2018年04月28日

「八丁味噌コーラ」がGI保護制度の影響で木村飲料が名称変更

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


ユニークなパッケージと奇抜な商品開発を行う飲料メーカーとして有名
木村飲料さんが、日本初の「八丁味噌コーラ」を発売していましたが
名称が「岡崎味噌コーラ」に変更されていました。
今回の名称変更の背景には、八丁味噌のGI(地理的表示)保護制度
巡るブランド戦争があるようです。GI保護制度とは地域と結びついた
産品の名称を知的財産として登録して保護を目的とした制度です。

ことの発端は「愛知県味噌溜醤油工業協同組合」と岡崎市八丁町の老舗
2社「まるや八丁味噌」「カクキュー」との八丁味噌のGI登録での
逆転現象の発生が始まりです。 
木村飲料の「八丁味噌コーラ」で使用しているのは「まるや八丁味噌」
の製品であり、本物の八丁味噌を使っているのに、追加登録をしないと
八丁味噌を名乗れない。との捻じれ現象が起きています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








木村飲料は、今年2月頃に「八丁味噌コーラ」との名称が違反状態にあると認識して、即座に出荷を停止して「岡崎味噌コーラ」に名称変更して製造・出荷を行い「本場の味を出している」と自信をみせています。

ご存知の方も多いとは思いますが、木村飲料さんの商品は驚くものが多
くて、見ているだけでも楽しめる商品ばかりです。
「さくらコーラ」「うなぎコーラ」「しずおか茶コーラ」「富士山サイダー」などの多くのビックリ商品が商品化され親しまれています。
ラムネの商品開発も進んでおり現在「ラー油ラムネ」「わさびラムネ」「もみじラムネ」「カレーラムネ」「シュークリームラムネ」など多くのラインナップがありネットでも話題騒然です。
観光地のお土産売場、高速道路でのサービスエリアなど特定地域に絞っての展開は、同社の差別化戦略の一環のようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








木村飲料さんは奇抜な商品を作っているだけではありません。
飲料メーカーとして最も重要な「水の品質」に基本を置いています。
世界食品オリンピックといわれているモンドセレクションにおいてミネラルウォーター「飛騨湧水」「富士山萬年水」が最高金賞を受賞しており「元祖ビー玉ラムネ」が3年連続で金賞を受賞しています。

ただの奇抜な商品を作っている企業ではありません。
今後の木村飲料さんの商品開発が楽しみです。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事画像
ウナギそっくりの「ほぼうなぎ」が大好調/カネテツデリカフーズ
珈琲ドリンク市場の環境変化/中型ペットボトルコーヒー
カラムーチョが人気再燃の要因
コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/後編
コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/前編
パナソニック創業100年で組織風土改革
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事
 ウナギそっくりの「ほぼうなぎ」が大好調/カネテツデリカフーズ (2018-07-20 10:32)
 珈琲ドリンク市場の環境変化/中型ペットボトルコーヒー (2018-07-19 11:20)
 カラムーチョが人気再燃の要因 (2018-07-09 11:12)
 コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/後編 (2018-07-08 11:16)
 コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/前編 (2018-07-03 13:47)
 パナソニック創業100年で組織風土改革 (2018-06-30 11:21)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。