2018年03月31日

日本一のラーメン店「蔦(つた)」の戦略/前編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


2015年12月に東京巣鴨にあるラーメン専門店「蔦(つた)」が業界で
初のミシュランガイドで星を獲得し、大きな話題となりました。
店主の大西氏は高校を卒業後に実父の経営するラーメン店で修業した後
、一時ラーメン業界を離れてアパレル業界に転身しました。
心中期するところがあったようで、再びラーメン職人を目指しました。
そし、て満を持しての2012年1月に「Japanese Soba Noodles蔦」を
オープンさせました。
日本一のラーメン店「蔦(つた)」の戦略/前編
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「蔦」の創作ラーメンは個人の好みで好き嫌いが別れるラーメンという
国民食の常識を超えた次元と評論家たちを唸らせています。
味に厳しいグルメ評論家が居たとしても関係なく「美味しい」と言わせ
てしまうのが「蔦」の大西店主のラーメンです。
そのクオリティの高さは、ストイックという言葉を超越した、尋常なら
ざる研鑽によって出来上がっていることは周知の事実です。
日本一のラーメン店「蔦(つた)」の戦略/前編
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







大西店主は「創っているラーメンが自分にとって少しでも満足できない
ものになれば、ためらうことなく直ちに全面的に味を見直します。」

言い切り、どこの店舗でもレシピを残しますが「蔦」では、味を変える
前と味を変えた後もレシピを一切残さないというから驚きです。
大西店主は「過去を振り返っても意味はない。」と言い、レシピを残さないだけではなく、味の組み方さえ忘れるそうです。
日本一のラーメン店「蔦(つた)」の戦略/前編
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







オープン当初から「蔦」の代表メニューは「醤油Soba」でありますが
味を何回変えたか覚えていないといいます。
大西店主の弥一の決めごとは、新しい素材を試すときは、その素材のみを使って出汁を採ってみることだそうです。
「気になる食材が見つかれば、あれこれ考えずにますば取り寄せてみます。そしてその素材だけを使って出汁を採ってみる。その時にこの素材は自分と相性が良いと感じることができれば本格的に採用する。そうでなければ、いくら良さそうな素材であっても躊躇なく切り捨てます。」

このストイック精神がミシュランの星を獲得する要因になったのか。
今後の「蔦」の発展に期待します。
次回は後編を掲載させていただきますので、お楽しみに・・・






関連記事
◆2015年12月3日投稿◆
『ミシュランの星を都内ラーメン店が世界で初獲得』
   ➡ http://tozuka.boo-log.com/e341002.html
◆2015年12月26日投稿◆
『ミシュランで星を獲得したラーメン店“蔦”2号店が休業』
   ➡ http://tozuka.boo-log.com/e345052.html




無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
丸亀製麺「うどん総選挙」の投票結果、12万票超えの第1位は?
大阪王将の新しい取り組み/コロナ禍での販売戦略
スターバックスの店舗数で都道府県の戦闘力が判るって本当?
コロナ禍でも急成長「ねこねこ食パン」の秘密/後編
コロナ禍でも急成長「ねこねこ食パン」の秘密/前編
日本マクドナルドから世界のビーフバーガーが集結
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 丸亀製麺「うどん総選挙」の投票結果、12万票超えの第1位は? (2020-08-11 11:14)
 大阪王将の新しい取り組み/コロナ禍での販売戦略 (2020-08-04 10:47)
 スターバックスの店舗数で都道府県の戦闘力が判るって本当? (2020-08-01 13:17)
 コロナ禍でも急成長「ねこねこ食パン」の秘密/後編 (2020-06-30 11:05)
 コロナ禍でも急成長「ねこねこ食パン」の秘密/前編 (2020-06-28 12:55)
 日本マクドナルドから世界のビーフバーガーが集結 (2020-06-25 12:02)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。