2020年07月15日

高校生ドラフト候補 第1弾 明石商業 来田涼斗選手/常総学院 菊池竜雅投手

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


今年2020年は新型コロナウイルスの影響で春・夏の甲子園大会はともに中止という前代未聞の事態に陥りました。
この時期の恒例になっていた高校野球のブログ記事は残念ながら書くことが出来ないので、高校生ドラフト候補をご紹介します。


明石商業 来田涼斗選手
2020年の高校生野手をリードする存在の明石商業の来田涼斗選手。
入学直後から不動の1番を任され、ここまで3季連続甲子園でフル出場を果たしている。昨年春の選抜では準々決勝の対智弁和歌山戦で史上初となる先頭打者ホームランとサヨナラホームランを放つという離れ業をやってのけた注目の高校生打者。
たくましい体格を生かしたフルスイング、一塁を回ってから加速するランニング、センターから見せる素早いスローイングと高いレベルで三拍子揃う。昨年の秋は厳しいマークもあって少し打撃を崩していたが、夏の代替大会や甲子園の交流戦での巻き返しに期待したいところです。

*「timely web様」の記事より写真を抜粋させていただきました。








常総学院 菊池竜雅投手
2020年の関東を代表する本格派右腕の常総学院の菊池竜雅投手。
1年夏からマウンドを経験し、昨年の夏は背番号11ながら主戦を任せられ、4回戦の東洋大牛久戦では150キロもマークしました。
ガッチリとした体つきで、力強い腕の振りから投げ込むストレートは威力十分であり、少し上半身の強いフォームだが上手く力を抜いて腕を振ることができるためコントロールも悪くありません。
変化球でカウントを整えられるのも長所であり、潜在能力は高いようですが大学進学の可能性もあり、プロ志望提出が微妙です。

*「timely web様」の記事より写真を抜粋させていただきました。















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村