2017年11月22日

働き方改革による環境変化「副業解禁」/前編

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


戦後の我が国の高度成長を支えてきた日本型雇用システムは、ご存知の
通り「年功序列賃金」「終身雇用」「企業内組合」の3本柱です。
その中で「年功序列賃金」は既に終焉を迎え「能力主義」「成果主義」
が時代背景の中心となっていることは周知の事実です。

新卒から定年まで1社で働くことが前提の「終身雇用制度」が、ここに
来て政府主導で大きく変化しようとしています。
年度内に副業・兼業の事実上の解禁に踏み切り、国がモデル就業規則の
副業禁止規定を改定すると同時に、長時間労働を招かないよう労働時間
や健康管理の指針を盛り込んだガイドラインに着手しています。
来年の春頃には公開の予定です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







今年に入り、ソフトバンクやDeNAなどの大手企業も副業解禁を発表
するなど、今までにない環境変化が起きています。
これまでにない雇用システムの大きな環境変化が起きています。
一方ではほとんどの企業が社員に対しての副業を認めず、規制している
のが現状であり、来春に迫っている政府主導の副業・兼業の容認につい
ては多くの企業に影響が出ることは避けられない状況です。
日本の新しい雇用システムの幕開けになることは間違いありません。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






政府が副業・兼業の容認を行うのは明らかに時代背景があります。
急速に進む少子高齢化の影響で「労働人口」の減少による労働力不足が
顕著になることが間近に迫ってきています。 
企業サイドでは優秀な人材の獲得・入社後の流出防止、或いは人手不足
対策として副業・兼業の容認が必須となってきています。
働く側の個人にとっても自分自身のキャリア設計が自分で行え、本当の
意味で「個の尊重」が認められ、選択肢が増えます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







現状では多くの企業が副業を禁止する就業規則の規定があります。
これは厚生労働省が策定している「モデル就業規則」の存在が、大きく
影響しているのですが、厚労省の検討会では、副業禁止の記述を見直し
すことが決まっているようです。
モデル就業規則に強制力はありませんが、多くの企業が禁止をしている
「副業禁止規定」見直しに迫られことになり混乱が予測されます。

次回は後編では「副業・兼業解禁」に伴う問題点と対策について記事にしますので是非ともご覧ください。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年11月19日

LINEが新機能「送信取消」サービスを実装

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


先日、コミュニケーションアプリ「LINE」が新しいサービスを12月
以降に実装することを発表しました。
そのサービスは、私自身も待ち望んでいた送信したメッセージを相手の
トークルームから削除できる「送信取消」サービスです。
コミュニケーションの選択肢を拡大するための機能拡充の一環です。
名前を間違えたり、スタンプを送り間違えたり、入力中に誤発信をして
しまったりした経験が誰しもあるのではないでしょうか。
とっても助かります。(笑)

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「LINE」の調査によりますと、過去に誤ってメッセージを送った事
があるユーザーは83%に及んでいることが判っています。
誤って送ったメッセージの内容は、
◆誤字脱字のあるメッセージを送ってしまった。    30%
◆作成中のメッセージを送ってしまった。       24%
◆意図しないスタンプを送ってしまった。       19%
◆メッセージの送信先を間違ってしまった。      19%
全て当てはまり、経験した誤発送の内容です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






当初は24時間以内に送信したメッセージのみ削除可能として、その後
についてはユーザーの反応を踏まえて検討するようです。
従来は相手のトークルーム削除はできず、自分自身のトーク履歴と送信
済みメッセージのみが削除できていました。

誤発信で焦った記憶が多く、相手にも誤りのメッセージったことも数多くありますので、本当に助かります。(笑)

















