2021年06月11日

男子100㍍で日本新記録が誕生/山県亮太選手が9秒95をマーク

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






陸上男子短距離の山県亮太選手が、6月6日鳥取市のヤマタススポーツパーク陸上競技場で開催された布勢スプリントの男子100㍍で、日本新記録の9秒95(追い風2.0㍍)の日本新記録をマークしました。
サニーブラウン・ハキーム選手が2019年6月の全米大学選手権決勝で出した9秒97の日本記録を塗り替えました。
日本人の9秒台は、サニーブラウン(9秒97)桐生祥秀(9秒98)、小池祐貴(9秒98)に続く史上4人目の快挙です。
男子100㍍で日本新記録が誕生/山県亮太選手が9秒95をマーク
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







山県選手はスタートダッシュに成功した隣のレーンの多田修平選手と並ぶと、伸びのある走りでトップでゴールテープを切りました。
速報タイムは9秒97。どよめきが起きた数十秒後に確定タイム9秒95と追い風2.0㍍と発表され、公式記録として認定されました。
2位は多田修平(10秒01)、3位は小池祐貴(10秒13)、注目されていたケンブリッジ飛鳥選手は10秒28で6位でした。
男子100㍍で日本新記録が誕生/山県亮太選手が9秒95をマーク
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







100㍍日本記録9秒台の記事

◆2019年6月8日の記事◆
  「速報! サニブラウン選手が日本新記録9秒97を記録」
      ➡ https://tozuka.boo-log.com/e486418.html
◆2017年9月11日の記事◆
  「日本人初の100㍍9秒台/桐生祥秀選手」
      ➡ https://tozuka.boo-log.com/e418091.html












にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村









無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(感動体験)の記事画像
2021年に流行した食べ物、食のトレンド大賞は「オートミール」
駒大・田澤廉1万㍍世界選手権の標準突破第1号。日本歴代2位、日本人学生最高記録を達成
J1降格争いが最終節にもつれこみ、最後はヴォルティス徳島がJ2降格
横浜FC三浦知良選手が来期も現役続行。出場機会を求め地域リーグ移籍も視野
ファミリーマートが王者セブンイレブンに叩きつけた「挑戦状」。新PBでイメージ刷新で強化
高校野球秋季東海大会で聖隷クリストファーが逆転の連続で準優勝/センバツ出場当確
同じカテゴリー(感動体験)の記事
 2021年に流行した食べ物、食のトレンド大賞は「オートミール」 (2021-12-07 09:44)
 駒大・田澤廉1万㍍世界選手権の標準突破第1号。日本歴代2位、日本人学生最高記録を達成 (2021-12-06 08:45)
 J1降格争いが最終節にもつれこみ、最後はヴォルティス徳島がJ2降格 (2021-12-05 08:45)
 横浜FC三浦知良選手が来期も現役続行。出場機会を求め地域リーグ移籍も視野 (2021-11-23 08:55)
 ファミリーマートが王者セブンイレブンに叩きつけた「挑戦状」。新PBでイメージ刷新で強化 (2021-11-11 09:33)
 高校野球秋季東海大会で聖隷クリストファーが逆転の連続で準優勝/センバツ出場当確 (2021-11-10 10:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
男子100㍍で日本新記録が誕生/山県亮太選手が9秒95をマーク
    コメント(0)