2012年08月25日

感動のロンドン五輪-アーチェリー編

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



感動の連続でありました『ロンドンオリンピック』日本選手の大活躍は
いろいろな競技で起こっていました。
中でもマイナーな競技として、あまり陽のあたらない競技が大活躍して
日本中を感動させた競技がアーチェリーではなかったでしょうか。

まずは男子個人で決勝では惜しくも敗れましたが、銀メダルを獲得する
ことができた古川高晴選手が一躍有名になりましたね。
古川選手は27歳。 知らなかったのですが、3大会連続のオリンピック
出場で初のメダル獲得を達成することができました。
感動のロンドン五輪-アーチェリー編
感動のロンドン五輪-アーチェリー編
感動のロンドン五輪-アーチェリー編



古川選手の大活躍で影が薄くなった感はありますが、女子アーチェリー
団体が銅メダルを獲得したことを覚えていますか・・・
アーチェリー団体・女子の種目として、今回初のメダル獲得という快挙
を成し遂げてくれました。
早川連選手蟹江美貴選手川中香緒里選手、おめでとうございます。
感動のロンドン五輪-アーチェリー編
感動のロンドン五輪-アーチェリー編
感動のロンドン五輪-アーチェリー編



日本ではマイナー競技の認識がある「アーチェリー競技」が今大会では
複数のメダルを獲得し、知名度が上がったことは間違いありません。
選手の皆さん、お疲れ様でした。
そして感動をありがとうございました。







にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(感動体験)の記事画像
今年も感動の第98回箱根駅伝・往路編/青山学院が2年ぶりの往路優勝
マクドナルドから「サムライマック」に期間限定の新メニュー2種類販売
箱根駅伝が人生を変えた/駿河台大学、徳本一善監督の「花の2区」途中棄権から20年
岸田文雄内閣、支持率54%に上昇。コロナウイルス感染抑制が評価/毎日新聞世論調査
第98回東京箱根間往復大学駅伝の登録選手発表。優勝争いは・・・
今年一年の世相を表す漢字一文字/2021年の漢字は「金」。
同じカテゴリー(感動体験)の記事
 今年も感動の第98回箱根駅伝・往路編/青山学院が2年ぶりの往路優勝 (2022-01-04 14:25)
 マクドナルドから「サムライマック」に期間限定の新メニュー2種類販売 (2021-12-29 08:45)
 箱根駅伝が人生を変えた/駿河台大学、徳本一善監督の「花の2区」途中棄権から20年 (2021-12-27 08:45)
 岸田文雄内閣、支持率54%に上昇。コロナウイルス感染抑制が評価/毎日新聞世論調査 (2021-12-20 08:45)
 第98回東京箱根間往復大学駅伝の登録選手発表。優勝争いは・・・ (2021-12-19 08:45)
 今年一年の世相を表す漢字一文字/2021年の漢字は「金」。 (2021-12-15 08:45)

この記事へのコメント
こんにちは、草野球チーム・自営隊 “隊長”こと“ジュエル足立”です。

何か今年のオリンピックって、楽しかったです。
日本人選手の頑張りやドラマに興奮したのが大きいのですが
何故か?今回、我が岡崎市に縁のある人が出てて・・・

TVで「愛知県岡崎市の・・・」って聞くまで知らなかったんですが・・・
アーチェリーの“蟹江 美貴”さん。(メガネの子)
産まれも育ちも岡崎の子でした。
(表彰式でメガネを外してくる所は、女の子だな・・・)

次回あたりで取り上げて頂けそうな?女子バレーの“井上 香織”さん。
産まれ育ちは関西の子だそうですが、デンソーでバレーやってて、結婚して岡崎に住んでるみたいです。
(居住は未確認ですが、岡崎市は表彰するみたいです。少なくともご主人さまの仕事場は、岡崎市内だそうです)

そんな訳ですから、このお2人が突然「ジュエリーを買いにご来店」されてもイイように、顔だけは覚えておこうと思っています。(*^。^*) テヘペロッ

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
Posted by ジュエルジュエル at 2012年08月25日 15:39
隊長様

コメントありがとうございました。
返信が遅れて申し訳ありませんでした。

今後ともよろしくお願いしますね。
Posted by 戸塚友康戸塚友康 at 2012年08月29日 21:24
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
感動のロンドン五輪-アーチェリー編
    コメント(2)