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年11月17日

トリュフを使用した製品が相次いで発売

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


今年の秋は、例年に比べて「トリュフ」を使ったスナック菓子・食品な
どが数多く販売されています。
ポテトスナックやポップコーンなどの「トリュフ味」は珍しくなくなり
ましたが、昨年から今年に掛けて広がりをみせています。
2016年12月に亀田製菓が「亀田の柿の種」のコンセプトショップから
「クラックピーナッツ 白トリュフ塩仕立て」を発売しました。
亀田製菓によりますと「“タネビッツ”は、プレミアムな亀田の柿の種と
うたっているブランド。それに相応しい市場で数少ないが美味しいもの
、希少価値の高いモノとしてトリュフを選んだ」
と語っています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







東ハトは2017年7月に白トリュフを使用した「ポテトリュフ・トリュフ塩味」と黒トリャフ塩を使用した「ポテトリュフ・トリュフバター味」を発売。どちらも既に終売となっています。
現在はリニューアル販売に向けている段階のようです。
さらに10月には黒コショウとトリュフソルトを利かせたチェダーチーズ風味のクッキー「ソルティ・焦がしチーズ」を発売しています。
ソルティ焦がしチーズは個包装で、封を切るとトリュフが香る、いわゆる「塩スイーツ」ですが、トリュフとバターの香りが一体となり、そこに黒コショウのピリッとした辛みが最後にくる重層的な大人のスイーツという印象のようです。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







日清食品チルドは「日清の太麺焼きそば トリュフ香るバター醤油味」
2017年9月に吃売し、好調な売れ行きのようです。
関係者によりますと「日常的な焼きそばを、少し贅沢に楽しく味わって
いただけるような商品化しました」
と語っています。
しょうゆ味をベースにトリュフとバターの風味を利かせているのが特徴
であり、強烈な香りではないが噛んだ後、フワッとトリュフが香る商品
となっているようです。
トリュフ好きには物足らなさを感じるようですが、トリュフ初心者にも
抵抗なく食べられる逸品のようですので是非とも・・・・・・

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







最近ではキッコーマン食品からトリュフとポルチーニを使用したステーキ専用ソース「キッコーマン ステーキしょうゆ トリュフ&ポルチーニ風味」が発売され、ヱスビー食品からは「トリュフきのこソース」が発売されており、調味料の業界でもトリュフが大流行です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







トリュフを使用した食品が増えている要因として専門家は「最近は手に届く範囲であるものを体験することが好まれ、トリュフには味だけでなく“香りを楽しむ”ことが受け入れられている」と分析しています。
また、世界三大珍味として名高いトリュフが身近な食材になってきていることも大きな要因のようです。

今後、トリュフを使用した二次加工品の商品開発が楽しみです。

















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年11月13日

新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


新しいビジネスモデルのご紹介をさせていただきます。
カプセルホテルのようでカプセルホテルではなくて、ビジネスホテルの
ようでビジネスホテルではない。新しい宿泊施設が誕生しています。
全国の各地で増えている宿泊施設の名は「ファーストキャビン」です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







2009年に大阪で誕生し、その後は年に1店舗ペースで増えてきています
が、今年に入って9店舗がオープンしています。
東京地区8店舗、愛知県1店舗、京都2店舗、大阪3店舗、福岡1店舗
、長崎1店舗と合計全国で16店舗が営業しています。
また、全店の平均稼働率は90%超と驚異の数字を表しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







部屋の種類は4.4平方メートルの「ファーストクラスキャビン」と、2.5
平方メートルの「ビジネスクラスキャビン」の2種類があります。
2畳から3畳の広さで、価格は1泊4200円~7700円と手軽な価格。
部屋と通路を隔てているのはスクリーンカーテンのみで完全な個室では
なく、通路を歩く人の足音や隣にいる人の声も聞こえてきます。
貴重品には鍵を掛けることはできますが、カーテンには鍵がなく、部屋
に窓がないので「カプセルホテルと一緒で、しかも値段は高い。」と言
う声もあるようですが、ビジネスパーソンを中心に受けています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







