2019年07月15日

山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の記事で「山崎製パンの“ランチパック”が売れ続ける要因/前編」
を投稿しましたが、本日は後編をお届けします。

1984年に食パンを手軽に食べてもらいたい思いで「ランチパック」が開発され、菓子パンのひとつとしてラインナップに名を連ねました。
そのラッチパックが強化商品に昇格は2006年頃だったようです。
女性の社会進出が目覚ましく進み、食事のニーズも多様化して持ち運びが便利で気軽に食べられるランチパックは時代の環境変化にピッタリとマッチした商品に進化していました。
強化の一環として実施したのが、従来は自由度が高かく一貫性の無かった「デザインやロゴマーク・文字体の統一」でした。
また商品単体のテレビCMによる販売促進を力を入れ、山崎製パンのお家芸ともいえる「春のパン祭り」も様々なパンを対象として実施していますが「ランチパック」だけは、個別のキャンペーンとなっています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








販売促進の効果は絶大であり、ランチパックの売上は2006~2012年あたりに掛けて急速に伸びシェアを確保してきました。
2012年以降は売上は横ばいの状況が続いていますが、コンビニ業界のパン製品のPB(プライベートブランド)開発を考慮すれば、かなりの大健闘だといえるのでないでしょうか。
これまでに1600種類以上の商品が発売されたランチパックの売れ筋は全国的には「ピーナッツ」が不動の第1位であり、続いて「たまご」「ツナマヨネーズ」が2~3位を争っているようです。
西日本では「たまご」が、東日本では「ピーナッツ」が第1位です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









また「ランチパック」の開発体制は他社とは異なり、山崎製パン全国の
26工場のうちランチパックを製造している20工場であり、工場ごとに各エリアを担当して商品供給を行っています。
工場ごとに各地の特産物を使用した域限定商品の開発担当して、例えば九州エリア限定では「福岡県産あまおう苺ジャム&ホイップ」を製造しており、ご当地限定品として10年以上九州地区で売れ続けています。
ご当地限定ランチパックが全国展開したケースもあり、東京武蔵野工場で開発された「桔梗信玄餅風」はお餅ときな粉クリーム・黒蜜クリームがサンドされた商品であり、関東地区全体で大好評だったため全国展開に切替えた例もあり、売場の変化に気を配っています。









*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









多種多様なご当地パンの開発・販売が「ランチパック」の継続ヒットの要因であるのではないでしょうか。
山崎製パンの方針で「各工場が開発する新商品に対して、基本的には口を挟まない」ことが大原則だと言われています。
ブランドイメージを守るためにパッケージなどは本社が主導しますが、現場での商品開発を尊重して工場現場でのモチベーションを重視し、各工場間での競争意識を刺激して売上を競うことも重視しています。

今後とも「ランチパック」の新商品開発が楽しみですね。



















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年07月13日

山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


山崎製パンの人気商品といえ「ランチパック」ですね。
1年間で約4億個を出荷し、売上額は345億円(2018年1月~12月)を記録し、1アイテムとしては突出した大ヒット商品です。
1984年(昭和59年)に誕生し当初は、菓子パンの1つのラインナップに過ぎなかったのですが、実は平成の時代になってから大ブレークした商品なのです。 昭和生まれの平成大ヒットの要因を探ります。
全国統一商品を約50種類、ご当地限定商品は約80~90種類が発売されており、これまでに開発した商品は1600種類以上。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ランチパックの商品についてネットで検索してみますと山崎製パンさん
の商品開発に対する並々ならぬ努力が見え隠れしてきます。
まず、使用されている食パンは同社のブランドである「ダブルソフト」「ロイヤルブレッド」の売れ筋の食パンを使用していないのです。
つまり「ランチパック」専用の食パンを独自の製法で作り上げ、きめ細かな食パンを作り上げているのが判ります。
使用されている食パンは「しっとり」しているのですが、それには理由があり、具材の水分がパンの生地に染み込むのを防ぐためです。
その開発によって、発売当初では「ピーナッツ」「青りんご」「小倉」「ヨーグルト」の4種類だったのが、パン生地の進化により様々な具材が入れられるようになり飛躍的に販売が伸びたようです。




