2017年09月25日

セブンイレブンが自販機型コンビニ業界に参入

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



コンビニ最大手のセブンイレブンが、自動販売機型のコンビニを新たに
開発し、この分野に本格参入することが発表されたました。
既に自動販売機型コンビニを展開しているファミリーマートやローソン
に遅れをとっていますが、最大手のセブンイレブンが自動販売機型コン
ビニに参入することで競争激化が予測されます。
セブンイレブンが開発したものは、棚ごとに4つの温度帯で商品を管理
できる特徴を持ち、同社のおにぎり、サンドイッチ、スイーツ等の食品
を中心に販売する自動販売機となっています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






自動販売機型コンビニとは、無人の自動販売機による飲料はもちろん、
コンビニの代表商品である「おにぎり」「サンドイッチ」「スイーツ」
「日用品」などを販売するシステムであり、高層ビルのオフィス、工場
の休憩スペース、学校、病院、ビジネスホテル、レジャー施設、大型マ
ンション、空港、高速パーキングエリアなどに導入することを想定して
開発されています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







既に都内のオフィスビルにて試験的な営業が行われており、この秋から
本格的な展開を開始して、2019年2月末まで゛には全国500台の導入を
目指しています。

自動販売機型コンビニ業界はファミリーマートの参入が最も早く、現在
ではオートマチック・スーパー・デリス(ASD)と呼ばれるシステム
を導入して、全国で2,000台を超える自動販売機型コンビニを展開して
シェアを獲得しています。
2019年2月までには3,000台まで拡大する計画のようです。

時代は再び自同販売機の時代に流れて行くのか注目です。












無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年09月15日

ドラックストア業界トップにツルハドラック

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



大手ドラックストアのツルハホールディングスが前月に発表されました
ニュースでは、ドラッグストア業界において売上高と店舗数ともに業界
トップに立つことが判りました。
これは静岡県内最大手の杏林堂グループ(浜松市)を子会社化すること
により、ドラッグストア業界に新しい戦いが起こる前哨戦のようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







今回、静岡県内最大手ドラッグストア、杏林堂の子会社化の目的には、
自主企画(PB)商品開発、食品販売強化を目指し、従来の安売りから
距離を置いて高収益化を図り、首位固めを狙っているようです。
今期2~4月の売上高と店舗数を比較しますと、
◆ツルハHD     6,665億円  1,832店舗(杏林堂含む)
◆ウエルシハHD   6,231億円  1,535店舗
◆マツモトキヨシ   5,351億円  1,555店舗
売上高、店舗数ともに業界トップとなることが確実視されています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






今後のツルハドラッグストアと杏林堂は、薬剤師を中心とした人材確保
や教育システムの共有化、PB商品の共同開発、資材や備品の共同調達
などの具体的な業務提携の検討に入る予定のようです。

2019年5月期には全国2,000店舗、売上高7,000億円を目指し「価格ありきではなく、商品の品質や接客でブランド価格を高め、目標に向けて邁進したい」と語っています。

いよいよドラッグストア業界の戦い、再編成がスタートしました。
今後、各社がどのような戦略をするのか興味津々です。




















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年09月13日

ポテトチップス元祖の湖池屋、V字回復の戦略/後編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



前回の記事で「ポテトチップス元祖の湖池屋、V字回回復戦略/前編」
をお届けしました。 本日は後編をお届けしますね。

ポテトチップスの業界は販売量・平均単価が、ここ10年間はジリジリと
低下を続け苦境に立たされていました。
「1袋当たりの平均単価は15円ほどさがり、汎用品化が進んで飽きら
れているのがハッキリと判りました。」

と湖池屋の佐藤社長は語るほど苦境だったようです。
キリンビバレッジからスカウトされた伝説のマーケターと異名をとった
現社長の佐藤氏でした。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







