2016年12月04日

ジンギスカン人気の再ブーム到来?

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







羊肉や野菜を鉄製の鍋でジュージューと焼いて食べる「ジンギスカン」
料理の人気が、再び高まっているようです。
10年以上前に大ブームが巻き起こり、その後はジンギスカン店舗は激減
していましたが、東京都内を中心に増加していることが判りました。
羊肉といいますと臭みが強いイメージがあるようですが、最近では全く
臭みがないジンギスカンが当たり前になっているようです。
ジンギスカン人気の再ブーム到来?
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





ジンギスカンの情報サイト「東京ジンギスカン倶楽部」によりますと、
2011年には65店舗だったジンギスカンの店舗が今年11月には88店舗と
増加しており、羊肉の輸入額をかってのブームに迫る勢いのようです。
全盛期の200店舗には及びませんが、ジンギスカンの復活に同サイトの
代表は「狂乱的なブームは去って定着の様相が見えてきた。」
ジンギスカン人気の再ブーム到来?
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





かっての大ブームは2005年に発生した牛海綿状脳症(BSU)問題に
加え、脂肪燃焼効果の高いアミノ酸の含有量が羊肉に多く含まれている
との評判があがり、大ブームの要因となりました。
その時期に新規参入店舗が一挙に増加しましたが、BSUの終息や独特
の臭いが経営されるようになり、ブームは下火となりました。
ジンギスカン人気の再ブーム到来?
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






ジンギスカンの本場の北海道のチェーン店が、今年に入って3店舗目を
出店するなど、都内でのジンギスカン人気を増やしているようです。
財務省貿易統計によりますと、羊肉の輸入額は2012年に101億円だった
のが、2013年に120億円、2014年に168億円と上向いています。
ブームだった2006年のピークだった173億円に迫る勢いです。

「ジンギスカン」が再ブームになるか、注目の様相です。









にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕掛けづくり)の記事画像
コンビニ業界の次なる戦略/ローソン「食品全品売り切り」
コンビニ業界の次なる戦略/セブンイレブン「廃棄5割減」
名古屋コーチンを使用した人気スイーツ「ぴよりん」の人気の秘密
キリンビールの「一番搾り」缶が昨年に続き絶好調な要因/後編
キリンビールの「一番搾り」缶が昨年に続き絶好調な要因/前編
SNSフォロワーが1000人以上なら特定メニューが無料の食堂/三田キッピー食堂
同じカテゴリー(業績向上の仕掛けづくり)の記事
 コンビニ業界の次なる戦略/ローソン「食品全品売り切り」 (2020-12-29 16:07)
 コンビニ業界の次なる戦略/セブンイレブン「廃棄5割減」 (2020-12-27 10:58)
 名古屋コーチンを使用した人気スイーツ「ぴよりん」の人気の秘密 (2020-12-23 09:05)
 キリンビールの「一番搾り」缶が昨年に続き絶好調な要因/後編 (2020-12-21 09:05)
 キリンビールの「一番搾り」缶が昨年に続き絶好調な要因/前編 (2020-12-19 14:10)
 SNSフォロワーが1000人以上なら特定メニューが無料の食堂/三田キッピー食堂 (2020-12-17 12:43)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。