*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








また「ランチパック」は空気に触れると、パンの生地が乾燥してすぐにパサパサになってしまう特徴をもっています。
製造工程では、食パンをスライスしてから放送するまでの時間を約1分40秒と設定し、焼き上がったパンを専用のスライサーでカットして、具材を乗せ、パンをサンドし、耳をカットして包装するまでの全工程をノンストップで正確に時間通りに行っています。
パンをサンドする時には専用の機械を使い、2枚のパンの生地の端を圧着しており、特別な接着剤や水は一切使用していません。

カバンに入れても中身がグチャグチャにならないよう、袋の中にエアーを十分に入れて密封し、食べる時に食べやすく工夫されています。
商品に対しての「愛情」を感じる山崎製パンさんの商品作りです。
次回は「ランチパック」が売れれ続ける要因の後編をお届けします。





















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年07月06日

北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


北九州発祥の地元にこだわる地域のソールフード、うどんチェーン店の「資(すけ)さんうどん」が最近大きな注目を集めています。
現在は福岡県・山口県を中心に41店舗を展開し、秘伝のだしが効いたうどんを中心にゴボウのてんぷらなどのトッピングも充実。
丼やカレーなど100種類以上の豊富なメニューが揃っており、地元では老若男女・年代を問わず大人気の店舗です。
オリジナルの『資』の文字が入った「かまぼこ」が可愛らしいです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








その「資(すけ)さんうどん」が7月4日に佐賀県に初出店したことがメディアで大きく取り上げられています。
開店前から多くの人が行列を作り、駐車場に入る手前から大渋滞をおこしていたそうです。 もちろん店内も満席です。
福岡県で大人気店が佐賀県に初出店することを楽しみにしていた人達で大行列になったようです。
また、名物と称した「ぼたもち」を楽しみに遠方から来店された方も多いという評判も出ています。湯呑も『資』の文字が入っています。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。










出店を佐賀県に選んだことについて「資さん」の社長は「店舗の器は有田焼を使用して、創業者が好んで佐賀の窓乃梅酒造の日本酒を飲んでいたこともあり、佐賀県はゆかりのある場所だと思っていたことと、お客様からの声で“是非とも佐賀に出店を”との声が多かったことがあり、地域を選定しました」と語っています。

また、うどん店がしのぎを削る県内への進出には「ひとくくりに“うどん”とくくるのではなく、実際にはだしの味にも好みがあり、メニューにもバラエティーさが出ています。同業の店舗との競争ではなく、共存してうどん業界を盛り上げて行きたい」と語り、地域に愛されるうどん屋を目指していることが判ります。
だから飲食店は地域密着戦略なのです。
ランチェスターでいう「地域一番店」を堅実に目指していることが、成長発展の大きな要因なのです。
























無料経営相談 実施中!!







にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年07月03日

10年で2倍の「グミ市場」の成長要因

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


最近のコンビニ店内での代表的な変化としての特徴として挙げるとすれば、何といっても「グミ」の品揃えの拡大充実ではないでしようか。
それもそのはず、この10年で「グミ市場」は約2倍に成長、2018年度は小売り金額規模で674億円の市場に拡大しています。
お菓子関連の業界で、この10年間で市場規模が2倍になった業種・業態は存在していませんので成長発展は目覚ましいですね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









コンビニの売場では1等地に陳列幅を広げて、商品の種類もも多種多様に揃っており女性を中心に留まるところを知らない勢いです。
フックに掛かっている商品を拝見しますと「果汁」や「コーラ」「梅」「ラムネ」等が目立っています。 たぶん売れ筋なのでしょうね。
用途は子供のおやつから、大人のオンタイム(仕事中・就業中)に食べる、おやつとしての機能も増加しているようです。
購入する世代間の広がりが大きな成長の要因でもあるようですね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









