2020年07月03日

ペッパーランチ社、全株式売却にみる企業経営の原理原則の重要性

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。

外食産業大手のペッパーフードサービスが昨日3日、ステーキチェーン「ペッパーランチ」を運営する子会社が保有している全株式を投資ファンドであるJーSTARに売却することを発表しました。
売却総額は85億円と発表されました。 驚きの発表でした。

ペッパーフードサービスは5月末の時点で「ペッパーランチ」約190店舗、「いきなりステーキ」約410店舗を運営していましたが、採算の悪い店舗を中心に合計114店舗の閉店を行うことも発表し、店舗閉鎖に伴い約200人の希望退職者を募集も開始しています。
ペッパーランチ社、全株式売却にみる企業経営の原理原則の重要性
ペッパーランチ社、全株式売却にみる企業経営の原理原則の重要性
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








同社は1994年にペッパーランチ1号店をオープンさせ、新しいビジネスモデルとして注目。急速に店舗出店を押し進めて大躍進を続けてきましたが、出店ペースが速すぎたことが大きな要因と観られています。

近郊店舗での顧客の奪い合いも起こっており、今回の新型コロナウイルスの影響もあり、ついに経営続行を断念したようです。
外食産業の環境は今までのビジネスモデルでは限界が来ており、無理な出店は危険信号だと誰もが認める環境にもかかわらず「自分たちのビジネスは別である」という驕りが今回の悲劇を起した要因ではないでしょうか・・・・

企業経営の原理原則である「環境適応業」としての戦略が間違っていたり、偏ったりすると健全経営ができなくなることが実証されました。



















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村









無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(注目企業紹介)の記事画像
注目の「ふるさと納税返礼品」の還元率ランキング
ビットコインがついに400万円突破。暗号資産が急高騰
冬季限定メロディーキッスから限定商品「とろけるモンブラン」が発売
2021年初競りは「自粛」。ケンカしない幕開け
広島県のラーメン店「我馬」監修の濃厚豚骨赤うまラーメンが発売
コンビニ業界の次なる戦略/ローソン「食品全品売り切り」
同じカテゴリー(注目企業紹介)の記事
 注目の「ふるさと納税返礼品」の還元率ランキング (2021-01-20 09:03)
 ビットコインがついに400万円突破。暗号資産が急高騰 (2021-01-18 09:03)
 冬季限定メロディーキッスから限定商品「とろけるモンブラン」が発売 (2021-01-17 12:35)
 2021年初競りは「自粛」。ケンカしない幕開け (2021-01-07 11:28)
 広島県のラーメン店「我馬」監修の濃厚豚骨赤うまラーメンが発売 (2021-01-05 10:30)
 コンビニ業界の次なる戦略/ローソン「食品全品売り切り」 (2020-12-29 16:07)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。