2009年12月16日

ハガキ道の世界/その1

 「ハガキを書くと人生が変わるよ。」

この言葉をいただいたのが平成14年の12月でした。
私に言葉のプレゼントをしていただいたのは(株)タニサケさんの
松岡浩会長(当時、社長)でした。
私の人生の中での大恩人の一人です。
当時は、ハガキを書くことの習慣が全く無く、書こうと思える心境
ではありませんでした。
 
しかし、松岡会長の人柄に引かれタニサケ塾にお伺いすることに
なりました。
松岡会長から何通もハガキを頂戴していましたが返信を書けない
自分自身が辛くなり、ハガキを書くことを決意しました。
平成16年のことでした。
  
当時、自分自身の実行力が乏しいことを承知していましたので、
ハガキを書く環境を整えることが最初のスタートでした。
思いついたのは、自社のオリジナルのハガキを作成することから
でした。 
一通目に出すハガキ。
ハガキ道の世界/その1
『今日は最良の一日、今は無二の好機』
大好き言葉を印刷し、ハガキを書き始めました。

しかし『ハガキと言うだけあり、すぐに壁にぶつかりました。
書けない日が続いたり、返信が遅れたり、いつしかハガキを書く事が
目的となっていたり、なかなか気持が高まりませんでした。
また、いつしかハガキを書くことで慢心する心も芽生えていました。
「ハガキを書いてる」ことで自己満足していたのです。

そんな時、ハガキ道の伝道者である坂田道信先生のことを知りました。
坂田先生いわく、ハガキを書いていて慢心していた頃、仏通寺の住職の
北村慧光和尚に言われたそうです。
『ハガキは書くものではなく、
書かせていただくものですよ。
書くことで相手の方の幸せをお祈り
することなんですよ。』


悶々としていた私に光が・・・ 
そうだ、ハガキを書くことで自己満足に陥ってはいけない。相手に方
に想いを込めて書かせていただき、自分の心を磨くことなんだ。

一つ目の壁を何とか乗り越える事ができた瞬間でした。

続く・・・



無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(人間力を磨く)の記事画像
河井克行前法務大臣起訴にみるトップの説明責任のあり方
上半期ブレイク芸人、コロナ禍が影響しトップ10に異変/後編
上半期ブレイク芸人、第1位は「ぺこぱ」 コロナ禍がトップ10に影響/前編
ペッパーランチ社、全株式売却にみる企業経営の原理原則の重要性
新型コロナウイルス解雇は2万人超、リーマンショックをうわまわる可能性も
第102回全国高校野球選手権甲子園大会中止の代替案の行方
同じカテゴリー(人間力を磨く)の記事
 河井克行前法務大臣起訴にみるトップの説明責任のあり方 (2020-07-13 09:03)
 上半期ブレイク芸人、コロナ禍が影響しトップ10に異変/後編 (2020-07-11 11:05)
 上半期ブレイク芸人、第1位は「ぺこぱ」 コロナ禍がトップ10に影響/前編 (2020-07-09 13:21)
 ペッパーランチ社、全株式売却にみる企業経営の原理原則の重要性 (2020-07-03 12:05)
 新型コロナウイルス解雇は2万人超、リーマンショックをうわまわる可能性も (2020-06-05 12:30)
 第102回全国高校野球選手権甲子園大会中止の代替案の行方 (2020-05-24 10:44)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。