日本で初めて「グミ」が発売されたのは1980年に明治製菓より発売されました『コーラアップ』が最初だと言われています。
その後、1998年に『果汁グミ』が発売されて手軽なお菓子から最近の健康意識の高まりや、仕事が忙しくても昼食代わりに簡単に机で食べられることもあって、市場は急速に拡大して行きました。

仕事中の「小腹満たし」は意外と多くの支持を得ているようです。
支持を得ているキーワードは、
1.簡単に食べられる。
2.仕事中食べる後ろめたさがが無い。
3.手が汚れない。

4.コストパフォーマンスが高い。
などが消費者から大きな支持を得ていることが判っています。

これからの益々の「グミ市場」の拡大が予測されます。













無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年07月01日

進化系タピオカが大人気、トレンドに!

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


タピオカドリンクの人気が高まり続けています。
代表的なものが台湾発祥の「タピオカミルクティー」であり、黒砂糖で煮た黒タピオカとミルクティーの組合せが最も知られています。
タピオカドリンクの専門店が密集する原宿では曜日を問わず、大行列が絶えないほどの人気を博しています。 ご存知でしたか???
タピオカの原料はでんぷんであり「キャッサバ」という芋から作られ、
近頃では黒ばかりでなく、赤や黄色や緑といったカラフルな色を使って他店との差別化をはかっています。 
また夏に向けて「タピオカ」と「かき氷」を組み合わせた「タピ氷」が
期間・数量限定で発売されています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








コンビニでも「タピオカ氷」が発売され、今後は更なる進化が予測され
、コンビニでの販売により大幅な拡大か見込まれます。
10代の女性が中心でありイートイン専門店が中心で販売していましたが、コンビニを中心にテークアウトの対応が広がりを見せています。
今年の夏は「進化系タピオカ」がトレンドになるかも・・・・


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年06月26日

今度はLINE(ライン)が仮想通貨取引所を開設

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


通信アプリを手掛けるLINE(ライン)は、仮想通貨交換業者として近く金融庁に登録を済ませ、早ければ来月中に国内でのビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)の取引を開始することを公表しました。 またまたビックニュースです。
先日「Facebook」が独自の決済手段としての仮想通貨の導入を発表したばかりで、同じく通信業界大手のLINE(ライン)も参入するとの情報が流れ、いよいよ「仮想通貨」ビジネスが活性化する様相です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









LINE(ライン)は昨年7月にグループ会社を通じてシンガポール拠点の仮想通貨取引所を開設、約30種類の仮想通貨の取り扱い、15の言語で対応していますが、日本と米国は対象外となっていました。
今回の金融庁の登録を受けることで国内約8000万人のユーザーの取り込みを図る戦略に打って出てきました。
現在、ユーザー数が伸び悩んでいるLINE(ライン)の収益源は広告収入ですが、新たに金融・決済サービスを戦略的成長事業としてい位置づけ、許認可後は2019年度に証券業務を、2020年には銀行業務まで広範囲で事業拡大を目指しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








世界の純資産上位企業が揃って「仮想通貨ビジネス」へ参入を発表。
時代の流れとはいえ、従来のテクノロジー業界の優良企業が金融業界に参入し、今後は熾烈な仮想通貨を利用した「決済ビジネス」のシェア争いが過熱して行くことでしょう。
いよいよ今後の「仮想通貨」の動きが大変に注目が集まってきました。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年06月24日

速報! ビットコインの価格が急上昇/1BTCが117万円超え

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


仮想通貨での時価総額1位「ビットコイン(BTC)」の価格が週末には10000ドル超えの日本円換算で117万円を超えました。
年初から比べて上昇率は200%を上回り、再び急上昇しています。
2017年の年末から2018年の年始に掛けて20000ドル(日本円約216万円)を超えた時期があり、再び大注目となっています。
判らない方には全く判らないと思いますが、デジタル上でのウォレット(財布)の中に【1BTC】があれば、取引所で日本円に換金すると現在は117万円という金額に変わります。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