新社長の手法は新商品の開発で「サプライズ」を重視するこでした。
最初に手掛けたのは、老舗をイメージさせる和風ロゴマークの導入で
あり、続いて商品のラインナップに着手して行きました。
発売55周年の定番商品「湖池屋ポテトチップス」も風味種類を変更して
人気の「ガーリック」と発売当初からの「のり塩」だけを残し、包装の
デザインなと゜を一新して「うま塩」「サラダ」を投入しました。 


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ビールやコーヒー、きらにチョコレートやアイスクリームなど、世の中
の商品に『プレミアム志向』を取り入れ、スナック菓子業界にも波及を
させることを基本戦略として方針を実行してきました。
そして今年2月に「プライド」シリーズを発売し、わずか3ヶ月余りで
2000万袋、約25億円の売上を記録して品切状況が続くほどの大ヒット
商品となりました。
そして今月発売となった「手揚食感 長崎平釜の塩」「手揚食感 柚子
香るぶどう山椒」のプライドシリーズ。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






一連の旧商品のリニューアル、新商品投入による販売単価アップに伴い
湖池屋の業績はV字回復する見通しのようです。
2018年6月期は連結売上が前年比10%増の3334億円、営業利益は95%
増の6.7億円になる業績予測を発表しました。

「既に二の矢、三の矢は準備を進めている。 キーワードは働く女性や
少人数世帯、健康志向だ。」
と佐藤社長は語っています。
湖池屋の今後の戦略が大注目です。

















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年09月05日

不振のユニー・ファミマHDがドン・キホーテと資本提携

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



先日、ユニー・ファミリーマートホールディングスと、ディスカウント
ストア最大手のドン・キホーテが資本・業務提携を行うことが発表され
業界では大きな話題となっています。
6月ごろには提携を検討していることが発表されましたが、急転直下で
の資本提携には、どのような思惑があったのでしょうか。
資本提携の内容はユニー・ファミマHDが持つ総合スーパー(GMS)
ユニーの株式の、40%に当たる8万株をドンキHDに売却します。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






ユニー・ファミマHDの2017年2月期の業績はコンビニ事業の純利益は
93億円、総合スーパー(GMS)は90億円と大差がないように見えま
すが2020年の2月期の経営計画ではコンビニの純利益は450億円に拡大
し、一方のGMSは150億円と大きな差が予測されています。
東海地方に約200店舗あるユニーのGMS店舗「アピタ」「ピアゴ」で
すが、2019年2月期までには36店舗閉店す予定であり、立て直しが急務
な課題となっています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






総合スーパーのユニーに限らず、セブン&アイ傘下のイトーヨーカ堂な
どの総合スーパー(GMS)の売上低迷と収益力低下は顕著です。
しまむら・ユニクロ・ニトリなどの専門店の台頭、全国津々浦々に展開
を続けるコンビニ、価格が安いディスカウントストアの攻勢を直撃され
業績の伸び悩みが続いていました。
そして“お荷物”とになっている総合スーパー(GMS)を業績が好調で
あるドン・キホーテに売り渡すという施策を選んだようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






一方、ドン・キホーテ側にも資本提携に大きなメリットがあります。
数年前には倒産した総合スーパー(GMS)長崎屋を買収して、店舗を
「MEGAドン・キホーテ」にリニューアルして、都心だけでなく郊外
にも規模と証券を獲得した成功体験を活かせます。

ドン・キホーテHDは今後、ユニーが閉店した店舗一部を長崎屋と同様
「MEGAドン・キホーテ」としてオープンさせる予定のようです。
更に営業を続けているアピタ・ピアゴの一部店舗にもドン・キホーテと
の「ダブルネーム店舗」として運営することも検討中のようです。
そしてドン・キホーテの店内にもファミリーマートの出店も検討されており、更なる進化が見込まれています。

東海地方の名門として名を馳せたユニーも栄枯盛衰の激しい小売・流通業界の激しい激流に飲み込まれたカタチになり、時代の移り変わりを実感します。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年09月03日

伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/後編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



