2015年03月04日

メール便廃止の代替サービス

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





先日、「クロネコメール便の廃止は、国の既得権益への怒りか?」との
記事を投稿しましたが、クロネコメール便の代替サービスの内容が発表
されました。
従来の宅急便より小さな荷物が対象で、料金は従来のメール便と比べて
高くなりますが、速達性や確実性といったサービスの品質向上によって
利用者の理解を得て行くようです。
メール便廃止の代替サービス

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。




新サービス「宅急便コンパクト」はネットや通販や個人取引での雑貨や
日用品の配送を想定し、箱型と薄型と2種類の専用ボックスを用意して
います。 料金は最安659円(専用ボックス代65円)となっています。
メール便の4倍~8倍の実質値上げですが、別途料金を支払えば翌日配
達や郵便受けへの投函、メールでの通知も可能となり、山内社長は「料
金は上がるが、使い勝手は非常に良くなる」と自信を述べています。
メール便廃止の代替サービス
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





同社は、手紙などの「信書」をメール便で送った顧客が郵便法違反など
に問われるケースが相次いだことを受け、1月にメール便の廃止。
その際、ダイレクトメールなどを発送する法人向けサービスとしては内
容物を事前に確認する「クロネコDM便」の導入を決めていました。
新料金は現在の上限料金である164円を上限として維持していきます。

今年の秋に上場を予定している日本郵便。
クロネコヤマトとの既得権の争いは激化することが必至の状況です。
今後の対決が楽しみでもあります。














にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




無料経営相談 実施中!!

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
メール便廃止の代替サービス
    コメント(0)