一般的なカプセルホテルと「ファーストキャビン」との最大の違いは、
コンパクトな空間なのに快適に過ごせる工夫が施されています。
部屋は人が立てる高さがあり、施設はテレビ・Wi-Fi、天井照明、アメ
ニティなど必要なモノは全て揃っています。
ロビーのフロントは上質感が漂うデザインであり、トイレや共用の大浴
場も清潔に保たれ、女性客4~5割ほどリピーターがいるようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ビジネスホテルより安くて、カプセルホテルより高い宿泊施設は、どの
ようなキッカケで誕生したのか・・・・
「ファーストキャビン」の社長は「オフィスビルの空間対策として生ま
れた。この事業モデルは、ひょっとしたら地方の宿泊施設を再生できる
かも知れない。」
と語っています。

さて、空テナントが多くなったビル活用を含めた新しいビジネスモデル
は活性化として全国に飛び火するのでしょうか。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年11月09日

健康志向の時代反映/納豆の消費が過去最高

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


健康志向という言葉を聞くようになって随分と時間が経過していますが
確実に健康ブームは世間に浸透しつつあるようです。
全国納豆協同組合連合によりますと、業務用を含む2016年の消費額は
推計で2184億円となっており、2004年度のピークの推計を超えている
ことが判明しました。 2017年を過去最高の昨年を上回る勢いです。
少し高めの商品も健康重視の女性達に支持されているようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







タンパク質やカルシウムが多くカロリーも低くく、価格は手頃。
まさしく現代の時代環境にマッチした「消費者ニーズ商品」ですよね。
以前、開催地区では納豆は敬遠されていましたが最近では関西でも納豆
ブームが来ているとのスーパーマーケットの声もあります。
総務省の家計調査では、2016年の1世帯あたりの納豆消費額は前年に
比べて5%の増加の3835円となっています。
2017年の1月~9月も前年比2.5%の増加となっています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







食品スーパー向けの商品やお土産商品を製造販売している納豆の産地と
して有名な水戸市にある納豆メーカーA社では、特に食品スーパー向け
の販売を伸ばしているようです。
A社の社長は「最近の消費傾向として少し高くても“こだわりの商品”を購入する傾向が高まっています」と語っています。
今後も消費拡大を目指しての商品開発も進めているようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







都道府県庁所在地別の2016年の1世帯当たりの納豆消費額は、納豆の
産地で有名な水戸市がトップで5563円でした。
続いて盛岡市5562円、福島市の5388円と続いています。

ある調査機関の調べでは週1回以上納豆を食べる人の割合は、東北地方
が75.6%、近畿では48.8%、中国四国では47.3%という結果です。
まだまだ西日本では納豆への苦手意識があるようですね。

健康食品として代名詞になりつつある「納豆」の市場が楽しみです。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年11月07日

Facebookが純利益79%増収

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


交流サイトSNS最大手の『Facebook』が発表した2017年7~9月期
決算は、主な収入源である広告収入が大幅に伸び、純利益が前年同期比
が79%と大幅な増収となったようです。
47億700万ドル(約5370億円)と過去最高益を更新したようです。
ただ不法な広告や投稿を巡り、米議会が批判を強めており、同社も対策
費用を費やすため、今後は利益が落ち込む可能性もあるようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







売上高も103億2800万ドルと47%の増加、四半期ペースで100億ドル
を超えたのは創業以来初の快挙です。
売上高のうち98%を占める広告収入が49%も増加したことが大きな
要因であり、広告収入の約9割が携帯端末向けです。
9月末の時点での月間利用者数は20億700万人と前年の同時期から比較
して16パーセント増加しています。
近年『Facebook』離れという言葉をよく聞きますが、現在でも利用
者は増加している実態も公開されました。
同社開発の写真共有アプリ『Instagram』の一日の利用者数も5億人
を突破して、ますます反映一途を登りつめています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







