どのように展開するのか、大変に興味深く動向を見守ります。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年09月29日

ローソンのスイーツが大注目/後編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の投稿で「ローソンのスイーツが大注目/前編」を記事にして投稿しましたが、本日は後編をお届けします。
コンビニ業界でのシェア争いの中、ローソンが「コンビニチョコレート戦争」の切り札として商品開発したのが、ダーク・ミルク・ホワイトの
3種類以外で約80年振りに発見された『ルビーチョコレート』
「ルビーチョコレート」とは美しいルビー色で濃厚なフルーティーさと
フレッシュで酸味を感じる香りで、着色料もフルーツフレーバーも一切使用していない第4のチョコレートとして注目を浴びでいます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








9月25日に第1弾として発売したのがローソンのデザート「プレミアム ルビーチョコレートのロールケーキ」(税込350円)です。
原料はブラジル、エクアドル、コートジボワールなどのカカオ産出国で育ったカカオ豆。スイスが本社の世界有数のチョコレート会社が長年の研究の結果、ルビーカカオ豆を特定のチョコレート製造過程における最適な加工方法で見出した製品です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








1月にはネスレ日本が「キットカット」ブランドで「サブリムルビー」としてルビーチョコレートを世界で初めて販売し、この秋からローソンで限定先行販売を実施します。
ローソンでは限定先行販売を積極的に行い、11月にはショートケーキを発売、12月にはルビーチョコレートのショコラケーキを発売する予定。
そしてスイーツ業界最大のクリスマス、バレンタイン商戦に突入して本格的な戦いがスタートします。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








この秋にスタートした「コンビニチョコレート戦争」は、クリスマスやチョコレート決戦の年間最大ピークがスタート、各社は未発表のスイーツやチョコレートもあり、今後の展開から目が離せません。






















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年09月26日

ローソンのスイーツが大注目/前編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


秋が深まりつつある今日この頃ですが、ここ数年風物詩として目立つの
がコンビニエンスストアの新作チョコレートの競い合いです。(笑)
今年は少し様相が変わり、チョコレート商戦が「スイーツ商戦」に大き
く、さま変わりしていることに気づいていましたか。

特にチョコレートスイーツの人気を牽引しているのが、2017年6月より
スタートしましたローソンの「GODIVA」シリーズです。
高価格帯の商品にもかかわらず、限定商品であるという希少性が販売に拍車を掛けて好調な売れ行きをしているとのことです。
9月4日に発売された秋の味覚である栗を使用した「GODIVAショコラモンブラン」(税込480円)と「GODIVAショコラケーキ」(税込350円)が満を持して発売されました。
それぞれ130万個と120万個の限定商品となっており、数は多いのですが全国のローソンで販売ですので早めに買うことをお勧めします。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









ローソンのGODIVAスイーツにはロイヤルユーザーが多く、女性客
の獲得に成功している結果となっています。
GODIVAの監修とローソンの商品開発は相乗効果を生んで、全国の
店舗での展開を視野に大量生産を背景として良質な原材料の使用を可能
として、通常のGODIVAより買いやすい価格で提供しています。
ローソンにとって通常スイーツより高単価で、売上と利益に貢献。
GODIVAにとっても国内の客層の拡大とロイヤリティ収入のアップによる利益確保が実現でき「Win-Win」の関係が成立しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ローソンが秋のスイーツ企画第2弾として発売したのが、日本の季節感
のある慣習「十五夜」向けの商品を発売しました。
「GODIVAお月見ショコラ大福」(税込900円)が、今年のお月見9月24日に合わせて、9月21日~23日の3日間限定で発売されました。
まだ販売結果は発表されていませんが、新しいスイーツとしてお客様に支持されるか、結果が大変に注目されています。
過去に例のないスイーツで900円という単価にもコンビニで通用するのか、こちらも結果が待ち遠しいですね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ローソンのスイーツが他のコンビニを一歩リードした形ですが、チョコレート戦争も激しい戦いが繰り広げられています。
次回はスイーツ戦争と同様の「チョコレート戦争」をお届けします。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年09月23日

ビジネスモデルの変革/レナウン新サービス「着ルダケ」後編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の投稿で「ビジネスモデルの変革/レナウン新サービス“着ルダケ”前編」を記事にしましたが、本日は後編をお届けします。
アパレルメーカーであるレナウンが、なぜ本人専用のスーツレンタルサービス事業に乗り出したのでしょうか。
同社はこれまで、百貨店などの販路を中心にスーツの販売をしてきましたが、百貨店業界全体の売上高は長期的に低迷傾向。
そこで販売の新しいビジネスモデル構築が必要に迫られました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







