2014年02月22日

トヨタ自動車、6年ぶりのベースアップの影響

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




春闘の行方をリードするトヨタ自動車が、賃金水準を底上げするベース
アップ(ベア)を6年ぶりに実施することを決めたようです。
先日、経営側と労組側が今年の春闘についての協議をスタートさせまし
た。今後の行方は労働組合側が要求している4000円を満額回答するか
が最大の争点となりギリギリの攻防が行われる様子です。
トヨタ自動車、6年ぶりのベースアップの影響
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。



トヨタ自動車の1回目の交渉で労務担当役員は「デフレ脱却や個人消費
の活性化、消費増税あり、例年以上に日本経済再生を重要視しなければ
ならない」
と語り、ペア容認の姿勢を示しました。
しかし、ベア4000円とは高水準であり、満額回答するかどうかは微妙
な情勢となっています。
過去の例をみますと、春闘をリードするトヨタ自動車がベースアップを
実施しますと他の業界にも大きな影響を与え、業績回復が遅れています
中小企業にも賃上げの影響が出てきます。
トヨタ自動車、6年ぶりのベースアップの影響
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。



まだまだ、完全なデフレ脱却には程遠い中小企業が今回のトヨタ自動車
を筆頭とした上場企業の賃上げを吸収できるか・・・・
とても微妙な状況であり、今後のトヨタ自動車のベア金額回答により、
4月以降の景気回復スピートが決まるといつても過言ではありません。
安倍首相も注目するトヨタ自動車の回答が、俄然注目を浴びるようになりました。







にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(新聞・ネットコラム)の記事画像
今年も感動の第98回箱根駅伝・往路編/青山学院が2年ぶりの往路優勝
マクドナルドから「サムライマック」に期間限定の新メニュー2種類販売
箱根駅伝が人生を変えた/駿河台大学、徳本一善監督の「花の2区」途中棄権から20年
店舗の多い企業ランキング第1位はファミリーマート、第2位はセブンイレブン
ローソンストア100「100円おせち」40種類はサイトでは毎年即日完売
立憲民主党・日本維新の会への世論の声/毎日新聞世論調査
同じカテゴリー(新聞・ネットコラム)の記事
 今年も感動の第98回箱根駅伝・往路編/青山学院が2年ぶりの往路優勝 (2022-01-04 14:25)
 マクドナルドから「サムライマック」に期間限定の新メニュー2種類販売 (2021-12-29 08:45)
 箱根駅伝が人生を変えた/駿河台大学、徳本一善監督の「花の2区」途中棄権から20年 (2021-12-27 08:45)
 店舗の多い企業ランキング第1位はファミリーマート、第2位はセブンイレブン (2021-12-26 08:45)
 ローソンストア100「100円おせち」40種類はサイトでは毎年即日完売 (2021-12-23 08:45)
 立憲民主党・日本維新の会への世論の声/毎日新聞世論調査 (2021-12-21 08:45)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
トヨタ自動車、6年ぶりのベースアップの影響
    コメント(0)