仮想通貨の市場に詳しい専門家は「ここ数日間のBTC価格の急上昇は複数の要因がある。中でも最も大きい要因はFacebookの仮想通貨参入のニュースが全世界に発信されたことが大きい」と語っています。
多くの世界的トップ企業もFacebookの仮想通貨事業に支援を表明していることから、金融市場の広範囲で仮想通貨導入が急速に進むと。判断されたことが大きいようです。

私のブログでも前日にFacebookの仮想通貨(リブラ)への参入の記事を投稿しました。







【仮想通貨】の関連記事

2019年 6月23日の記事
 ◆Facebookが仮想通貨「リブラ」を事業化◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e486425.html

2019年 6月 9日の記事
 ◆仮想通貨取引、100億円申告漏れを指摘◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e486416.html

2019年 5月29日の記事
 ◆ビットコイン急上昇による仮想通貨の行方◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e471117.html

2018年11月14日の記事
 ◆世界中でビットコインATMが4000台が設置◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e462457.html

2018年10月 1日の記事
 ◆三菱東京UFJが発行する「MUFGコイン」の展望◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e453479.html

2018年 9月 2日の記事
 ◆「仮想通貨は国民のお金」とロバート・キヨサキ氏が発言/前編◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e453471.html

2018年 1月13日の記事
 ◆三菱UFJが仮想通貨の取引所開設◆
    ➠ http://tozuka.boo-log.com/e429688.html















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年06月23日

Facebookが仮想通貨「リブラ」を事業化

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


全世界に数十億人の利用者を抱える巨大企業「フェイスブック」が6月18日に仮想通貨「Libra(リブラ)」のニュースを発表しました。
開始は時期は2020年とし、提供エリアについては詳細にしなかったものの、国境を越えた決済や送金時に安価な手数料として効果を発揮することは確実であり担当者は「多くの人々に力を与える、シンプルで国境のないグローバルな通貨と金融インフラとなる」と自信を覗かせます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









Facebookはリブラの提供に先立ち、スイス・ジュネーブに本拠地を置く非営利団体リブラ・アソシエーションを設立させました。
既に米国クレジット会社大手の「VISA(ビザ)」や「Mastercard(マスターカード)」などを含め、世界的な企業30社程度が賛同して事業に参画する意思表示をしているようです。
全世界で30憶誓い利用者がいるFacebookが仕掛ける「新しい通貨」であるため、歩調を合わせる企業が続きそうな気配です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









「Libra(リブラ)」のコア技術はブロックチェーン技術であり、法定通貨と一定比率で交換できる「ステーブルコイン」とする予定です。
需要バランスによって価格変動が起きるビットコインなどに比べて価格の安定が見込めるため、決済などにも利用しやすい特徴を備えます。

日本では資金決済法が定める定義上、リブラは仮想通貨に該当せず、今後は法的な位置づけが各国で議論されることになるでしょう。
従来の金融システムを担ってきた金融機関への影響がどれほどのものになるか、動向が大変に注目されます。























無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年06月21日

令和の「新時代チェキ」のマーケティング戦略/後編

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の投稿で「令和の“新時代チェキ”のマーケティング戦略/前編」の記事を掲載しましたが、本日は後編をお届けします。
もともとチェキが登場した20年前はデジカメの本格普及の前であり、
現像なしに撮影後、すぐに写真ができるインスタントカメラ機能に価値が高かった時代でした。
ところがデジカメやカメラ付携帯の普及に伴い需要が落ち込み、最初のブームが去った後の2004年~2006年は年間10万台と最盛期の1割程度まで落ち込みました。
転機となったのは2007年に韓国の恋愛ドラマで「チェキ」が使用されたことが話題となり、2度目のブームを迎えて2011年には127万台の販売まで回復しました。 メディアの威力を実感しました。
そして現在のブームはアメリカの女性歌手テイラー・スウィフトさんが愛用していることがInstagramでたびたび登場して、3度目のブームが到来しています。 
愛用者として、富士フィルムは2018年5月からテイラー・スウィフトさんを正式にプロモーションに起用しています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