前回記事で「伊藤園“お~いお茶”の牙城を狙うサントリー“伊右衛門”の攻勢/前編」を記事にしましたが、本日は後編をお届けます。
前編では、消費者のアンケートより求められているのは「急須で淹れた
ような“味わい”に近い抹茶入り煎茶」が市場では大半の商品にもかかわ
らず「抹茶入りの煎茶」ではなく「深蒸し茶」が求められていることが
判りました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






深蒸し茶は、通常の煎茶に対して約2倍の時間をかけて蒸すことで渋み
の少ない味わいになり、きれいな濃い緑の水色が生まれるようです。
反対に蒸す時間を短くすれば、味わいはお茶本来の渋みが深まり、色は
黄金色がかかった水色になるのが特徴です。
ペットボトル飲料として、その深蒸し茶の色と香りと味わいを、いかに
再現するかが大きな課題だったようです。
そうして生まれたこだわりが「一番茶」を従来の2倍、伊右衛門の本体
史上で最大の量を使う製法に行きつきました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






一番茶とは、一年で初めに育成した新芽を摘み取った緑茶のことで旨み
成分を多く含んでおり、一番茶をふんだんに使うことで、上質な味わい
を再現することに挑戦したようです。
中身だけではなく、ボトル形状の変化も特徴的にリニューアル。
発売当初から“竹”のイメージを大切にしてきましたが、競合商品ボトル
も似通っており、今回は根本のイメージを崩さずに現代的なフォルムに
装いを変化させました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







今後、緑茶飲料市場は大きく変化していくことが予測されます。
逆に緑茶飲料メーカーにとっては大きなビジネスチャンス到来です。
夏は終わりに近づいていますが、緑茶飲料メーカーの「熱い戦い」は当分の間、続くことでしょう。



伊右衛門のテレビCM













無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年09月01日

伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/前編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



今年も夏が終わろうとしていますが、緑茶飲料業界は好調のようです。
その好調の要因は、夏前半の猛暑の影響があったのではなくて緑茶市場
が昨年の2016年あたりから勢いが出ているようです。
その代表格がサントリーの「伊右衛門」の攻勢が激しく、トップシェア
を保っていす伊藤園の「お~いお茶」に迫る勢いです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






サントリーは今年3月には緑茶「伊右衛門」をリニューアルし販売攻勢
を掛けてきています。
緑茶飲料の4プランドの今年3月から6月の500mlの平均価格は、日本
コカコーラの「綾鷹」が79.0円、伊藤園の「お~いお茶」が78.3円、
キリンビバレッジの「生茶」が77.0円、サントリーの「伊右衛門」が
74.0円と最も安い価格で流通していることが判りました。
サントリー側は「好調な商品に販促費は惜しまない」と言っています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






そして改めて緑茶飲料ブランドの販売数量シェアを見てみますと、上位
4ブランドのうち「お~いお茶」が約4割をの圧倒的なシェアを握って
おり、「伊右衛門」「綾鷹」が約24%のシェアで続いて、「生茶」は
約1割強のシェアをもっているのが現状です。
上位4ブランド以外は、緑茶飲料での合計をしても第4位の「生茶」に
及ばず、上位4社が圧倒的なシェアを獲得しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






圧倒的なシェアを持っている伊藤園の「お~いお茶」の牙城を切り崩す
ためにサントリー「伊右衛門」が、今年3月に行った大幅リニューアル
が話題となっています。
それは一言でいうと「味わいの進化」を見直しました。

今までは「伊右衛門」でけでなく、市場で売れている緑茶飲料は「急須
で淹れたような味わい」
の抹茶入りの煎茶が全てでした。
しかしサントリーが行ったアンケート結果で判ったのが、現在の消費者
が「美味しい」と感じるのは抹茶入りの煎茶ではなく、「深蒸し茶」
あることが判明しました。

こうしてサントリー「伊右衛門」のリニューアルが始まりました。
続きは次回の後編でお届けします。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年08月30日