そこで新しい販路として着目したのが「販売ではないビジネスモデル」
という、今までの同社の常識を根底から変える発想でした。
その中で出てきた答えが、様々な業界で広がりを見せている利用期間に
応じて料金を支払う「サブスクリプション」ビジネスでした。
市場調査から衣料品をシェアすることに抵抗感がある人が相当数いることが判ったため、敢えてお客様専用のスーツにこだわりました。
ファッションにあまり関心のない人たちに向けたサービスという位置づけで、今までターゲットにしていない客層へのアプローチです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








この企画がスタートしたのが2017年初頭。
しかし同社には「サブスクリプション」ビジネスの経験者がおらず、プランや価格の設定か最大の課題でした。
担当者は「選択肢をどこまで多くすればいいのか、多すぎても選びきれない。などの課題が次から次ぎえ出てきて最終的には商品構成と価格のバランスに絞って検討して行きました。」と苦労したようです。

モニター利用の段階では現在の高価格プラン月額12,000円に価格を設定し、これに対してのお客様の反応は「月額10,000円を超えるなら、いらない」が多く、価格の設定が最難関でした。
そして最終的に採算ギリギリの価格5,000円を切る4,800円という価格設定がスタートすることができました。

レナウンでは5年以内に利用者を1萬人まで増やしたい意向です。
同社の紳士服業界の新しいビジネスモデルがどのように成長するか興味深く見守っていきたいと思います。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年09月17日

ビジネスモデルの変革/レナウン新サービス「着ルダケ」前編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


平成が終わろうとしている今年、いよいよビジネス全体の大きな改革が
スタートして加速する時代に突入してきました。
全ての業界で新しい『ビジネスモデル』の変革が始まっています。

そのような時代環境の中で、本日は紳士服業界のビジネスモデル変革の
実例がネットで掲載されていましたのでご紹介します。
有名紳士服ブランド「ダーバン」などで知られているアパレルメーカー
レナウンが「ビジネスモデル変革」を試みたサービスを開始。
サービス内容はスーツ月額利用サービス、ネーミングは「着ルダケ」

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








レナウンが今年7月よりスタートさせた新サービス「着ルダケ」は、月額制のビジネスウェアトータルサポートサービスと謳っています。
利用者は年2回、春夏と秋冬のシーズンにレナウンからスーツが届けられるプランであり、基本プランは2パターン。
最もお値打ちなプランは、1シーズンにスーツが2着提供されて、月額料金は4,800円(税別)となっています。
衣替えのタイミングでスーツを送り返すと、レナウンがクリーニングと商品保管をしてくれて、次の衣替えのタイミングで再度届けてくれるというシステムを採用しています。
サイズ展開は4種類の体型と4種類の身長との組み合せから選べます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








スラックスにはアジャスターが付いており、プラスマイナス7㎝まで調整可能になっており、裾上げだけのお直しで済みます。
利用希望者はレナウンのEC(ネット通販)サイトから申し込みます。
最初だけ自分自身のサイズを計る手間がありますが、簡単便利で消費者にとっては嬉しいサービスであることは間違いありません。
さらに、このサービスで注目するのはビジネススーツがレンタルスタイルで借りれるのではなく、その客のみの自分専用でのスーツをシーズン(半年)ごとに2年間利用できることを最大の売りにしています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「着ルダケ」で取り扱いしているスーツは平均販売価格は5~6万円。
2年間で4着を利用できますので、購入した場合は24万円相当となり、そのスーツが自分専用で月額4,800円で2年間利用した場合は利用料が12万円弱で利用できます。
しかもクリーニング代も料金に含まれ保管もしてくれます。

契約期間は半年単位で契約でき、契約終了後にはスーツを1着15,000円で買い取ることも可能となっています。
ネクタイが付いているプランもあり、半年ごとに3本が死球されるプランもありますので選択肢も広がっています。

次回は後編をお届けします。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年09月11日

焼肉業界の低価格・高回転の新業態「焼肉ライク」/後編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の記事「焼肉業界の低価格・高回転の新業態“焼肉ライク”/前編」を記事にして投稿しましたが、本日は後編です。
前編でコンセプトなどを記事にしましたので、今回は具体的なオペレーションの工夫やサービス内容について記事にします。

メニューは大きく分けて2種類。
肉にご飯、キムチ、スープがついた「おすすめセット」か、肉単品とご飯などを組み合わせる「カスタムメニュー」から選びます。
お手頃は530円と低価なセットメニューであり、ランチやディナーとして区分けしていないので、ディナーと考えれば割安感は抜群です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







肉は専門家がカットしているので、提供される肉はほぼ均一であり厚さの違いやスジが残っているということはないようです。
肉質も柔らかくて甘めのタレと相性が抜群であり、カウンターに置いてある「ゆず胡椒」や「七味」などを活用して好みによる味の微調整も、お好みによって変えることか可能です。

