2015年05月28日

時代の環境変化「朝型勤務」

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





言い古された言葉ではありますが、企業は「環境適応業」です。
時代の環境に順応できない企業は淘汰される。歴史が物語っています。
ここ数年、働く環境下の変化の中で注目されているのが「朝型出勤」
「朝活」といった「朝の活用」が大注目されています。
今年4月には政府が経済界に対し「朝型勤務」を取り入れる要請を行い
夜の残業を減らして長時間勤務の実態を解消することを、いよいよ本気
になって取り組みを始めています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。




大手商社の伊藤忠商事では「朝型勤務」を導入しており、食堂では毎朝
パンやバナナが無償で支給されています。
「朝型勤務」を促すために、午前5時から午前9時までの間に働いた時間
の賃金を高く設定し、午後8時以降の残業を原則禁止にしています。
この施策により残業時間が1人あたり月平均で4時間減少の成果が出て
おり、会社全体で7%の残業削減が実現できているようです。
働くスタッフは「うちは共働きですが、制度が導入できてから、自分の
方が早く帰れる状況もあって子供とのコミュニケーションをとる時間も
増えています。」
と好評のようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。




政府も今年の夏より「朝型勤務」に本格的に乗り出しました。
7月と8月には、霞が関の全省庁の職員を対象に、始業時間を1時間から
2時間前倒しにして、午前7時30分から8時30分に出勤して、午後4時15
分から5時15分には退庁するよう促すことを決定しています。
慢性化している長時間労働の削減を目的として行うようですが・・・

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。




先日には塩崎厚生労働大臣が経団連を訪れて「朝型勤務」の要請も行っ
ており、いよいよ政府も本気のようです。
電車も空いており、早く帰れて、効率もアップと「いいことだらけ」
ように思われますが、意外な盲点もあります。
朝が早くなることにより影響が出てくるのが保育所の問題です。
共働き夫婦の場合、出勤が早まれば子供を預けにくい状況が出てくるこ
とは必至であり、制度の全体の考慮には課題が多くあるようです。

国をあげて取り組む「朝型勤務」は、どのように環境変化して行くことか大きな注目です。







にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事画像
LINEが新機能「送信取消」サービスを実装
新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」
健康志向の時代反映/納豆の消費が過去最高
Facebookが純利益79%増収
ガリガリ君リッチ/温泉まんじゅう味の戦略
崎陽軒「シウマイ弁当」の商品開発
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事
 LINEが新機能「送信取消」サービスを実装 (2017-11-19 10:28)
 新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」 (2017-11-13 10:50)
 健康志向の時代反映/納豆の消費が過去最高 (2017-11-09 10:08)
 Facebookが純利益79%増収 (2017-11-07 10:39)
 ガリガリ君リッチ/温泉まんじゅう味の戦略 (2017-11-01 10:29)
 崎陽軒「シウマイ弁当」の商品開発 (2017-10-26 10:50)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。