1回目のブームは当時の時代背景と商品需要などに対し「商品の機能」がマッチングしての大ヒットへつながりました。
2回目、3回目のブームはマスメディアやSNSなどが「宣伝ではない自然なプロモーション」が消費者の心を掴んだことが大ヒットにつながったことが理解できます。
前回の記事でも書きましたが2018年4月~2019年3月までの販売が1000万台を超えたことは一過性のブームではなく、コアターゲットとした10代の女性などに受け入れやすいデザインや機能性も重要な要件となっています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「チェキ」の本体価格は8000円~3萬円程度であり、ラインナップも増え続けていることから新機種を買い足す方も多いと聞きます。
またチェキ用のフィルムは1000円前後で販売しており、安定した種益が見込める仕組みを交錯したことも大きなメリットでした。
フィルムに現像する技術やプリント技術は富士フィルムの本業であり、技術力は世界トップと言っても過言ではありません。

今後の富士フィルム「チェキ」の進化が楽しみです。















『チェキ』の関連記事
◆2019年6月20日◆
 「令和の“新時代チェキ”のマーケティング戦略/前編」
    ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e486421.html
◆2014年11月20日◆
 「デジカメを抜いたインスタントカメラ“チェキ”の秘密」
    ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e293155.html
◆2014年2月1日◆
 「チェキの次なる戦略/カメラからプリンタ」
    ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e255587.html
◆2013年5月5日◆
 「インスタントカメラ“チェキ”大ヒットのヒミツ」
    ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e228528.html















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2019年06月20日

令和の「新時代チェキ」のマーケティング戦略/前編

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


先般、富士フィルム株式会社の大ヒット商品「instaxチェキ」の新しいラインナップとして、新製品ハイブリッドインスタントカメラ「instax mini LiPlay」を6月21日より発売することを発表しました。
価格はオープン価格で1万7500円前後の販売価格となる予定です。
スマホの高画質カメラが全盛の時代に、インスタントカメラの存在価値がひと際、際立つ商品開発と販売プロモーションです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








撮ったその場で、すぐにプリントアウトして現物の写真として楽しめるインスタントカメラ「instaxチェキ」シリーズは、2018年11月で発売20周年を迎えました。 長い間、愛用されていることに驚きです。
現在でも10代~30代の女性を中心に世界中での人気を博しており、
このたびの新製品の販売は「令和元年に相応しい新時代のチェキ」として富士フィルム側では自信満々でアピールしています。
「instax mini LiPlay」は、チェキシリーズ史上最少・最軽量のハイブリッドインスタントカメラで、背面には2.7インチのLCDモニターを備えており、画面を見ながら撮影が可能となっています。
そして撮影した画像から好きなものを選んで「チェキプリント」ができる仕様となっています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








カメラ市場は「想像以上のスピードで縮小しており、キャノンやニコンなどの大手カメラメーカーの業績は落ち込んでいる」と関係者が語るように市場環境は衰退産業です。
厳しい時代環境の中、チェキの販売台数が2018年4月から2019年3月までの期間で1000万台の大台を超えました。
業界では奇跡に近い状況だと大注目されています。
富士フィルムの担当者は「スマホで写真を撮って画像データを交換する時代の若い女性にとって、シャッターを押してフィルムが出てくるということが新しい感覚になっているように感じます」と語っています。

次回は「チェキ」の売れる仕組みを更に深堀しますのでお楽しみに。










『チェキ』の関連記事
◆2014年11月20日◆
 「デジカメを抜いたインスタントカメラ“チェキ”の秘密」
    ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e293155.html
◆2014年2月1日◆
 「チェキの次なる戦略/カメラからプリンタ」
    ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e255587.html
◆2013年5月5日◆
 「インスタントカメラ“チェキ”大ヒットのヒミツ」
    ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e228528.html












無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。