2021年10月29日

衝撃アンケート「落選してほしい失言議員」/第2弾 安倍元首相、小泉環境相がランクイン

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





前回の記事で「衝撃アンケート“落選としてほしい失言議員”/第1位は不妊に悩む女性を傷つけた無と神経人間」を投稿しました。
第1位から第5位は前回投稿しましたので、本日は第6位以下の失言議員をご紹介しますが大物政治家も多数登場します。お楽しみに。(笑)


第6位 安倍晋三元首相。
2017年に行われた東京都議選の応援演説に駆けつけたのだが、登壇すると聴衆からの「帰れ」「辞めろ」コールが演説の妨げになるほど大きくなった。この声に安倍元首相は「誹謗中傷したって、みなさん何も生まれないんです。こんな人たちに、私は負けるわけにはいかない!」
聴衆の中には怒り心頭の方々も数多く「演説を聞いてるひとりひとりに理解してもらう立場にもかかわらず、“こんな人たち”と馬鹿にして見下した発言をする人が首相だったのは日本の恥」と謙虚さが不足している姿勢を一刀両断しました。

安倍晋三首相の失言YouTube「2分35秒~55秒」
    ➨https://youtu.be/-C17J5XK6Jg





第7位 小泉進次郎元環境相。
2019年9月、ニューヨークで開かれた国連の気候変動サミットに出席した小泉進次郎環境相が記者会見で述べたのが、この言葉でした。
「気候変動のような大きな問題は楽しく、クールでセクシーでなければならない」と勘違い発言をしてしまいました。
国民の声を聞くと「セクシー発言だけでなく、自分がレジ袋有料化を推進したのに今になって自分がやりだしたことではないと、言い訳しだした。具体的な案を何も考えず、当たり前のことを突っ込まれたら拗ねて黙り込むのも最悪」と厳しい意見が飛び交っています。







第8位 三ツ矢憲生元議員。
批判しているようにも受け取れるこの発言。実は2019年7月に自民党の女性議員の応援演説で三ツ矢が語った言葉でしたが、この発言が後々に物議を醸して行くことになりました。
その物議を醸しだした一言は「この6年間で〇〇議員のいちばん大きな功績は、子どもをつくったこと」と女性蔑視ともとれる発言でした。
世間の評価は「議員の功績と関係ない部分をいちばんの功績というのは、バカにしてる感じがするし、女性の価値を子どもを産むことだけと言ってるように感じる」と非常に手厳しい声が多数、上がっています。






第9位 下村博文元政調会長。
福田淳一元財務事務次官のセクハラ行為を、テレビ局の女性記者が週刊誌で告発。これを受けて当時文科相だった下村氏は「週刊誌に売るってこと自体がある意味で犯罪だと思う」とセクハラを擁護するかの発言。
これにはセクハラ被害を受けた女性たちから怒りの声が。
「会社に訴えても解決できず、週刊誌に告発する以外手段がなかった女性の心情を理解できない暴言としか思えない」と強烈なコメントが多数あがっています。







第10位 谷川とむ元議員。
2018年7月に放送されたインターネット放送の討論番組に出演。同性婚について話が及ぶと「多様性を認めないわけではないが、法律化する必要はない。趣味みたいなもので」と、いかにも軽率な発言を・・・
社会的に認められず、多くの人が苦しんでいる現状を、理解していないのかネットでは「自分の子どもがLGBTに生まれたときも同じことを言えばいいと思う」と痛烈なコメントが掲載されています。





気の緩みからかポロリと出た本音の数々です。(苦笑)
さて、今回の選挙でこの失言議員に一票を投じますか・・・



















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村