2021年03月05日

カレー研究家イチオシの激ウマ「レトルトカレー」10選/前編

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




新型コロナウイルス感染拡大に伴う飲食店の時短営業が恒例となり、なかなか気軽に外食できない環境ですね。
そんな状況でも美味しいものは食べたいと思うのが当然ですよね。
ネットで興味深い記事を見つけましたので、2回に分けて投稿します。
年間600食以上!カレー研究家イチオシ激ウマ“レトルトカレー”10選


カルディコーヒー
【ポークビンダルーカレー】
酸っぱさと辛さがクセになるインド・ゴア地方のカレーは、ゴアを占領したポルトガル人の料理ワインと(ニンニクの豚煮込み)がルーツ。
インドでは御法度の豚肉を使ったりビネガーを加えて作る料理です。
ビネガー由来の酸味にポークのパンチある旨味があり、クローブやシナモンを軸としたスパイスが強めの辛味で仕上がっています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








無印良品
【ジンジャードライキーマ】
レトルトカレーといえば外せないのが無印良品。豊富なラインナップを誇る無印シリーズの中でも辛くてスパイスの効いたカレーを探している方にお勧めは「ジンジャードライキーマ」です。
ネーミングの通りジンジャー(ショウガ)を効かせたカレーで、シナモンなどのスパイスがガツンと立ったパンチとアロマを併せ持つ味です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ネゴンボ33
【ラムキーマカレー】
定番のポークやチキンのキーマではなく羊好きに試してもらいたいのが埼玉・西所沢の人気店「ネゴン33」監修のラムキーマカレー。
パウチを開けると粗く挽いた挽肉がどっさり。ほぼ肉のみで構成されたラム挽肉の存在感に圧倒されます。
口に運ぶと駆け抜けるシナモン、カルダモンなどのスパイスたちが食欲をそそり、ラムの香りともマッチして絶妙な味わいです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ネゴン33
【ラムキーマカレー】
ジャパニーズカレーにフォンドボーなどの西洋だしを加えてリッチに進化させた欧風カレーが好きな方にはピッタリのカレーです。
フルーティーな甘さに上品で濃厚さ、柔らかなカレーパウダーのアロマに贅沢なビーフの香りが漂いオーベルジーヌらしさが再現されてます。
大きめな牛肉もゴロッと入っており、ピリ辛仕上げになっています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








牛長 秘伝
【和牛入れすぎカレー】
肉派カレーがお好みの方にお勧めは創業明治41年、有名ホテルやレストランに牛肉を卸した老舗「牛長」が手掛けた和牛入れすぎカレー。
レトルトの中で原価の高いビーフカレーは肉がほとんど入っていない商品も多いようですが、このカレーは角切りの牛肉がゴロゴロです。
ネーミングの通り「入れすぎ」に相応しい量が入りテンションMAX。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







今回は前半の5品をご紹介しました。今日はカレーですね。(笑)
次の投稿で後半の5品をご紹介します。

























にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村