「デカフェ」が急激にマーケット拡大

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



昨年7月のブログに「次なる珈琲ブームは“デカフェ”か?」との記事を
投稿したが、いよいよ本格的に「デカフェ」ブームがきたようです。
大手コンビニのローソンは今年5月よりレジ横のコーヒーでデカフェの
取り扱いをはじめ、当初の売上予測の1.5倍の売れ行きと大変に好調な
スタートのようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






キリンビバレッジは今月22日より、人気の「午後の紅茶」シリーズに
「ストレートティー デカフェ」を発売しました。
5月に投入したカフェインゼロ緑茶飲料「生茶デカフェ」に続く第2弾
のデカフェ商品であり、自信作のようです。
いずれも茶葉り抽出液に粘土鉱物を入れ、カフェインだけを付着させて
除去する独自製法による商品として自信を持っているようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






サントリー、アサヒ飲料、日本コカ・コーラなどの飲料メーカーでも、
「デカフェ」の商品開発、投入に注力していることもあり今後ますます
デカフェ市場が活性化・拡大することが予測されています。
全日本コーヒー協会によりますと、昨年のデカフェコーヒー豆の輸入量は2000年に比較すると約5倍に増えているというデータがあります。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






「デカフェ」を巡る今後の市場拡大に大きな注目が集まっています。
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年08月27日

労働市場の変化「全従業員の正社員化」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



大手クレジック会社のクレディセゾンは8月より、現在総合職や専門職
など分類されている社員区分を無くし、全従業員を正社員に一本化する
驚きの施策を発表しました。
制度の導入は9月16日からの施行となることも発表されました。
クレディセゾンの発表によると、現在は総合職社員(無期雇用で月給制
・賞与あり、確定拠出年金制度あり)、専門職社員(無期雇用で月給制
・賞与あり)、嘱託社員(有期雇用で月給制)、パート社員(有期雇用
・時給制)の4区分に分かれていた人事制度を、全社員を正社員として
賃金や処遇を統一する。という今までの常識を打ち破る仕組みです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






今回の制度導入により、賃金水準や昇進・昇格・福利厚生などの差が無
くなり、従業員側にとってはメリットが大きいことは理解できますが、
企業側にとってのメリットはどこにあるのでしょうか。

全従業員の正社員化としつつ、短時間勤務制度やフレックスタイム制度
、在宅勤務制度などを活用することで、フルタイムで働くことのできな
い人も従来同様の働き方は維持できます。
また、従業員の雇止めをする場合でも現行の労働基準法では、解雇する
場合と同様に合理的な理由が必要となり、企業側が自由に雇止めを実行
することはできまん。
従って「有期労働契約」は極めて形骸化していると言わざる得ません。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







まして契約期間が5年を超えると無期転換申込権が発生し、企業側には
無期契約を拒否することはできないのが現行法です。
それならば全従業員の無期限労働契約にすれば、ある意味では『潔さ』
を感じるのは誰しも同じではないでしょうか。
日本の労働環境には「正社員」というブランドイメージが残っており、
今まで「正社員」になれなかった人達にとってはモチベーションアップ
は図れることは間違いのない施策です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







しかし、逆にこれまで「正社員」として頑張ってきた人たちから「何の
努力もしないで正社員になれるのか?」といった反発も予測されます。
全従業員の正社員化は新しい雇用形態として注目は集めるとは思います
が、正社員の中でも職務内容、職責の期待レベル、それらに準じた公平
で公正な賃金体系や格差が無いと役割機能を果たせなくなることは容易に予測できます。

今後のクレディセゾンの動向にめが離せません。












無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年08月21日

「コンビニおでん」の夏商戦

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



8月のお盆が終わると大手コンビニ各社が、今シーズンの「おでん」の
本格的展開をスタートさせます。
ローソンが8月8日に販売開始したのを皮切りに、セブンイレブンは8月
15日、ファミリーマートも8月22日に販売をスタートさせています。
一部の店舗での販売ですので全店統一販売ではありませんが・・・
まだまだ暑さが残る8月に「おでん」を売り出すのでしょうか。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






