2010年08月24日

7月百貨店の売上推移

日本百貨店協会が発表した7月の全国百貨店売上高(既存店ベース)
は、前年同月比1.4%減の6002億円となり、29ヵ月連続で前年実績
を下回りました。
7月百貨店の売上推移

ただ、猛暑の影響から関連商品が好調な売れ行きで、減少率では
2008年3月の1.2%減以来、2年4ヵ月ぶりに1%台にとどまりました。
7月中旬以降の連日の猛暑で日傘や水着、触ると冷たく感じる寝具
などが好調な売れ行きをしました。
食料品でもそうめんやウナギが好調でした。
夏の衣料品のセールも、まずまず好調な推移だそうです。
一方、宝飾品や美術品、貴金属は8.5%減と大幅に落ち込み、好不調
がハッキリとした7月の結果でした。


百貨店協会の幹部は
「消費は戻りつつあるが、欧米の景気減速懸念を背景に株安が続いて
おり、本格的回復には至っていない」
と答えているようです。

本当でしようか…?
29ヵ月連続して前年を割りこんでいるのは『景気』『株安』の影響
だと思っているのでしょうか…
お客様から支持されていない。
お客様から低評価しか戴けていない。
時代は従来の百貨店を不要としている。

とは考えないのでしょうか…?

個人的な意見ですが『環境変化の対応』が遅れている。
としか思えませんが…



にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント」
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
『ブログ村』の『コンサルタント部門』に参加しています。
皆さんの応援の『ひと押し』が活力になります。



無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(新聞・ネットコラム)の記事画像
今年も感動の第98回箱根駅伝・往路編/青山学院が2年ぶりの往路優勝
マクドナルドから「サムライマック」に期間限定の新メニュー2種類販売
箱根駅伝が人生を変えた/駿河台大学、徳本一善監督の「花の2区」途中棄権から20年
店舗の多い企業ランキング第1位はファミリーマート、第2位はセブンイレブン
ローソンストア100「100円おせち」40種類はサイトでは毎年即日完売
立憲民主党・日本維新の会への世論の声/毎日新聞世論調査
同じカテゴリー(新聞・ネットコラム)の記事
 今年も感動の第98回箱根駅伝・往路編/青山学院が2年ぶりの往路優勝 (2022-01-04 14:25)
 マクドナルドから「サムライマック」に期間限定の新メニュー2種類販売 (2021-12-29 08:45)
 箱根駅伝が人生を変えた/駿河台大学、徳本一善監督の「花の2区」途中棄権から20年 (2021-12-27 08:45)
 店舗の多い企業ランキング第1位はファミリーマート、第2位はセブンイレブン (2021-12-26 08:45)
 ローソンストア100「100円おせち」40種類はサイトでは毎年即日完売 (2021-12-23 08:45)
 立憲民主党・日本維新の会への世論の声/毎日新聞世論調査 (2021-12-21 08:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
7月百貨店の売上推移
    コメント(0)