2011年03月22日

「生きる」ことの素晴らしさ/太平洋の奇跡

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
『ブログ村』に参加しています。応援のひと押しが励みになります。




先日、本当に久し振りに映画館に足を運び「太平洋の奇跡」を観賞して
きました。 皆さんはご覧になりましたか…
「生きる」ことをテーマとした、最高に感動する素晴らしい作品
だったと推薦します。
「生きる」ことの素晴らしさ/太平洋の奇跡
「生きる」ことの素晴らしさ/太平洋の奇跡
「生きる」ことの素晴らしさ/太平洋の奇跡
「生きる」ことの素晴らしさ/太平洋の奇跡
「生きる」ことの素晴らしさ/太平洋の奇跡
*「太平洋の奇跡」のホームページから抜粋しました。


太平洋戦争末期の1944年6月、北マリアナ諸島サイパン島は日本が統治
していました。軍事拠点として重要な位置を占めており、この島を死守
することが大場栄大尉(竹野内豊)たちに課せられた使命でした。
しかし、アメリカ軍の圧倒的な兵器・兵力の差のもとで、日本の守備隊
は次々と突破され、追い込まれて行きました。
そして7月6日斎藤師団長をはじめとした4人の将校が自決。
翌日、4万3千人の日本軍守備隊の中で生き残っていた、3千人が最後の
総攻撃「バンザイ突撃」を行い、玉砕。

実話に基づいたストーリーでしたが「バンザイ突撃」で玉砕を覚悟しな
がら大場大尉は生き残り、死体のの中にうずくまり隠れ、戦闘の中での
「生」への執着を知ることとなりました。
そして、両親が殺されている赤ん坊を救い、「生きる」ことを強く実感
して行くこととなりました。
その後、生き残った兵士と民間人を守りながら、生き抜こうとしていき
山中や洞窟に潜み抵抗を続けて行きました。

翌年、1945年(昭和20年)8月15日終戦を迎えましたが、大場大尉が
率いる一群は山を下りず、昭和20年12月1日にアメリカ軍との停戦協定
にて「戦争捕虜」ではない、との信念で大場栄大尉以下47名の生存者が
山を下りました。
サイパン玉砕攻撃から512日が経過していました。


戦争という極限の中での「生きる」ことの素晴らしさを、見事に
演出していました。
ちょうど「東日本東北大震災」の直後だったこともあり、「生きる」と
いうことを強く実感する感動の映画でした。








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(感動体験)の記事画像
業績を上げる超簡単マーケティング#65/マーケティングの心理学【ブルーオーシャン戦略】
業績を上げる超簡単マーケティング#64/マーケティングの心理学【タッチ効果】
業績を上げる超簡単マーケティング#62/マーケティングの心理学【ツァイガルニク効果】
業績を上げる超簡単マーケティング#61/マーケティングの心理学【傍観者効果】
業績を上げる超簡単マーケティング#59/マーケティングの心理学【パーソナルスペース】
業績を上げる超簡単マーケティング#32/マーケティングの心理学【選択肢の法則】
同じカテゴリー(感動体験)の記事
 業績を上げる超簡単マーケティング#65/マーケティングの心理学【ブルーオーシャン戦略】 (2022-09-09 15:01)
 業績を上げる超簡単マーケティング#64/マーケティングの心理学【タッチ効果】 (2022-09-07 13:53)
 業績を上げる超簡単マーケティング#62/マーケティングの心理学【ツァイガルニク効果】 (2022-09-03 14:02)
 業績を上げる超簡単マーケティング#61/マーケティングの心理学【傍観者効果】 (2022-09-01 15:33)
 業績を上げる超簡単マーケティング#59/マーケティングの心理学【パーソナルスペース】 (2022-08-29 16:52)
 業績を上げる超簡単マーケティング#32/マーケティングの心理学【選択肢の法則】 (2022-07-07 08:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「生きる」ことの素晴らしさ/太平洋の奇跡
    コメント(0)