2010年02月17日

コンサルタントの仕事/人事処遇診断書

先日、久しぶりに『人事処遇診断』をクライアントより依頼を
いただきました。
仕事としてお受けすることは、本当に久しぶりで約3年振りです。
しかし、この依頼が意外と大変な仕事なんです・・・・ (半泣)
所要時間や難易度などは、それほど高くないのですが報告するのが
本当に大変です。(報告する相手は経営者です)

人事処遇診断を実施する目的は
「職場における本当の問題点」を明確にする。
ことにあります。
問題点を明確にするので一般社員・初級管理職・上級管理職などの
職責別に無記名アンケート・匿名インタビューを実施します。
特に『人事』『給与』『昇給』『昇進』に関する事は日常
隠れており本当の問題点を診断すると、アッと驚くような結果
が出るケースが多いのです。


以前に診断を行ったケースでの実例を見ますと、
一般社員・初級管理職・上級管理職への賃金アンケートの一部です。

設問6.我社では賃金(昇給)について、現在公平な処遇がなされて
     いると思いますか?

賃金に関する無記名アンケートですので男性・女性に分けてデータを
集計しますが、出た結果が・・・・

男性社員58名中
●「公平」        全年代   0%
●「やや公平」     全年代   0%
●「何とも言えない」  全年代  53%
●「やや不公平」    全年代  28%
●「不公平」       全年代  19%
という正直なアンケート結果が出ていました。
端的に言いますと「公平」「やや公平」とは誰も感じていない。
これが本当の従業員の声でした。
また、インタビューの時には「何とも言えない」と回答した人達の実態も
「不公平」と回答した犯人探しをするのでは・・・とボヤいていた人も。
女性のアンケート結果は、男性以上に「不公平」の割合が高いデータ
となっていました。
この一例で見るように社員さん達の“やり甲斐”や“生きがい”は全く
と言っていいほど、ありませんでした。


しかし、この企業さんは『人事システム』も整備してあり『賃金制度』
能力主義を取り入れていました。
にも拘らず、何故社員さん達の心が離れているような状況になったか?
答えは社長自身が社員さんの為の『人事システム』では無く、管理する
為のシステムになっていた事が大きな要因でした。


この結果を社長に報告する時が、最も気を使う場面です。
以前、報告している最中に顔が真っ赤になりプルプルと震えている
社長もいました。
また、報告している最中に私に文句を言う方もいます。
このような時に本当の『社長の器』が見えて来ます。
しかし、何を言われようが依頼された仕事ですから、最後までハッキリ
診断報告をしています。
このようなケースの時に、毎回のように思うことは、
本当の問題点を見つけたいのか
     自分に心地よい状況を聞きたいのか
よく判りません。
「経営者は素直にならないとダメだ。」
とは松下幸之助さんが残したことばです。



無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(評価制度運用-事例)の記事画像
労働市場の変化「全従業員の正社員化」
企業を取り巻く経営環境の激変戦略
『人事評価制度』運用の成果
個人の能力向上を目指す『能力開発制度』/第2弾
『人が育つ仕組み作り』/評価審議会
企業に有益な幹部教育/評価者訓練 第4弾
同じカテゴリー(評価制度運用-事例)の記事
 労働市場の変化「全従業員の正社員化」 (2017-08-27 10:44)
 企業を取り巻く経営環境の激変戦略 (2016-09-05 09:12)
 『人事評価制度』運用の成果 (2013-05-22 10:48)
 個人の能力向上を目指す『能力開発制度』/第2弾 (2011-08-01 09:13)
 『人が育つ仕組み作り』/評価審議会 (2011-07-01 09:38)
 企業に有益な幹部教育/評価者訓練 第4弾 (2011-06-15 09:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。