2022年01月31日

業績向上の絶対的要件。経営者の【ツキの法則】は、どのようなものか?


無料経営相談 実施中!!

   無料経営相談お申し込みフォーム






◆ツキを呼び寄せる生き方◆
中小企業は全て経営者次第。これは周知の事実ですが企業の業績向上させる絶対要件には【経営者自身が“ツキ”を呼び寄せる生き方と考え方】を持たないと企業としての成長・発展はあり得ません。
これはコンサルタント業として35年の経験則より断定できます。
“ツキ”を呼び寄せる生き方は「成功の三条件」として知られてます。    





◆業績向上の絶対要件“ツキの法則”◆
1.勉強好き
“勉強好き”というのは学問が好きとは異なり、知らないことに対し興味を持って自分自身の時間とお金を使って学びを得ること指しています。
経営学の中に「ジョハリの窓」という教えがありますが、自分自身も知らないこと。自分以外の他人も知らないことを学びと気づきを得ますと「潜在能力」が開花します。これを目指した勉強好きな社長になることが経営者として成功する第一歩であります。   


2.すなお
コンサルタント業界では伝説の故船井幸雄先生の説いた“すなお”とは自分自身が経験したこと、得た知識など、それ以外のことを聞いた時の瞬時の反応・行動を指しています。
「まさか」「そんなはずはない」等と瞬時に思う思考特性を持っている人は否定や疑念を瞬時に反応する思考特性を改める必要があります。
まず相手の話しを真摯に傾聴した後に瞬時に受け入れる。との行動を自然にできる人が船井流の“すなお”に該当するのであります。
別の方が表現する「全てに0.2秒で“ハイり実践”」とも言います。


3.プラス発想
この“プラス思考”はツキを呼び寄せる生き方で最も大切なことかも知れません。プラス思考の原点は「人間特性の追求」であります。
「人間特性の追求」の詳細は別の機会に説明するとして、概要を説明しますと第一は頭を使う(知恵を出す)ことであり、第二は理性的な意思決定を行いすぐ行動する。ことであります。
知らないこと、未経験のことで壁に当たった時に自ら学び、他人様の意見を傾聴して知恵を出す人こそ成功する経営者であります。
また判っていても“すぐやらない”などの即行ができない人は、プラス発想の要素が弱い経営者と言わざる得ません。  






次回は【ツキの法則】を身につけため、あるいはツキを向上させるための【ツキのある生き方】にする実践方法をご紹介します。