2020年12月23日

名古屋コーチンを使用した人気スイーツ「ぴよりん」の人気の秘密

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



JR名古屋駅構内で数多くの亜土産が売られていますが、定番の「ういろう」や最近では「小倉トースト」を模したサブレなどが人気です。
それを凌ぐ大人気スイーツが、生菓子なので購入当日に消費期限がくるのですが、1日約500個ほど売れて、週末は約800個が完売するほどの人気スイーツがひよこ型の「ぴよりん」です。
人気の秘密は、つぶらな瞳と見るからに柔らかそうなモフモフの体の可愛いらし、粉末状にしたスポンジの中に名古屋コーチンの卵を使った濃厚な味わいのプリンが入っており、スイーツとして完成度も高い。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ぴよりんが誕生したのは2011年7月。すぐに販売を開始し、2ヶ月後の9月には愛知県主催の「愛知のふるさと食品コンテスト」で64点の出店食品の中から、最優秀食品に選ばれました。
さらに10月には「ハロウィンぴよりん」、12月は「サンタぴよりん」と「賀正ぴよりん」と季節限定のぴよりんを100個限定発売して、瞬く間に完売するほどの人気でした。

以来、毎年9種類前後の季節限定ぴよりんを発売していますが、中でも注目すべきは毎年11月上旬に予約を受け付けるChristmasケーキ。
イチゴの「あまおう」をふんだんに使った定番のブッシュドノエルが、一番人気のようで毎年、店頭販売も争奪戦となっているようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









SNSで話題になっているのが「♯ぴよりんチャレンジ」
ぴよりんはババロアとプリンでできているので、ちょっとした振動や衝撃で崩れてしまうため、そんな特性を利用して購入時の状態を保ったまま持ち帰ることができるか挑戦するというものです。

今年はコロナ禍で名古屋駅の利用者は減少したものの、テイクアウトの需要が増えたため累計販売個数150万個を超えるみこみのようです。
来年はぴよりん生誕10周年。名古屋を代表するスイーツに成長したようです。 一度、食べてみたいですね。























にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村