マーク・ザッカーバーグCEOは決算会見の冒頭で「サービスの悪用を
防ぐ努力は利益の最大化よりも優先される」
と発言し、稼ぎ頭の広告が
米大統領選挙の結果に影響を与えたとの指摘が相次いでいる米議会への
対応を語りました。
同社は悪質な広告や投稿を防ぐための担当者として現在、1万人を雇用
していますが、来年度までに2倍に増やす方針です。
さらに摘発の制度を高めるために専用の人工知能(AI)の開発も同時に進めることも発表されました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







SNS最大手の『Facebook』の今後の進化が楽しみです。





















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年10月28日

かっぱ寿司、新たな戦略/食べ放題・1貫50円

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


回転寿司業界の老舗「かっぱ寿司」が新たな戦略を打ち出しました。
全国全ての店舗(360店舗)で定額料金の「食べ放題」を11月1日から
22日までの期間限定にて実施することが発表されました。
客が少ない平日午後2時~午後5時までの時間限定で行い、Webで予約
しますと、寿司のほかサイドメニューなど約80種類が男性が1,580円
、女性が1,380円にて60分間の食べ放題となります。
選べる寿司は通常1皿2貫で100円の商品限定ですが、サイドメニュー
では、300円のきつねうどんやラーメン、200円のプリンなども対象となるようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







そして11月下旬からは新たなプロジェクトが始動すます。
首都圏10店舗での試験プロジェクト「1皿1貫50円寿司」提供です。
大野社長は「お客様にご支持いただける“かっぱ寿司”になる為に、挑戦
と未来に向けた改革です」
と強い決意を語っています。
この戦略は、手軽な価格で女性や高齢者を取り込む狙いです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







回転寿司業界はこの約7年間で、1.4倍の6,250億円まで市場規模が
拡大したのですが、「かっぱ寿司」は大手4社の中では「一人負け」
状況です。 他の大手は黒字です。
2017年3月期には赤字に転落するなど危機的に状況です。

外食産業では「価格を下げた企業に反映なし」との格言があるように、
安くするという施策は一番ダメな施策です。
今回は値下げをしたのではないのですが、
「お客様が継続して喜ぶか?」
「感動するサービスが存在するか?」
「消費者目線と付加価値があるのか?」
「競合との差別化が明確になったか?」

を考えると厳しい結果が待っているように感じます。
サービス期間中は集客はできるとは思いますが、その後継続して集客が続く施策とは思えません。

今後の「かっぱ寿司」に注目します。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年10月26日

崎陽軒「シウマイ弁当」の商品開発

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


新幹線沿線の弁当でお馴染み、崎陽軒の「シウマイ弁当」が新商品開発
や期間限定弁当などネットで大きな話題となっています。
「ドリーミング筍シウマイ弁当」と「忍法唐揚げの術シウマイ弁当」が
期間限定で各1000個ずつ販売されましたが、当たりましたか。
パッケージが微妙に違っていますか、おかずのバランス・量・構成比率
が明らかに異なっています。(真ん中が通常のシウマイ弁当)


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「ドリーミング筍シウマイ弁当」は、通常のシウマイ弁当に入っている
筍煮(タケノコ)が何と、通常の4倍も入っている逸品です。
シウマイより筍煮が主役となっている驚きの商品となっています。
崎陽軒のシウマイ弁当に入っている「筍煮が美味しい」「もっと筍煮
を増やして欲しい」
とのお客様の声を活かした商品となっています。

また「忍法唐揚げの術シウマイ弁当」は通常シウマイ5個、唐揚げ1個
のバランスをシウマイと唐揚げを逆転し、シウマイ1個、唐揚げ5個となっており、商品名の通り「忍法変わり身の術」になっています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







これらの企画商品は崎陽軒のWebサイト「シウマイ弁当診断」を参考に
して企画・商品化が行われているようです。
シウマイ弁当診断とは、YES・NO方式で答えて行くと最後に自分に
ピッタリのシウマイ弁当が表示される仕組み。
シウマイだらけやアンズだらけのお弁当になる奈可能性もあり、トップ
ページには「診断結果は商品開発の参考にさせていただく場合がござい
ます。」
と表記されています。

