2021年07月23日

橋下徹氏、米子松陰高の出場辞退問題に「高野連と政治家はアホ!ボケ!カス!」とツイート

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




元大阪府知事の橋下徹さんが18日、自身のツイートを連続して更新。全国高校野球の鳥取県大会で第1シードの米子松蔭高校が学校関係者の1人が新型コロナウイルス感染が判明して鳥取県高野連の規定で出場辞退となった記事を添付し、怒りをブチまけました。
「これは絶対にアカン。なんのためにオリンピックを開催するのか。政治がオリンピックの開催の意義を明確化しないからこんなことになる。この状況での感染のリスクと辞退したときの人生へのダメージを比較もできない高野連と政治家たちはアホ、ボケ、カスの極みや!」

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






春の県大会で21年ぶり7度目の優勝を飾り、優勝候補と期待されていた米子松蔭高校ですが16日深夜に関係者の陽性反応が判明、17日早朝に部員46人の抗原検査を実施、全員の陰性を確認。しかし、関係者に感染者が確認された場合の県高野連の規定に従い、試合50分前に辞退を決断したというのが流れです。

橋下さんは「与野党含め国会議員は何もしないのか!西村大臣はこういうときにこそ、高野連にお得意の圧力を徹底的にかけるべきだ。このまま出場辞退を認める高野連など潰してしまえ!ここでこそ汚名返上だ!高校野球に関与している朝日新聞と毎日新聞は何をしている!」と激高していました。その怒りは収まる気配はありませんが・・・

立て続けツイートし「プレー以外で隔離したらええやろ!対策もあるやろ!この高校生たちよりも東京をウロウロしているオリンピック関係者の方がリスクが高いやろ!オリンピックをこのままやって、この高校生から甲子園大会を奪う日本の政治はほんま無能や。アホ!ボケ!カス!西村大臣は高野連を締め上げろ!それで挽回や!」ブチまけました。

*写真はイメージ写真であり、実際とは関係ありません。






「高校野球に関与している朝日新聞と毎日新聞は何をしている!」と、高野連と主催者への怒りも収まらずツイートしています。
さらにこういう時こそ政治家の“権力行使”を求めた「これ選手はもちろんのこと、陽性になった者がこれからどんな人生を歩むことになるのか高野連も政治家も分かってるのか?リスク比較もできないのか?」

陽性と診断された人の胸中にも思いを寄せ「高校生達は仮に感染しても死ぬ確率は低い。プレー中もできる限りディスタンスを取らせればいいじゃないか。辞退した時の心の中ダメージを想像しろ!」
と怒りを訴え続けていました。

その他、三浦瑠麗さん、乙武洋匡さん、東国原英夫さん達が怒りのツイート・コメントを行った結果、19日夕方には鳥取県高野連が球場で会見を行い「不戦敗を取り消す」ことを発表しました。
同校の大会への復帰が認められ、21日に試合が再開されます。
















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村