2015年03月25日

カルビーの「ダントツ№1」戦略

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




大手菓子メーカーの「カルビー」が、主力商品「ポテトチップス」での
新事業戦略の発表会を開催しました。
同商品は1975年に発売されてから今年で40周年を迎え、国内シェアも
7割近くを保有していますが、新戦略では「今後も年率5%で成長し、
2017年には売上高1150億円を目指す」
と社長が語りました。
カルビーの「ダントツ№1」戦略
*関連商品をインターネットより抜粋させていただきました。




「カルビー」の2014年度の通期売上は2130億円、営業利益225億円、
営業利益率10.6%と超優良企業としての成績です。
成長の基本となる事業分野は4本柱であり、「ポテト系スナック」「フ
ルグラ」「北米ビジネス」「コーン系スナック」
となっています。
特にポテト系スナックでは「じゃがりこ」「堅あげポテト」が好調な
推移をしており、2014年度第3四半期の売上は49億円も伸ばしました。
カルビーの「ダントツ№1」戦略
*関連商品をインターネットより抜粋させていただきました。




現在「カルビー」のスナック国内シェアは販売金額ベースでは53.9%、
ポテトチップス国内シェア69.4%となっています。
2017年にはそれぞれを67%、75%に拡大する目標があり、それに向け
て同社が取り組むのが、「筒入成型ポテトチップス」であります。
2015年秋に新商品「ポテトチップクリスプ」のうすしお味とコンソメ
パンチ味を同時に発売する予定です。
カルビーの「ダントツ№1」戦略
*関連商品をインターネットより抜粋させていただきました。





日本では成型ポテトチップスは「プリングルズ」「チップスター」
国内シェアを独占状態でありました。
これまでのカルビーは、袋ポテトチップス商品に特化してきましたが、
200億円と言われる「成型ポテトチップス」市場に参入、数年でトップ
シェアを獲得する狙いがあるようです。
「数年後には売上高100億円、シェア43%を獲得する」

新たなジャンルである「成型ポテトチップス」に参入して、
「業界ナンバーワンから断トツナンバーワンを目指す」と新たな戦略を
発表し、業界のリーダーを目指すようです。

今後の「カルビー」の動向に注目です。










にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編
北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略
10年で2倍の「グミ市場」の成長要因
進化系タピオカが大人気、トレンドに!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略 (2019-07-17 11:20)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編 (2019-07-15 11:53)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編 (2019-07-13 09:38)
 北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略 (2019-07-06 14:22)
 10年で2倍の「グミ市場」の成長要因 (2019-07-03 10:05)
 進化系タピオカが大人気、トレンドに! (2019-07-01 11:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。