2020年07月05日

ホットドッグ早食い大会、日本人女性が7連覇と新記録の偉業達成

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。

アメリが独立記念日7月4日、毎年恒例のホットドッグ早食い大会が新型コロナウイルスで大騒ぎのニューヨークで開催されました。
選ばれた5人が参加した女性部門では、ラスベガス在住の須藤美貴さんが10分間で48.5個を平らげ、7連覇と新記録を樹立しました。

須藤さんは右手でソーセージだけを2本同時に食べつつ、左手でバンズを水に浸して口が空いたら放り込むスタイルで、序盤から他の選手を圧倒し、3年前の自己ベストを塗り替える12.4秒に1個を食べる驚異的な記録を達成しました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








もちろんコロナウイルスの感染を避けるため屋外での大会を屋内で無観客開催として、主催者はマスク着用して選手同士の教理はあけたうえでアクリル板を設置しての大会開催となっていました。

イベントはテレビ中継され、優勝した須藤さんは「競争相手が私の名前を叫んでくれて励みになった。みんなに見て欲しかったけど、リビングルームから応援してくれて感謝します。」と語っていました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







新型コロナウイルスの感染が深刻なアメリカに、笑顔が戻った瞬間だったのではないでしょうか・・・・・
男子部門では10分間で75個を食べた選手が5年連続の優勝に輝いていました。 また、自身の従来の世界記録も更新しました。
























にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村