2021年05月31日

国際政治学者、三浦瑠麗さんが休業要請に「従えるか」と憤慨

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





テレビでお馴染みとなりました国際政治学者の三浦瑠麗さんは、緊急事態宣言の延長に伴う、先の見えない休業要請で事業者から悲鳴が上が上がっているとつづり「デパートは知事の圧力に耐えかね宝飾品と子供服売り場を閉鎖、路面店にまで圧力が及んでいる。もはや感染対策ではなく、命令がくだらなければくだらないほど権力行使が際立つというパワーゲームへと転換している。」と語りました。

さらに「国会は遅刻問題で与野党が揉め空転、医師会会長らは資金パーティーに集う」国会と日本医師会・中川俊男会長の呆れた行動を引き合いに出し「そんなんで閉めろと言われて従えるか」と憤っていました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







三浦瑠麗さんは今月19日には、休業要請の対象外になっている「生活必需品」に百貨店などの高級衣料品が入るか否かで、混乱を招いている件についてもTwitterで言及しました。
東京都は「高級衣料品は生活必需品に当たらない」との見方を示したのですが、ご本人は休業弱要請に対して「絹物のじょろじょろした着物は禁止! 宝石などもってのほか! なぜモンペを履いておらぬ、みたいな感じ? 日本は大丈夫?」と皮肉たっぷり。
怒りは収まっていませんでした。














にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村