なるほど、遊び心満載のアンケートは新しい方式ですね。
今後も崎陽軒の商品開発が楽しみになってきました。










無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年10月20日

ドコモ「2画面スマホ」の開発・販売を発表

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


NTTドコモが、画面が二つある折りたたみ式のスマートフォン「M」
など合計13種類の新機種を発表しました。
注目の「2画面スマホ」は来年の1月以降の発売、価格は未定です。
新製品「M」は、5.2インチ画面が二つ並び、それぞれの画面で別々の
インターネットが検索できるほか、2画面を一つの大きな画面としても
使用することが可能になっているようです。
山折にして置くと、向かい合った2人がそれぞれの画面にて同時に同じ
動画が見れることになります。  進化が止まりませんね。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






発表会にはCMで出演しているタレント・俳優さん達も登場し、「M」
について堤真一さんは「めちゃめちゃカッコいい。2画面を操作してい
ると仕事ができる人とに見える」
と語り、高畑充希さんは「電子書籍を
見開きで読めるのは画期的」
と語っていました。

このほか、サムスン電子の最新機種「ギャラクシーノート8」も今月26日に売り出すことも発表され、ノートシリーズは海外での発火事故もあり、3年振りの投入なります。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ライバルのKDDIやソフトバンクも新機種の発表を予定しており、ますます「スマートフォン」のシェア争いが過熱してくる様相です。
どこまで進化していくことか、楽しみてずね。





















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年10月16日

ファミマが惣菜「お母さん食堂」を展開

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


コンビニエンスストア業界の第2位を維持しているファミリーマートが
9月下旬から順次、惣菜商品の新シリーズ「お母さん食堂」を販売して
好調なスタートを切っているようです。
近年は、総菜などを自宅に持ち帰って手軽に食べられる「中食」市場が
成長拡大しており、その規模は10兆円に達する勢いのようです。
コンビニエンスストアの客層も大きく変化し、酒やたばこ等のついでの
食料品購入から、共働き世代や高齢者の日常的な食事を提供する役割を
強化して、スーパーマーケット業界の客層を取り込んでいます。
その主役が高品質で美味しい惣菜やお弁当なのです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






ファミリーマートは今年に入って、サークルKサンクスの店舗を次々と
吸収して店舗数では国内1万7900店舗となりセブンイレブンに次ぐ業界
第2位になった背景があります。
しかしながら1店舗あたりの1日当たりの売上高「平均日販」において
セブン65.7万円、ローソン54.0万円に対しファミリーマート52.2万円
となっており、業界トップのセブンイレブンとの差は歴然です。
ファミリーマートによれば、平均日版の内訳ではセブンとの比較でみて
みますと、調理パンや「FF」と呼ばれるレジ横での揚げ物類の売上は
大きな差はないとの分析です。
大きな差があるのは惣菜や弁当などの「中食商品」と見ています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「他のコンビニに比べて、セブンイレブンは惣菜の開発のために掛けた
人手や設備投資のコストは他を圧倒している。」そこに現在の平均日版
の差が出ている。とファミリーマートの責任者は語っています。
セブンイレブンの鈴木敏文前会長は、毎日のように発売前の惣菜商品を試食して、欠点があると思えば容赦なく「ダメ出し」をして、作り直しをさせて品質向上にこだわり続けたことは有名な話です。

ファミリーマートの「お母さん食堂」はセブンイレブンに近づけるような惣菜の商品開発に直結していく狙いでスタートしています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







惣菜ニーズは近年、中食市場の拡大と共に伸びていますがコンビニ業界
だけがライバルではありません。
店舗内に調理場がある大手食品スーパーや地域の、地場食品スーパーが
最も得意としている分野でもあり、近年は相当な力を入れています。

惣菜を中心とした「中食市場」のシェア獲得が、食料品業界に今後大きな影響を及ぼすことは間違いのないようです。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。