2021年10月09日

ギンビス「食べっ子どうぶつ」が若者の間で大ブームの秘密/前編

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







誕生から43年の間、多くの親子が親しんできたギンビスの知育ビスケット「たべっ子どうぶつ」が若者の間で大きな話題となっています。
中高年にとっては“懐かしのお菓子ですが、パッケージを飾るどうぶつたちが若者の間で一大ブームを巻き起こしているのです。
なぜ今、脚光を浴びているのか。令和時代に入り「たべっ子どうぶつ」が大ヒットしているマーケティングを分析してみます。

「たべっ子どうぶつ」と聞くと、多くの読者はピンクの箱に入ったビスケット菓子を思い浮かべますね。子どもたちの定番おやつとして長年親しまれているビスケットですが、最近パッケージのライオンやゾウなどの“どうぶつたち”が、キャラクターグッズとして人気を集めています。
ギンビス「食べっ子どうぶつ」が若者の間で大ブームの秘密/前編
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「ギンビスの『たべっ子どうぶつ』シリーズは、今年で誕生から43年を迎えました。 1969年に発売を開始した“たべっ子シリーズの前身”ともいえる素焼きビスケット『動物四十七士』と合わせると50年以上の歴史があります。入れ替わりが激しいお菓子業界で今も成長を続けており、特にここ数年はグッズなどの反響もあり2ケタ成長をしています」
と話すのは株式会社ギンビス広報担当・坂井明野氏。同社の「たべっ子どうぶつ」シリーズは、定番のバター味に加えて、チョコが染み込んだ「たべっ子水族館」、ホワイトチョコ味の「白いたべっ子どうぶつ」等さまざまなフレーバーやサイズが展開されているロングセラー商品。

「実は最も歴史が長いバター味は、発売当時から味を変えていません。なので、大人になってたべっ子どうぶつを食べた人が『あの味だ!』と思い出してくれたり、ビスケットに印字された英語を見て懐かしんでくれたりする人も多いですね」


前編は「たべっ子どうぶつ」の歴史をお届けしましたが、次回は若者の間で大ブームになっているマーケティングをお届けします。
お楽しみにして下さい。


















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村









無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
コメダ珈琲店の次なる商品戦略/季節限定販売大豆ハムカツバーガー
江崎グリコ「アイスの実 国産野菜シリーズ」3種類を全国発売
一風堂の「濃厚とんこつ味」が缶スープとしてアキュア自販機で販売スタート
ギンビス「食べっ子どうぶつ」が若者の間で大ブームの秘密/後編
ローソンの秋の新作スイーツ「生ガトーショコラ」が発売4日間で100万個突破の快挙
焼津かつお節のうま味を使った東洋水産がチルド中華そばを販売
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 コメダ珈琲店の次なる商品戦略/季節限定販売大豆ハムカツバーガー (2021-10-21 09:42)
 江崎グリコ「アイスの実 国産野菜シリーズ」3種類を全国発売 (2021-10-18 08:45)
 一風堂の「濃厚とんこつ味」が缶スープとしてアキュア自販機で販売スタート (2021-10-11 08:45)
 ギンビス「食べっ子どうぶつ」が若者の間で大ブームの秘密/後編 (2021-10-10 10:57)
 ローソンの秋の新作スイーツ「生ガトーショコラ」が発売4日間で100万個突破の快挙 (2021-10-07 08:45)
 焼津かつお節のうま味を使った東洋水産がチルド中華そばを販売 (2021-10-03 08:45)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ギンビス「食べっ子どうぶつ」が若者の間で大ブームの秘密/前編
    コメント(0)