2016年06月22日

若者のFacebook離れが進む「SNS疲れ」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







最近、ネット上で話題となっている「SNS疲れ」「ソーシャル疲れ」
について興味深い記事がありましたので投稿させていただきます。
皆さんは疲れを感じているようなことはないですか?
私自身も数年間続いた毎朝の投稿を3月より中止して、気が向いた時に
のみ投稿するスタイルに変更しています。
典型的な「SNS疲れ」「ソーシャル疲れ」症候群ですね。(笑)

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





ネットリサーチ会社の㈱マクロミルが毎年1月に実施している「新成人
に関する調査」を公表し、今年の調査で現在利用しているSNSについ
ての質問では、利用率上位のSNSでは軒並み利用率が減少していると
いう結果が出ています。
また、ここ数年【LINE】利用率が急速に高くなっている特徴であり、
SNSの草創期から利用されてきた【mixi】の落ち込みが激しく、この
3年間で3分の1まで激減しています。
最近のSNSをリードしてきた【Facebook】も直近2年間でみますと
10%以上の利用減となっており、特に20代や30代の若い世代の利用率
が減少している結果が出ているようです。
意外だったのが60第以上の【Facebook】の利用率が63.6%と年代別
で最も高い結果には驚きました。 時間的に余裕があるのですね。


*インターネットより関連グラフを抜粋させていただきました。





ある調査機関が調べた【Facebook離れ】の実態調査結果によりますと
「疲れてしまう」「休みたい」「辞めたい」と思ったことのある人は、
43.7%と半数近くの人が思ったことがある。との調査結果でした。
そのように思った理由の第1位は「他人の“リア充”投稿にウンザリして
しまう」
がトップでした。
他人の充実している投稿に「イラッ」とするなら見なければいいのに。
と思う反面、私自身も経験がありますので理解できます。(笑)

*インターネットより関連グラフを抜粋させていただきました。





上記のアンケート結果での第2位の「情報のチェックが追い付かない」
などや第3位の「常にチェックをしないと不安になる」、第4位の「苦手な
人とも繋がざるを得ないわずらわしさ」
などは典型的な『SNS疲れ』の現象だと思います。

私自身も『SNS疲れ』症候群で【Facebook】での投稿を激減させて
いますので、この記事の内容は私の中では正解でした。
私自身が出した結論は「SNSは人生に一日一日を豊かにする手段・道具であるので道具に振り回されるのではなく、道具を使って自分自身が楽しめる活用をする」との結論に達しました。

皆さんも是非とも楽しんでSNSを道具として使いましょう。














にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事画像
「本能寺の変」直後の明智光秀の直筆手紙
ハリケーン直後に打ち上げられた謎の生き物
日本人初の100㍍9秒台/桐生祥秀選手
天理高校の「仁王立ち応援団長」の涙
テレビ東京「池の水ぜんぶ抜く」にて歴史的発見
年商1億円農家の収穫直前メロン6600個が被害
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事
 「本能寺の変」直後の明智光秀の直筆手紙 (2017-09-19 12:33)
 ハリケーン直後に打ち上げられた謎の生き物 (2017-09-17 11:29)
 日本人初の100㍍9秒台/桐生祥秀選手 (2017-09-11 08:51)
 天理高校の「仁王立ち応援団長」の涙 (2017-08-25 09:13)
 テレビ東京「池の水ぜんぶ抜く」にて歴史的発見 (2017-08-23 10:49)
 年商1億円農家の収穫直前メロン6600個が被害 (2017-08-06 11:23)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。