そして驚いたのが焼肉での大変に重要な「網の処理方法」です。
一般的には、食べ終わった後に網を外して汚れや焦げつきを落とす作業が待っています。これが意外と重労働で非効率的な作業です。
「焼肉ライク」では「網の汚れや焦げつきを落とすのは時間のムダ」と判断して、一回ごとの使い切りを選択しています。
狭い厨房で何度も網を洗う手間は流行の「働き方改革」です。(笑)


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








当初は都心の繁華街を中心として出店を狙い、1号店は新橋という男性のサラリーマンが多い場所を選定しました。
今後は女性1人でも立ち寄れる内装や、郊外店ではファミリー層も目良って出店攻勢を掛けていくようです。
ファミリー層狙いの店舗ではカウンタースタイルではなく、テーブルスタイルになり、実態は「ひとり焼肉」とは異なりますが、西山会長は「家族4人で来店し、1人300㌘の焼肉がついたセットを食べたとしても合計4800円で食べられる店は他にはないのではないか。」と大きな期待を寄せています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








外食はしたいが外食に手間とお金を掛けたくない人の潜在需要はかなりのマーケットが存在していることが予測されます。
料理提供が早く、見た目も綺麗。さらに低価格の「ファスト焼肉」。

店側からも肉のカットが不要で、料理はお客さんが自ら焼くスタイル。
網の清掃もなく、従業員指導の教育の手間も半減しています。
焼肉の新業態が世間を席巻する日が来るのかもしれませんね。




























無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年09月09日

焼肉業界の低価格・高回転の新業態「焼肉ライク」/前編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


「高回転」「立ち喰」による低価格戦略で人気を集めて店舗を拡大して
いる焼肉業界の超人気店が『いきなりステーキ』です。
同店同様「低価格」「高回転」の焼肉を売りにした新ブランド・新業態
が2018年8月29日に新橋に1号店を開業しました。
1席につき1つのロースターがつく、いわゆる「1人焼肉」の新業態
手掛けたのは「牛角」創業者で国内外に焼肉店や焼き鳥店など190店舗
を手掛けるダイニングイノベーションの西山知義会長。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







店舗のコンセプトは「1人でも気軽に行ける、ファーストフードのような焼肉店」として、新ブランド・新業態を作るにあたっては回転ずしを意識した焼肉業界で新たな試みにチャレンジしています。
「牛角をきっかけに低価格の焼肉店が増えているが、客単価は3,000円
前後。回転ずしが2,000円程度なので1,000円も高い。焼肉も回転率を
上げれば多くの客に対応できるので、もっと低価格にできるのでは。と
考えました」。
西山会長は語っています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







お店のスタイルは、入口をくぐってすぐの場所に12名が座れる大きなカウンターテーブルがあり、1席ごとにロースターが用意されてます。
全部で21席ほどの際さな店舗となっています。
回転率を上げるために立ち喰いのスペースがあると思いきや、全てが着席することができるスタイルとなっています。
西山会長は「立ち喰いと座って食べることで回転率に差はない。立ち喰いのメリットは1人分の席を狭くして多くの客を入れられることであり
、せっかく焼肉をたべるのだから、チョッピリ贅沢な気分も味わってもらいたい」
と語り、全席椅子を設置したことを語りました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








回転率を高めるたるに取り組んだのはオペレーションの効率化です。
冷麺やクッパなどの一品料理は置かず、肉単品かごはんやスープが付いたセットのみの提供とし、カット済みの肉を盛り付けて提供するだけなので、注文から約3分で商品提供ができます。
店内ではサラダやサイドメニューやアルコールも提供しますが、入店からの食べ終わるまでの滞在時間を約25分と設定しています。
単純計算でランチタイムでも余裕で2回転する計算が成り立ちます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








果たしてこの新業態へのチャレンジが機能するか・・・・・
次回は焼肉業界の新業態「焼肉ライク」の後編をお届けしますね。
うまく機能したら「焼肉業界」が大きく変わり、画期的なことです。
注目して見守りたいと思います。




















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年08月31日

サントリー「クラフトボス」大ヒットのマーケティング戦略

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


2017年から2018年にかけてのヒット商品と言われればサントリー食品
が発売したペットボトルコーヒー「クラフトボス」が浮かびます。
缶コーヒーやカップが主流であったコーヒー市場に透明なペットボトル
を誕生させたのがサントリー食品でした。
仕事をしながら飲み続けられるスッキリした味わいと、過去に無い全く
新しいコンセプトを提案した商品が世に出てきました。
発売から1年で1500満ケース(3億6000万本)を販売する大ヒット商品となり、次々と新商品が出ては消えていく清涼飲料の世界で、新たな市場を創り出すことに成功しました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