コンビニのおでんが一番売れる最盛期はいつか?
実は「冬の定番」のおでんは最も寒くなる年末年始から2月に掛けての
時期が最も売れると思われがちですが、意外にも実際には9月~11月が
「コンビニおでん」は最盛期を迎えるのです。
この9月~11月の時期こそ「少し肌寒くなってきた」と体感温度の変化
を感じる時期であり、消費者がおでんに気が向く時期なのです。
こうした消費者の動向を反映する形で、大手コンビニ各社は毎年8月に
「おでん」を投入するようになっているのです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






しかし、近年は「コンビニおでん」の市場は伸び悩んでおり、2016年
度の「コンビニおでん」の市場は413億円と前年を66億円も減少して
おり、大変な危機感を持っています。
要因としては「おでん」ではなく「キムチ鍋」や「豆乳鍋」などの鍋物
自体にヒット商品が生まれ、野菜をたくさん食べたい。というニーズの
高まりが「コンビニおでん」の売上を直撃しているようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ファミリーマートでは今年から「おでん」の売上挽回のため通常100円
の「おでん」を「70円セール」での販売促進を狙っています。
毎年「70円セール」は実施しているのですが、セール時期は売れ行き
の悪くなる時期に集中させ、販売時期を通して売上の平準化を狙って
きたのですが、今年からは最盛期にセールを開催するようです。

消費者が「コンビニおでん」を食べたくなる9月~11月に集中しセール
を開催して、販売の最盛期に需要を喚起していく方針です。
一方で売上が落ち込む年明けの真冬には、積極的な新商品の投入による
売上減少に歯止めを掛ける戦略のようです。

経営統合したサークルKサンクスの人気商品であった「こんにゃく」や
「焼きちくわ」などを串刺しにした「屋台風おでん」で勝負して行き、
セールに頼らないおでん戦略を推進していくようです。

これからが本格的な「コンビニおでん」の戦いのスタートです。
コンビニ各社の店頭が楽しみになってきました。












無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年08月04日

ライザップが狙う次なるビジネスモデル

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!




肉体改造した体験者を登場させ、鮮烈なテレビCMで大きな話題を提供
したRIZAP(ライザップ)は、パーソナルトレーニングジムという
新しい市場を創り出し、現在も売上・利益とも好調な勢いです。
そのライザップが次に狙うビジネスはSPA(製造小売業)事業です。
端的にいいますとSPAの大手、ユニクロをターゲットとしてます。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






今年5月に株式市場で「ライザップ景気」が起こったようです。
和装品知(有)伸の繊維商社を子会社化するとの発表か発端でしたが、
衣料品通販の「夢展望」、補正下着の「マルコ」、カジュアル衣料品の
「ジーンズメイト」、そして上記「堀田丸正」を次々と買収。
ほとんど業績不振の企業ばかりを何故、買収してきたのか狙いは?


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







しかし、ジーンズメイトは今年2月にライザップ傘下に入った以降は、
素材の見直しやオリジナル商品の再開発を進めて、連続赤字だった営業
利益が2018年2月期には黒字を見込めるまで回復しています。

同じく東証マザーズに上場していた夢展望は、2017年3月に債務超過に
陥り、ライザップ傘下で進めてきた改革が軌道に乗り2018年3月期には
債務超過を解消できるまで改革は進んでいます。

このライザップのビジネスモデルは不振企業を安く買って、再生することで価値を高めて行く、オーソドックスなM&A再生ビジネスなのですが、実は再生して終わりではないようです。
実はユニクロを運営するファーストリテイリングよりSPA(製造小売業)を主導したメンバーを迎え入れています。

ライザップはSPAについて詳細な構想を発表していませんが、周囲の状況から見て明らかに次のビジネスモデルはSPAを狙っています。
数年後にユニクロやしまむらを追随する存在になるのか楽しみです。
もしかしたら「肉体改造」のあとは「衣料業界改造」かも・・・・・













無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。