2019年06月03日

作業服販売店「ワークマン」躍進の戦略/中編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の記事にて「作業服販売店“ワークマン”躍進の戦略/前編」を投稿しましたが、本日は後編を記事にして投稿させていただきます。
少し前にテレビ番組に取り上げられたように国内店舗数839店舗。
ユニクロを超えて2025年には1000店舗の目標を掲げての、出店数
全体の9割を超えるフランチャイズ(FC)契約店に支えられています。
FC契約の初回継続率はほぼ100%。売上の1割がオーナーの収入になるというFC契約が人気を呼んで、FCオーナーの希望者が殺到している状況だと評判です。
作業服販売店「ワークマン」躍進の戦略/中編
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








フランチャイズ(FC)契約をめぐっては24時間営業のコンビニ加盟店オーナーと違い、営業時間が短く、そして休日があることがオーナーの希望者が殺到する大きな要因のようです。
職人向けの商品が多いので、ワークマンの回転は7時と比較的早いですが夜は20時には閉店となっています。
レジ締め作業も閉店後に実施することがなく、昼間に行うことが慣例となっています。これはワークマンの本社が群馬にあり、周囲に夜間金庫が無かったことが名残であると言われています。
お陰で店長をはじめ働くスタッフは残業とは無縁であり、その働きやすさから店長の4分の1が女性です。
作業服販売店「ワークマン」躍進の戦略/中編
作業服販売店「ワークマン」躍進の戦略/中編
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ワークマンの躍進はFC制度の仕組みに大きな特徴があります。

まずは、新規店舗は店舗用地取得からオープンまで本部が行います。
開店してからオーナーが決まるまでき本部が営業、テリトリー権(FC本部が加盟店に対して、営業地域を特定する権利)は無いものの「人口10万人に1店舗と決めています」加盟店推進部は語っています。

もうひとつの特徴が、契約後1年は店舗の年間売上高が6300万円に達するまで売上高にかかわらず「固定給」がオーナーに支払われます「Bタイプ」という契約形態があります。
通常の「Aタイプ」の契約は、粗利益の60%を本部に上納します。
「Bタイプ」の場合、粗利益の金額にかかわらず月50万円と歩合分が本部からオーナーに支払われます。小売業の経験がなくてもワークマンの運営・推進ができるのは、この仕組みのお陰です。

次回、更なるワークマンの戦略をご紹介します。
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編
北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略
10年で2倍の「グミ市場」の成長要因
進化系タピオカが大人気、トレンドに!
今度はLINE(ライン)が仮想通貨取引所を開設
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編 (2019-07-15 11:53)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編 (2019-07-13 09:38)
 北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略 (2019-07-06 14:22)
 10年で2倍の「グミ市場」の成長要因 (2019-07-03 10:05)
 進化系タピオカが大人気、トレンドに! (2019-07-01 11:32)
 今度はLINE(ライン)が仮想通貨取引所を開設 (2019-06-26 10:56)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。