BOSSは1992年に誕生した缶コーヒーの代表的なブランドです。
2017年には発売25周年を迎えましたが25年間、売上が前年を下回ったことは一度もない。強力なブランドです。
2014年に発売した「プレミアムボス」シリーズであり、BOSS史上「最高峰のコク」を実現するために独自製法で開発しました。
1年間で発売される新商品は1000種類、そのうち残るのは3種類程度と言われる厳しい業界で3年売れ続ける商品が「プレミアムボス」。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








クラフトボスの開発は、「若い人たちに飲んでもらいたい」という課題
から始まり、コーヒーの消費量は増加していたのですが、缶コーヒーは若い20~30代の人達には選んでもらえない現実がありました。

若い世代の人達に好まれる製品づくりを目指し「香り高く、飲みやすい」商品を3年間の歳月を掛けて開発しました。
若い世代に一般的に普及しているペットボトル容器は早い段階で決定し
ており缶コーヒー世代とは異なった人達をターゲットにしていました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








しかし、発売までには多くの難題があったようです。
新商品の発売を最終決定する直前まで「コンセプトとネーミング」が決まっていない一大事となっていました。
味は決まっているのに何故・・・・・

良い商品であってもプロモーションの仕方や伝え方によって消費者の反応は大きく変わります。
担当者は「若い世代への需要開拓を、開発の入り口にしたり目的化したりすると、必ず壁にぶつかります。好みには多様性があり、製品は嗜好品なので今までは別の切り口が必要となっていました」と当時の苦悩を語っています。

悩んだ末に行き着いた先「25年間変わっていないBOSSの“原点”」だったようです。
それは「働く人の相棒」というコンセプトです。
働く環境や働き方が変わっても、その立ち位置は変わらない。
「ブランドの強みや役割に立ち返った時、今の時代に働く人達が抱える課題はなんだろうか。という疑問を持ちました。そこを深堀りすれば何かが見えてくるのではしないでしょうか。」と考えた結論が出ました。

そのような難題をくぐり抜けて今の大ヒットがあります。

















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年08月20日

まるか食品の商品戦略/ペヤングソースやきそば

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


先般の記事で「まるか食品の戦略/ペヤングボトルソース」を投稿しま
したが、本日はペヤングソースソース焼きそばの変わり種商品をご紹介
させていただきます。
食べたことがない商品が豊富にあり驚きました。(笑)
『たこやき風』やきそば

『カレー+納豆』やきそば

『イカした』やきそば

『すっぱからMAX』

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








『ポテト』やきそば

『塩ガーリック』やきそば

『回鍋肉風』やきそば

『鮭とポテトのチーズ味』

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








『中華風』やきそば

『炒飯風』やきそば

『豚骨醤油』やきそば

『野菜炒め』やきそば

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








恐るべしまるか食品さんの『ペヤングシリーズ』ですね。
掲載したのは一部の種類であり、他にも多くの種類が現在・過去に発馬呈されています。
ペヤングは異物混入事件があり、その不祥事を乗り越えて良い商品づくりに努力を行っています。
まさにピンチをチャンスに活かした企業ですね。




















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年08月17日

ハーゲンダッツの商品戦略/童話の世界シリーズ

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


ハーゲンダッツジャパンは10月2日、童話の世界を表現した新シリーズである『ストーリータイム』
「アリスの紅茶~クッキーを添えて~」
「白雪姫の林檎~カスタードとともに~」
の2種類の発売を発表しました。販売価格は税込み324円です。
『ストーリータイム』は、童話から着想を得てハーゲンダッツ流にアレンジしたアイスクリームデザート、童話の世界観を思わせるパッケージや、フタを開けた時の驚きにもこだわりました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「アリスの紅茶~クッキーを添えて~」は、童話「不思議の国のアリス」に登場するティーパーティーに着想を得て、香り豊かなダージリンアイスクリームと、バタークッキーを加えたコクのあるマスカルポーネアイスクリームを組み合わせました。
見た目の楽しさを演出するために、天面に広げたミルクソースにはピンク色のカシス味のハート模様をあしらっています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「白雪姫の林檎からカスタードとともに~」は、童話「白雪姫」の象徴であるリンゴを存分に楽しめるよう、食感を残したリンゴ果肉をコマのあるカスタードアイスクリームに混ぜ込みました。
見た目の楽しさを演出するために、天面に広げた赤く艶やかなリンゴソースには白いミルク味のハート模様をあしらっています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







10月2日から全国のコンビニ、スーパーマーケット、デパートなどで販売されることも発表されました。
この時期に秋冬商品の発表は珍しくはありませんが、今回の商品戦略に
は「童話」をモチーフとした物語を創り上げました。
この商品戦略がどのように消費者に受け入れられるか注目です。












無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。