2011年03月30日

黙して語らず「最後の砦」/自衛隊の姿

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



東日本大震災は過去に例のない大きな被害をもたらし、被災した皆様に
は、心よりお見舞い申し上げます。 心を強く持って、復興を目指して
いただきたいと思います。
また、今回の震災を通じて日本人の秩序ある行動の素晴らしさを再認識
した人も多いと思います。
私自身が強く感じたのは、スポットも当たらず褒められもしない大変な
作業を黙々とこなす「自衛隊」の素晴らしさを改めて感じました。


地震と津波の被害が重なった大震災ですが、遺体の収容も自衛隊の大切
な任務であり、27日までに4150体を収容していたそうです。
黙して語らず「最後の砦」/自衛隊の姿
*被災者の遺体に手を合わせる隊員(自衛隊提供)


日常的に遺体を扱う警察官と違い遺体の扱いに慣れておらず、とりわけ
海に流された遺体との対面は辛い作業だと聞きます。
悲惨な現場は、隊員たちの心を消耗させ、無力感を抱かせることばかり
が続くそうです。
そのため陸上自衛隊はメンタルヘルスを重要視し、夜ごと隊員を10人
ほどの班に分け、車座になって一日を振り返る時間を作っています。
隊員達は「仲間と共に苦しみ、痛みを共有できれば気力がわいてくる」
と打ち明けています。
「海には数メートルおきに遺体が浮いていた」
「幼い亡骸を目にすると、わが子とダブってたまらない」
「流木にはさまれ、両手をあげた遺体は助けを求めていた」
「おぶひもを掛けた女性の遺体に赤ちゃんは見当たらなかった」

これが現場で自衛隊の隊員の皆さんが見た現実です。
被災者支援活動の「最後の砦」である自衛隊の隊員は、その重みを感じ
ながら黙々と働きますが、肉体的・精神的疲労は日ごとに増します。



自宅が全壊、家族も行方不明という隊員が普通に働いています。
被災地に入り12日目、風呂はまだ一回しか入れていない。状況や、毎日
激務で働いていますが、食事は乾パンと缶詰めと水だけ。
炊き出しなどで暖かい汁ものの食事を被災者に提供しても、隊員達が口
にするのは冷めたものばかり。 これが現実です。
黙して語らず「最後の砦」/自衛隊の姿
*わずかな休憩時間にトラック内で冷めた缶詰を食べる隊員たち。


「わが身は顧みず、何ごとも被災者第一」
これが自衛隊の方針であり、実績を誇るわけでもなく、黙して語らず、
被災者のために黙々と働く自衛隊員。
私達は、このように素晴らしい「自衛隊」に守られているのです。

感謝。感謝。感謝。

ある自衛隊員が語りました。
「自衛隊にしかできないなら、危険を冒してでも黙々とやります」
「国民を守る最後の砦。それがわれわれの思いです」

改めて、自衛隊の皆さんに敬意を表します。





お断り
◆写真はインターネットより抜粋させていただきました◆


無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(感動体験)の記事画像
速報! サニブラウン選手が日本新記録 9秒97を記録
昭和の伝説ロックバンドBOOWYが集結
「令和色」のボールペンがSNSで大反響
速報! 男子100㍍サニブラウン選手が日本人2人目の9秒台
日本郵便より「令和元年」の記念切手が発行
「世界一美しいスタバ」がSNSで話題に
同じカテゴリー(感動体験)の記事
 速報! サニブラウン選手が日本新記録 9秒97を記録 (2019-06-08 12:01)
 昭和の伝説ロックバンドBOOWYが集結 (2019-05-21 12:31)
 「令和色」のボールペンがSNSで大反響 (2019-05-18 09:05)
 速報! 男子100㍍サニブラウン選手が日本人2人目の9秒台 (2019-05-12 11:50)
 日本郵便より「令和元年」の記念切手が発行 (2019-04-22 08:33)
 「世界一美しいスタバ」がSNSで話題に (2019-04-14 10:51)

この記事へのコメント
 3月28日エコパアリ-ナで行われた緊急震災チャリティイベントにて、参加者の西田文郎氏が、今こそ日本という国、日本国民ということを意識してほしいと訴えていました、今回の震災地に行って、何かを感じるのも大事、そして、九州の知覧特攻基地へ行き特攻隊員の遺書等をぜひ読んでほしいと強調されていました。自ら命を捨て、この平和な日本を築いた彼ら特攻隊員の日本に対する思いが、今こそ日本国民には必要だと。
日本国民の為に黙々働く自衛隊を取り上げてくれた今回の戸塚先生のブログ、どちらも戦後で平和な高度成長期に育ったやわな私にとって考えさせられました、本当に感謝です。日本国民として行動します。
Posted by 鈴木敬祐 at 2011年03月30日 22:58
鈴 木 敬 祐 様

3月28日は私自身も行くよていでしたが、都合がつかずに行くことが
できませんでした。 とても残念でした。
本当に今回の東日本大震災は日本人であることを強く認識できる良い
機会だはないでしようか・・・・
この「自衛隊」の記事を読んでいただき、想いが伝わったことが何より
嬉しい思いです。
ありがとうございました。
Posted by 戸塚友康戸塚友康 at 2011年03月31日 16:07
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。